社会人が世界史を楽しむための参考書や副読本

高校生や受験生のための世界史勉強法は毎回やっている当サイトなのだが、今回はどちらかといえば大きいお友達が世界史を勉強する方法。しかし、日常会話で「世界史勉強法」などと言っても、周囲からはドン引きされてしまうのである。受験生でもないのに、なんで好き好んで面倒なことを勉強したがるのか、という当然の疑問を浴びせられるわけですが、単純に世界史が好きなのである。高校時代から中央公論社の「世界の歴史」(旧版)の熱烈なファンで、そのまま今日の変な世界史好き中年に至っている。といっても専門的な知識があるわけではなくて、レベルとしては大学の教養課程でストップしているわけだが。

その中公の「世界の歴史」なんだが、ゆとりガキの諸君からは古いとか時代遅れとか老害とか言って叩かれるのが常なのだな。もちろん、昭和36年頃に刊行開始されたんだから古いのは当然である。最新の学説は大きく変わっているのかも知れないが、昭和に生きるおじさんにはこのシリーズが非常にぴったりくるのだから、それでいいじゃないかというスタンスなのである。ということで、読みやすくて面白い中公「世界の歴史」(旧版)を若者の間にも流行らそう(?)と思っているわけだが、このシリーズは読み物として普通に面白いので、一巻ごとに熱中してしまう結果として、全体像が把握しにくい傾向があるのだな。高校で世界史を習った諸君も、大人になったらほとんど忘れているだろうし。

だいたい、世界史は日本史と比べてとっつきにくいところがあるのだが、それは章ごとにテーマがあっちこっちに飛ぶので、何を習っているのか分からなくなるところに原因がある。逆に言うと、全体像さえ把握できれば、それほど深く掘り下げてないぶん日本史よりも簡単なのである(これは受験勉強の話だけど)。というわけで、いきなり中公の「世界の歴史」を読むのもいいけれど、高校の世界史をひととおり復習すればさらに面白さと理解度が増すのだ、ということを言いたいわけである。

 

などと能書きばかり言っているのも説得力ないので、自分でも実践してみようと思い立ち、YouTubeに出ている世界史授業の動画を見はじめた。見てびっくりしたんだが、本物の高校の先生が普通に授業をやっとるではないか。しかもこれが無料動画だ。高い金出して塾に行ったり、アプリとやらを買ったりしなくても、これを見て山川世界史ノートでまとめれば80点くらいは楽々取れちゃうよなー、と感心してしまった。暗記する必要のないわれわれ大きいお友達は、この授業動画を見たあとでもうちょい詳しめの世界史参考書を通読すれば、まず大学教養課程くらいの知識は自然に身についてしまうだろう。それから「世界の歴史」シリーズに進めば効果抜群だ。こっちのレベルそのものは全然上がってないんだけどね(笑)。

さて、この動画とか実況中継本とかで高校世界史の授業を体験するのがまず基本。そしておなじみの山川「詳説世界史」を折にふれて眺めていれば、世界史の全体像がだんだんはっきりと見えてくる。しかし、われわれは記憶力がほとんどないので(?)授業で聞いたこともすぐに忘れてしまうし、教科書は非常に簡潔に書かれているのでざっと読んだだけでは頭に入ってこない。そこで重宝するのがもっと詳しく書かれた参考書である。実際、実況中継本なんか存在しなかった僕らの時代は、世界史の勉強にはまず参考書が頼りであって、各社からいろいろな書物が出ていたんだが、現在ではほとんど姿を消してしまったようである。古本で手に入れるなら吉岡力の「世界史の研究」(新研究世界史、総合力完成世界史などのタイトルで版を重ねた)が圧倒的な名著。と思って数十年間愛用しているわけだが、現在唯一の参考書であり世界史好きの子には定番である「詳説世界史研究」も悪くないと、このごろ思いはじめたのであった。

その「詳説世界史研究」は、詳説世界史をさらに詳説した解説本という感じで、おそらく高校の世界史の先生はみんなこの本を授業の虎の巻に使っているはずである。難関大学の受験にも出ないようなことが書かれているので、これを熟読するのは時間の無駄という考え方が一般的である。しかし、前述の「世界史の研究」が重要事項を箇条書きふうにしたいかにも参考書スタイルであるのに比べて、「詳説世界史研究」の方は首尾一貫した文章として「読ませる」編集になっている。授業動画をみたあとでこの本を読むと、世界史の流れが整理されて腑に落ちるという感じがする。そうやって全体像を俯瞰することにより、中公の「世界の歴史」(旧版)が面白エピソード集としてさらに輝きを増すのではないかと思うのだ。結局、あくまで旧版押しの昭和の老害なわけなんだが。

 

巨人戦も見られるぞ(見たくない?)

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・ニート諸君に贈る発想を変えた勉強のすすめ

電車などに乗っていると学習塾の看板が目につくのだが、ときどき「偏差値30の子を70以上にします」なんてのがあって、それはいくらなんでも盛りすぎだろう、とツッコミたくなってしまう。僕はもともと勉強の得意な子だったけれど、それでもめいっぱい頑張っても70以上の勝負は結構大変だったのである。というか、大学受験で端的に言えば早慶を目指すってことなのだろうねー。過去記事にも書いてあるけど、僕はいろいろ事情があって偏差値で言えば当時二流の高校(現在はかなり優秀な進学校になっているようだ)に行ったので、有名大学を志望すると先生から「前例がない」などと相手にされなくて困ったものである。

そんなことはともかく、教える側にしてみると、偏差値30の生徒を70に引き上げるというのはやはり無理があるのではないか。現実的には、普通の高校で平均点が苦しいという子を偏差値60程度まで持っていくことはできる。ということで、当サイトでは頭は悪くないけど成績はいまいちというお友達向けの勉強講座をごちゃごちゃとやっているわけだ。偏差値60まで上げられれば地方国立大とか、私立でも中堅上位校には余裕で入れるわけで、落ちこぼれ状態からそのレベルまでいければ大いばりできるし、周囲からガタガタ言われることもなくなるだろう。あなたがひきこもりやニートでくすぶっているならば、一念発起してそのレベルを目指してみる価値は十分にある、と言っておこう。

 

高校生向けに言うならば、英語(コミュニケーション英語、英語表現)と数学は出題内容が決まりきっているので、定期試験では非常に点が取りやすい。ちょっとコツをつかむだけで常時80点以上は余裕で取れる。しかし、現実には英語と数学で苦しんでいる生徒が大半ではないだろうか。英語や数学で軽く80点以上取るやつを、クラスで落ちこぼれ扱いすることは絶対にないよね。ただそれだけのことで、親からは誉められるし周囲からは秀才扱いされるしで、ちょっと人生が変わるくらいの変化を味わうことができる。だから、これをやらない手はないと思うんだけど、なんだかんだ理屈をつけてやらないんだよなー。というのはうちの親戚の子なんだけど、こっちを馬鹿にしているのか、せっかくのアドバイスに耳を貸そうとしないのである。まったくもったいない話だ。

若い読者ちゃんたちの中にも、勉強してるのに成績が上がらないという人は多いことと思う。その原因として、勉強法とか勉強量とかいろいろ考えられるわけだが、一番の問題は根本的な考え方が少しズレているところにある。定期試験の前になって、ここは分かるとかこの問題は分からないとか、みんなよく言うでしょう。はっきり言って、これは既に手遅れの状態だからね(笑)。分かるとか分からんとかいうのは授業の段階で解決しておくべきであって、試験勉強というのは分かっている状態を前提として、その上で覚えるべきことを丸暗記することなのだ。スポーツの試合で言うなら、作戦やフォーメーションを理解しているのは当然のこと。試合に勝つためには、その上で徹底的に反復練習するわけだろう。試合前日になって作戦が分かるとか分からないとか言っていて、果たして勝てるものかどうかを考えてみてもらいたい。

そうした部分をちょっと意識改革するだけで、定期試験の成績は飛躍的に上昇する。というのも、英語も数学も教科書の内容がそのまま出題されるので、反復練習によって丸暗記したものをそのまま書けばいいだけなのである。試験の前日になって、まだ分かるとか分からんとか、余計なことにばかり頭を使っているから点数が上がらない、ただそれだけの話なのだ。

 

ところで、そういうごたくを並べている僕が大学中退なんだから、親戚の子から馬鹿にされるのも仕方のないところなのだった。そのうえ、田舎の人は私立なんて馬鹿が行くものと思い込んでいるし。地元国立大に行かなかったという理由で、実家では低脳扱いされているのが実情なのである(これも泣けてくる話だ)。さらに馬鹿な話をすると、大学の時にはアルバイトで予備校で教えていたんだけど、中退したら親が「もう一回大学を受験しろ。手始めに予備校に入って勉強しなおせ」と言って入学手続きを取られそうになったのである。しかしいくらなんでも、昨日まで先生だったものが急に生徒になったりしたら、さすがに関係者はびっくり仰天することだろう。

それから、これも過去記事に書いたと思うけど、大学をやめて学生じゃなくなったというのに、いろいろ事情があって出るに出られず学生下宿に十年以上(実際には二十年近く)住むことになって、近所の人々からはその間ずっと大学生だと思われていたのである。僕の外見がおっさんになっても二十歳くらいにしか見えないという特殊事情はあるものの、あまりと言えばあまりにもいいかげんな話だ。とはいえ、そういうよく分からない状況のおかげで近所の子に勉強を教えるようになり、簡単に80点以上取る方法を編み出すことになったのだから、結果としてはこれでよかったのかも知れない。そのうちに、落ちこぼれの子を偏差値60にする学習塾を開こうと思っている。

 

話題の電子書籍ストア!

世界史攻略法 偏差値60を確実に達成する簡単な方法

春休みでもあることだし、のんびりとゲームネタを連発したいところなのだが、これから受験勉強に臨む高校生や浪人のお友達にしてみればゲームどころではないだろう。ということで、当サイトでも本腰を入れて受験勉強講座を再開していきたいところである(と言いながらゲーム記事も書くんだけど)。

基本的には、普通の高校に行っている普通の成績の人が、そんなに苦労することなく有名大学に滑り込む方法を伝授している。ただ漫然と苦行みたいなことをやるんじゃなくて、ちょっとしたコツを掴むだけで成績優秀者になれてしまう、その感覚を体験してもらいたい。その第一歩として、定期試験で簡単に高得点を取る方法というのを主にやっているわけですが、受験に関して言えば英語と地歴(世界史)を偏差値60まで引き上げれば何とかなる、という単純な話をしている。だから受験勉強としては、国公立狙いは忘れてとにかく英語と世界史だけやれ、と言いたいんだけど、なかなかそういうわけにいかないのが辛いところだろう。(特に地方に住んでいる人)

 

そんな事情はともかくとして、今回は世界史を一年で仕上げる方法をいってみよう。世界史は必修科目なんで、進学校ならば二年がかりできっちり教えているはずである。正攻法の勉強法は非常に単純であって、授業を毎回きっちり聞いてから「山川世界史ノート」で復習、定期試験前に世界史ノートと一問一答問題集で仕上げれば、それだけで80点以上は楽に取れてしまう。これを繰り返していけば偏差値60近くまでは行けるんだけども、ここで問題がいくつかあるわけだな。

まず、普通レベルの高校だと、世界史の時間は居眠りしている子が多くて、みんな授業を聞いてないのである。暗記ものだからあとから集中的に覚えればいいや、と考えがちなんだが、これが大きな落とし穴であって、世界史の教科書は非常に簡潔に書かれているので、先生の説明なしにいきなり読んでも内容が理解できないんだよね。世界史に限らず、地歴・公民は授業を聞くのが大前提なのに、そのスタート時点でつまずいているのだ。それから、その授業もおそらく19世紀あたりで時間切れになってしまい、現代史は全然手つかずのまま受験シーズンに突入してしまうので、きっちり勉強していても入試には間に合わなくなってしまう。有名進学校ではない普通の高校だと、受験対策はいいかげんなので(先生には知識もやる気もないので)、自力で対策していかなくてはならないのだ。

 

