文系が数学を勉強したっていいじゃないか

僕はいつも親から「おまえは出来が悪かった」と言われて怒られている。これは、僕が私立文系に進んだからで、昔の人の考えでは、国立や理系に行けない馬鹿が私立文系に進学する、ということのようだ。だから、地方国立大学に進んだ兄弟は優等生として誉められ、僕は最低の劣等生と思われているのだ。

実際のところ、いわゆる有名私大の文学部に在籍していたのであって、地方国立大は受ける気もなかったのだが、偏差値という話をすると「そんなものが関係あるか」とさらに怒られてしまって、全く話にならない。東京の人にこの話をすると、みんなびっくりしてのけぞってしまうのだが。

 

劣等生なら劣等生でいいのだけど、僕は文系とか理系とかいう分け方が嫌いである。確かに、受験科目が国語・英語・社会だったので、数学や理科の受験勉強はやってないわけなんだが……。しかし、ある時期から数学は得意科目になった。そのうちに、国立の二次試験のややっこしい問題をパズルみたいに解くのが趣味になって、四六時中解き方を考えていたら、付き合っていた女にドン引きされて相手にされなくなってしまった。まったく、学問を理解しない馬鹿女にも困ったものである(そうかー?)。

どうしてこういうことになったかというと、高校の時にろくに学校にも来ない不良っぽい生徒がいて、そいつが国語も英語もまるでできないんだが、数学だけは異常に好きなのだった。特に当時の数ⅡBが得意で、数学の試験だけ満点に近い成績を取る。数ⅡBといえば数列と行列、それに微積分の初歩であり、その様式美が面白かったのであろう。

 

それを見ていて、こいつにできるのなら俺にもできるはずだ、と思って、まずは数学Ⅰの一気勉強をやってみた。高校2年の夏休みだったと思うが、授業で使用する問題集を最初から最後まで一気に解くという、ムチャクチャなガリ勉をやったのである。うちの高校は当時、偏差値では二流だったので、数研出版の「3TRIAL」というやや簡単な問題集を使っていた。僕はこれが気に食わなくて、レベルの高い「4STEP」を勝手に買ってきて勉強していた。とにかく、その4STEPを文字通り寝食も忘れて解きまくったのだった。

その効果たるや絶大で、二学期になると数学は急に得意科目に変貌した。学校でセンター試験(当時は共通一次試験)対策のマークシート模試というのをやったんだが、数学は半分の時間くらいで全部解けてしまい、しかも百点満点であった。それ以来、僕は数学マニアになってしまったんだが、私立の文学部志望だから受験には全く関係がなく、こういうわけの分からん趣味を持つところに女がドン引きするのであろう。

それはともかく、センター試験の数学Ⅰに関して言えば、授業で使っている問題集を完璧に仕上げれば満点に近い成績を取れることは確かだ。どうも数学の成績がいまいちという人は、騙されたと思ってやってみてほしい。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

英語勉強法に王道はあるのだろうか?ひきこもり編

昨日、メルマガ準備中と書いたつもりがブロマガと書いてしまい、よく考えたらFC2とニコニコのブロマガはもうやめたので「メルマガだよメルマガ!」と思って訂正した。ところが早くも検索なんかでブロマガで出てしまい、なんか恥をかいてしまった。いらんところで早いんだから困ってしまうな。まあ、何でもいいけど。

 

さて、ここから本題。大学受験における最重要科目といえば、もちろん「英語」である。特にひきこもりや不登校経験者となれば、全科目をまんべんなく勉強するのはキツいから、一点集中的に狙いを定めて偏差値上げをやる必要があり、そこで外すわけにいかないのが英語なのだ。逆に言えば、英語さえできれば何とかなる、という部分があるのも確かなのである。

そこで、英語が得意でない高校生(大人もそうだが)が、あるレベルまで受験英語を仕上げる方法はあるのだろうか、という問題について考えている。僕自身は英語はずっと得意科目であって、英語ほど簡単なものはないと思っていた。しかし苦手なやつは本当に苦手なんだなあ。

うちの親戚の子がなかなか優秀で、この前地方国立大学に入ったのだが、こやつが英語が全くできない。できないなりにやたら勉強したため、問題のパターンを覚えてしまって、なんとなく勘で答えられるくらいになってしまっているのだ。優秀に見えて、こういういいかげんな受験生は多いのではないだろうか。そんな力ずくのインチキ(?)ではなくて、苦手なりにも本当の実力をつけるやり方をやるべきだと考えるわけである。

 

できないやつにかぎって、いろんな参考書や問題集を泥縄式にかじって、勉強した気になっている。これがよくないのだ。英語だけではないが、受験勉強のコツは毎日少しずつ壁を塗るように知識を増やしていき、一冊の参考書を最初から最後まで何周もすることである。即戦力的な知識をつけるなら、やはり文法を叩き込むことだろう。英会話に文法は必要ないという話をよく聞くが、受験英語に関して言えば、まず文法がすべてと言っていい。僕がかなり感心したのは「総合英語FOREST」という参考書で、これを何周かやればセンター試験レベルならばたいていの問題は解けるようになるだろう。

あとは単語とリーダーである。こちらも大事といえば大事なんだが、文法に比べればあくまで余技レベル。単語はまず基本3000語を覚えることに徹するべきで、同時に高校1年の教科書程度の英文を大量に読むようにすれば、基礎学力としては十分につくはずである。リーダーの教科書などは、普通に読めば1時間かそこらで読み終わってしまうわけで、結局のところ英文の読書量が圧倒的に足りてないことが、英語アレルギーの人間を作る要因になっているのではないだろうか。

 

この文法・単語・リーダーの基本三点セットで、偏差値60くらいの英語力は確実につく。と言いたいところだが、問題なのは基本的な勉強をはじめるだけの学力もない生徒が大多数を占めるという事実なのだな。特に、ゆとり世代の諸君は中学校での授業時間が少ないので、基礎学力に問題のある場合が多いようだ。レッテル貼りはよくないけど、勉強が足りてないのは本当であろう。

だから「FOREST」を読んでも意味がわからない、という人はその前の、中学校の文法書からはじめる必要があるのだ。この場合もやり方は一緒で、文法・単語・リーダーの三点セットをきっちり極めることが重要だ。中学の文法はいたって簡単だし、基本単語は1000語くらいのものなので、その気になれば短期間で仕上げられるだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・ニートにも放送大学があるぞ

このごろ、ちょっと意表をつかれることが多い。というのも、僕に学歴がないことを取り上げて、まるで知恵遅れのように扱う人間がたくさんいるからである。確かに大学中退なので学歴はないんだが、受験の時には偏差値70以上あったし、いわゆる有名私大に行っていたので、自分では勉強のできる子だったという意識がしみついている。自分の認識と世間とのギャップに、今さらながらびっくりしているというわけである。

当サイトのメインテーマのひとつが、ひきこもり・ニートに対する大学受験の勧めである。ひきこもりやニートだと周囲から馬鹿にされることが多いし、肩身の狭い思いをして生きることになりがちだ。その悪循環を断ち切るひとつの手段として、ネットビジネスによってお金を稼ぎ、そのお金で大学へ行こう!と主張しているのだ。人間、財力と知力を持った他人をおいそれと粗末に扱うことはできないものだからだ。

 

てなわけで、このサイト上で受験の裏技をいろいろ書いている僕であるが、自分自身が馬鹿にされることはあまり想定してなかったのである。灯台もと暗しってやつだな。こうなったら僕も大学に戻って残りの単位をとるべきなのかも知れないし、このまま受験してもたいていの私大は受かるのではないかと思う(いきなり偏差値70とはいかないけど)。しかし、この齢になって新入生として18、19の子たちに混じるのはキツいものがあるのだ。しかも大学というのはお金がかかるしね。

そこで、ひとつの選択肢として考えられるのが「放送大学」である。ちょっとその気になって詳しく調べてみたんだが、放送大学は教育レベルや教授陣もかなり充実しているし、放送授業のほかに各県にある支部(たいてい地方国立大学内にある)で授業や試験を受けられて、なかなか便利である。特筆すべきは、学費が安いこと。70万円くらいで卒業できるというから、普通の大学の一年分以下ってことで、これは破格と言っていいだろう。

と言いつつ、ひきこもり・ニートにとって70万はちょっとしたひと財産であることも確か。まあ、金がたまったら僕自身が自分で入学してみて、みずから人身御供になって放送大学の突撃レポートをお伝えするつもりだ。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

世界史の勉強法にはセオリーがあるのだ

ひきこもりやニートを経て、レベルの高い大学に入るのは、ちょっと考えると至難の技のように思われる。しかし目標をきっちりと定めて、効率的に偏差値上げをしていけば、実はそれほど難しいことではないのだ。もちろん全科目をまんべんなくやるのは物理的に不可能であるし、促成栽培というかインスタントの気味があるのは仕方のないところだが、当サイトではひきこもり・ニート向けの裏技的な勉強法をご紹介していきたいのである。

その一番分かりやすいモデルとして、私立文系で偏差値60以上というところを、主に取り上げている。これはたいてい国語・英語・社会(地歴)の三科目であるし、出題傾向に合わせて一点集中的に攻めれば、中堅以上の大学であっても攻略が容易である、と見ているからだ。

しかし、ただ漫然と教科書や参考書を読んだり、ノートに書き写しただけでは勉強したことにはならないわけである。「できない子」から「できる子」に脱皮するにはそれなりのテクニックが必要なわけで、その辺の裏技は塾や予備校でも教えてくれないのだな。

 

まずは、例として世界史の勉強法について説明しよう。これは日本史でもやり方は同じである。ちょっとレベルの高い大学ならば、社会(地歴)は日本史か世界史の選択になるだろうから、そこは適宜読み換えていただきたい。

