超ひきこもりアフィリエイト ジャンルの枠を超えた柔軟なサイト作り

前回は、ゆとりガキのおかげで大きくペースを乱されてしまった。そんなのにかかわりあったこちらが悪いのだが、記事ネタを提供してもらったという意味ではむしろプラスになったと言うべきか。ブログ運営のテクニックとして、リンク否認というのはあるにはあるが、それはアダルトサイトとか悪質なスパムリンクとかいった、迷惑行為を行う相手に対してやるものである。普通に読者としてリンクしている相手に対して、検索順位が下がるからリンクするなとキレるのは、本末転倒というものだろう。僕が常々アダルトがどうしたという記事を書いているので、短絡的にこちらをアダルトサイトと思ったのだろうが、見てのとおりうちは四六時中、学問の話ばかりしている真面目すぎるサイトであることは言うまでもない。さらに言うならば、うちのサイトにはよそのブログの検索順位を左右するほどの影響力などはそもそも皆無である(笑)。

 

さて、そこで話はアダルトである(こういうことを言うからゆとり小僧に怒られるのだが)。無論、当サイトはアダルトコンテンツとは無関係である。単にアダルトアフィリエイトの将来性について語っているにすぎず、アダルトアフィリエイトはいわゆる「稼ぐ系」ジャンルの中で特に重要な一大市場であるから、お金儲けという観点から言えばこれほどストイックな姿勢は他にないだろう。

しかも、僕が提唱しているのは文章のみを使用した記事系のサイト作りであって、動画や画像といったアダルト的な要素は最初から一切考慮していない。さらには、その記事内容にしても、必ずしもアダルト的な内容である必要はないとさえ考えている。となると、これは一体何アフィリエイトなのか、自分でもしばしば首をひねってしまうのだが、要するに従来的なアダルトの固定観念にこだわるのではなくて、ジャンルの枠をとっぱらった大人向けの売り方を狙った方が、リスク分散という意味でも得策ではないかと思うのである。

 

具体的にどういうことかというと、記事内容としては小説、体験ものがこのジャンルの主流であって、これは内容的にいってアダルトに分類されるので、もちろん専用のサーバーを借りなくてはならない(これがバカ高い)。ところが、恋愛やセックスのお悩み相談をメインにすれば、分類としてはかなり微妙なことになる。もちろん未成年者お断りという感じにはなるだろうけど、扱う広告がサプリメントであったり、恋愛指南系の教材であったりすると、もはやどこがアダルトなんだという話になってくる。それでも大人向けのサイト作りであることは変わらないわけだが、これくらいの内容ならば一般ブログとしても通用するのではないだろうか。

というか、アダルトという言葉からの連想で、仮に恋愛やセックスのお悩み相談という例を挙げてみたのだが、そっちにこだわる必要すらないのである。競馬やパチンコでもいいし、株とかFXでもかまわない。つまりは未成年者を対象としていない記事を書いて年齢層の高い読者を集め、その上で大人向けの広告リンクを貼るということである。この場合、アダルト関連の広告を使用するならば、名実ともにアダルトアフィリエイトに分類されてしまうので、高い金を払って専用のサーバーを借りなくてはならない、ということだ(もちろんお気楽にFC2でやってもいいんだが)。

ところが、大人向けの広告といえばどうしても反射的に動画系広告を連想してしまうので、いかがわしい画像を貼ったサイトにいかがわしい広告という、固定観念が作り手の側にできてしまっている。しかも、そのサイト作りも苦行的な単純作業の域を出ず、結果として99%の者が三ヶ月程度で挫折してしまうわけである。いっそのこと、そういった固定観念から脱却して、アダルトアフィリエイトであってもジャンルの枠にとらわれず、楽しく記事を書いて少しずつ濃いアクセスを増やしていってはどうかと思うのだ。当然、記事を書くのが大変ということになるんだが、書けば書いただけスキルも上がるわけで、たとえ挫折したとしても単純作業よりは得られるものが大きいのではないだろうか。

 