それで、ここからが世界史勉強法の本題。メインで使用するのは、いわゆる実況中継本である。具体的に言うと「ナビゲーター世界史B」か「青木世界史Bの実況中継」のどちらかということになる。これは単に参考書として読むのではなくて、擬似的に授業を体験することが主たる目的。要するに授業の代替品であり、しかも何度でも繰り返して追体験できるのが最大のメリットだ。実況中継本を毎日20ページとか決めて読みつつ、山川世界史ノート、一問一答問題集で基本事項を暗記していく、という流れである。そして大事なのは、実際の授業の進み具合などは無視して、さっさと最後まで読みきってしまうことだ。おそらく三ヶ月くらいで一周できるはずなので、一年間で世界史を最初から最後まで、四周くらい勉強することになる。必死になって暗記しなくても、ここまでくればセンター試験レベルなら確実に高得点が取れるようになるだろう。

世界史は暗記ものなのに、必死で暗記しても得点に結びつかない、という悩みを持っている人も多いと思う。それは、授業をちゃんと聞いていないから歴史の流れが頭に入っておらず、せっかく重要事項を覚えても、それをどこで使っていいかが分かってないからなのだ。実況中継本による授業の疑似体験が、世界史勉強法の肝なのである。多くのお友達はそれをすっとばして、教科書の太字の部分をただ闇雲に覚えたり、いきなり一問一答問題集をやっている場合が非常に多い。これでは単なる記号を暗記しているのと同じことであって、エネルギーを費やしているわりに効果はほとんど上がらないのだ。

 

この勉強法のコツは、毎日の日課にして無意識の習慣にしてしまうことだ。実況中継本で言えば、通学バスの中で読むとか、湯上がりに牛乳飲みながら読むとか、とにかく条件反射的に何も考えずにやるように習慣づけてしまう。われわれは毎日、飯を食ったり歯を磨いたりしているでしょう。それと同じように、実況中継本を読んで一問一答をやるのを、生活の当たり前のルーティンにしてしまえば、目標はほぼ達成されたと言っていい。定期試験の前になって慌てて徹夜するなんていう、つまらん真似もしなくてすむしね。

これで前回の英語勉強法と合わせて、二科目だけではあるけど偏差値60前後までは一年で無理なく上げられるので、名前の通った私立大学を受験してもおかしくないレベルに達することはできる(受かるかどうかは別問題として)。ただし、学校で普通程度の成績の者が、有名大学を受けると言っても先生が相手にしてくれないので、主要科目は普段から定期試験でそこそこ高得点を上げていないといけない。当サイトでやっている、簡単に80点取る方法シリーズの目的のひとつもそこにあるのだ。



落ちこぼれ向け受験勉強法 一年計画で偏差値60達成

この時期、当サイトで読者数がググッと上がってくるのが受験ネタである。新学期を控えて新たな気持ちで受験に臨もうというお友達が多いのだろうけど、もともとはひきこもり・ニート向けの勉強法講座だったので、普通の受験勉強法として読むとインチキくささが目立ってしまうかも知れない。まあ、やっていることはインチキではなくてまっとうな受験勉強なのだが、最小限の努力で即席で成績を上げようというのが主旨であるから、そんなやり方はダメだと思う人もあるだろう。しかし、勉強法に正解はないし、自分に合った方法を自分で見つけることが全てであって、当サイトではそのための一番簡単なヒントを示している、くらいに考えていただきたい。

 

さて、お笑い芸人が青山学院を受験したというのがニュースになっていたが、聞くところによると彼は偏差値30台だということだ。それではまぐれも起こりようがないので、青学に受かるのは無理だろう。少なくとも受験してもおかしくない程度まで基礎学力を上げておいて、その上で複数学部を受けることでまぐれ(?)の起きる確率を上げる、それくらいの準備はしないといけない。この場合の目標は偏差値60といったところである。最も簡単なのは、偏差値を70まで上げてから60レベルの大学を受験すること。これなら絶対に合格できるわけだが、偏差値70というのはそう簡単に達成できないのが困りものだな。

また、偏差値70以上で難関大学を受験するというのも、やる側としてはなかなか厳しいものがあるのだ。それ以上に成績を上げるのは難しいし、周りのライバルはみんな勉強が得意な者ばかりなので、競争が激しくてそう簡単に抜きん出ることができないのである。

