ゲームせどりのツボ ひきこもりでも稼げるコツ

「せどり」という稼ぎ方が注目されて既に久しいわけだが、僕自身はこの方法はあまりお勧めしていないのである。ひきこもりにとって一番適している稼ぎ方は、やはりブログアフィリエイトではないかという思いが強い。その理由を話せば長くなるが、簡単にまとめると以下のようなことが挙げられる。

第一に、せどりは現物をやりとりするので、資金と労力、それに場所をとる。仕入れに出向くのはひきこもりにはキツいし、梱包作業の辛さは想像以上のものだ。コンスタントに月十万以上稼ごうとすれば、一日中作業に追われることになるだろう。

それから、せどりが世間で注目されたせいで、ブックオフなどに同業者が殺到して顰蹙を買い、その結果として実質的に締め出しを食うという事態になっている。こうなると、もはや仕入れとか商売どころではなく、稼ぎ方としては破綻していると言えるのではないだろうか(ほとぼりが冷めたら流れが変わるかも知れないが)。

 

というわけで、僕はせどりをお勧めはしないのだが、ひきこもりに向いた稼ぎ方として「ゲームせどり」は、ひとつの穴場ではないかという気がしている。ゲームソフトは軽くて場所をとらないし、意外と動くお金が大きいので、少ない労力で大きく稼ぐことができるからだ。ネットを使っての仕入れルートを確保できさえすれば、これはまさにひきこもり向けの商法なのかも知れない。

僕は本格的にゲームせどりをやっているわけではない。とはいえ、ゲームを買っては飽きたら売るというのを繰り返して、いわば自転車操業的に遊んでいるので、結果的にゲームせどりのベテランのような状態になっている。手持ちの不要なゲームを売るだけならば、梱包の手間はたいしたことがないし、労力といっても郵便局かコンビニまで行って発送するだけである。しかし、ゲームといっても大半のものはほとんど値がつかず、1円出品ということになって商売にならない。意外な高値のつくソフトはごく一握りなのである。そのリストの一端を、軽くご紹介しよう。(今回はPS2編である)

 

まず文句なしに高値取引されるのが、「レッスルエンジェルス サバイバー2(初回限定版)」である。サバイバー2はおおむね高価なのだが、初回版は1万円を下回ることがない。間違って2千円くらいで出ているのを見たら、即買いあるのみだ。

安定して5千円前後で出るソフトといえば、顔ぶれがほぼ決まっている。「ポンコツ浪漫大活劇 パンピートロット」、「チョロQ HG2」、「日本相撲協会公認 日本大相撲・激闘本場所編」が御三家という感じだ。それから「ファイプロ・リターンズ」もコンスタントに4千円以上はいくだろう。この辺のタイトルは、人気のわりには出荷数が多くないために希少価値がついているようである。それだけに安値で仕入れるということは難しい。何かの間違いで手に入ったらラッキーというところだ。

 

あと、これは盲点なのだが、スーファミのソフトにも高値のつくものが稀に存在する。「サバイバー2」と同じシリーズで「美少女レスラー列伝」というゲームは、3500円から4千円で取引きされている。僕はかつて定価で買ったので、売っても儲けにはならなかったのだが……。スーファミには意外と千円くらいの値がつくソフトがあって、送料・手数料を差し引いても確実に700円くらいの利益になるので、押入れで眠っているゲームを売り払ってお金に替えるのも悪くないだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

パワーアフィリエイトという教材についての覚え書

僕が一番最初に買った有名教材は「夢リタトリプルアロー」というものだった。これは、いわゆるスーパーアフィリエイターの人が出した大ヒット教材である(現在は販売されてない)。ネットビジネスについてほとんど何も知らなかった僕が、かなり衝撃をうけたものとして忘れがたい教材なんだが、難点はメルマガに重点をおいているという部分で、そこがどうも乗れなかった。

どちらかといえば、ブログアフィリエイトに重点を置いた初心者向けの教材がほしかったのである。当時(七、八年前)はそういうのはほとんどなかった。「パワーアフィリエイト」はその先駆けになった教材ではないかと思うのだ。

 

ブログアフィリエイトのやり方は単純であって、ブログに記事を書いて広告を貼る、ただそれだけと言ってもいい。単純なだけに成果が上がるまで時間がかかるし、根気がいる仕事である。「パワーアフィリエイト」においては、小手先のテクニックは極力排して、ブログの充実と質の高いリンクの重要性を説いているところがすばらしい。これも当たり前といえばそれまでなのだが、「売れればいいでしょ」的な発想の蔓延する業界にあって、愚直な姿勢を貫くのはなかなか難しいのである。

はっきり言ってしまえば、「パワーアフィリエイト」はごく当たり前の心得を列挙した、初心者向けのtips集である。ある程度の成果を挙げている人が改めて購入しても、それほどメリットのある教材ではない。ヤフカテを重視したサイト作りという考え方も、現在では古くなってしまった。しかしそれでも、かつてのヤフカテ重視というのは、要するにブログ内容を充実させ、読者の役に立つサイトを作ろうとする姿勢であったわけで、これはgoogle検索に好まれるサイト作りという意味では普遍的なものだろう。

 

作者は「趣味ブログ」を作ることを説いているのだが、これは初心者に対してひとつのとっかかりを与える、という部分においては有効だと思われる。しかし趣味ブログだけで大きく稼げるわけではないのであって、それを第一段階として、いわゆる「稼ぐ系」のジャンルに進出していくことが大事なのだ。僕自身、実際に一番売れているのはアダルトジャンルなわけで。教材の中に一応その説明はあるのだが、おそらく多くの読者は「稼ぐ系」にたどりつく前に挫折して、アフィリエイトから撤退してしまうのではないだろうか。

結局、ブログアフィリエイトは根気の勝負なのだ。僕はどれだけのブログを作って撤退したか分からないくらいだが、とにかくしぶとくやり続けていれば、必ず何らかの成果が出るものだ、ということは学んだ。でも最初に何かが売れるまで、たいてい半年から八ヶ月くらいはかかるのである。この部分だけを見てブログアフィリエイトを馬鹿にするやつがいることも確かなのだ。

もちろん、そんな悠長なことはいやだ、今すぐ現金がほしいのだー(声・雨森雅司)という向きはコンビニでレジ打ちでもすればいいわけで、こっちは外に出ることが辛いひきこもりだから、気の長い作業に汗水を垂らしているわけである。

 

結論として、まだ何も知らないアフィリエイト初心者ならば「パワーアフィリエイト」は買いである。ある程度の経験があり、いくらかでも稼ぐ段階まで至った人は、「アンリミテッドアフィリエイト」で「稼ぐ系」ジャンルに挑戦したほうが得策だろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルトアフィリエイトで簡単に100アクセスを突破する方法

ブログアフィリエイトをはじめた頃、というのは十年近く前のことだが、僕の悩みはアクセスが全然集まらないことだった。

これは多くの人が抱えている悩みだと思う。おそらく大部分のアフィリエイト初心者が、一日100アクセス(ユニーク)を集めることもできずに挫折してしまうのではないか。僕の場合、アダルト系のブログをやっているにもかかわらず、一年やっても20人とか30人くらいしか閲覧者がない。アダルトだと数千から数万のアクセスを集めないと話が始まらないので、これは論外である。

それでも何年かやっていればファンもついてくるのだろうが、そう悠長なことは言っていられない。最初の頃は、アクセストレードということも知らなかったし、相互リンクを申し込むのもひと苦労という状態だった。頭がおかしくなっていたので、ネット上でも他人と接するのが非常に辛かったのだ。

 

ここまでは前置きである。実を言えば、アダルトブログで数百単位の閲覧者を集めることは、それほど難しくない。相互リンクの申し込みができなくても、メールを送れなくても、関係なしに達成できる。数百では少ないという声があるかも知れないが、なにごとも段階を踏むことが大事。というわけで、アダルトブログ開設から最短で、弱小サイトを中堅サイトに押し上げる方法を教えよう。

といってもやることは非常に単純で、アダルトブログランキングを見て、アクセスランキングを設置しているサイトを見つけ、勝手にリンクするだけでいい。ただそれだけ。

そして、こちらから毎日1リンク、自作自演でクリックするのだ。すると一週間で7アクセスを送ることができる。これはちょっとしたアクセス数であるから、相手がマメな管理人なら、黙っていても普通に相互リンクしてくれる。してくれなければ諦めてリンクを外し、また他のサイトを探せばよい。こうやっていろんなサイトに自作自演アクセスを送っているうちに、自然に相互リンクが増えて一日に100から200くらいのアクセスを得ることができるようになる。

 

もっとも、これは自作自演だから物理的に限界がある。僕の経験では200から300くらいが限度であり、それ以上はクリックのしすぎで手が痛くなるし、時間がかかりすぎるので無理。でも300ユニークくらいを維持していけば、しだいに本当のファンも増えてきて、やがて自作自演の必要もなくなるだろう。

勘違いしてはいけないのだが、アクセストレードで得られる訪問者はあくまで「薄いアクセス」であり、積極的にサイトを見にきているわけではない。初期段階では露出を多くして集客ルートを確保することが大事、ということを言いたいのである。本来やるべきことは、コンテンツを充実させて真のファンを増やすこと。これを忘れては、いくらアクセス数だけ稼いでも成果を上げることはできないのである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルトアフィリエイトを長年やってきた感想

アダルトアフィリエイトを2011年からやっている。

このところ、海外サイトに対する扱いが全体に厳しくなってきたようなので、海外ものからは完全に撤退することにした。国内ものは続けるにしても、そうなると普通の物販アフィリエイトと変わらない感じになってしまうので、自分としてはこれ以後は趣味的にやるといったところである。

最初の頃は全く何も分からずにサイトをやっていた。だから集客の方法というものをまるで知らず、サイトを開設して半年くらい経っても訪問者は依然として一桁という状態。誰も来ないにも程があるって感じなんだが、それでも律儀に記事を書きつづけたせいか、8ヶ月目にまぐれで一件売れたのである。それもかなり高額な動画サイトに入会してくれる人がいて、しかも何年も継続してお金を払ってくれた。このまぐれがなければ、即行でアフィリエイトをやめていたにちがいない。

