落ちこぼれでも有名大学に入れる!受験勉強のコツとツボ

さて、二月も下旬ということになって、私立大学の受験はこの時期が最終盤といったところである。ちょうど、僕が受験した大学(学部)も今時分が試験だったので、雪が残る中を歩いて受験会場に行っていた頃のことを思い出して、少し重い気分になってしまう。ところで、当サイトでは落ちこぼれ(と言ってしまっては身も蓋もないが)の諸君が成績アップする方法をいろいろと考えているわけで、今まさに受験勉強しているお友達はこれから高校三年生になったり、浪人して予備校に通ったりで、なんとなく暗い気分の一年がスタートする時期だろう。

はっきり言って、普通レベルの高校で普通程度の成績だった人は、大学受験において相当に苦戦を強いられるのは仕方のないことだ。普通に考えると、名前の通った大学にすんなり受かるというのは難しいわけだが、そこを要領というかちょっとしたコツを掴むことで、手品みたいにさっと滑り込んでしまう方法を、当サイトでは伝授しているわけである。もとより、うちは専門の受験サイトではないし、刻苦勉励を勧めているわけではなくて、いわば落ちこぼれの最後の手段としての裏技勉強法をやっているにすぎない。そんな不真面目なやり方はダメだという意見は、真面目な人々からは当然出てくると思うけど、あくまでゲーム攻略法のようなアプローチのひとつということなので、どうか目くじら立てないでもらいたい。

 

というわけで、ちょっと早いけど新年度のスタートである。落ちこぼれというか、普通の高校で普通の成績という人が、一年の勉強で有名大学に入っちゃう方法を一から説明してみよう、というのが今回以降の主旨なのだな。

簡単に言うと、文系ならば英語と地歴(世界史)の二科目だけを偏差値60程度まで引き上げる、というのが全てなのである。と言ってしまえば話は単純なのだけど、まず受験においては「英語ができればなんとかなる」というのが絶対的法則であって、逆に言うと英語が苦手だとかなり厳しいわけです。落ちこぼれ状態から第一に何をやるかといえば、とにかく英語の基礎を固めること。具体的には中学英文法を復習して、中学レベルの基本英単語は頭に入っているという状態を作らなければならない。英語が苦手という人は、中学校の学習内容がうろ覚えという場合が多いのである。

ということで、中学レベルをクリアできたらようやく高校英語の勉強にかかるわけだが、受験勉強だからといって別に変わったことをやる必要はない。昔で言えばリーダー、今でいうコミュニケーション英語の教科書を、音読しつつ辞書を引いて訳していくのがメインである。ようするに、英語の授業の予習復習と同じことを毎日習慣的に繰り返していけばいい。その結果として高2の教科書を普通に読んで意味がとれるようになれば、センター試験レベルの問題なら苦労することはなくなるはずだ。基本的にやることはそれだけなんだよね。そして、ある程度基礎学力がついたら、受験する大学の過去問題を見て出題傾向を探り、必要なことを重点的に鍛えればいいのである。

よくないのはただ漫然と単語帳を眺めたり、有名な参考書を次々に買ったりすること。センター試験でいえば単語問題は出ても1問だけ(それも簡単なやつ)だから、難しい単語帳をやっても意味ないからね。といっても、基本的な英単語や英文法を知らないと、そもそも文章がまるで読めないので、「シス単Basic」「英語の構文150」は早い段階でざっと覚えておくことを推奨している。もちろん、それはメインではなくて英文を読むための補助であり、そういう枝葉の部分にばかりこだわっていたのでは、肝心の読解力がつかなくなってしまう。

 

英語の場合は教科書メインで毎日きっちり続けるだけで、誰でも偏差値60程度までは引き上げられる。英語が苦手な状態から一年でそこまでいけば十分だろう。少なくとも英語に足を引っ張られることはなくなるので、文系なら英語と地歴、理系だと英語と数学という組み合わせでポイントゲッターにすることができ、名前の通った大学のどこかに滑り込むことができる。このときのコツは、とにかく二科目に全力を集中すること。特に地方に住むお友達の場合、親からやたらに「国立大学へ行け」と言われることになるのだが、さすがに落ちこぼれ状態から一年で五教科七科目をそこそこのレベル(地方国公立大なら偏差値57程度は必要だろう)まで引き上げるのは厳しい。しかし二科目なら十分に可能だし、国立よりもレベルの高い私立に受かることもできるのだ。

あと、高校生の人に関して言えば、定期試験で英語の成績が80点、90点とかになってくると、クラスでは普通に「勉強ができるやつ」として扱われるようになる。定期テストにおける点数の取り方は、当サイトではいつもやっているし次回以降も書いていくわけだが、そういった周囲からの見た目というのは意外と大事なのである。親からガタガタと小言を食わなくなるだけでも大きいし、クラスでは馬鹿にされたりいじめに遭ったりということもなくなるはずだ(優秀すぎて嫉妬されるということはあるが)。これは人生が変わるくらいの変化と言っていいだろう。

では、次回は世界史で点を取る方法をやってみたいと思います。

 



超ひきこもりアフィリエイト ジャンルの枠を超えた柔軟なサイト作り

前回は、ゆとりガキのおかげで大きくペースを乱されてしまった。そんなのにかかわりあったこちらが悪いのだが、記事ネタを提供してもらったという意味ではむしろプラスになったと言うべきか。ブログ運営のテクニックとして、リンク否認というのはあるにはあるが、それはアダルトサイトとか悪質なスパムリンクとかいった、迷惑行為を行う相手に対してやるものである。普通に読者としてリンクしている相手に対して、検索順位が下がるからリンクするなとキレるのは、本末転倒というものだろう。僕が常々アダルトがどうしたという記事を書いているので、短絡的にこちらをアダルトサイトと思ったのだろうが、見てのとおりうちは四六時中、学問の話ばかりしている真面目すぎるサイトであることは言うまでもない。さらに言うならば、うちのサイトにはよそのブログの検索順位を左右するほどの影響力などはそもそも皆無である(笑)。

 

さて、そこで話はアダルトである(こういうことを言うからゆとり小僧に怒られるのだが)。無論、当サイトはアダルトコンテンツとは無関係である。単にアダルトアフィリエイトの将来性について語っているにすぎず、アダルトアフィリエイトはいわゆる「稼ぐ系」ジャンルの中で特に重要な一大市場であるから、お金儲けという観点から言えばこれほどストイックな姿勢は他にないだろう。

しかも、僕が提唱しているのは文章のみを使用した記事系のサイト作りであって、動画や画像といったアダルト的な要素は最初から一切考慮していない。さらには、その記事内容にしても、必ずしもアダルト的な内容である必要はないとさえ考えている。となると、これは一体何アフィリエイトなのか、自分でもしばしば首をひねってしまうのだが、要するに従来的なアダルトの固定観念にこだわるのではなくて、ジャンルの枠をとっぱらった大人向けの売り方を狙った方が、リスク分散という意味でも得策ではないかと思うのである。

 

具体的にどういうことかというと、記事内容としては小説、体験ものがこのジャンルの主流であって、これは内容的にいってアダルトに分類されるので、もちろん専用のサーバーを借りなくてはならない(これがバカ高い)。ところが、恋愛やセックスのお悩み相談をメインにすれば、分類としてはかなり微妙なことになる。もちろん未成年者お断りという感じにはなるだろうけど、扱う広告がサプリメントであったり、恋愛指南系の教材であったりすると、もはやどこがアダルトなんだという話になってくる。それでも大人向けのサイト作りであることは変わらないわけだが、これくらいの内容ならば一般ブログとしても通用するのではないだろうか。

というか、アダルトという言葉からの連想で、仮に恋愛やセックスのお悩み相談という例を挙げてみたのだが、そっちにこだわる必要すらないのである。競馬やパチンコでもいいし、株とかFXでもかまわない。つまりは未成年者を対象としていない記事を書いて年齢層の高い読者を集め、その上で大人向けの広告リンクを貼るということである。この場合、アダルト関連の広告を使用するならば、名実ともにアダルトアフィリエイトに分類されてしまうので、高い金を払って専用のサーバーを借りなくてはならない、ということだ(もちろんお気楽にFC2でやってもいいんだが)。