しかし、偏差値60というのは少し勉強すれば誰でも達成できる数字であるし、そこから頭ひとつ抜け出せば、たいていの有名大学には難なく合格できるわけで、これを目指さない手はないだろう。あなたが地方に住んでいる高校生や浪人の人ならば、親や教師がどうしても国公立大学にばかり重きを置くので、私立一本にしぼって受験勉強するのは抵抗が大きいかも知れない。だが文系ならば英語と地歴(世界史)だけ偏差値60まで仕上げれば、それこそ青学を受けてもおかしくないレベルまでいけるわけで、落ちこぼれ状態からでも一年あれば、それは十分に達成可能なのである。

 

前回、英語勉強法の概略を説明したのだが、要するに受験勉強だからといって特段変わったことをやる必要はない。試験問題の九割は長文読解問題なので、ある程度の長さの文章を習慣的に読んで、辞書を引きながら意味を取っていく、つまりはリーダー(コミュニケーション英語)の予習復習のやり方を、毎日続けていくことがメインなのだ。そのために必要な基本単語、基本構文は初期に覚えておくことが大事だけれど、単語や構文を覚えることが目的ではない。やるべきことはあくまで長文読解なのである。たいていの受験生諸君はそこを取り違えていて、苦行的に単語を暗記すること自体が目的になってしまっている場合が多いのだ。

それは世界史の場合も同じであって、多くのお友達が必死になって一問一答問題集を暗記しても、なかなか点数に結びつかない理由がそこにある。一問一答問題集自体は悪くないし、世界史の勉強においては必携と言っていいのだが、これをメインにしてしまっては単なる記号の暗記の域を出ず、せっかく覚えた重要事項の使いどころが分からないために、結果的に点数にはならないのである。(世界史勉強法は長くなるので、次回改めて解説することにしよう)

 

さて、僕自身が文系(文学部出身)なので、主に私立文系の受験勉強法について書いているわけだが、実のところ単純に点を取るだけなら理系科目のほうが簡単なのだ。一年あればセンター試験レベルならば確実に満点近く取れるようになるので、地歴が苦手でポイントゲッターにできないという人は、逆に地元国公立大狙いでセンター試験にしぼるという手もある。

理系科目の勉強法のコツは、徹底した反復練習ということだ。数学でいえば教科書の例題→練習問題→授業で使っている問題集の問題という順番で、同じ問題を十個くらい並べておいて一気に解いていく。同じことを十回も繰り返せば嫌でも覚えてしまうわけで、この反復練習を教科書の全ての例題に関してやれば、定期試験でもセンター試験でも、簡単に満点を取れるようになるだろう。もちろん、数学だけでなく物理でも化学でもやり方は同じである。教科書レベルならば出題パターンが完全に決まっているので、英語や地歴よりも理系科目の方が点数は取りやすい。文系の人が数学や理科で満点近く取れるようになると、地元国立大狙いならばほとんど無双状態だろう。

とはいっても、それはある程度全科目にわたって基礎学力のある受験生の話である。落ちこぼれ状態から一年で五教科七科目を偏差値60まで仕上げるのはやはり難しく、私立文系狙いで二科目に集中した方が効率的なのは、もちろん言うまでもない。しかし、あなたが地方に住んでいて、親や教師が国立国立とうるさくてとても私立を受けられない状況ということもあるので、その場合は腹をくくって五教科七科目狙いに切り替えるのも、仕方のないことだと思う。地元国立大なら金もかからないしね(笑)。

 

いつでもどこでも読める電子書籍

落ちこぼれでも有名大学に入れる!受験勉強のコツとツボ

さて、二月も下旬ということになって、私立大学の受験はこの時期が最終盤といったところである。ちょうど、僕が受験した大学(学部)も今時分が試験だったので、雪が残る中を歩いて受験会場に行っていた頃のことを思い出して、少し重い気分になってしまう。ところで、当サイトでは落ちこぼれ(と言ってしまっては身も蓋もないが)の諸君が成績アップする方法をいろいろと考えているわけで、今まさに受験勉強しているお友達はこれから高校三年生になったり、浪人して予備校に通ったりで、なんとなく暗い気分の一年がスタートする時期だろう。

