格安パソコンを使いこなす!ひきこもり生活の知恵

ひきこもりの必需品といえば、なんと言ってもPCである。と言いつつ、このごろはスマホの普及によってパソコンを持たない若者が増えてきたという話だが……。そういう話がどこまで本当か分からないんだが、ある程度のネットビジネスや勉強をやりつつ、そこそこのゲームもやりたいわけで、ここはやはりPCを第一に考えたいわけである。

PCの最新機種を買おうとすると十万も二十万もするわけですが、そんなにお金をかけないでもそれなりの作業ができる!という格安PCを手に入れる方法をご紹介しよう。と改めて言うまでもなく、アマゾンやオークションで安いPCを買えばいいだけの話である。しかし何でもいいというわけではなくて、やはりちょっとコツというものがあるわけだな。そのツボを押さえるかどうかが、出費にも大きくかかわってくるので、ここは間違わないように選びたいところだ。

 

まず、僕の使っているPCはNECの量産ビジネス機であるMate、Core2DuoのE7500というやつ。C2Dの最上位機種はE8600と8500で、7500というのは機能を削減した廉価版であり、この辺のシリーズは現在でも普通に使える。というかワープロや表計算を使ったり、ネットサーフィンをやったりといった作業においては、最新機種と体感的な速度の違いはないだろう。

逆に言えば、これより下位のマシンだと動きが遅くてストレスがたまることになりかねない。C2DだとE6600ではやや物足りないのではないだろうか。

というわけで、中古のC2Dマシン、E7000番かE8000番の機種を安く買うのがコツである。このレベルのPCならば、間違いなく1万円以下で状態のいいものが買えるので、できればこれに5千円くらいの安いグラボを積む。もっとも、Mateみたいなビジネス機のスリムPCだと、電源に限界があるのであまり上等なグラボは積めないのだが。

これで動画を見るときのカクつきは全くなくなるし、ちょっと古いゲームなら問題なくやれるようになるのだ。実際、僕はE7500+5千円グラボで、画質を落とした状態ではあるもののスカイリムを普通にプレイしている。プレステ2のエミュも、ノーマルだと5、6割くらいの動きで重いのだが、安物グラボを乗せただけで9割方のゲームは実機と変わらない動作で遊べるようになったのである。かかったお金は1万2千円くらいだから、もはやこれ以上望むことは何もないという感じだ。

 

さっきアマゾンで見てきたら、中古PCの値段はさらに動いて、このごろはi3搭載のマシンでも1万円前後になっているようだ。凄い時代になったねえ。といっても、普通の作業だとC2Dもi3も一緒だし、どちらもノーマル状態でゲームをやるのはキツいので、安いC2Dを使いつぶすつもりで買うのが一番お得なのかなーという気がする。

 

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ゲームせどりのツボ ひきこもりでも稼げるコツ

「せどり」という稼ぎ方が注目されて既に久しいわけだが、僕自身はこの方法はあまりお勧めしていないのである。ひきこもりにとって一番適している稼ぎ方は、やはりブログアフィリエイトではないかという思いが強い。その理由を話せば長くなるが、簡単にまとめると以下のようなことが挙げられる。

第一に、せどりは現物をやりとりするので、資金と労力、それに場所をとる。仕入れに出向くのはひきこもりにはキツいし、梱包作業の辛さは想像以上のものだ。コンスタントに月十万以上稼ごうとすれば、一日中作業に追われることになるだろう。

それから、せどりが世間で注目されたせいで、ブックオフなどに同業者が殺到して顰蹙を買い、その結果として実質的に締め出しを食うという事態になっている。こうなると、もはや仕入れとか商売どころではなく、稼ぎ方としては破綻していると言えるのではないだろうか(ほとぼりが冷めたら流れが変わるかも知れないが)。

 

というわけで、僕はせどりをお勧めはしないのだが、ひきこもりに向いた稼ぎ方として「ゲームせどり」は、ひとつの穴場ではないかという気がしている。ゲームソフトは軽くて場所をとらないし、意外と動くお金が大きいので、少ない労力で大きく稼ぐことができるからだ。ネットを使っての仕入れルートを確保できさえすれば、これはまさにひきこもり向けの商法なのかも知れない。