ところが、大人向けの広告といえばどうしても反射的に動画系広告を連想してしまうので、いかがわしい画像を貼ったサイトにいかがわしい広告という、固定観念が作り手の側にできてしまっている。しかも、そのサイト作りも苦行的な単純作業の域を出ず、結果として99%の者が三ヶ月程度で挫折してしまうわけである。いっそのこと、そういった固定観念から脱却して、アダルトアフィリエイトであってもジャンルの枠にとらわれず、楽しく記事を書いて少しずつ濃いアクセスを増やしていってはどうかと思うのだ。当然、記事を書くのが大変ということになるんだが、書けば書いただけスキルも上がるわけで、たとえ挫折したとしても単純作業よりは得られるものが大きいのではないだろうか。

 

ひとつ付け加えると、このサイトはもともと、ひきこもり・ニートで行き詰っているお友達に向けて書いている。もちろん、普通のサラリーマンの人や良家のお嬢さん(はあまりいないか)に読んでもらってもいいのだが、特にひきこもりやニートで閉塞状態にある人は、自分の好きなジャンルで記事重視のブログ(サイト)を作ってみることをお勧めしたい。文章は書けば書くほど上達するものだし、長く続けていれば必ず商品は売れるものだ。まぐれでも大人向けの商品が売れれば利益は大きいから、お金を稼ぐという感覚を少しずつでも実体験することができる。それを第一歩として、財力と知性を身につけて勝ち組になろう!というのが当サイトの基本姿勢なのである。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

シャイニングフォース・ネオ ディアブロか無双か微妙なゲーム

今日は受験ネタで有名私立攻略法をやろうと思っていたんだが、どうも意表をつかれてペースが狂ってしまい、何を書くつもりだったのか忘れてしまった。まずはその話からいってみる(と言いつつ記事のネタを貰えたのだから喜ぶべきことなんだろうけどね)。

PCで見ている人は右の方を見れば分かるように、いくつかよそのサイト(ブログ)にリンクしているよね。これは個人的に参考になるところを探して、ひきこもり・ニート関連とかお金儲け関係のところにリンクを貼っている。相互リンクのお願いをしているわけではないので、リンクフリーと書いてあるところか、それっぽいところにただ貼っているだけなんだけど、さっきそのリンク先のひとつから「勝手にリンクを貼るな」と怒られてしまった。

まあ、リンクフリーだと思って貼ったのが、実は選ばれし民しかリンクしてはいけない特別なサイトだったのだろう。その点で、勝手にリンクした罪で逮捕されるのはこっちなんだが、「リンクしてくれてありがとう」なら数え切れないくらい言われたけど、十何年ブログをやっていて、リンクして切れられたのは初めてなので、さっきから鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしているわけである。おそらくは、ひきこもり・ニートとかアダルトがどうとか言っている、いかがわしいサイトからリンクされたら汚らわしいということなのだろう(ゆとりの考えることなんて知らんけど)。

 

というわけで(なにが?)、初めての経験にびっくりして何を書くのか忘れてしまったので、今日のところはゲームの話に方向転換してみたい。このところ、やや古くなってきたがなかなかの名機であるCore2Duoマシンで、エミュを使ってPS2ゲームを片っ端から遊んでいたんだが、昨年夏からシャットダウンが頻発するようになってきた。また電源の故障だろうと思って先週、新品の電源を購入して付け替えようと思ったところ、ふと「そうそう何度も故障するものだろうか」という疑問が湧いてきたのだな。それで、電源は換えずにCPUクーラーのグリスだけ塗り直してみたら、不調がぴたりと収まって快調そのものになったではあーりませんか。CPUの温度が上がりすぎて、安全装置が働いてシャットダウンしていたのですね。

