官能小説ブログでアダルトアフィリエイト 簡単なキーワード集客戦略

当サイトのアフィリエイト関連の記事で、昨年一番反響が大きかったのが「官能小説ブログの作り方」という話だった。一方で受験関係のネタをやっているのに、官能小説云々は教育上どうかと思わなくもないのだが、中学生・高校生のお友達には大人になってから読んでもらうとして、今年も相変わらずそういう路線でいってみたい。

アダルトアフィリエイトといえば、おそらく95%の人が動画系ブログをやっているはずであり、記事重視のサイトを運営する者は圧倒的少数派である。もちろん、記事を書く難しさがあるので継続するのはなかなか大変ではあるのだが、需要のわりには絶対数が少ないから、ある程度ブログ内容を充実させれば簡単に目立つことができ、比較的早い段階で収益を上げることができるだろう(あくまで動画系に比べてという話で、売れ出すまでいくのはやはり大変なのだが)。

そして、有料無料を問わずアダルトアフィリエイト講座とか教材とかを見るにつけ、動画系サイトの作り方は巷に溢れているのだが、小説系・記事系に関する情報はまるでないと言っていい。もともと数が少ないので、教えられる人間となるとほとんどいないってことなのだろう。僕はなんとなく教える側にまわっているけど、できれば誰かに教えてもらいたいものだ(笑)。

 

さて、動画系に関しては、僕も実験のために継続していろいろやっているんだけど、数年前のような勢いとか旨味はもはや望めないようだ。これは、海外動画サイトがグレーからブラックという感じになってきたせいであり、安全安心な国内ものを中心に記事を作っていくとなると、以前のようなインパクトを出すことが難しいのである。さらに言うと、動画系サイトの集客セオリーである相互リンクが、新規参入者にとってはあまり有効に機能しなくなっている。というのも、全体に不況というかジリ貧の状況にあるため、中小サイトをやってる人の撤退するサイクルが速くなっていて、リンクを貼ってもすぐにリンク先の多くが消滅してしまう。

もちろん、この業界自体が廃れるということはないのだが、今は過渡期にあるだけに新規参入者や中小サイトには厳しい環境となっているのだ。その意味でも、アクセストレードに頼らないサイト作りというものが、これからは重要になってくる。キーワードによる検索からの流入をメインに据える記事系サイトは、アダルトアフィリエイトにおける穴場と言えるのである。

 

アダルトに限らず、ブログアフィリエイトをやる上での最大の悩みは、アクセス数が増えないことだ。その辛さは非常によく分かるし、多くの人がアダルトアフィリエイトを始めても、閲覧者が全くないので三ヶ月くらいで挫折してしまうのも仕方のないことである。とはいっても、ただ闇雲にサイトを立ち上げてすぐにやめちゃうというのでは芸がなさすぎる。なぜアクセスが増えないのかということを、合理的・戦略的に考えてサイトを改良していくことが大事なのだ。

まずサイト(ブログ)を始めるにあたって、アダルトの中でもどういうジャンルでいくのかを明確に決める。例えば女性のタイプでいうと、女教師、OL、女子大生とか、熟女とかあるでしょう。そこで方向性を決めたあと、それに関連するキーワードを自分なりに10個から15個くらい書き出してみよう。そして、それらのキーワードを三つくらい組み合わせてタイトルを決め、その内容に沿った記事を書くようにする。つまり、ターゲットとするキーワードを明確にして、まずは複合キーワードで検索エンジンの上位に載ることを目指すわけである。

キーワードひとつでは上位に行くことが難しいが、三つ以上の複合キーワードならば、弱小サイトであっても1ページ目に表示される可能性は大いにある。三つで上位表示されることが増えてくると、サイトが強くなってきてそのうちに二つでも載るようになる。そうやって段階的に検索エンジンの評価を上げていく、というのが基本的な戦略である。

 

と、理屈でいうのは簡単なのだが、実際問題として最初の一年はまともにアクセスを稼ぐことは無理。小説ポータルサイトからの流入と、他の小説サイトとの相互リンクで最低限のアクセスを確保しながら、がむしゃらに百記事、二百記事くらい書くことが全てだ。そうやって二百記事くらい書けば、サイトのだいたいの方向性が見えてくるので、キーワードの分析と改良の作業に移ろう。

言い忘れていたけど、サイトを立ち上げた時にグーグル・サーチコンソールに登録しておくのを忘れないように。一年くらい経ってサーチコンソールにログインしてみると、どのキーワードで検索されているかが一目瞭然で分かる。全く誰も来てないキーワードはこの段階では無用の長物なので切り捨てて、人が来ているワード、脈がありそうなワードにしぼって、再び15個か20個くらい書き出して、改めてそれを組み合わせることでタイトルを決めるようにする。今度は曲がりなりにも検索されやすいキーワードの組み合わせなので、検索からのアクセスは確実に向上するというわけである。

と同時に、過去記事のタイトルを見直すことも重要だ。過去記事を眺めてみると、新たに厳選した20個くらいのキーワードが、ひとつも入ってないものがたくさんあるはずで、そういった記事は検索エンジンからは全く相手にされてない産廃である。いっそ捨ててしまうのも手だけれども、ダメもとで新しいキーワードを三つ以上ぶち込んで、タイトルだけ改編してみよう。野村再生工場じゃないけど、うまくすれば検索で上位表示されて甦る記事が出てくるかも知れない。

 

今回はタイトルを使った簡単なキーワード戦略について説明したのだが、一番大切なのはもちろん記事内容の充実である。アダルト小説とか読み物の書き方となると、またいろいろな問題があるわけで、その辺のところは次回以降に解説していきたいと思う。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA