PCレースゲームの世界 私はいかにしてレースゲーマーになったか

レースゲームが好きだという話をしようと思ったのだけど、考えてみれば最新のタイトルは全くやってないのだった。というか、何度も書いているように中古のMateに安物のグラボを乗せただけのマシンなので、新しいゲームをやるのは性能的に不可能で、めいっぱい頑張っても2012年発売のものが限度。しかも家庭用ゲーム機は持ってないので、記事として受けるようなレースゲームには縁のない男なのである(ダメじゃん)。もっとも、PSとPS2のレースものはやれる限り遊んでいて、2006年頃からPCゲームに完全移行した感じなので、その後にPS3あたりで出た有名タイトルはPC版でプレーしているわけであり、その意味ではむしろコアなゲーマーの部類に入るのかも知れない。

などと言いつつ、はっきり言ってレースゲームは下手である。年齢のせいで反射神経はほぼ皆無であって、一番簡単なモードでどうにかレースになる程度。でも中年男がそれくらい走れればいい方ではないかという気もする。そもそも、ファミコンやスーファミの時代にはレースは全くやったことがなくて、大人になってからあるとき思いたって最初の「グランツーリスモ」をやろうとしたら、ライセンス試験の最初の課題で詰んで挫折したくらいだからね。それから数年後、今度は「グランツーリスモ2」をかなり意地になってやり込んだら、なんかだんだん格好がついてきて、下手なりにゲームプレイにはなってきた。GTシリーズで言えば、ライセンス試験をオールブロンズ(ときどきシルバー)で苦労せずにクリアできる程度の腕である。

 

だから「グランツーリスモ2」は非常に思い出が深いゲームであるのだが、それからドライビング・シミュレーターのファンになったのかといえばそうではなくて、なぜか一気におバカなレースゲームの方に針を振り切ってしまったのである。具体的に言うと「Need For Speed」シリーズに傾倒して、海外版の「Midnight Club 3」「L.A. Rush」といった、わりとストーリー性の強い非合法レースものをやりつつ、「マリオカート64」の影響を受けたカートゲーム(カートゥーン・レースと言うべきか)を延々遊んでいたのだった。ところが、あるときNFSのPC版をやってみたら、その画質のよさと動きの滑らかさにカルチャーショックを受けてしまい、これは家庭機でレースをやってる場合じゃないなあ、と思って、一気にPCゲーム信者になったというわけだ。

当時の僕が一番熱を上げたのがNFSの「Underground」「Underground2」「Most Wanted」と続く三部作(?)だった。それ以前のシリーズ(PS時代はオーバードライビン)も悪くなかったし、PS2の「Hot Pursuit」もいいゲームだったのだが、映画「ワイルド・スピード」の影響を受けて、改造日本車をメインにしたストリートレースものという新ジャンルを打ち立てたのは大きなターニングポイントだったと思う。さらにオープンワールドを導入して、警察との追いかけっこをやりはじめるに至り、現在のNFSシリーズに至る基本型が完成したわけである。このシリーズはPS2版でやった人は結構いると思うが、PC版は背景が全くブレないし、車は文字通りヌルヌル動くし、まるで別物であることを特筆しておきたい。

 

日本ではモータースポーツの人気がそれほどではなく、レースゲームもマイナージャンルなのだろう。おそらく、コンスタントに売れている唯一のソフトが「グランツーリスモ」だろうと思うが、このシリーズはドライビング・シミュレーターという建前ながら、実情はお手軽なレースゲームという側面が強くなっているのではないか。マニアックな車好きだけでなくて、あらゆる層の一般ファンを取り込むためには、幕の内弁当のようにとりあえず各種取り揃えて、間口を広くするしかないのは分かる。国内向け家庭機では、この手のゲームはGTシリーズ一択だと思っていたら、PS4で「Assetto Corsa」「Project Cars」というシム系の二大タイトルが出てきて、風向きが変わってきたようである。

かく言う僕はGTにも新しい二大ゲームにも縁がないわけで、偉そうに何を言っとるんだって感じなんだけど、しかし実はシム系ならもともとPCゲームこそが本場でありまして、「GTR2」「rFactor」という極めつきのタイトルが2006、7年に既に登場しているのである。もっとも、僕はこの辺は普通のよくできたレースゲームだと思っていた(シム系、アーケード系という分け方自体知らなかったんだけど)。シム系信者のプレーヤーはよく「挙動」という言葉を使って、掲示板などで挙動の悪さ(?)を口を極めて罵る連中をよく見かけるが、僕はそういうこだわりは全くない。そのゲームの世界では、それぞれの挙動が現実的なのだと思っているので、リアルでなくても実車と違っていても気にならないのである。どうせ、ゲームに登場するスーパーカーなど運転したことはないので、リアルな動きなどもともと知らないし、そんなことを考えていては「Need For Speed」や「Burnout Paradise」などやってはいられないだろう。

そういうわけで、主にPCのおバカなレースゲームばかり十何年やりつづけて、慣れだけでそこそこ走れるようになったというのが実情である。格闘ゲームで言えば、いわゆるガチャプレイで勝っているようなもので、いい齢してこれではちょっと恥ずかしいので、これからはシム系ゲームのリアルな挙動とやらにこだわって、まともな走り方を覚えてみたいと思っている。まずは「Assetto Corsa」「Project Cars 2」がプレイできるPCを買わなきゃね。

 

ポストに返却!DMMのレンタルDVD

ひきこもり ブログランキングへ

世界史攻略法 偏差値60を確実に達成する簡単な方法

春休みでもあることだし、のんびりとゲームネタを連発したいところなのだが、これから受験勉強に臨む高校生や浪人のお友達にしてみればゲームどころではないだろう。ということで、当サイトでも本腰を入れて受験勉強講座を再開していきたいところである(と言いながらゲーム記事も書くんだけど)。

基本的には、普通の高校に行っている普通の成績の人が、そんなに苦労することなく有名大学に滑り込む方法を伝授している。ただ漫然と苦行みたいなことをやるんじゃなくて、ちょっとしたコツを掴むだけで成績優秀者になれてしまう、その感覚を体験してもらいたい。その第一歩として、定期試験で簡単に高得点を取る方法というのを主にやっているわけですが、受験に関して言えば英語と地歴(世界史)を偏差値60まで引き上げれば何とかなる、という単純な話をしている。だから受験勉強としては、国公立狙いは忘れてとにかく英語と世界史だけやれ、と言いたいんだけど、なかなかそういうわけにいかないのが辛いところだろう。(特に地方に住んでいる人)

 

そんな事情はともかくとして、今回は世界史を一年で仕上げる方法をいってみよう。世界史は必修科目なんで、進学校ならば二年がかりできっちり教えているはずである。正攻法の勉強法は非常に単純であって、授業を毎回きっちり聞いてから「山川世界史ノート」で復習、定期試験前に世界史ノートと一問一答問題集で仕上げれば、それだけで80点以上は楽に取れてしまう。これを繰り返していけば偏差値60近くまでは行けるんだけども、ここで問題がいくつかあるわけだな。

まず、普通レベルの高校だと、世界史の時間は居眠りしている子が多くて、みんな授業を聞いてないのである。暗記ものだからあとから集中的に覚えればいいや、と考えがちなんだが、これが大きな落とし穴であって、世界史の教科書は非常に簡潔に書かれているので、先生の説明なしにいきなり読んでも内容が理解できないんだよね。世界史に限らず、地歴・公民は授業を聞くのが大前提なのに、そのスタート時点でつまずいているのだ。それから、その授業もおそらく19世紀あたりで時間切れになってしまい、現代史は全然手つかずのまま受験シーズンに突入してしまうので、きっちり勉強していても入試には間に合わなくなってしまう。有名進学校ではない普通の高校だと、受験対策はいいかげんなので(先生には知識もやる気もないので)、自力で対策していかなくてはならないのだ。

 

それで、ここからが世界史勉強法の本題。メインで使用するのは、いわゆる実況中継本である。具体的に言うと「ナビゲーター世界史B」か「青木世界史Bの実況中継」のどちらかということになる。これは単に参考書として読むのではなくて、擬似的に授業を体験することが主たる目的。要するに授業の代替品であり、しかも何度でも繰り返して追体験できるのが最大のメリットだ。実況中継本を毎日20ページとか決めて読みつつ、山川世界史ノート、一問一答問題集で基本事項を暗記していく、という流れである。そして大事なのは、実際の授業の進み具合などは無視して、さっさと最後まで読みきってしまうことだ。おそらく三ヶ月くらいで一周できるはずなので、一年間で世界史を最初から最後まで、四周くらい勉強することになる。必死になって暗記しなくても、ここまでくればセンター試験レベルなら確実に高得点が取れるようになるだろう。

世界史は暗記ものなのに、必死で暗記しても得点に結びつかない、という悩みを持っている人も多いと思う。それは、授業をちゃんと聞いていないから歴史の流れが頭に入っておらず、せっかく重要事項を覚えても、それをどこで使っていいかが分かってないからなのだ。実況中継本による授業の疑似体験が、世界史勉強法の肝なのである。多くのお友達はそれをすっとばして、教科書の太字の部分をただ闇雲に覚えたり、いきなり一問一答問題集をやっている場合が非常に多い。これでは単なる記号を暗記しているのと同じことであって、エネルギーを費やしているわりに効果はほとんど上がらないのだ。

 

この勉強法のコツは、毎日の日課にして無意識の習慣にしてしまうことだ。実況中継本で言えば、通学バスの中で読むとか、湯上がりに牛乳飲みながら読むとか、とにかく条件反射的に何も考えずにやるように習慣づけてしまう。われわれは毎日、飯を食ったり歯を磨いたりしているでしょう。それと同じように、実況中継本を読んで一問一答をやるのを、生活の当たり前のルーティンにしてしまえば、目標はほぼ達成されたと言っていい。定期試験の前になって慌てて徹夜するなんていう、つまらん真似もしなくてすむしね。

これで前回の英語勉強法と合わせて、二科目だけではあるけど偏差値60前後までは一年で無理なく上げられるので、名前の通った私立大学を受験してもおかしくないレベルに達することはできる(受かるかどうかは別問題として)。ただし、学校で普通程度の成績の者が、有名大学を受けると言っても先生が相手にしてくれないので、主要科目は普段から定期試験でそこそこ高得点を上げていないといけない。当サイトでやっている、簡単に80点取る方法シリーズの目的のひとつもそこにあるのだ。



NEC Mateの電源交換とお手軽に遊べるPCゲーム

どうも相変わらず、NEC Mateの電源を交換する話が一番読まれているようなので、かなりマニアックでマイナーな話題ながら追記しておきたいと思う。NEC Mateというのは学校や会社で大量導入されている代表的な量産機であり、使用期間が過ぎると払い下げられて中古市場に安く出てくるので、とりあえずビールみたいにとりあえずPCを買いたい人にはお勧めである。CORE 2 Duoからi3くらいのものが一万円台で買えるし、それでビジネス用には十分すぎる機能を持っている。これにちょっとしたグラボを積めば、数年前のPCゲームを普通に遊ぶこともできるので、コストパフォーマンス的には言うことなしだろう。

そんなMateの弱点は、電源が故障しやすいこと。どうやら安物のコンデンサを使っているせいらしいのだが、内部部品を交換するのは素人には無理なので、別の電源ユニットを買ってきて付け替える以外にない。ところが、スリム型PCであるMateに付けられるのはTFX電源という小型の特殊なやつであり、これがなかなか売ってないし、あってもバカ高いのですね。通販で六千円とか八千円とかの値段が平気でついていて、そんなのを買うくらいなら一万円出して別のMateを買った方が早いわけである。もっとも、ヤフオクを注視していれば、ときどき千円台くらいで中古のTFX電源が出品されるので、状態のよさそうなのを落札すればよい。この場合、NEC純正のものは出力が200wしかなくて、ボードつけてゲームをやっていると慢性的な出力不足になってしまう。規格さえ合えばどれを付けても同じなんだから、純正にこだわらずできるだけパワーのあるのを選んだ方が得策だろう。

