ひきこもりの勉強講座 私立文系楽勝攻略法

ひきこもり経験者でも、落ちこぼれであっても、一年くらいの習慣的な勉強法で成績優秀者になれる、というのが当サイトのメインテーマなのである。もちろん、これは中学レベルの内容をクリアしていることが前提条件であって、有名進学校ではなくても普通程度の学校で、中位から下位をうろうろしているお友達に特に有効であることを注記しておく。

ざっくりと言えば、基本的に狙い目とする志望校は私立文系であり(理系好きだという人は理系でもいいですが)、国語・英語・地歴(日本史または世界史)の三科目か、国語を除いた二科目で中堅以上の名の通った大学に滑り込むことを目標とする。ここまではいいですね。

ここで大事なことは、余計な勉強は一切やらないことである。受験勉強というのはただでさえ時間が足りない。しかもひきこもり経験者とか落ちこぼれならば、普通以上にハンデを負っているわけで、そのうえに必要ではない科目まで勉強していては総崩れになってしまう。といっても地方公立高校などでは、まだまだ私立文系を馬鹿にする傾向があるため、ちょっとでも成績がいいと地元国立大学を受験させようとするのだな。結局、ズルズルと流されて五教科七科目をやらされる泥沼にはまりがちなのだ。

 

具体的に何をやればいいかというと、これは過去記事の繰り返しになってしまうが、大事なことなので何度でも言いましょう。英語(リーダー)と地歴である。このふたつは仕上げるまでに時間がかかるので、無意識の習慣にして毎日ダラダラとやり続けるのが非常に効果的なのだ。特に地歴は暗記科目ということで、短期間のガリ勉で覚えようとする人が多いのだが、これは大いなる勘違いである。重要事項を単語としていくら暗記しても、使いどころが分かってないので、結局は点数に結びつかないのだ。壁を重ね塗りするように、少しずつ知識を厚くしていくことが大事である。

それとは逆に、中間試験や期末試験の数学、そして英語(英文法、英作文)は、一週間程度の集中的な暗記で簡単に高得点を取れてしまう。だから、この辺の科目でいい点を取って成績優秀者としてアピールすることがまず先決。なぜかというと、ある程度の成績上位者でなければ有名私立を受けさせてはもらえないからだ。そして、長期的にはリーダーと地歴の二科目だけに専念する、という二段構えでいくことだな。

 

さっきも言ったように、世界史・日本史の難しさは、重要事項を意味のない単語ではなくて意味のある単語として覚えなくてはならない、というところにある。教科書の太字の部分をただ覚えても、なかなか点数には結びつかない。それはつまり、教科書というのは授業における先生の説明を前提として、できる限り簡潔に書かれているからなのである。

進学校の生徒ならば先生の言うことをしっかり聞いているだろうけど、普通レベルの公立校だとおそらくノートを取るのに汲々としているだろうし、わざと不真面目な態度をとるのがカッコいいと勘違いしているやつもいるだろう。要するに、点が取れないのは授業を聞いてないからなのだ。その意味で、授業をもう一回繰り返してくれる学習塾は、地歴に関しては重宝するわけである。そして、授業をいつでも追体験できる実況中継本を推奨する理由もそこにあるのだ。重要事項をただ暗記するのではなくて、歴史の流れの中で意味のある言葉として覚えることが大事。それが理解できれば、理屈の上では地歴一科目は攻略できたと言えるだろう。

特にナビゲーターには巻末に付録の問題集がついていて、これは定期試験用の復習にちょうどいい。授業で使っている山川世界史ノートあたりを、もっと簡略にしたような感じ。普段は毎日何十ページとか、ペースを決めて本文を読むことを習慣にしておいて、定期試験の前に巻末問題集をやれば、たいした苦労もなしに80点、90点くらいは取れてしまうのだ。

あと、これは邪道なんだけど、受験勉強でどうしても時間がないという人は、本文はざっと読むことにして問題集だけを丸暗記するという手もある。これはまあ、最後の手段だね。応用が利かないから、文章を記述する問題などには通用しないけれども、必要なことはひととおり覚えられるので、中堅大学程度ならばそこそこ得点できることは確かだと思う。

 

リーダーの予習復習と、ナビゲーターを使った地歴の習慣的な勉強だけで、私立文系狙いならば一年で偏差値58くらいまでは上げることができる。これは二科目だけに限れば、地方国立大をクリアできるくらいの学力であって、普通の公立高校ならば上位30番くらいに入るのではないだろうか。ひきこもりや落ちこぼれの状態から一年でそのレベルまでいければ、周囲を驚嘆させるのに十分だろう。それだけで親や教師からガタガタ言われることはなくなるし、同級生からも勉強のことで馬鹿にされるということは絶対になくなる。大学に受かる受からない以前に、まず人生が変わるのではないか

特に、当サイトのやり方では無意識の習慣ということを重視している。そのコツはただひとつ、毎日の日課にしてしまうことであり、歯磨きをしないと気持ちが悪いのと同じレベルで、勉強しないと気持ち悪くて眠れない、という状態を目指している。いわゆる受験勉強のイメージである、苦行的な単語や文法は一切やらないのがモットーである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

落ちこぼれが中間試験で高得点を取ってドヤ顔する方法

ひきこもりには学校も試験もなんにもないわけですが、高校生のお友達にとっては中間試験が近づいてきて憂鬱な時期なので、この辺で勉強ネタをいっときたいと思うのである。といっても、僕のやり方は変わったこともやらなければガリ勉もしない、自然に無意識にいい点を取っちゃおうという、ややインチキくさい方法であって、その肝は「無駄なことをするな」という一点にある。

受験のことを考えれば、英語と地歴(日本史か世界史)の二科目だけ仕上げれば有名私大に入れるわけで、それ以外の受験勉強とやらは全部無駄なのだ。これは当サイトで繰り返し述べている基本中の基本なんだが、親や教師にはなかなか理解してもらえないのが困りものである。特に地方の公立高校だと、受験や大学に関する知識がない大人がほとんどであって、まずそういった頑迷な連中と戦うことを余儀なくされるのだ。

といっても、どうせ何を言っても理解してもらえるわけはないので、戦わずして勝つ方法を取るのが得策だろう。つまりは、定期試験で適当にいい点を取ってドヤ顔し、敵を感心させてから「○○大学を受けたいんですけどー」という方向に話を持っていき、どさくさ紛れに(?)二科目だけで受験して受かっちゃえばいいのである。

 

そこで、何をどうすればいいかという話だけれども、これは当サイトでは繰り返しやっているのでまたかって感じになりますが、とりあえず英語と数学で80点以上取って見せればいい。この二つは定期試験では点数が取りやすいし、コンスタントに80点も取ればクラスでは「勉強が得意なやつ」と見なされ、まちがっても落ちこぼれ扱いされることはなくなる。勉強が苦手だという人は、まず英語と数学で80点取って、落ちこぼれ状態から脱出することが先決だ。そうすれば親や教師からガタガタ言われることがなくなり、毎日の生活が楽になるだろう。

あと、いじめに遭っているという人にも、これは非常に有効である。英語とか数学で高得点取るやつを、おいそれと馬鹿にすることはできなくなるし、成績に関しては嫌でも尊敬するしかなくなるのだ。少なくとも、勉強ができないことを理由に蔑まれることだけは絶対になくなる。

ひとつの目安として、あなたが英語のリーダー(科目名は学校によっていろいろ)の予習復習をきっちりできているか、という部分を考えてみよう。できていないという人は、落ちこぼれ状態である。といっても難しいことではなくて、教科書を普通に音読して、辞書を引きながら自力で訳すことができ、授業のあとでもう一回音読する。これを毎日きっちりできていれば、センター試験でそこそこ得点するだけの学力は普通につくのだ。まあ、細かい勉強法については当サイトの「勉強」カテゴリーの過去記事にかいてあるので、地歴勉強法ともども読んでもらいたい。

 

大学受験に関しては英語と地歴を地道にやっていくとして、ここで問題なのは目先の中間試験である。まずやるべきことは数学と英語(特に英文法・英作文)で、一週間前と言わず二週間前から準備しておけば、これらの科目では百点を狙うことも可能なのだ。数学は反復練習あるのみだし、英文法・英作文は教科書に出ている例文を丸暗記するだけである。それ以外の余計なことをしないのがコツ、というか端的に言えば、何も考えないことが大事なのだ。

これは試験勉強における盲点なのだが、試験に臨んでは必要なことを機械的に暗記することが全てであって、理解しようとしたり思考力を働かせたりしてはいけない。そうすることで効率が落ちて、余計な時間を食ってしまう。考えるのは予習の時とか授業中に思う存分やればいいのである。例えば英文法でいえば、点数の取れないやつに限って、試験前になって教科書に書いてある説明文を読んで理解しようと頭をひねっているのだ。これは全くの無駄。試験とは分かる分からないではなくて、単純に点数を取るか取らないか、それだけの勝負なのである。

 

話を整理すると、大学受験用の勉強としてはリーダーの予習復習を毎日きっちりやって、地歴(1科目)の知識を徐々に固めていく、これだけでOK。これができていれば有名私大を受けられるだけでなく、定期試験でもリーダーと地歴は、ちょっと復習するだけで高得点が取れる。それに加えて、定期試験対策で数学と英文法(英作文)を丸暗記方式で80点以上取る。以上のことをやっていれば、学校では勉強が得意なやつと見なされるし、親や教師に向かってドヤ顔することもできるのである。

この勉強法を、何も考えずに無意識的にやるように習慣づければいいのだ。そうすれば、受験勉強といっても苦行ではなくなるし、面白くもない単語や文法の暗記も、特にやることもなく成績上位者になれる。高3だと時間的にもう余裕がないだろうけど、高1・高2のお友達は、だまされたと思ってやってみてほしい。数学・英語で80点取れば人生が変わるはずだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

落ちこぼれが受験勉強せずに有名大学に合格する方法

毎度おなじみの勉強ネタなんだが、今回は見たとおりの受け狙いのタイトルになってしまった。普通に考えて「そんなものはない!」で終了であって、ひと昔前の詐欺教材を思い出させて感慨深いのだが(実際、それに近い詐欺教材があったのだ)、こちらはどうやらギリギリで詐欺ではない、と思う。ほとんど受験勉強をせずに、要領よく有名大学に受かる方法はなきにしもあらず、だからだ。

かく言う僕の場合がそれに近くて、世間的な受験勉強はやらないでいわゆる有名私大の文学部に合格している。もっとも、僕の場合はいじめが原因で紆余曲折した末、英語マニアの歴史マニアになり、それが受験科目に偶然はまったのであった。別の学部で違う傾向の問題が出題されていたら、おそらく受かってなかっただろう。逆に言えば、得意科目に特化すれば合格は夢ではないということである。

 

そこでですなー、あなたが普通の高校に通っている、いまいち成績の上がらない生徒だとする。まあ予備校生でも社会人でも同じなんだけど、大学合格を目指してやるべきことは、受験問題集に取っ組むことではないのだ。落ちこぼれ気味の人がそんなものを見ても実力はつかないし、混乱するばかりなので、まずは受験勉強という意識を捨てて基礎固めに専念しよう。難関大学ならともかく、中堅私大の場合は高1レベルの基礎がしっかりできていれば十分に戦える。

その基礎固めを、勉強しているという感覚を持たずに無意識のうちにやってしまおう、というのが当サイトの方針なのである。できるだけ楽して最大限の効果を上げ、いいとこ取りして世の中の勝ち組になるのが僕のモットーなのだ。

高校生なら授業科目がいっぱいあって毎日忙しいわけだが、本当にやるべきことはそんなに多くない。受験科目でいえば英語と地歴(1科目)さえ水準以上に仕上がれば、それだけで名前の通った大学に受かることができる。それも、血眼になってしゃかりきに受験勉強とやらをしなくても、何も考えずに毎日習慣づけするだけで、それくらいのレベルには簡単になれるのだ。有名進学校に在籍している勉強のできる子ならば、当たり前のようにやっていることなんだが、普通レベルの高校では誰もやっていないし、教える大人もいない。だからこそ、落ちこぼれ気味の子がちょっとやるだけで成績上位に躍り出ることが可能と言うことができる。

 

まず英語だが、これは中学英文法が頭に入っているのが前提である。中学レベルが全くダメという人は、最初にそっちをやってください。それから「英語の構文150」の例文を、毎日10個とか決めて適当に丸暗記。それだけで基本はできるので、あとはリーダーの予習復習を淡々とやっていく。具体的には、本文を詰まらずに読めるまで音読してから、辞書を引きながら日本語訳、授業のあとでもう一回音読。それが普通にこなせるようになれば、基礎学力としては十分である。普通の高校ならば、英語の成績は自然に上位に入っている。

それから地歴、というのは世界史か日本史のことなんだが、「ナビゲーター」か「実況中継」を、毎日20ページとか25ページとかペースを決めて読むことを習慣にするべし。無理に暗記しようとする必要はなくて、何周も読んでいるうちに自然とある程度覚えてしまうので、常に五割くらいの知識を維持することを心がける。定期試験前に「一問一答問題集」などで復習すれば、容易に八割九割に持っていけるわけだ。

