アダルトアフィリエイトの基本方針

なんだかんだ言って、僕がやっているアフィリエイトの中で一番着実に稼いでいるのはアダルトアフィリエイトなのである。

これは人によって好き嫌いがあるし、いろいろ微妙なルールも存在するので、アフィリエイト初心者の人に強くお勧めすることは避けている。だが、アダルトがおそらく未来永劫、巨大市場であり続けることは間違いない。だからひとつの有力なジャンルとして、視野の片隅に入れるのも悪くはないだろう。

 

もっとも、僕は世間で普通に行われているアダルトアフィリエイトの手法には、あまり感心していないのである。

まず、いわゆるアダルトサイト(ブログ)の99%が「動画系」であり、ネット上にアップされている動画にリンクすることで読者を集めている。ところが、この動画なるものが勝手にアップロードされた、違法動画であるという点が引っかかるのだ。違法なものにリンクするのは違法ではないのか?という疑問が湧いてくる。

それから、稼ぐ手法があまりにも偶然頼みに偏りすぎている。

つまりは、他サイトとのアクセストレードで大量のアクセスを流しっこして、その間に広告バナーを偶然(あるいは騙しテクニックで)クリックされることを狙っているわけだ。

 

こういう戦略性のない、しかも違法くさいやり方というのは、僕はどうも性に合わないのである。最初の頃は動画系もある程度やっていたのだが、途中からいやになってやめてしまった。現在もアダルト系のサイトは運営しているのだが、それは記事重視のテキスト形である。他のサイトからは相手にされず、リンクもしてもらえない状態なのだが(笑)。

ようするに、一般アフィリエイトと同じやり方で、きっちり記事を書いて読者を増やしていこうという方針なのである。単に記事内容がアダルト系であり、バナーがアダルトリンクに変わっただけの話なのだ。

これだと大量のアクセストレードはできないのだが、いわゆる「濃いアクセス」が集まることは確かなので、クリック率はむしろ高いのである。といっても、絶対数が少ないので売り上げはなかなか上がらないのだけど。

 

ところで、海外サイトの広告を載せるのは違法ではないか、という疑問を持つ人がいるようである。

海外サイト(有名どころではカリビアンコムや一本道)はアメリカの国内法では合法的に運営されており、日本人がネットでこれを閲覧することをさまたげる法律は、日本にはないということだ。これは当局の見解としてもはっきりしている。だが個人的な利用に限るという但し書きがついているので、リンクはグレーゾーンという見方もあるようだ。

もっとも、これはあくまで合法的なサイトの広告なのであって、ネット上にあふれている違法動画へのリンクとは一線を画していることは言うまでもない。

ただし、自分のサイト(ブログ)上に違法な画像や動画をアップロードすれば、これは完全に違法行為になる(広告バナーに違法画像が含まれていてもダメ)。たとえ海外サーバーで運営していても、日本国内からアップロードすれば公然わいせつ罪やわいせつ物陳列罪に問われるので、その点だけは絶対に注意しなくてはならない。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

引きこもりが稼ぐ方法 せどりとアフィリエイト

当サイトでは、なるべく家にいながらにして稼げる方法について紹介していく予定である。

はっきり言って、引きこもりやニートに対する周囲の扱いはよくない。というか下手をすれば人間扱いされないので、肩身の狭い思いをしなくてはならない。これは経験者ならよくわかるところだろう。

それを逆転する方法がひとつある。お金を稼ぐことだ。稼いで見せさえすれば、まわりの見る目は一変するし、大きく稼ぐことができれば逆に親戚がすりよってくる。稼いだ金を使って放送大学などで勉強して学位を取れば、馬鹿にされていたのが逆転して尊敬を集めることにもなるだろう。当サイトではその境地を目指しているのだ。

 

というわけで、まずはお金を稼がなくてはいけない。

僕が今までやってきたのは教材アフィリエイトとアダルトアフィリエイト、それに「せどり」も少しやった。せどりというのは、ネットビジネスに縁のない人には聞いたこともない言葉だろうが、近年ではかなりポピュラーな稼ぎ方になっている。ようするに、ブックオフなどで安く仕入れてきた本やソフトを、アマゾンとかヤフオクとかで転売して差額で儲けようという手法である。

僕はそれほど本格的にやったわけではないけれど、まず手持ちの本やゲームソフトをアマゾンに出品することで、十数万のお金と取り替えることができた。これはネットビジネスの初期費用としては十分である。

 

近所にブックオフなどがある環境ならば、せどりも有効な商売のひとつになりうるかも知れない。だが、僕の経験から言って、せどりは効率がよくないし、時間と体力を消費するので、体調不良等で引きこもっている人にはお勧めできない。

まず、在庫を保管しておかなくてはならないので、単純に場所をとる。それから、注文をうければ梱包・発送する必要があるわけだが、これが時間と手間が異様にかかるのだね。一件梱包するのに、慣れた人でも30分くらいかかってしまうのではないか。せどりで月に十万稼ごうと思ったら、一日中梱包しつづけていなくてはならない。これは物理的に不可能だろう。

 

一方、アフィリエイトのいいところは、せどりとは全く逆の条件にある。在庫を抱える必要がないし、サイト(ブログ)記事を書く以外に自分では何もやることがない。待ちのビジネスとしての難しさはあるものの、楽なことでは世の中で一番だろう(笑)。

現実に、僕はアダルトアフィリエイトを始めた頃、まぐれで初めて商品が売れたのだが、その人が何年ものあいだ継続してくれたので結果的に7万円まで積み重なったことがある。まぐれの1クリックで7万というのは滅多にないけれど、何もしないでこれだけ儲かるのだから、アフィリエイトのおいしさがよく分かるというものだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

引きこもりが稼ぐための第一歩 自己アフィリの基本

当サイトのメインテーマはアフィリエイトであり、身動きできなくても自宅にいたままでも、ネットを使って稼ぐことができるのだ、というテクニックを伝授していくところにある。

アフィリエイトは基本的に初期投資が最小限ですむし、在庫を抱えなくていいので在宅には最高の稼ぎ方である。とはいっても、やはり最小限の資金は必要なわけで、そこで最初にやるべきは自己アフィリエイト(自己アフィリ)ということになる。

 

自己アフィリとは何か。アフィリエイトについて少しでも知っている人には説明無用なのだが、要するに自分で自分のバナーリンクを踏むことにより、キャッシュバックがもらえるという仕組みである。普通のバナーの場合は「自己アフィリ可」「自己アフィリ禁止」といった条項があるわけだが、A8netのように自己アフィリを積極的に奨励しているところもあり、これは使わない手はない。

というより、ネット上で何かを購入しようとする際には、反射的に自己アフィリが可能かどうかをまず確かめるのが、アフィリエイターの本能と言えるだろう。

例えば、僕がこのブログを運営しているレンタルサーバーも、A8netの自己アフィリ経由で契約しているので、料金の半分は返ってきている。

あるいは、先日、某通販サイトのDVDレンタルサービスというのに加入してみた。TVでよくやっている「ポストに返却」というあれである。これをポイントサイトを通じて申し込むと、初月無料で8枚借りられたうえに500円分のポイントがもらえた。これもまた一種の自己アフィリであろう。

 

この自己アフィリであるが、数年前までは銀行口座を開くだけで5000円がもらえたりするおいしい物件が多かった。だが最近では高額なものは姿を消しつつあるようだ。相変わらず好条件で残っているのはクレジットカードを作る案件だが、こちらは審査があるので引きこもりには無理である(笑)。

それでも、まだまだ無料入会や資料請求などで数百円から千円くらいのものは数多くあるので、一日で何万円かを稼ぐことはできる。それだけあれば、アフィリエイトの初期投資としては十分である。引きこもりでもネットを使ってお金を稼げるのだ、と実感できるだけでも大きい。

それから、初期のアフィリエイト資金を稼ぐ手だてとしては、家の中にあるいらないものを売り払うという手が考えられる。これは「せどり」という手法とも密接にからんでくるわけだが、そちらについてはまた別項で語ることにしよう。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材



●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

 

引きこもりでも稼げる方法を模索してゆく

一度人生のコースから外れると、軌道修正が難しいのが日本社会である。

などと、ものものしく言うまでもなく、ようするに学校を出て就職するという道から外れたら、なかなか稼ぐことが難しくなる。引きこもりとなるとなおさらの話で、はっきり言えばまともな職にも就けないし身動きもできない、という状況になってしまう。

僕自身のことを言うと(赤裸々ブログなので隠し事はしない)、経歴でいえば大学中退である。いわゆる有名大学で偏差値も70は軽く超えているんだが、それでも周囲から知恵遅れのような扱いをうけている。もちろんまともな仕事には就けない。

僕の場合、20代の頃は身体の具合が悪くてほとんど起き上がれないような状態だった。この辺の話はまた別に書くとして、低学歴と馬鹿にされ、食うや食わずで、さらに周りからは仮病扱いされて全く立つ瀬もない。八方ふさがりとはこういうことを言うのだなあ、と一日に何度も思ったものである。

 

このブログは、引きこもりやニートで身動きできずに困っている人に向けて書いていくつもりだ。

ひとつ言いたいのは、引きこもりであろうとニートであろうと、現在周囲から馬鹿にされていようと、起死回生のチャンスはあるということだ。僕の20代の頃にはそれがなかったが、ネット時代の現在ならば、少なくとも引きこもりでもお金を稼ぐチャンスはある。生計を立てるまで稼ぐのは簡単ではないが、小遣い銭くらいならばわけなく稼げるのだ。

あの当時にネットがあればなあ、とつくづく思ってしまう。

 

なにはともあれ、お金を稼ぐことができれば、引きこもっていても周りは何も言わなくなる。大きく稼ぐことができれば、逆に一目置かれたり尊敬されたり、親孝行だと言われたりする。まったく世の中は「現金」なものである。

このブログでは、僕自身が実行して効果のあった稼ぎ方、そのための教材やツールなどを、みずから人身御供になって紹介していきたいと思っている。