僕は本格的にゲームせどりをやっているわけではない。とはいえ、ゲームを買っては飽きたら売るというのを繰り返して、いわば自転車操業的に遊んでいるので、結果的にゲームせどりのベテランのような状態になっている。手持ちの不要なゲームを売るだけならば、梱包の手間はたいしたことがないし、労力といっても郵便局かコンビニまで行って発送するだけである。しかし、ゲームといっても大半のものはほとんど値がつかず、1円出品ということになって商売にならない。意外な高値のつくソフトはごく一握りなのである。そのリストの一端を、軽くご紹介しよう。(今回はPS2編である)

 

まず文句なしに高値取引されるのが、「レッスルエンジェルス サバイバー2(初回限定版)」である。サバイバー2はおおむね高価なのだが、初回版は1万円を下回ることがない。間違って2千円くらいで出ているのを見たら、即買いあるのみだ。

安定して5千円前後で出るソフトといえば、顔ぶれがほぼ決まっている。「ポンコツ浪漫大活劇 パンピートロット」、「チョロQ HG2」、「日本相撲協会公認 日本大相撲・激闘本場所編」が御三家という感じだ。それから「ファイプロ・リターンズ」もコンスタントに4千円以上はいくだろう。この辺のタイトルは、人気のわりには出荷数が多くないために希少価値がついているようである。それだけに安値で仕入れるということは難しい。何かの間違いで手に入ったらラッキーというところだ。

 

あと、これは盲点なのだが、スーファミのソフトにも高値のつくものが稀に存在する。「サバイバー2」と同じシリーズで「美少女レスラー列伝」というゲームは、3500円から4千円で取引きされている。僕はかつて定価で買ったので、売っても儲けにはならなかったのだが……。スーファミには意外と千円くらいの値がつくソフトがあって、送料・手数料を差し引いても確実に700円くらいの利益になるので、押入れで眠っているゲームを売り払ってお金に替えるのも悪くないだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

大相撲の好きな小学生 昭和・輪湖時代・蔵前国技館

今日から大相撲春場所が始まるので、相撲についての思い出なんかを書いてみようと思う。なんでも、今は空前の相撲ブームなのだという。空前というのは眉唾だが、八百長問題で閑古鳥が鳴いていた頃に比べると恐ろしい盛況ぶりなのは確かである。

しかし70年代の相撲ブームはこんなものではなかった。僕はそのブームのまっただなか、特に輪湖時代に熱中して見ていた相撲少年だったのだが、子供としてはもちろん少数派であって、学校で相撲の話をすると「おまえ、相撲なんか見てるのか!?」とびっくりされるのが常だったのである。大学生になって上京したとき、真っ先に相撲の聖地である蔵前国技館に足を運んだ。ところが、国技館はまさに取り壊されて、完全なさら地になっていたのだった。実のところ、これが相撲に関するもっとも鮮烈な思い出だったりする。

 

物心ついて一番最初に相撲を見はじめたのは、まだ大鵬が現役だった頃だった。だが、もちろん番付も星取表もまだ分からない。はっきり意識して観戦しはじめたのは北の富士の一人横綱時代あたりからで、すぐに輪島と貴ノ花が上がってきて、この両者を中心に、まさしく「空前の相撲ブーム」となった。昭和50年春場所の、北の湖と貴ノ花の優勝決定戦はブームの頂点だったと思う。後年の若貴ブームが凄かったといっても、親父の人気には全く及ぶものではない。

その頃、僕は北の湖のファンだった。その時すでに第一人者と言われて敵役にされていた北の湖だが、この決定戦の段階でまだ21歳にすぎないのだから驚いてしまう。この人は幕内に入ってきたあたりで、横綱になるのは規定路線と誰もが信じて疑わなかった。こういう力士もちょっと珍しいのではないか。