この辺の勉強法の要点は過去記事に書いてあるので、細かいところはそちらを読んでもらうとして、大事なのは勉強しているという意識すらなくなるくらい、当たり前のこととしてやることだ。飯を食ったり歯を磨いたりするのと同じ感覚で、毎日機械的に無意識的にやるのである。そうすれば苦行でも何でもなくなるし、覚えられないといって焦ることもなくなる。

 

そういう感じで英語と地歴だけ淡々と一年もやっていれば、よほどのバカチ○ンでもないかぎり、偏差値55から58くらいにはなっているだろう。中堅私大に挑戦するのに、実力的には問題ない。ここまできたら、受験対策として過去の入試問題を見ておくことが必要になるんだが、決して間違ってはいけない。よく志望校の過去問題を必死で解いているやつがいるけど、これは愚の骨頂だからね。なぜなら、それは昨年・一昨年に出た問題なんだから、今年は絶対に出ない問題だと言っても過言ではない。出ないと分かっている問題に必死になってどうするんだって話である。

過去問題を見るのは、出題の傾向や問題構成を探るためなのである。つまりはプロ野球の先乗りスコアラーと同じことだ。読解問題が何%、構文問題が何%とか配分を調べて、どの辺に重点を置けばいいのかという、戦略を練ることが大事なのだ。もちろん、それは十分な学力がついた上での話であり、基礎が固まってないのに過去問題を見ても、全く何の薬にもなりはしない。

 

さきほどから英語と地歴だけやればいいと強調してきたが、あなたが高校生(それも地方の公立高校)ならば、親や教師は受験に関する知識が乏しいので苦労するかも知れない。特に普段から主要科目で高得点を取ってないと、そもそも名の通った大学を受けさせてすらもらえないということもあるから、注意が必要。そういう事態を避けるため、当サイトでやっている「簡単に80点以上取る」シリーズで、定期試験でそこそこいい点を取って、秀才タイプであることを強調しておくことが大事である。

僕のやり方では単語とか文法の苦行的な暗記は必要ないし、補習授業も不要、最低限の参考書以外はお金を使うこともない、ただ2科目の基礎を固めることだけを目的としている。そして、基礎ができた段階で中堅私大には十分に通用するし、そのままリーダーのレベルを上げていけばMARCHクラスにも挑戦できるようになるはずである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

落ちこぼれが地歴の成績を上げて大学合格する方法

地歴といえば昔で言うところの社会科であるが、ここでは一定レベル以上の受験科目ということで、日本史か世界史にしぼった話になる。有名私大ならば世界史または日本史が課せられるので、最低でも英語と日本史、英語と世界史という二科目の選択になるわけだ。

あなたが現在高1か高2ならば、地歴をがっちり仕上げるのは難しくない。というか、普通に勉強していれば地歴は最も成績を上げやすい科目だろう。勉強法のセオリーは完全に確立されており、「ナビゲーター」か「実況中継」といった、いわゆる授業実況中継本を毎日20ページとか分量を決めて、通学時間などに読むことを無意識の習慣にする。そして何周も読むことで次第に知識の厚みを増していき、定期試験前には「山川世界史ノート」などで、試験範囲のまとめをやれば完璧だろう。

ようするに、普段から習慣的な暗記によって五割くらいの知識を維持していれば、試験前にちょっと補足の勉強をするだけで80点、90点が簡単に取れてしまうのである。高2くらいからこういう勉強法を続けていれば、センター試験や中堅私大レベルならば、特別な受験勉強はあまり必要ないのではないかと思う。

 

というのは、勉強ができる子の場合である。問題は落ちこぼれてしまった人とか、引きこもりを経験したためにまともに授業を受けてないお友達が、地歴をどうにかする方法。それも、八月下旬というこの時期からやりはじめて、中堅私大クラスを受験できるレベルまで成績を上げることは可能だろうか。

普通に考えれば時間が足りないんだけれども、他の事を全部シャットアウトして、英語と地歴一科目だけに集中するならギリギリで可能ではないだろうか。ナビゲーターを毎日20数ページのペースで読めば、40日くらいで一周できるので、受験までには三周から四周はできる。有名進学校ではない普通の高校ならば、日本史を一年で詰め込み授業ですませるところもあり、そういう学校では明治維新あたりで時間切れになっちゃうわけで、落ちこぼれでも浪人の方が時間的には有利かも知れない。