勇み足で余計な散財をしてしまったが、マシンが安定したので一応は結果オーライとしておこうではないか。そういうわけで、またしても相変わらずエミュ三昧のPS2三昧という、二世代くらい時代を間違えているゲーム漬けの日常に逆戻りすることと相成った。で、僕が十年くらいやり続けているPS2ゲームがいくつかありまして、そのうちの「FlatOut2」「テストドライブ・アンリミテッド」「チキチキマシン猛レース」なんてところはときどき過去記事に書いてきましたが、これらはイギリスあたりのショップから購入した海外版。たまには国内ゲームの話をしたいなあと思ったところが、馬鹿みたいにやり続けているタイトルがひとつありました。知る人ぞ知る、知らない人は全く知らないし、巷ではだいたいクソゲー呼ばわりされている「シャイニングフォース・ネオ」である。いやー、これメチャクチャ好きなんですよ。って俺が好きなゲームは微妙な評価のものばかりなんだよね。

 

もともとシャイニングフォースというのは、メガドライブの看板タイトルで「ラングリッサー」なんかとともにシミュレーションRPGの黎明期を飾った懐かしいゲーム。同じスタッフが作ったスーファミの「FEDA」というのもあったよねー、シャイニングフォースとどこが違うんだ!とぼやきながら結構楽しんだものである。そのシャイニングフォース・シリーズは、紆余曲折を経ながら細々と(?)続いていたのだが、システムをがらりと変えた異色作として登場して、ファンの間に賛否両論(2対8で否が優勢)を呼んだのが、われらの「シャイニングフォース・ネオ」先生なのである。何度も言うけど、僕はこれがメチャクチャに好きなんですよ。この面白さがわかる人間がほとんどいないのが辛いところなんだが。

従来のシリーズから何が変わったかというと、なんとアクションRPGになってしまったのであーる。これがどういうゲームかと言いますと、ダンジョンに潜って無数に湧いて出るモンスターを退治して、ヤバくなったらとっとと逃げ帰るの繰り返し。つまりは有名声優を大挙出演させた、豪華なキャラものの「ディアブロ」という趣き。しかも、主人公の戦闘力はインフレ的に上がっていき、相手に凄まじいダメージを与えられるようになってくるの。そして何十体もわらわらと湧いてくるモンスターを、束にまとめてバッサバッサと刈り取っていく、ちょっとした無双シリーズ風味の爽快感(受け付けない人には単なる面倒なザコ戦)も加味されている。こうなると、どこがシャイニングフォースなんだ!というツッコミが当然入るわけで、要するに評価はどこまでも微妙。

おそらくは、面白さがわかる前に投げちゃう者が大半なんだろうけど、やればやるほど癖になるし、やりこみ要素では群を抜いていて、いつまでやっても終わりがないしで、結局十年以上経った今でもやり続けているわけである。

 

DMMのDVDレンタル

新・アダルトアフィリエイト講座 記事系サイトで濃い読者を獲得

うちは受験勉強法とアダルトアフィリエイト講座を平行してやっているという、教育上いかがなものかと思われる内容なんだけど、その他に趣味系の記事を読みにきてくれる人も存在するわけです。といっても読書、ゲーム、巨人ファンネタの軽い話なんで、メルマガの編集後記あたりでやるか、あるいは趣味系の記事を独立させて新ブログにしようかと思ったんだが、まともに読者を集めるのに数年はかかりそうなので、計画しただけで疲れが出てしまう。

趣味系ブログといえば、僕がいつも紹介している「パワーアフィリエイト」という定番教材である。この教材そのものは名作ではあるがやや古くなっていて、特にヤフカテ狙いのあたりは懐かしいという印象すら覚えてしまう。しかし、ブログアフィリエイトをやる上で知っておくべき項目を網羅したtips集という意味では、まず最初に押さえておくべき教科書と言えるだろう。趣味系ブログを作って広告を貼ったからといって、すぐに爆発的に稼げるものではない。しかし、正しいやり方で長くやっていれば、確かにじわじわとサイトの人気が上がってきて、ある段階までいけば一定確率で何か売れるようになるのは間違いない。(99%の人はそこまで耐えられずに挫折してしまうわけだが)

 

そこで、話はアダルトである。僕が日ごろから提唱しているのは、要するに趣味系サイトを作るようにアダルトサイトを作って、ファンを増やすことで広告クリックを確実なものにしよう、ということなのだ。実際、記事系(小説、体験もの、お悩み相談とか内容はいろいろあるが)のアダルトサイトの場合、読む気満々の読者が集まる傾向にあるので、関連記事を読んでもらえる確率も高くなり、広告クリック率はuuの10%程度までいく。普通にアクセストレードで読者を集めた場合のクリック率はせいぜい1%か2%だろうから、効率という意味では比べものにならない。