はっきり言って、普通レベルの高校で普通程度の成績だった人は、大学受験において相当に苦戦を強いられるのは仕方のないことだ。普通に考えると、名前の通った大学にすんなり受かるというのは難しいわけだが、そこを要領というかちょっとしたコツを掴むことで、手品みたいにさっと滑り込んでしまう方法を、当サイトでは伝授しているわけである。もとより、うちは専門の受験サイトではないし、刻苦勉励を勧めているわけではなくて、いわば落ちこぼれの最後の手段としての裏技勉強法をやっているにすぎない。そんな不真面目なやり方はダメだという意見は、真面目な人々からは当然出てくると思うけど、あくまでゲーム攻略法のようなアプローチのひとつということなので、どうか目くじら立てないでもらいたい。

 

というわけで、ちょっと早いけど新年度のスタートである。落ちこぼれというか、普通の高校で普通の成績という人が、一年の勉強で有名大学に入っちゃう方法を一から説明してみよう、というのが今回以降の主旨なのだな。

簡単に言うと、文系ならば英語と地歴(世界史)の二科目だけを偏差値60程度まで引き上げる、というのが全てなのである。と言ってしまえば話は単純なのだけど、まず受験においては「英語ができればなんとかなる」というのが絶対的法則であって、逆に言うと英語が苦手だとかなり厳しいわけです。落ちこぼれ状態から第一に何をやるかといえば、とにかく英語の基礎を固めること。具体的には中学英文法を復習して、中学レベルの基本英単語は頭に入っているという状態を作らなければならない。英語が苦手という人は、中学校の学習内容がうろ覚えという場合が多いのである。

ということで、中学レベルをクリアできたらようやく高校英語の勉強にかかるわけだが、受験勉強だからといって別に変わったことをやる必要はない。昔で言えばリーダー、今でいうコミュニケーション英語の教科書を、音読しつつ辞書を引いて訳していくのがメインである。ようするに、英語の授業の予習復習と同じことを毎日習慣的に繰り返していけばいい。その結果として高2の教科書を普通に読んで意味がとれるようになれば、センター試験レベルの問題なら苦労することはなくなるはずだ。基本的にやることはそれだけなんだよね。そして、ある程度基礎学力がついたら、受験する大学の過去問題を見て出題傾向を探り、必要なことを重点的に鍛えればいいのである。

よくないのはただ漫然と単語帳を眺めたり、有名な参考書を次々に買ったりすること。センター試験でいえば単語問題は出ても1問だけ(それも簡単なやつ)だから、難しい単語帳をやっても意味ないからね。といっても、基本的な英単語や英文法を知らないと、そもそも文章がまるで読めないので、「シス単Basic」「英語の構文150」は早い段階でざっと覚えておくことを推奨している。もちろん、それはメインではなくて英文を読むための補助であり、そういう枝葉の部分にばかりこだわっていたのでは、肝心の読解力がつかなくなってしまう。

 

英語の場合は教科書メインで毎日きっちり続けるだけで、誰でも偏差値60程度までは引き上げられる。英語が苦手な状態から一年でそこまでいけば十分だろう。少なくとも英語に足を引っ張られることはなくなるので、文系なら英語と地歴、理系だと英語と数学という組み合わせでポイントゲッターにすることができ、名前の通った大学のどこかに滑り込むことができる。このときのコツは、とにかく二科目に全力を集中すること。特に地方に住むお友達の場合、親からやたらに「国立大学へ行け」と言われることになるのだが、さすがに落ちこぼれ状態から一年で五教科七科目をそこそこのレベル(地方国公立大なら偏差値57程度は必要だろう)まで引き上げるのは厳しい。しかし二科目なら十分に可能だし、国立よりもレベルの高い私立に受かることもできるのだ。

あと、高校生の人に関して言えば、定期試験で英語の成績が80点、90点とかになってくると、クラスでは普通に「勉強ができるやつ」として扱われるようになる。定期テストにおける点数の取り方は、当サイトではいつもやっているし次回以降も書いていくわけだが、そういった周囲からの見た目というのは意外と大事なのである。親からガタガタと小言を食わなくなるだけでも大きいし、クラスでは馬鹿にされたりいじめに遭ったりということもなくなるはずだ(優秀すぎて嫉妬されるということはあるが)。これは人生が変わるくらいの変化と言っていいだろう。

では、次回は世界史で点を取る方法をやってみたいと思います。