 

もっとも、僕自身はアダルト系のアフィリエイトをやっているという意識はほとんどなかったのである。ほぼテキストオンリーみたいなサイトで、世の中にあふれる動画系のアダルトサイトとは全く毛色が違っていた。相互リンクしてくれるサイトはどこにもなくて、大量のアクセストレードなどは思いもよらなかった。一日百ユニークを達成するまでに何年もかかる始末であった。

しかし、経験上から言わせてもらえば、アクセストレードは非常に効率の悪いやり方だと思う。ただサイトからサイトへ人を流しているだけなので、いわゆる「薄いアクセス」の最たるものであって、広告がクリックされる可能性は低い。数を増やして偶然の確率を上げているだけの話である。

 

普通のやり方としては、メイン記事として動画(これが違法にアップロードされたものなんだが)リンクを貼り、そのあとに広告バナーを貼るのが常套手段である。この場合の広告クリック率はおそらく1%、よくて3%くらいだろう。なんでこんなにクリックされないのだろう、と何年もの間悩んだのであるが、やはり何の芸もない興味も引かないバナーを、おいそれとクリックしてもらえるものではないのだ。

非常に単純な話なんだが、ちょっと興味を引けばそれだけで差別化ができるのである。自分で画像を用意して、ちょっとしたレビューを書いて販売ページへの直リンクを貼ってみると、クリック率は嘘のように跳ね上がった。ユニークに対して10%くらいはいくようになり、弱小サイトなのにちょっとした中堅サイトくらいの成績を上げることができたのであった。

アフィリエイトに関しては、地道に記事を書いてファンを増やし、潜在的な顧客を増やしていくのが一番である。アダルトといえども偶然頼みではなくて、しっかり科学的・論理的な方法をとらなくてはならない。だから僕としてはアダルトアフィリエイトの教材よりも、一般の物販アフィリ教材である「パワーアフィリエイト」が一番参考になったのである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材


ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルトアフィリエイトの基本方針

なんだかんだ言って、僕がやっているアフィリエイトの中で一番着実に稼いでいるのはアダルトアフィリエイトなのである。

これは人によって好き嫌いがあるし、いろいろ微妙なルールも存在するので、アフィリエイト初心者の人に強くお勧めすることは避けている。だが、アダルトがおそらく未来永劫、巨大市場であり続けることは間違いない。だからひとつの有力なジャンルとして、視野の片隅に入れるのも悪くはないだろう。

 

もっとも、僕は世間で普通に行われているアダルトアフィリエイトの手法には、あまり感心していないのである。

まず、いわゆるアダルトサイト(ブログ)の99%が「動画系」であり、ネット上にアップされている動画にリンクすることで読者を集めている。ところが、この動画なるものが勝手にアップロードされた、違法動画であるという点が引っかかるのだ。違法なものにリンクするのは違法ではないのか?という疑問が湧いてくる。

それから、稼ぐ手法があまりにも偶然頼みに偏りすぎている。

つまりは、他サイトとのアクセストレードで大量のアクセスを流しっこして、その間に広告バナーを偶然(あるいは騙しテクニックで)クリックされることを狙っているわけだ。

 

こういう戦略性のない、しかも違法くさいやり方というのは、僕はどうも性に合わないのである。最初の頃は動画系もある程度やっていたのだが、途中からいやになってやめてしまった。現在もアダルト系のサイトは運営しているのだが、それは記事重視のテキスト形である。他のサイトからは相手にされず、リンクもしてもらえない状態なのだが(笑)。

ようするに、一般アフィリエイトと同じやり方で、きっちり記事を書いて読者を増やしていこうという方針なのである。単に記事内容がアダルト系であり、バナーがアダルトリンクに変わっただけの話なのだ。

これだと大量のアクセストレードはできないのだが、いわゆる「濃いアクセス」が集まることは確かなので、クリック率はむしろ高いのである。といっても、絶対数が少ないので売り上げはなかなか上がらないのだけど。

 

ところで、海外サイトの広告を載せるのは違法ではないか、という疑問を持つ人がいるようである。

海外サイト(有名どころではカリビアンコムや一本道)はアメリカの国内法では合法的に運営されており、日本人がネットでこれを閲覧することをさまたげる法律は、日本にはないということだ。これは当局の見解としてもはっきりしている。だが個人的な利用に限るという但し書きがついているので、リンクはグレーゾーンという見方もあるようだ。

もっとも、これはあくまで合法的なサイトの広告なのであって、ネット上にあふれている違法動画へのリンクとは一線を画していることは言うまでもない。

ただし、自分のサイト(ブログ)上に違法な画像や動画をアップロードすれば、これは完全に違法行為になる(広告バナーに違法画像が含まれていてもダメ)。たとえ海外サーバーで運営していても、日本国内からアップロードすれば公然わいせつ罪やわいせつ物陳列罪に問われるので、その点だけは絶対に注意しなくてはならない。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