ひとつ付け加えると、このサイトはもともと、ひきこもり・ニートで行き詰っているお友達に向けて書いている。もちろん、普通のサラリーマンの人や良家のお嬢さん(はあまりいないか)に読んでもらってもいいのだが、特にひきこもりやニートで閉塞状態にある人は、自分の好きなジャンルで記事重視のブログ(サイト)を作ってみることをお勧めしたい。文章は書けば書くほど上達するものだし、長く続けていれば必ず商品は売れるものだ。まぐれでも大人向けの商品が売れれば利益は大きいから、お金を稼ぐという感覚を少しずつでも実体験することができる。それを第一歩として、財力と知性を身につけて勝ち組になろう!というのが当サイトの基本姿勢なのである。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

新・アダルトアフィリエイト講座 記事系サイトで濃い読者を獲得

うちは受験勉強法とアダルトアフィリエイト講座を平行してやっているという、教育上いかがなものかと思われる内容なんだけど、その他に趣味系の記事を読みにきてくれる人も存在するわけです。といっても読書、ゲーム、巨人ファンネタの軽い話なんで、メルマガの編集後記あたりでやるか、あるいは趣味系の記事を独立させて新ブログにしようかと思ったんだが、まともに読者を集めるのに数年はかかりそうなので、計画しただけで疲れが出てしまう。

趣味系ブログといえば、僕がいつも紹介している「パワーアフィリエイト」という定番教材である。この教材そのものは名作ではあるがやや古くなっていて、特にヤフカテ狙いのあたりは懐かしいという印象すら覚えてしまう。しかし、ブログアフィリエイトをやる上で知っておくべき項目を網羅したtips集という意味では、まず最初に押さえておくべき教科書と言えるだろう。趣味系ブログを作って広告を貼ったからといって、すぐに爆発的に稼げるものではない。しかし、正しいやり方で長くやっていれば、確かにじわじわとサイトの人気が上がってきて、ある段階までいけば一定確率で何か売れるようになるのは間違いない。(99%の人はそこまで耐えられずに挫折してしまうわけだが)

 

そこで、話はアダルトである。僕が日ごろから提唱しているのは、要するに趣味系サイトを作るようにアダルトサイトを作って、ファンを増やすことで広告クリックを確実なものにしよう、ということなのだ。実際、記事系(小説、体験もの、お悩み相談とか内容はいろいろあるが)のアダルトサイトの場合、読む気満々の読者が集まる傾向にあるので、関連記事を読んでもらえる確率も高くなり、広告クリック率はuuの10%程度までいく。普通にアクセストレードで読者を集めた場合のクリック率はせいぜい1%か2%だろうから、効率という意味では比べものにならない。

記事系アダルトサイトには圧倒的に不利な点があって、アクセストレードができないから大量の読者をいっぺんに呼び込むのは無理である。無料動画を探してなんとなく流れてきたという読者が、文字ばかりのサイトをいきなり熟読するわけはないからね。しかし、これは逆に言うならば、濃いアクセスだけを厳選して集められるという利点でもあるのだが。あと、何と言っても記事を書くのが大変である……もちろん一般アフィリエイトの場合も同じことなんだが、特にアダルトをやっている人は安易にリンクだけ貼る作業に慣れてしまっているので、急に文章を書こうと思っても実行するのは難しいだろう。

というわけで、結局やることは一般アフィリエイトと同じなので、「パワーアフィリエイト」で学んだことはそのまま応用できるわけである。ただ、普通の趣味系サイトをやる場合は、ある程度の読者数を見込めるメジャーなジャンルを探さなくてはいけない。アダルトをやるのならその手間がなくて、誰でも一応は好きな世界なので(笑)、記事系で内容のあるサイトを作りさえすれば、相当の読者数は必ずついてくるものだ。もちろん、それが商売として成立するまでにはかなりの日数がかかるのは間違いないんだが、流行りすたりは絶対にないから、ジャンル的にはこれ以上安全確実なものはないと言える。無論、違法なことをやれば逮捕されるという危険はつきまとうけどね。

 

さて、アダルトアフィリエイトをどれくらいやれば稼げるようになるの?というのが、まずみんな興味を抱くところだろうと思う。ぶっちゃけて言うと、僕は全く売れなくて挫折したこともあれば、訪問者数人でいきなり何万円も売れた経験もある。というか、これは十年もやっていればいろいろあるよ、というだけの話で、あまり参考にはならないだろう。そこで平均的なところを言うと、pv500から1000くらいで、ときどきポツポツと売れる感じ。pv5000を超えたくらいから、まあコンスタントに売れ出してレンタルサーバー代が払える程度にはなるんじゃないかな。

さっきも言ったように、記事系アダルトサイトは読む気満々の読者が集まってくるので、一人で複数記事を読む確率が高く、800から1000uuも集めれば5000pvには手が届くのである。アクセストレードではなくて、じりじりとファンを増やして1000uuというのはかなり大変に思えるし、実際時間はかかるのだが、無理な数字ではない。手法を間違えず、途中で投げ出しさえしなければ、絶対に誰でも到達することはできる。問題はそこまで我慢できる人間がほとんどいないことであって、99%の者は数ヶ月でいやになって投げ出してしまうのである。それもある意味当然であり、無収入で何年間も大量の記事を書き続けるなんてのは、まともな神経ではやっていられないことだろう。

 

次回あたり、一応メルマガをはじめようと思います(というか、以前やっていたのを復活させるだけだけど)。趣味系ネタがメインになりそうだけど、ある程度読者数が集まったら週一ペースで出していくつもり。集まらなければいつまでも出さない(おいおい)。

 

定番教材のパワーアフィリエイトだが、あくまで基本的な内容なので、ある程度の経験者は読む必要はない。全くの初心者ならばぜひ読んでおくべき教材。

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

 

官能小説ブログでアダルトアフィリエイト 簡単なキーワード集客戦略

当サイトのアフィリエイト関連の記事で、昨年一番反響が大きかったのが「官能小説ブログの作り方」という話だった。一方で受験関係のネタをやっているのに、官能小説云々は教育上どうかと思わなくもないのだが、中学生・高校生のお友達には大人になってから読んでもらうとして、今年も相変わらずそういう路線でいってみたい。

アダルトアフィリエイトといえば、おそらく95%の人が動画系ブログをやっているはずであり、記事重視のサイトを運営する者は圧倒的少数派である。もちろん、記事を書く難しさがあるので継続するのはなかなか大変ではあるのだが、需要のわりには絶対数が少ないから、ある程度ブログ内容を充実させれば簡単に目立つことができ、比較的早い段階で収益を上げることができるだろう(あくまで動画系に比べてという話で、売れ出すまでいくのはやはり大変なのだが)。

そして、有料無料を問わずアダルトアフィリエイト講座とか教材とかを見るにつけ、動画系サイトの作り方は巷に溢れているのだが、小説系・記事系に関する情報はまるでないと言っていい。もともと数が少ないので、教えられる人間となるとほとんどいないってことなのだろう。僕はなんとなく教える側にまわっているけど、できれば誰かに教えてもらいたいものだ(笑)。

 

さて、動画系に関しては、僕も実験のために継続していろいろやっているんだけど、数年前のような勢いとか旨味はもはや望めないようだ。これは、海外動画サイトがグレーからブラックという感じになってきたせいであり、安全安心な国内ものを中心に記事を作っていくとなると、以前のようなインパクトを出すことが難しいのである。さらに言うと、動画系サイトの集客セオリーである相互リンクが、新規参入者にとってはあまり有効に機能しなくなっている。というのも、全体に不況というかジリ貧の状況にあるため、中小サイトをやってる人の撤退するサイクルが速くなっていて、リンクを貼ってもすぐにリンク先の多くが消滅してしまう。

もちろん、この業界自体が廃れるということはないのだが、今は過渡期にあるだけに新規参入者や中小サイトには厳しい環境となっているのだ。その意味でも、アクセストレードに頼らないサイト作りというものが、これからは重要になってくる。キーワードによる検索からの流入をメインに据える記事系サイトは、アダルトアフィリエイトにおける穴場と言えるのである。

 

アダルトに限らず、ブログアフィリエイトをやる上での最大の悩みは、アクセス数が増えないことだ。その辛さは非常によく分かるし、多くの人がアダルトアフィリエイトを始めても、閲覧者が全くないので三ヶ月くらいで挫折してしまうのも仕方のないことである。とはいっても、ただ闇雲にサイトを立ち上げてすぐにやめちゃうというのでは芸がなさすぎる。なぜアクセスが増えないのかということを、合理的・戦略的に考えてサイトを改良していくことが大事なのだ。

まずサイト(ブログ)を始めるにあたって、アダルトの中でもどういうジャンルでいくのかを明確に決める。例えば女性のタイプでいうと、女教師、OL、女子大生とか、熟女とかあるでしょう。そこで方向性を決めたあと、それに関連するキーワードを自分なりに10個から15個くらい書き出してみよう。そして、それらのキーワードを三つくらい組み合わせてタイトルを決め、その内容に沿った記事を書くようにする。つまり、ターゲットとするキーワードを明確にして、まずは複合キーワードで検索エンジンの上位に載ることを目指すわけである。

キーワードひとつでは上位に行くことが難しいが、三つ以上の複合キーワードならば、弱小サイトであっても1ページ目に表示される可能性は大いにある。三つで上位表示されることが増えてくると、サイトが強くなってきてそのうちに二つでも載るようになる。そうやって段階的に検索エンジンの評価を上げていく、というのが基本的な戦略である。

 

と、理屈でいうのは簡単なのだが、実際問題として最初の一年はまともにアクセスを稼ぐことは無理。小説ポータルサイトからの流入と、他の小説サイトとの相互リンクで最低限のアクセスを確保しながら、がむしゃらに百記事、二百記事くらい書くことが全てだ。そうやって二百記事くらい書けば、サイトのだいたいの方向性が見えてくるので、キーワードの分析と改良の作業に移ろう。

言い忘れていたけど、サイトを立ち上げた時にグーグル・サーチコンソールに登録しておくのを忘れないように。一年くらい経ってサーチコンソールにログインしてみると、どのキーワードで検索されているかが一目瞭然で分かる。全く誰も来てないキーワードはこの段階では無用の長物なので切り捨てて、人が来ているワード、脈がありそうなワードにしぼって、再び15個か20個くらい書き出して、改めてそれを組み合わせることでタイトルを決めるようにする。今度は曲がりなりにも検索されやすいキーワードの組み合わせなので、検索からのアクセスは確実に向上するというわけである。

と同時に、過去記事のタイトルを見直すことも重要だ。過去記事を眺めてみると、新たに厳選した20個くらいのキーワードが、ひとつも入ってないものがたくさんあるはずで、そういった記事は検索エンジンからは全く相手にされてない産廃である。いっそ捨ててしまうのも手だけれども、ダメもとで新しいキーワードを三つ以上ぶち込んで、タイトルだけ改編してみよう。野村再生工場じゃないけど、うまくすれば検索で上位表示されて甦る記事が出てくるかも知れない。

 

今回はタイトルを使った簡単なキーワード戦略について説明したのだが、一番大切なのはもちろん記事内容の充実である。アダルト小説とか読み物の書き方となると、またいろいろな問題があるわけで、その辺のところは次回以降に解説していきたいと思う。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルトアフィリエイトの問題点 手法を改良して確実に稼ぐ方法

当サイトでいろいろとアフィリエイトの話を書いている中で、やはりアダルトの言葉を入れると閲覧数が上がるのだな。アフィリエイトをやろうと思っている人の中には、アダルト参入を考えて情報を集めている人も多いだろうし、やりはじめたけど挫折したという人も結構いるのではないだろうか。

僕自身のことを言うと、長らくアダルトをメインでやってきたのだが、現在はビジネスからは撤退している。と言いつつ趣味のアダルトブログは継続していて(どんな趣味だ)、売ろうと思ってないから好き勝手な記事を書きまくり、それが逆に受けて売り上げが上がったりしている。世の中、なかなかままならないものだ。アダルトアフィリエイトに関して言うなら、以前ほどの旨みはなくなったと思っている。というのは、海外サイトに対する風当たりが強くなってきたので、前のように大っぴらに無修正動画を売り物にするわけにはいかなくなってきたからだ。

 

といっても、世間で言われているように「無修正だから違法」というわけでは、必ずしもないのである。大手のDTIなんかはアメリカの法律に従って運営されている合法的なサイトであり、それを日本人が個人的に見るのは何の問題もない。ただし広告リンクを貼るのはグレーという感じで、今すぐ摘発されるということは多分ないだろうけど、リンク自体が猥褻幇助にあたるという解釈に傾いてきているのは確かだろう。(ちなみに、児童なんとかに関してはリンクしただけでダメである)

だから、これからアダルトをやるなら国内もの、大手だとDMMかDUGAがメインになるだろうが、無修正を売りにしないだけにインパクトに欠けることは否めない。単純に物販として考えるならば、アクセスが集めやすいぶんだけ、長いスパンで継続しさえすればアダルトの方が手堅く稼げることは確かなのだが。

 

さて、新たにアダルトアフィリエイトをはじめるとして、多くの人が思いつくのが動画系ブログの運営だろう。これは要するに、ネット上にある動画にリンクするか、あるいは記事に埋め込むかすることで、アクセスを集めようという手法である。このネット上にある動画というのが既に違法なものなんだけど、まあそこには目をつぶるとして、こうした一般的なアダルトアフィリエイトには数々の問題と弱点がある。(もっとも、これは僕の個人的な感想なので、そんなことはないと思う人はそれでいいのである。アフィリエイトに正解はないのだ)

まず、記事には動画リンクを貼るだけでまともに文章を書くわけではないので、検索で上位を狙うのが難しい。タイトルにキーワードを混ぜるのが頼りなんだが、競争率の高いアダルトジャンルで上位に食い込むのはちょっと無理だろう。というわけで、アクセストレードによって集客する以外になく、大量に相互リンクを貼って同業者とアクセスを流しっこするのが主な作業となる。そうやって集めたアクセスは、当然ながら非常に薄いアクセスであり、記事を読みにきたのではなく偶然流れてきた訪問者にすぎないので、容易なことで広告をクリックしてくれるものではない。クリック率は1%か2%がいいところで、商品が売れるのは全くの偶然頼みである。僕はこの効率の悪さがどうしても納得いかないのだが、とにかく世間的にはこの手法をとるアフィリエイターが95%以上を占めるのではないかと思うのだ。

さらなる問題点は、動画を客寄せに使いながら、アフィリエイトで動画を売ろうとしている点である。なんとか面白いサイトを作ってファンを増やそうと努力するのはいいが、そうすればするほど無料動画のリンクが増えていき、ブログ内で見られる動画が充実していく。すると、読者は無料動画をたくさん見たことで満足してしまい、これ以上有料動画を購入しようなどという気持ちにはならないのである。これほど矛盾したやり方はないのではないか。

 

アダルトアフィリエイトであっても、しっかり記事を書いて独自コンテンツを用意するべきである、というのが僕の主張したいところなのである。その意味で、以前に一例として小説ブログの勧めを書いたわけだが、内容は小説でも出会い系でもいいし、必ずしもエロにこだわる必要すらない。ギャンブルでも投資でもお悩み相談でも、とにかく大人向けの記事を書いて読者を集め、記事の流れの中で自然にアダルト広告を提示すれば、クリック率は飛躍的に高くなる。この場合、リンクはサイトパワーをつける目的と割り切って、検索からの集客がメインとなるわけだ。

つまりは、アダルト広告を扱ってはいるものの、あくまで大人向けの物販アフィリエイトということである。アクセストレードとは違って数万とか数十万単位のアクセスをかき集める必要はなく、広告クリックも偶然頼みではないので、かなり効率はよくなるはずだ。ただし、独自コンテンツを作るのが大変なので、誰にでもすぐにやれるという手法ではないだろう。また、記事内容にかかわらずアダルト広告を扱う以上はアダルトアフィリエイトなので、アダルト専門のサーバーを借りなくてはいけないのは言うまでもない。おそらく、動画系以上に挫折する確率が高くなりそうだ(笑)。

とはいっても、海外動画サイトをめぐる動向がきな臭くなっている昨今、以前のようにインパクトのある稼ぎ方がやりにくくなっているのは確かなことなのだ。となると、これからは安全で確実性の高いアフィリエイトを模索していくしかないだろう。コンテンツ重視のやり方は、これから大きく伸びてくるのではないかと僕は考えている。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・ニートのアフィリエイト講座 アクセスアップの基本

ブログアフィリエイトというものを単純に考えると、ブログに記事を書いて広告を貼る、それだけの行為に集約される。これで広告がクリックされたり、商品が売れたりすればこちらの収入になるわけだが、まぐれでたまに売れるのは別として、月に十万以上とかいった収入を目指すためには、大量にアクセスを集めることが重要なテーマになってくるわけですね。

やること自体は非常に簡単なんだが、そのレベルまで継続できる人間はなかなかいなくて、おそらく大半の人が三ヶ月程度で挫折してしまうはずである。ブログ開設当初はびっくりするくらいアクセスが集まらないので、まともな神経を持っている者ならば馬鹿らしくなるのが当然だからだ。何ヶ月も何年も続けていられる人間は、よほど意志が強いか、あるいは何も考えてないかのどちらかである(僕は後者)。

 

まだFC2なんかの無料ブログではじめた場合は、ポータルサイトの新着記事に載るから何人かは見に来るのだが、レンタルサーバーを借りてワードプレスで作ったブログは、どこにも繋がってない文字通りの離れ小島だからね。いくら必死で記事を書いても、永久に誰一人として訪れる者はないのだ(経験ずみ)。結局、ブログに人が来るというのはリンクをたどって来るわけだから、最低限どこかと繋がっていなければ話がはじまらない。嘘みたいな話だけど、これは意外と初心者がつまずきやすい盲点だったりするのだ(さすがに、しばらく運営していれば自然にどこかと繋がるだろうけどね)。

ブログアフィリエイトをやる上で、目指すところは検索エンジンから大量アクセスを集めることだ。だが、いくら一生懸命に記事を書いても、アクセスは一向に増えないばかりか、そもそも検索エンジンにインデックスすらされてないみたいなのである。そこで三ヶ月くらいで馬鹿らしくなってやめちゃうのが大半なんだけど、これは誰もが通る道だから、初心者の人はアクセスがないからといって落ち込んではいけない。心配しなくても、ある程度の記事を書いているのならば、ちゃんとインデックスはされている。ただし、数十万件ある記事の中の最下位近くだろうけど(笑)。これはブログのパワーが足りなくて、評価が低いという事実を表しているにすぎない。要はブログを育てて評価を高くし、検索上位に表示されるようにすればいいのだ。

 

ここで考えなくてはいけないのが、狙っているジャンルが正しいかどうかということ。アフィリエイト業界ではよくブルーオーシャンという言葉を使うけど、これは競争相手が少なくて自分の独壇場になれるテーマということだ。そういうテーマでならば、ブログパワーを少し上げるだけで、一気に上位表示されることが可能である。と同時に、競争相手が少ないということはブログ読者の絶対数がそもそも少ないということなので、上位表示されても全くアクセスには結びつかないかも知れない。

その辺がテーマ選びの難しいところであり、ファンの数が多いメジャーなジャンルの中で、斬新な切り口のブルーオーシャンなテーマを見つけることが理想と言えるだろう。例えば「ダイエット」はメジャーなジャンルだが、これだけでは競争相手があまりにも多いし強敵ばかりなので、生半可なことでは人目につくことすらできない。「○○ダイエット」といった具体的な方法や、あるいはダイエット器具の商品名、さらに細分化した裏技などに搾り込んでいけば、それだけ競争率が低くなって検索で上位表示される確率が上がるわけだ。

 

さて、具体的にブログを強くしていく方法だが、これはまず何と言っても記事内容を充実させること。これは当たり前の話なんだけど、目先のテクニックにとらわれていると基本中の基本を忘れてしまう場合が多い。ただ調べてきたことをコピペするのではなくて、自分の経験や感想をしっかり書いて、読者にブログのファンになってもらうように努力しないといけない。筆者を信頼しているからこそ、広告をクリックして商品を買うのである。世に溢れるアフィリエイトブログの大半が「物売ろうってレベルじゃねえぞ」と言いたくなるような、適当な作りで腹が立ってくるのだ。

記事をしっかり書くのは基本として、ただ記事だけ書いていてもアクセスは増えない。よほどいい記事なら口コミなどでじわじわ増えてくるだろうけど、それでは商品が売れるまで数年かかってしまう。そこで、まずやるべきは被リンクを増やしていくことだ。それにはこちらからアクションしないことには始まらないので、コメントまわりとか、相互リンク依頼とか、いろいろな同業者のブログに接触することで、リンクを貼ってくれるようにお願いしてまわらなくてはいけない。まあ、こっちからリンクを貼ってお願いしたら、普通の人(?)ならばお返しにリンクしてくれるだろう。

被リンクが増えると、当然被リンク先からアクセスが来るようになるので、だんだんと人気ブログという格好がついてくる。記事が充実していて人気のあるブログならば、検索エンジンの評価も高くなって上位表示されるようになる。という具合に、あるところまで行けば雪だるま式に状況が好転して、爆発的にアクセス数が増えるようになるわけだ。もっとも、そこまで地道にブログを続けられる人はなかなかいないので、やはりブログアフィリエイトは人を選ぶ稼ぎ方なのだろうと思うのだ。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