記事系アダルトサイトには圧倒的に不利な点があって、アクセストレードができないから大量の読者をいっぺんに呼び込むのは無理である。無料動画を探してなんとなく流れてきたという読者が、文字ばかりのサイトをいきなり熟読するわけはないからね。しかし、これは逆に言うならば、濃いアクセスだけを厳選して集められるという利点でもあるのだが。あと、何と言っても記事を書くのが大変である……もちろん一般アフィリエイトの場合も同じことなんだが、特にアダルトをやっている人は安易にリンクだけ貼る作業に慣れてしまっているので、急に文章を書こうと思っても実行するのは難しいだろう。

というわけで、結局やることは一般アフィリエイトと同じなので、「パワーアフィリエイト」で学んだことはそのまま応用できるわけである。ただ、普通の趣味系サイトをやる場合は、ある程度の読者数を見込めるメジャーなジャンルを探さなくてはいけない。アダルトをやるのならその手間がなくて、誰でも一応は好きな世界なので(笑)、記事系で内容のあるサイトを作りさえすれば、相当の読者数は必ずついてくるものだ。もちろん、それが商売として成立するまでにはかなりの日数がかかるのは間違いないんだが、流行りすたりは絶対にないから、ジャンル的にはこれ以上安全確実なものはないと言える。無論、違法なことをやれば逮捕されるという危険はつきまとうけどね。

 

さて、アダルトアフィリエイトをどれくらいやれば稼げるようになるの?というのが、まずみんな興味を抱くところだろうと思う。ぶっちゃけて言うと、僕は全く売れなくて挫折したこともあれば、訪問者数人でいきなり何万円も売れた経験もある。というか、これは十年もやっていればいろいろあるよ、というだけの話で、あまり参考にはならないだろう。そこで平均的なところを言うと、pv500から1000くらいで、ときどきポツポツと売れる感じ。pv5000を超えたくらいから、まあコンスタントに売れ出してレンタルサーバー代が払える程度にはなるんじゃないかな。

さっきも言ったように、記事系アダルトサイトは読む気満々の読者が集まってくるので、一人で複数記事を読む確率が高く、800から1000uuも集めれば5000pvには手が届くのである。アクセストレードではなくて、じりじりとファンを増やして1000uuというのはかなり大変に思えるし、実際時間はかかるのだが、無理な数字ではない。手法を間違えず、途中で投げ出しさえしなければ、絶対に誰でも到達することはできる。問題はそこまで我慢できる人間がほとんどいないことであって、99%の者は数ヶ月でいやになって投げ出してしまうのである。それもある意味当然であり、無収入で何年間も大量の記事を書き続けるなんてのは、まともな神経ではやっていられないことだろう。

 

次回あたり、一応メルマガをはじめようと思います(というか、以前やっていたのを復活させるだけだけど)。趣味系ネタがメインになりそうだけど、ある程度読者数が集まったら週一ペースで出していくつもり。集まらなければいつまでも出さない(おいおい)。

 

定番教材のパワーアフィリエイトだが、あくまで基本的な内容なので、ある程度の経験者は読む必要はない。全くの初心者ならばぜひ読んでおくべき教材。

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

 

ひきこもり・ニートがレンタルDVDやネット動画を契約する方法

ひきこもりやニートをやっていて、一番困るのは身分証明書がないということだ。運転免許証があればいいんだけど、中学や高校でひきこもった人が教習所へ通うのはなかなかきついものがあって、しかも学校もやめてしまうと身分を証明するものがなにもない。僕は大学を中退して何が困ったかといえば、身分証明書がないからレンタルビデオ屋の会員になれなくて、免許証を取るまでの長いあいだ本当に往生したものである。

