落ちこぼれ向け受験勉強法 一年計画で偏差値60達成

この時期、当サイトで読者数がググッと上がってくるのが受験ネタである。新学期を控えて新たな気持ちで受験に臨もうというお友達が多いのだろうけど、もともとはひきこもり・ニート向けの勉強法講座だったので、普通の受験勉強法として読むとインチキくささが目立ってしまうかも知れない。まあ、やっていることはインチキではなくてまっとうな受験勉強なのだが、最小限の努力で即席で成績を上げようというのが主旨であるから、そんなやり方はダメだと思う人もあるだろう。しかし、勉強法に正解はないし、自分に合った方法を自分で見つけることが全てであって、当サイトではそのための一番簡単なヒントを示している、くらいに考えていただきたい。

 

さて、お笑い芸人が青山学院を受験したというのがニュースになっていたが、聞くところによると彼は偏差値30台だということだ。それではまぐれも起こりようがないので、青学に受かるのは無理だろう。少なくとも受験してもおかしくない程度まで基礎学力を上げておいて、その上で複数学部を受けることでまぐれ(?)の起きる確率を上げる、それくらいの準備はしないといけない。この場合の目標は偏差値60といったところである。最も簡単なのは、偏差値を70まで上げてから60レベルの大学を受験すること。これなら絶対に合格できるわけだが、偏差値70というのはそう簡単に達成できないのが困りものだな。

また、偏差値70以上で難関大学を受験するというのも、やる側としてはなかなか厳しいものがあるのだ。それ以上に成績を上げるのは難しいし、周りのライバルはみんな勉強が得意な者ばかりなので、競争が激しくてそう簡単に抜きん出ることができないのである。

しかし、偏差値60というのは少し勉強すれば誰でも達成できる数字であるし、そこから頭ひとつ抜け出せば、たいていの有名大学には難なく合格できるわけで、これを目指さない手はないだろう。あなたが地方に住んでいる高校生や浪人の人ならば、親や教師がどうしても国公立大学にばかり重きを置くので、私立一本にしぼって受験勉強するのは抵抗が大きいかも知れない。だが文系ならば英語と地歴(世界史)だけ偏差値60まで仕上げれば、それこそ青学を受けてもおかしくないレベルまでいけるわけで、落ちこぼれ状態からでも一年あれば、それは十分に達成可能なのである。

 

前回、英語勉強法の概略を説明したのだが、要するに受験勉強だからといって特段変わったことをやる必要はない。試験問題の九割は長文読解問題なので、ある程度の長さの文章を習慣的に読んで、辞書を引きながら意味を取っていく、つまりはリーダー(コミュニケーション英語)の予習復習のやり方を、毎日続けていくことがメインなのだ。そのために必要な基本単語、基本構文は初期に覚えておくことが大事だけれど、単語や構文を覚えることが目的ではない。やるべきことはあくまで長文読解なのである。たいていの受験生諸君はそこを取り違えていて、苦行的に単語を暗記すること自体が目的になってしまっている場合が多いのだ。

それは世界史の場合も同じであって、多くのお友達が必死になって一問一答問題集を暗記しても、なかなか点数に結びつかない理由がそこにある。一問一答問題集自体は悪くないし、世界史の勉強においては必携と言っていいのだが、これをメインにしてしまっては単なる記号の暗記の域を出ず、せっかく覚えた重要事項の使いどころが分からないために、結果的に点数にはならないのである。(世界史勉強法は長くなるので、次回改めて解説することにしよう)

 

さて、僕自身が文系(文学部出身)なので、主に私立文系の受験勉強法について書いているわけだが、実のところ単純に点を取るだけなら理系科目のほうが簡単なのだ。一年あればセンター試験レベルならば確実に満点近く取れるようになるので、地歴が苦手でポイントゲッターにできないという人は、逆に地元国公立大狙いでセンター試験にしぼるという手もある。

理系科目の勉強法のコツは、徹底した反復練習ということだ。数学でいえば教科書の例題→練習問題→授業で使っている問題集の問題という順番で、同じ問題を十個くらい並べておいて一気に解いていく。同じことを十回も繰り返せば嫌でも覚えてしまうわけで、この反復練習を教科書の全ての例題に関してやれば、定期試験でもセンター試験でも、簡単に満点を取れるようになるだろう。もちろん、数学だけでなく物理でも化学でもやり方は同じである。教科書レベルならば出題パターンが完全に決まっているので、英語や地歴よりも理系科目の方が点数は取りやすい。文系の人が数学や理科で満点近く取れるようになると、地元国立大狙いならばほとんど無双状態だろう。

とはいっても、それはある程度全科目にわたって基礎学力のある受験生の話である。落ちこぼれ状態から一年で五教科七科目を偏差値60まで仕上げるのはやはり難しく、私立文系狙いで二科目に集中した方が効率的なのは、もちろん言うまでもない。しかし、あなたが地方に住んでいて、親や教師が国立国立とうるさくてとても私立を受けられない状況ということもあるので、その場合は腹をくくって五教科七科目狙いに切り替えるのも、仕方のないことだと思う。地元国立大なら金もかからないしね(笑)。

 

いつでもどこでも読める電子書籍

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA