アフィリエイトブログ記事 書き方のコツと初心者の心得

ひきこもりの人に適したネットビジネスとして、僕としてはブログアフィリエイトを奨励している。これはブログ記事を書いて読者を集めればいいだけだから、作業としては一番簡単であると言いたいところなのだが……いろいろ話を聞いていると、記事が書けないという悩みを持っている諸君が多いのだな。

これは考えてみれば当然の話であって、お金を稼ごうとする以上はいわば「プロ」である。素人がいきなりプロの仕事をしようというのだから、すいすい出来る方がどうかしている。また、もともと文章を書くのが好きでたまらないという奇特な人間は、まあ滅多にいるものではないだろう(僕がその奇特な珍獣なのだが)。というわけで、記事を自在に書けるようになるためには、半年から一年くらいの訓練というか、かなり意識しての習慣づけが必要なのは確かである。

 

それとは別に、どういうノリでブログ記事を書くか、というのも難しい問題なのだ。アフィリエイト教材を読むと、「日記を書くのはタブーである」と書いてある。これはどういうことかというと、読者は情報を求めてサイトを見に来るのであって、誰だかわからないやつの日常生活など読みたくもなければ知りたくもない、ということなのである。

それはそうなのだが、逆に情報だけを箇条書きにした無味乾燥な記事というのも、読んでいて腹が立ってくるわけだな。何かを調べようとして検索でたどりついたサイトに、そういうのが非常に多い。これは完全に広告を踏ませることを目的とした記事であり、手馴れたやつは下請けに発注して、全然関係ない第三者に記事を書かせている。これではサイト運営者の顔や個性が出てこなくなるのは当たり前であり、読んでいて面白くもなんともないのだ

 

ブログというのは建前としては日記であるから、やはり筆者の個性とか考え方が出てこなければ、読んでいて興味を抱くことができない。むしろ、ある程度自分というものを前面に出すことで、共感する固定読者やファンを増やしていき、「この筆者の言うことなら信用できるだろう」という印象を抱かせて商品を買ってもらうという流れが、ブログアフィリエイトの自然な形だと思うわけである。とってつけたような無味乾燥な記事や、他人に発注した出来合いの記事では、この方法は無理なのだ。(もちろん、集客だけを目的にしたサイトでは、記事の発注は当然なのだが)

しかし内容的にいえば、単なる日記を書くのはタブーである、というのは本当だろう。読者が読みたいであろう情報をメイン・テーマとしつつ、筆者の個性を出しながらある程度のボリュームのある記事を構成しなくてはならない。一朝一夕で記事が書けるようになるものではない、というのも頷けるところだ。そのあたりが、読書をし勉強をして知的レベルを上げよう、という当サイトの主旨とリンクするのである。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

アフィリエイトの落とし穴 恐怖のノウハウコレクターとは

ちょっとネットビジネスに詳しい人には説明無用なんだけど、「ノウハウコレクター」というのは、次々にいろんな教材を買いちらかしてしまう人のことである。まあ、この世界では一番やってはいけない行為であり、初心者レベルでは最も陥りやすい落とし穴ということができるだろう。

当サイトでは今のところ、「パワーアフィリエイト」「アンリミテッドアフィリエイト」という二つの教材しか紹介していない。これは、引きこもり・ニート出身の超初心者に宛てて語ることを原則としているため、やはり基本中の基本であるド定番を推すのがいいだろう、と判断しているからだ。と同時に、僕自身が初心者段階で自分のために購入したのが、この二つだけだったということもあるのだな。

僕は熱烈な歴史好きで、いろんな資料をとっかえひっかえしながらあれこれ考えるのが好きだから、できれば教材をいっぱい購入したかった。進んでノウハウコレクターになりたかったんだが、最初の頃は本当に金がなくて、絶対の王道といわれる二大教材しか買えなかったのである。ある程度ベテランになった現在では、今さら初心者向けの教材を購入しても全く意味がない。というわけで、僕はノウハウコレクターになる機会を永久に失ってしまったというわけだ。

 

もちろん、アフィリエイトを十年近くもやっているので、その間にレビューや紹介用にさまざまな教材を買っている。アダルトをずっとやっていた関係から、セックステクニックの教材とか、ナニを大きくする方法なんかが多かった(笑)。そういうノウハウをコレクションしたいわけではないんだが、趣味と実益を兼ねているという意味では、大いに役立ったというべきだろうか?