ただし、悠長なことはやっていられないので、ナビゲーターは細かい暗記よりも、あくまで流れをつかむことに専念しよう。それよりも、巻末についている付録の問題集に力を注ぐべきだ。これは、教科書に載っている太字の部分を空白にしたような作りで、下に解答が出ているのですぐに参照することができる。本文を一章読むごとに、問題集を必死で丸暗記するという流れで、最低三周は繰り返す。それから仕上げに「一問一答問題集」を使って、落ちこぼれた(洒落ではない)基本項目を補足すればよい。

 

要するに、ナビゲーターを何周もするという基本は一緒なんだが、巻末の問題集で基本事項だけ丸暗記しちゃおうという、即席のやり方だな。本文の流れの中でじっくり暗記しているわけではないので、応用が効かないし長文記述問題が出るとお手上げになるだろう。つまりは、相当インチキくさい勉強法なんだが(笑)、落ちこぼれ状態からは脱しているし、ある程度の点数が取れることは請け合いだ。

本当は二年くらいかけて苦労せずにゆっくり仕上げるのが理想なんだけど、受験となればそんなことは言っていられない。即席でもインチキでも、本番で点数を取った者の勝ちだからね。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

落ちこぼれ脱出!今からでも間に合う裏技受験勉強法

八月も下旬である。この時期になって、勉強が苦手でどうにもならないという受験生の諸君も少なくないだろう。普通に考えると、この段階で落ちこぼれていてはどうにもならんわけだが、そこを何とかする裏技的な方法について紹介しようと思う。

といっても、落ちこぼれ状態からいきなりMARCHや関関同立レベルというのは無茶ぶりであって、その辺を目指したいという人は潔く浪人した方がいいだろう(笑)。ここでは、それより下の中堅大学を受験するのに恥ずかしくない成績を、一応どうにかデッチ上げるという即席の方法である。即席とはいえ、Fラン大学ではなくて曲がりなりにも普通レベルの大学に入ろうというんだから、意義はあると思うのである。

受験生ってくらいだから予備校生か高3の人なんだが(社会人もいるかも知れない)、まず第一に言いたいのは、無駄を省けということ。端的に言うと、とにかく時間がないんだから余計なことは一切やめることだ。文系ならば英語と地歴(1科目)だけ集中的にやって、それ以外のことは無視を決め込む。漠然とスマホを眺めている時間はもったいないので、一日に30分とか時間を決めて、勉強だけに集中しましょう(これが一番難しいかも)。

 

そこで、まずは英語を何とかする方法。受験生で英語が全然できないとなると、これは焦るよね。焦って単語帳を見たり、入試問題集をやってみたり、つまみ食いみたいにチョコチョコ勉強する人がほとんどだと思うけど、これははっきり言って何の役にも立たないからね。受験用の参考書や問題集は、基礎ができていることを前提とした応用問題なのである。だから、落ちこぼれている生徒がそういうのを見ても、何もわからなくてますます混乱するだけなのだ。

難関というほどではない中堅大学ならば、高1から高2レベルのリーダーがしっかり読んで訳せれば、それだけで太刀打ちできる。まずはそのレベルまで基礎を固めることが全て。やるべきことは、本当に基礎的な勉強だけでいいのだ。

しかし、基本的な知識がなければリーダーどころではないので、まずは基礎のための基礎がためが必要である。手っとり早いところでは「英語の構文150」、これは説明文を読みつつ、例文を毎日10個とか20個とか決めて、何周も読んで丸暗記すること(応用問題はかったるいので、別にやらなくてもいい)。そして「システム英単語Basic」で基本単語をひととおり覚えておく。あと、基本文型(SVOとかいう例のやつ)を理解するため、一番初歩的な文法参考書を読めばいいだろう。

これは要するに高校一年レベルの基本的な英語の勉強ということである。これ以上難しいことは、現段階では全くやる必要はない。

 

ここまで基礎が固まれば、あとはリーダーをやっていくだけだ。高1の教科書を取り出して、詰まらずに読めるまで音読。そして自分で辞書を引きながら全文を訳していく。つまりは、英語の授業における普通の予習のやり方をやればよい。高1教科書の音読と日本語訳が普通にできるようになれば、偏差値55前後の中堅大学を受験できる実力はついている。

今からだと時間的にギリギリだろうが、おそらく四、五ヶ月集中してやれば、落ちこぼれ状態からでも一応格好がつくレベルまで持っていくことは可能なはずだ。

てなわけで、次回は地歴を何とかする方法をやります。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