あと、僕は先日失敗してしまったのだが、よくシャットダウンするのでまたしても電源の故障だと思い込んでいたら、実はCPUグリスが乾いて熱暴走していただけだった。CPUファンがガーガー鳴り出して全力回転しているようなら、おそらく熱暴走が起きているので、グリスを塗り直しましょう。元来、MateのCPUファンは定速回転が基本であって、かなりハードなゲームをやっていても回転数が上がることはほとんどない。

 

さて、ゲームをやるにはグラボが必須なわけだが、Mateはスリム型PCなのでいわゆるLow Profileという小型のグラボしか装着することができず、どうしても性能は限られてしまう。もともとTFX電源自体に限界があるから、電力を消費する高性能グラボなんて付けられないしね。しかし、それでも安物のボードを付けてある程度のグラフィックメモリを確保すれば、数年前のゲームならば余裕でプレイすることができる。Mate本体とグラボで二万円もかかってないのに、「Grid」や「Need For Speed Most Wanted (2012)」あたりが問題なく遊べるのは、かなり凄いことなのである。たとえ画質を落としたとしても、PC版のゲームは家庭機に比べると非常にきれいだし。また、ゲーム自体も古いから数百円で買えるわけで、世間一般に比べて数年遅れであることさえ我慢すれば、もはやこれ以上何の不満もないだろう。そもそも、貧乏人が最新ゲームをプレイしようというのが間違っているのだ(笑)。

電源交換の話に戻ると、作業的にはケースの蓋を開けて多少分解することになるので、PC自作などに慣れてない人には抵抗があるかも知れない。と言ってもそんなに難しいことではなくて、要はピンを抜いて差し替えるだけである。あと、Mateを使った裏技としては、i3以上の上位機種を手に入れたらば、ケースと電源をいいものに交換するという手が考えられる。これでパワーのあるグラボを付けられるようになり、たいていのゲームはプレイできるようになるだろう。格安でちょいとしたゲームPCをデッチあげる裏技というわけだ。

もっとも、ケースと電源だけならいいだろうが、Mateのようなメーカー製PCはOSがハードの付属品なので、それ以上部品を換えていたら規約違反になってしまうので注意。もちろん、別のマザーボードにWindowsをインストールすることはできないし(インストールディスク自体ついてないだろうけど)、マザーが壊れたらそのマシンは一巻の終わりである。そこがMateの限界であり弱点ということなのだが……。といっても、中古でMateを買っていろいろ部品を換えても二万円くらいしかかからないわけで、大人の遊びと割り切れば使い捨てでいいんじゃないかな。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

PS2エミュレータでレースゲームを快適にプレイ

当サイトのメインは勉強ネタのはずなんだけど、一番読まれている記事はなぜかPCの技術的な話なのですね。特にNEC Mateの電源を交換する話にアクセスが集中したりして、困っているのはみんな同じだなあ、としみじみ思ったりする今日このごろである。というわけで、僕は数年前のMateを部品を替えつつ愛用しており、この何の変哲もないビジネス機にちょっとしたグラボを積んで、PCゲームとかPS2エミュとかを楽しんでいる。もちろん、PCゲームで言えばたいしたものはできないんだが、画質を落とせば「スカイリム」も普通に遊べるし、2012年版の「Need For Speed Most Wanted」だってそれなりに動くので、なかなか馬鹿にしたものではないのだ。一万円ちょっとで買ったMateでここまで遊べれば文句はないだろう。

僕はとりわけてレースゲームのファンであって、レースといえばポリゴンの車がグリグリ動くので、古いマシンでは無理だろうと考えるのが普通なんだが、ちょっと懐かしい軽めのゲームならば何の不自由もなく動いてしまうから不思議。まあ最新のオープンワールドものは無理だけど、昔のレースゲームは背景が単純な書き割りだったりして、意外と軽い場合が多いのだ。「Need For Speed」シリーズはもとより、「Burnout Paradise」「FUEL」「Grid」「Dirt2」「Test Drive Unlimited」といった有名タイトルをプレイする分には十分である。と言いつつ、どれも名作とは言っても今では入手しにくくなったレトロなゲームばかりなんだけど(笑)。