世界史の勉強法は、はっきり言ってセオリーが確立されている。進学校の生徒には説明無用なのだが、「できない子」の間では全く知られていないというこの方法は、俗に漆塗り法とか壁塗り法とか言われているものだ。ようするに、何度も壁を塗るように繰り返すことで、知識の厚みを増やしていくということだろう。使うのはいわゆる実況本である。人気があるのは「青木の世界史B実況中継」だが、教科書と同じ山川から出ている「ナビゲーター世界史B」の方が、用語の統一という意味でいいかも知れない。

この実況中継本を、毎日10ページから20ページくらい読むことを習慣にするのである。バスや電車で通学する者は、その行き帰りに読むようにするといい。三ヶ月くらいで一周できるので、一年だと四周、二年だと八周が可能ということになる。

これで頭の中に自分なりの大ざっぱな歴史年表ができあがるので、次に問題集を使ってディテールを仕上げていく。僕の受験する頃は「世界史用語問題集」というのがあったが、今は「一問一答」とかいうタイトルのものが人気のようだ。実況中継本を三周くらいやって、かなり知識がついてきた段階からはじめればいいだろう。これも習慣的に毎日やるようにして、五周から十周くらい繰り返す。十周もやればいやでも覚えてしまうので、特に暗記という意識を持つ必要はない。

 

実況中継本と一問一答問題集を仕上げれば、偏差値60くらいの学力は普通につくし、周囲からも「世界史が得意な子」と認識されるようになるだろう。欠点はやや時間がかかることで、どうしても二年がかり程度の根気の勝負になってしまう。とはいえ、高校の授業だとたいてい二年と三年の二年間で習う内容だし、おそらく第二次大戦までいったあたりで時間切れだろうから、自力で二年で仕上げることができれば上出来なのかも知れない。

レベルの高い大学を目指す場合、授業のスピードに合わせていたらとても間に合わない。授業を無視して勝手にどんどんやるのが、コツといえばコツなのだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

受験勉強せずに大学に受かった話の補足である

以前、全く受験勉強することなく有名私大に受かったという話を書いたら、意外に反響が大きかったのである。検索で「勉強しない 受かった」とかいったワードで読みにくる人が結構いるのだが、誤解されてはいけないと思うので少し補足しておくことにしよう。

僕は確かに、記号をひたすら暗記するような形でのいわゆる受験勉強はやったことがない。これは、中学で成績抜群だったにもかかわらず、いじめのせいで越境入学することになり、偏差値では二流の高校に入ったという環境による。周囲とのギャップがひどくて普通に勉強するのが馬鹿らしくなって、自分で勝手にやりたいようにやることにしたのである。

したがって、結果的には猛勉強して偏差値70以上まで持っていったことに違いはないのだ。あとは志望校の出題傾向に合わせて、集中的に学力を高めることがとても大事。私立文系だと国語・英語・社会の三科目なので目標をしぼりやすいんだが、地方の進学校は地元国立大学を受けさせようとするから、一点集中みたいな勉強をするのが難しいんだよね。

 

さて、僕自身のことを言うと、小さい頃から本キチガイというあだ名だったうえ、中学時代には寝る間も惜しんで読書をしていた。いじめに遭っていたせいで、本の世界の他にはどこにも居場所がなかったということなんだが。だから高校生になった頃には、他の高校生に比べると何十倍・何百倍の読書量があったわけで、おかげで読解力が跳ね上がって国語は全国模試でも上位に入るくらいだった。読解力が高ければ、他の科目の理解力も高まるのが理の当然。

社会は日本史で受験したのだが、中学時代に司馬遼太郎のほぼ全作品を一気読みしたせいで歴史おたくになっていて、高校レベルの試験では知っていることしか出題されない。さらに、SFマニアが高じて原書のペーパーバックを読むのが趣味だったため、英語のリーダーは幼稚すぎて退屈だった。こういう状態なので、国語・英語・社会の三科目ならば何もしなくても受かってしまう、というのは当然であろう。

 

ようするに、僕の偏差値が70以上というのは、環境その他さまざまな要因が生み出した偶然の産物なのかも知れない。これを真似しろというのは無理なんだが、本当に学力をつけたいという人には、読書の習慣をつけることを勧めたい。

受験のために一冊や二冊読むとか、天声人語を読むとか、そんなのではなくて好きなジャンルのものを毎日楽しんで読むことを習慣にすればいいのである。アニメ好きならアニメ関連の本を、プロレスファンならプロレス本を読めばよい。それだけで十分に読解力や理解力は上がる。無理なく偏差値を上げるために下準備ができるというものだ。

特に文系科目について言えば、意味のない記号を暗記するような勉強法はつまらないし、効率が悪すぎる。文学や歴史を楽しんで堪能しつつ学力が上がれば、これほど愉快なことはないと思うのだが……。僕は歴史の本を読んでやたら面白がっていたら、「面白がってないで勉強しろ」とよく親に怒られたものである。昔の人から見れば面白がるのは悪いことで、「贅沢は敵だ」みたいな感覚だったのかも知れない。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