真面目な話、アフィリエイトの基本的なテクニックに関しては、無料のブログを読んでいけば全て身につくという意見もある。僕もそれは嘘ではないと思うんだけど、初心者段階では、何が分からないのかが分からない。何を読んでどんなことを調べればいいのかが理解できてないわけで、まずはある一定のレベルまで上がらないことには話が始まらないのだ。だから、最小限の初心者向け教材は自腹を切って読むべきだし、どうせ買うのなら王道のド定番にしぼった方がいい。というわけで、当サイトでは当面、有名二大教材を推しているのである。

 

ノウハウコレクターになりたかったというのは、あくまで僕の特殊な趣味であり、やはり目移りするのはよくないことだ。アフィリエイトは受験勉強とよく似ていて、ひとつの参考書を最初から最後まで愚直にやるのが基本である。学校の勉強でも、成績の悪いやつに限って一貫性なくいろんな本をつまみ食いして、それで勉強した気分になっているのだから始末が悪い。僕もお金がなくてノウハウコレクターになれなかったのは、結果的には幸いだったというべきだろう。

ただひとつ言えるのは、しつこく愚直にやっていると、必ず何らかの成果が上がるということ。ブログアフィリエイトを半年から一年くらいやれば、不思議に読者がついてくるし、まぐれかなんだか知らないが一応何かが売れるのだ。おそらく、その段階までいかずにやめてしまう人が大半ではないかと思う。本当はそこからがアフィリエイトのスタートなんだけどね。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ゲームせどりのツボ ひきこもりでも稼げるコツ

「せどり」という稼ぎ方が注目されて既に久しいわけだが、僕自身はこの方法はあまりお勧めしていないのである。ひきこもりにとって一番適している稼ぎ方は、やはりブログアフィリエイトではないかという思いが強い。その理由を話せば長くなるが、簡単にまとめると以下のようなことが挙げられる。

第一に、せどりは現物をやりとりするので、資金と労力、それに場所をとる。仕入れに出向くのはひきこもりにはキツいし、梱包作業の辛さは想像以上のものだ。コンスタントに月十万以上稼ごうとすれば、一日中作業に追われることになるだろう。

それから、せどりが世間で注目されたせいで、ブックオフなどに同業者が殺到して顰蹙を買い、その結果として実質的に締め出しを食うという事態になっている。こうなると、もはや仕入れとか商売どころではなく、稼ぎ方としては破綻していると言えるのではないだろうか(ほとぼりが冷めたら流れが変わるかも知れないが)。

 

というわけで、僕はせどりをお勧めはしないのだが、ひきこもりに向いた稼ぎ方として「ゲームせどり」は、ひとつの穴場ではないかという気がしている。ゲームソフトは軽くて場所をとらないし、意外と動くお金が大きいので、少ない労力で大きく稼ぐことができるからだ。ネットを使っての仕入れルートを確保できさえすれば、これはまさにひきこもり向けの商法なのかも知れない。

僕は本格的にゲームせどりをやっているわけではない。とはいえ、ゲームを買っては飽きたら売るというのを繰り返して、いわば自転車操業的に遊んでいるので、結果的にゲームせどりのベテランのような状態になっている。手持ちの不要なゲームを売るだけならば、梱包の手間はたいしたことがないし、労力といっても郵便局かコンビニまで行って発送するだけである。しかし、ゲームといっても大半のものはほとんど値がつかず、1円出品ということになって商売にならない。意外な高値のつくソフトはごく一握りなのである。そのリストの一端を、軽くご紹介しよう。(今回はPS2編である)

 

まず文句なしに高値取引されるのが、「レッスルエンジェルス サバイバー2(初回限定版)」である。サバイバー2はおおむね高価なのだが、初回版は1万円を下回ることがない。間違って2千円くらいで出ているのを見たら、即買いあるのみだ。

安定して5千円前後で出るソフトといえば、顔ぶれがほぼ決まっている。「ポンコツ浪漫大活劇 パンピートロット」、「チョロQ HG2」、「日本相撲協会公認 日本大相撲・激闘本場所編」が御三家という感じだ。それから「ファイプロ・リターンズ」もコンスタントに4千円以上はいくだろう。この辺のタイトルは、人気のわりには出荷数が多くないために希少価値がついているようである。それだけに安値で仕入れるということは難しい。何かの間違いで手に入ったらラッキーというところだ。

 

あと、これは盲点なのだが、スーファミのソフトにも高値のつくものが稀に存在する。「サバイバー2」と同じシリーズで「美少女レスラー列伝」というゲームは、3500円から4千円で取引きされている。僕はかつて定価で買ったので、売っても儲けにはならなかったのだが……。スーファミには意外と千円くらいの値がつくソフトがあって、送料・手数料を差し引いても確実に700円くらいの利益になるので、押入れで眠っているゲームを売り払ってお金に替えるのも悪くないだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

パワーアフィリエイトという教材についての覚え書

僕が一番最初に買った有名教材は「夢リタトリプルアロー」というものだった。これは、いわゆるスーパーアフィリエイターの人が出した大ヒット教材である(現在は販売されてない)。ネットビジネスについてほとんど何も知らなかった僕が、かなり衝撃をうけたものとして忘れがたい教材なんだが、難点はメルマガに重点をおいているという部分で、そこがどうも乗れなかった。

どちらかといえば、ブログアフィリエイトに重点を置いた初心者向けの教材がほしかったのである。当時(七、八年前)はそういうのはほとんどなかった。「パワーアフィリエイト」はその先駆けになった教材ではないかと思うのだ。

 

ブログアフィリエイトのやり方は単純であって、ブログに記事を書いて広告を貼る、ただそれだけと言ってもいい。単純なだけに成果が上がるまで時間がかかるし、根気がいる仕事である。「パワーアフィリエイト」においては、小手先のテクニックは極力排して、ブログの充実と質の高いリンクの重要性を説いているところがすばらしい。これも当たり前といえばそれまでなのだが、「売れればいいでしょ」的な発想の蔓延する業界にあって、愚直な姿勢を貫くのはなかなか難しいのである。

はっきり言ってしまえば、「パワーアフィリエイト」はごく当たり前の心得を列挙した、初心者向けのtips集である。ある程度の成果を挙げている人が改めて購入しても、それほどメリットのある教材ではない。ヤフカテを重視したサイト作りという考え方も、現在では古くなってしまった。しかしそれでも、かつてのヤフカテ重視というのは、要するにブログ内容を充実させ、読者の役に立つサイトを作ろうとする姿勢であったわけで、これはgoogle検索に好まれるサイト作りという意味では普遍的なものだろう。

 

作者は「趣味ブログ」を作ることを説いているのだが、これは初心者に対してひとつのとっかかりを与える、という部分においては有効だと思われる。しかし趣味ブログだけで大きく稼げるわけではないのであって、それを第一段階として、いわゆる「稼ぐ系」のジャンルに進出していくことが大事なのだ。僕自身、実際に一番売れているのはアダルトジャンルなわけで。教材の中に一応その説明はあるのだが、おそらく多くの読者は「稼ぐ系」にたどりつく前に挫折して、アフィリエイトから撤退してしまうのではないだろうか。

結局、ブログアフィリエイトは根気の勝負なのだ。僕はどれだけのブログを作って撤退したか分からないくらいだが、とにかくしぶとくやり続けていれば、必ず何らかの成果が出るものだ、ということは学んだ。でも最初に何かが売れるまで、たいてい半年から八ヶ月くらいはかかるのである。この部分だけを見てブログアフィリエイトを馬鹿にするやつがいることも確かなのだ。

もちろん、そんな悠長なことはいやだ、今すぐ現金がほしいのだー(声・雨森雅司)という向きはコンビニでレジ打ちでもすればいいわけで、こっちは外に出ることが辛いひきこもりだから、気の長い作業に汗水を垂らしているわけである。

 

結論として、まだ何も知らないアフィリエイト初心者ならば「パワーアフィリエイト」は買いである。ある程度の経験があり、いくらかでも稼ぐ段階まで至った人は、「アンリミテッドアフィリエイト」で「稼ぐ系」ジャンルに挑戦したほうが得策だろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルトアフィリエイトで簡単に100アクセスを突破する方法

ブログアフィリエイトをはじめた頃、というのは十年近く前のことだが、僕の悩みはアクセスが全然集まらないことだった。

これは多くの人が抱えている悩みだと思う。おそらく大部分のアフィリエイト初心者が、一日100アクセス(ユニーク)を集めることもできずに挫折してしまうのではないか。僕の場合、アダルト系のブログをやっているにもかかわらず、一年やっても20人とか30人くらいしか閲覧者がない。アダルトだと数千から数万のアクセスを集めないと話が始まらないので、これは論外である。

それでも何年かやっていればファンもついてくるのだろうが、そう悠長なことは言っていられない。最初の頃は、アクセストレードということも知らなかったし、相互リンクを申し込むのもひと苦労という状態だった。頭がおかしくなっていたので、ネット上でも他人と接するのが非常に辛かったのだ。

 

ここまでは前置きである。実を言えば、アダルトブログで数百単位の閲覧者を集めることは、それほど難しくない。相互リンクの申し込みができなくても、メールを送れなくても、関係なしに達成できる。数百では少ないという声があるかも知れないが、なにごとも段階を踏むことが大事。というわけで、アダルトブログ開設から最短で、弱小サイトを中堅サイトに押し上げる方法を教えよう。

といってもやることは非常に単純で、アダルトブログランキングを見て、アクセスランキングを設置しているサイトを見つけ、勝手にリンクするだけでいい。ただそれだけ。

そして、こちらから毎日1リンク、自作自演でクリックするのだ。すると一週間で7アクセスを送ることができる。これはちょっとしたアクセス数であるから、相手がマメな管理人なら、黙っていても普通に相互リンクしてくれる。してくれなければ諦めてリンクを外し、また他のサイトを探せばよい。こうやっていろんなサイトに自作自演アクセスを送っているうちに、自然に相互リンクが増えて一日に100から200くらいのアクセスを得ることができるようになる。

 

もっとも、これは自作自演だから物理的に限界がある。僕の経験では200から300くらいが限度であり、それ以上はクリックのしすぎで手が痛くなるし、時間がかかりすぎるので無理。でも300ユニークくらいを維持していけば、しだいに本当のファンも増えてきて、やがて自作自演の必要もなくなるだろう。

勘違いしてはいけないのだが、アクセストレードで得られる訪問者はあくまで「薄いアクセス」であり、積極的にサイトを見にきているわけではない。初期段階では露出を多くして集客ルートを確保することが大事、ということを言いたいのである。本来やるべきことは、コンテンツを充実させて真のファンを増やすこと。これを忘れては、いくらアクセス数だけ稼いでも成果を上げることはできないのである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