 

 

その中でも「Need For Speed Underground 2」が非常に好きで、これはストリートレースとオープンワールドを融合させた画期的な一作だったと思っている。人気タイトルなんで家庭機の各機種で出ているけど、何と言っても画像の美しいPC版(もはや入手不可能だろうと思うけど)が圧倒的にいい。2004年の古いゲームながら、Windows7でも普通に動いている。といっても、僕が持っているPC版は北米版であり、これはホンダのシビックが収録されているという利点はあるものの、やはり日本語版をPC上でプレイできるようにしておきたいという気持ちが強いわけである。そこで話はPS2エミュということになるんだが(前置きが長すぎます)、現在のエミュレータは相当に進歩していて、たいていのPS2ゲームはPCで遊べるようになっている。ところが、困ったことに「Need For Speed UG2」は、うまく動作しない数少ないゲームのひとつなのであった。

今のところ、pcsx2(PS2エミュレータ)の公式サイトに出ている最新版は1.4.0である。これは前バージョンよりかなり進化したようで、「チョロQHG2」の会話部分の速度低下がなくなったのが大きかったが、「Need For Speed UG2」に関しては1.2.0の方が少し軽いように感じられた。ということで1.2.0を使用することにして、グラフィックはDirectX9を選択(10や11では雨のエフェクトがうまく出ないから)、HW Hacksを有効にしてconfigurationからskip draw = 1 にする。さらにスピードハックのVU Cycleを最高に振る(EEはそのまま)と、fps50以上は出るようになるので、一応プレイできる環境は整うわけである。

しかし、動くことは動いても、僕のマシンでは背景の描画が追いつかないようで、画面がブレまくってコースがよく見えない(笑)。まあ、もともと背景が流れるのはPS2版に顕著な弱点だったのだけど、ブラウン管テレビだと適度にぼやけていたのが、PCモニターではくっきり出すぎるのが困りものである。おそらく、もっと上等のボードを積めば軽減されるのだろう。とりあえずは、日本語版がPC上で動いたから合格ということにしておこう。

 

自分で書いておきながら、ちょっと誰得情報という感じになってきて首をかしげてしまうのだが、金をかけずに名作をプレイというのは、最小の努力で最大の効果を挙げるという当サイトの主旨に合致している(無理矢理)。エミュレータにはもうひとつの利点があって、海外のPS2ゲームでも関係なしに動かすことができるのだ。僕は主にイギリスのショップから、日本未発売のレースゲームを購入して遊んでいるのだが、その中には「チキチキマシン猛レース」「ミニミニ大作戦」「L.A Rush」「Midnight Club 3」「Test Drive Unlimited」など、どうして日本版が出なかったのか不思議に思えるほどの名作も数多いのである。まあチキチキマシンはハドソンが、TDUはアタリ社がそれぞれ倒産しちゃったせいなんだが(笑)。その辺のマイナーレースゲームの誰得レビューも、これから折にふれて書いていくつもりである。

 

ゲオのレンタルDVD 初月8枚無料

落ちこぼれ向け受験勉強法 一年計画で偏差値60達成

この時期、当サイトで読者数がググッと上がってくるのが受験ネタである。新学期を控えて新たな気持ちで受験に臨もうというお友達が多いのだろうけど、もともとはひきこもり・ニート向けの勉強法講座だったので、普通の受験勉強法として読むとインチキくささが目立ってしまうかも知れない。まあ、やっていることはインチキではなくてまっとうな受験勉強なのだが、最小限の努力で即席で成績を上げようというのが主旨であるから、そんなやり方はダメだと思う人もあるだろう。しかし、勉強法に正解はないし、自分に合った方法を自分で見つけることが全てであって、当サイトではそのための一番簡単なヒントを示している、くらいに考えていただきたい。

 

さて、お笑い芸人が青山学院を受験したというのがニュースになっていたが、聞くところによると彼は偏差値30台だということだ。それではまぐれも起こりようがないので、青学に受かるのは無理だろう。少なくとも受験してもおかしくない程度まで基礎学力を上げておいて、その上で複数学部を受けることでまぐれ(?)の起きる確率を上げる、それくらいの準備はしないといけない。この場合の目標は偏差値60といったところである。最も簡単なのは、偏差値を70まで上げてから60レベルの大学を受験すること。これなら絶対に合格できるわけだが、偏差値70というのはそう簡単に達成できないのが困りものだな。