そして、ネット時代になればなったで、クレジットカードがないと非常に不便なのだな。引き落としとか着払いとかいった方法があるにはあるんだが、ちょっとした買い物をするのには面倒だし、手数料が余計にかかったりする。さらには、レンタルDVD(ポストに返却という例のやつ)も基本的にはクレジットカードがないと借りることができない。ところがこのクレジットカードというシロモノですが、入会する際には審査があるので、当然ながらひきこもり・ニート(無職)だと門前払いされてしまうのである。今回はこの逆境(なのか?)を打破して、ひきこもり・ニートでも普通にレンタルDVDを借りる方法をご紹介してみよう。まあ、知っている人は知っている当たり前のやり方ですけどね。

ポストに返却でおなじみのDMM 

まずクレジットカードだけど、これはひきこもり・ニートが持つのは不可能なのできっぱりと諦めて、デビットカードに狙いを変更しよう。デビットカードにもいろいろあって、審査があるところとか使える場が限られるものとかあるんで、なんでもいいというわけにはいかない。ほぼ無審査でたいていのネットショップで使えるとなれば、楽天VISAデビットカードジャパンネット銀行VISAデビットカードのどちらかということになる。(JCBでもいいんだけど、僕の経験上ではVISAの方が使える場所が多いような気がする)

まあ何と言っても、アマゾンで使えるというのが大きいですね。これでアマゾンにカード登録できさえすれば、たいていのものはクリックひとつで買えるようになるわけで。あと、Yahooウォレットに登録できれば、ヤフオクでも普通に買い物ができるようになる。僕が登録したのは大昔なので、楽天VISAデビットが通ったんだけど、その後ルールが変わってしばらくはYahooではデビットカードを受けつけなくしていたと思う。最近また使えるようになったという話もあるんだけど、カードによってはダメなものもあるというし、こればっかりは試してみないと分からない。

TSUTAYA DISCASは品揃えが凄い

さて、肝心のレンタルDVDですが、結論から言うと大手ではDMMとTSUTAYA DISCASでデビットカードが使えた。この二つに登録できるんなら、まずたいていの作品は借りられるわけで、問題は完全に解決したと言っていいだろう。もちろん、一ヶ月の無料お試し期間中に8枚借りて、それだけで退会すれば料金は一切かからないので(実験済み)、合計16枚がタダで借りられるとなると、普通の人は見たいものを見つくせるんじゃないかな。特にDMMはアダルトが充実しているんで、こっそり借りるには非常に重宝する。届いたものを家族が開けちゃったら困るけどね(笑)。

ついでに言うと、その他の有名どころでは、ゲオとぽすれんはデビットカードでは登録できなかった。銀行引き落としで借りることはできるみたいだけど、その場合は無料お試しが使えないので、無視した方が得策だろう。というか、DMMとTSUTAYAで借りられればもう十分って感じなので。

現在急成長中のhulu 

あと、このごろ話題になっているのが動画配信サイト。これはDVDみたいな現物のやりとりではなくて、月額千円とか払えばストリーミング動画が見放題というやつで、映画、ドラマ、アニメなんかいくらでも見られるのでなかなか便利である。もちろん原則はクレジットカード契約なんだが、デビットカードではどうかなあと思って、ひととおり試してみた。

ところが、こちらは大手どころはたいていダメでした。特に作品ラインナップが出揃っているのが、アマゾンプライムビデオ、U-NEXTという二大巨頭ですが、どちらもデビットカードは門前払い。ただ、huluは楽天VISAデビットが通った。huluは後発組で作品数もまだ多くないみたいだし、無料お試し期間が二週間しかないのがいまいちである。でも人気の海外ドラマとか有名どころのアニメや特撮ものはひととおりあるので、見たいものがある人は試してみるだけの価値はあるだろう。

それから、まだ新しめのサイトで先行きが見えない感じはあるが、フジテレビオンデマンド(FOD)も楽天VISAデビットで契約できた(Yahoo IDが必要)。これは当然ながらフジテレビ関連の動画を中心に配信しているので、見たい人は限られるかも知れない。それでも見逃した番組を自由に見られることと、無料お試し期間が31日間というのが高得点。これもやはり、無料期間中に見たいだけ見てさっさと退会するのが基本である。

 

フジテレビオンデマンドで見逃し番組も見放題