 

学校から帰って夕方に相撲中継を見る。そして夜中には「大相撲ダイジェスト」でその日の取組を復習するのが、相撲ファンの日課だった。「大相撲ダイジェスト」はその頃、深夜にやっているちょっとエッチな番組の一コーナーとして放送されていたので、小中学生が見るのは少し抵抗があった。この番組、若貴ブームが去ってからは視聴率が降下したようで、いろいろ内容を変えて工夫しようとしていたが、全部裏目に出てしまったようだ。フォーマットが確立しているものを、あとからグダグダと変えるのは愚策であろう。NHKの相撲中継のよさは、何十年やっても一切変化しないという、恐怖のマンネリズム(?)にあるのだ。

このマンネリのよさは、一時期の日テレのプロレス中継にも感じた。残念なことに、ジャイアント馬場が日テレ・スポーツテーマを使用することをやめて独自テーマ曲を使い出したため、この貴重なマンネリ感覚は崩れ去ってしまったのだが……。

 

当時の力士では、若三杉改め二代目若乃花のことが気になっている。貴ノ花に次ぐ人気力士で、破竹の勢いで横綱になった若乃花だったが、故障と親方との確執のために若くして引退してしまった。次代のエースを失ったことにより、相撲界は千代の富士というスターを急造する方向に舵を切ったのである。回顧番組で最ももてはやされる一番が、昭和56年初場所の北の湖・千代の富士の優勝決定戦だが、僕にとっては黄金時代の終わりを告げる、最も嫌いな一番なのである。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもりの世界史勉強法にはセオリーがあるのだ

ひきこもりやニートを経て、レベルの高い大学に入るのは、ちょっと考えると至難の技のように思われる。しかし目標をきっちりと定めて、効率的に偏差値上げをしていけば、実はそれほど難しいことではないのだ。もちろん全科目をまんべんなくやるのは物理的に不可能であるし、促成栽培というかインスタントの気味があるのは仕方のないところだが、当サイトではひきこもり・ニート向けの裏技的な勉強法をご紹介していきたいのである。

その一番分かりやすいモデルとして、私立文系で偏差値60以上というところを、主に取り上げている。これはたいてい国語・英語・社会(地歴)の三科目であるし、出題傾向に合わせて一点集中的に攻めれば、中堅以上の大学であっても攻略が容易である、と見ているからだ。

しかし、ただ漫然と教科書や参考書を読んだり、ノートに書き写しただけでは勉強したことにはならないわけである。「できない子」から「できる子」に脱皮するにはそれなりのテクニックが必要なわけで、その辺の裏技は塾や予備校でも教えてくれないのだな。

 

まずは、例として世界史の勉強法について説明しよう。これは日本史でもやり方は同じである。ちょっとレベルの高い大学ならば、社会(地歴)は日本史か世界史の選択になるだろうから、そこは適宜読み換えていただきたい。

世界史の勉強法は、はっきり言ってセオリーが確立されている。進学校の生徒には説明無用なのだが、「できない子」の間では全く知られていないというこの方法は、俗に漆塗り法とか壁塗り法とか言われているものだ。ようするに、何度も壁を塗るように繰り返すことで、知識の厚みを増やしていくということだろう。使うのはいわゆる実況本である。人気があるのは「青木の世界史B実況中継」だが、教科書と同じ山川から出ている「ナビゲーター世界史B」の方が、用語の統一という意味でいいかも知れない。

この実況中継本を、毎日10ページから20ページくらい読むことを習慣にするのである。バスや電車で通学する者は、その行き帰りに読むようにするといい。三ヶ月くらいで一周できるので、一年だと四周、二年だと八周が可能ということになる。

これで頭の中に自分なりの大ざっぱな歴史年表ができあがるので、次に問題集を使ってディテールを仕上げていく。僕の受験する頃は「世界史用語問題集」というのがあったが、今は「一問一答」とかいうタイトルのものが人気のようだ。実況中継本を三周くらいやって、かなり知識がついてきた段階からはじめればいいだろう。これも習慣的に毎日やるようにして、五周から十周くらい繰り返す。十周もやればいやでも覚えてしまうので、特に暗記という意識を持つ必要はない。

 

実況中継本と一問一答問題集を仕上げれば、偏差値60くらいの学力は普通につくし、周囲からも「世界史が得意な子」と認識されるようになるだろう。欠点はやや時間がかかることで、どうしても二年がかり程度の根気の勝負になってしまう。とはいえ、高校の授業だとたいてい二年と三年の二年間で習う内容だし、おそらく第二次大戦までいったあたりで時間切れだろうから、自力で二年で仕上げることができれば上出来なのかも知れない。

レベルの高い大学を目指す場合、授業のスピードに合わせていたらとても間に合わない。授業を無視して勝手にどんどんやるのが、コツといえばコツなのだろう。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

受験勉強せずに大学に受かった話の補足である

以前、全く受験勉強することなく有名私大に受かったという話を書いたら、意外に反響が大きかったのである。検索で「勉強しない 受かった」とかいったワードで読みにくる人が結構いるのだが、誤解されてはいけないと思うので少し補足しておくことにしよう。

僕は確かに、記号をひたすら暗記するような形でのいわゆる受験勉強はやったことがない。これは、中学で成績抜群だったにもかかわらず、いじめのせいで越境入学することになり、偏差値では二流の高校に入ったという環境による。周囲とのギャップがひどくて普通に勉強するのが馬鹿らしくなって、自分で勝手にやりたいようにやることにしたのである。

したがって、結果的には猛勉強して偏差値70以上まで持っていったことに違いはないのだ。あとは志望校の出題傾向に合わせて、集中的に学力を高めることがとても大事。私立文系だと国語・英語・社会の三科目なので目標をしぼりやすいんだが、地方の進学校は地元国立大学を受けさせようとするから、一点集中みたいな勉強をするのが難しいんだよね。

 

さて、僕自身のことを言うと、小さい頃から本キチガイというあだ名だったうえ、中学時代には寝る間も惜しんで読書をしていた。いじめに遭っていたせいで、本の世界の他にはどこにも居場所がなかったということなんだが。だから高校生になった頃には、他の高校生に比べると何十倍・何百倍の読書量があったわけで、おかげで読解力が跳ね上がって国語は全国模試でも上位に入るくらいだった。読解力が高ければ、他の科目の理解力も高まるのが理の当然。

社会は日本史で受験したのだが、中学時代に司馬遼太郎のほぼ全作品を一気読みしたせいで歴史おたくになっていて、高校レベルの試験では知っていることしか出題されない。さらに、SFマニアが高じて原書のペーパーバックを読むのが趣味だったため、英語のリーダーは幼稚すぎて退屈だった。こういう状態なので、国語・英語・社会の三科目ならば何もしなくても受かってしまう、というのは当然であろう。

 

ようするに、僕の偏差値が70以上というのは、環境その他さまざまな要因が生み出した偶然の産物なのかも知れない。これを真似しろというのは無理なんだが、本当に学力をつけたいという人には、読書の習慣をつけることを勧めたい。

受験のために一冊や二冊読むとか、天声人語を読むとか、そんなのではなくて好きなジャンルのものを毎日楽しんで読むことを習慣にすればいいのである。アニメ好きならアニメ関連の本を、プロレスファンならプロレス本を読めばよい。それだけで十分に読解力や理解力は上がる。無理なく偏差値を上げるために下準備ができるというものだ。

特に文系科目について言えば、意味のない記号を暗記するような勉強法はつまらないし、効率が悪すぎる。文学や歴史を楽しんで堪能しつつ学力が上がれば、これほど愉快なことはないと思うのだが……。僕は歴史の本を読んでやたら面白がっていたら、「面白がってないで勉強しろ」とよく親に怒られたものである。昔の人から見れば面白がるのは悪いことで、「贅沢は敵だ」みたいな感覚だったのかも知れない。

 




ひきこもり ブログランキングへ