また、偏差値70以上で難関大学を受験するというのも、やる側としてはなかなか厳しいものがあるのだ。それ以上に成績を上げるのは難しいし、周りのライバルはみんな勉強が得意な者ばかりなので、競争が激しくてそう簡単に抜きん出ることができないのである。

しかし、偏差値60というのは少し勉強すれば誰でも達成できる数字であるし、そこから頭ひとつ抜け出せば、たいていの有名大学には難なく合格できるわけで、これを目指さない手はないだろう。あなたが地方に住んでいる高校生や浪人の人ならば、親や教師がどうしても国公立大学にばかり重きを置くので、私立一本にしぼって受験勉強するのは抵抗が大きいかも知れない。だが文系ならば英語と地歴(世界史)だけ偏差値60まで仕上げれば、それこそ青学を受けてもおかしくないレベルまでいけるわけで、落ちこぼれ状態からでも一年あれば、それは十分に達成可能なのである。

 

前回、英語勉強法の概略を説明したのだが、要するに受験勉強だからといって特段変わったことをやる必要はない。試験問題の九割は長文読解問題なので、ある程度の長さの文章を習慣的に読んで、辞書を引きながら意味を取っていく、つまりはリーダー(コミュニケーション英語)の予習復習のやり方を、毎日続けていくことがメインなのだ。そのために必要な基本単語、基本構文は初期に覚えておくことが大事だけれど、単語や構文を覚えることが目的ではない。やるべきことはあくまで長文読解なのである。たいていの受験生諸君はそこを取り違えていて、苦行的に単語を暗記すること自体が目的になってしまっている場合が多いのだ。

それは世界史の場合も同じであって、多くのお友達が必死になって一問一答問題集を暗記しても、なかなか点数に結びつかない理由がそこにある。一問一答問題集自体は悪くないし、世界史の勉強においては必携と言っていいのだが、これをメインにしてしまっては単なる記号の暗記の域を出ず、せっかく覚えた重要事項の使いどころが分からないために、結果的に点数にはならないのである。(世界史勉強法は長くなるので、次回改めて解説することにしよう)

 

さて、僕自身が文系(文学部出身)なので、主に私立文系の受験勉強法について書いているわけだが、実のところ単純に点を取るだけなら理系科目のほうが簡単なのだ。一年あればセンター試験レベルならば確実に満点近く取れるようになるので、地歴が苦手でポイントゲッターにできないという人は、逆に地元国公立大狙いでセンター試験にしぼるという手もある。

理系科目の勉強法のコツは、徹底した反復練習ということだ。数学でいえば教科書の例題→練習問題→授業で使っている問題集の問題という順番で、同じ問題を十個くらい並べておいて一気に解いていく。同じことを十回も繰り返せば嫌でも覚えてしまうわけで、この反復練習を教科書の全ての例題に関してやれば、定期試験でもセンター試験でも、簡単に満点を取れるようになるだろう。もちろん、数学だけでなく物理でも化学でもやり方は同じである。教科書レベルならば出題パターンが完全に決まっているので、英語や地歴よりも理系科目の方が点数は取りやすい。文系の人が数学や理科で満点近く取れるようになると、地元国立大狙いならばほとんど無双状態だろう。

とはいっても、それはある程度全科目にわたって基礎学力のある受験生の話である。落ちこぼれ状態から一年で五教科七科目を偏差値60まで仕上げるのはやはり難しく、私立文系狙いで二科目に集中した方が効率的なのは、もちろん言うまでもない。しかし、あなたが地方に住んでいて、親や教師が国立国立とうるさくてとても私立を受けられない状況ということもあるので、その場合は腹をくくって五教科七科目狙いに切り替えるのも、仕方のないことだと思う。地元国立大なら金もかからないしね(笑)。

 

いつでもどこでも読める電子書籍