PCレースゲームの世界 私はいかにしてレースゲーマーになったか

レースゲームが好きだという話をしようと思ったのだけど、考えてみれば最新のタイトルは全くやってないのだった。というか、何度も書いているように中古のMateに安物のグラボを乗せただけのマシンなので、新しいゲームをやるのは性能的に不可能で、めいっぱい頑張っても2012年発売のものが限度。しかも家庭用ゲーム機は持ってないので、記事として受けるようなレースゲームには縁のない男なのである(ダメじゃん)。もっとも、PSとPS2のレースものはやれる限り遊んでいて、2006年頃からPCゲームに完全移行した感じなので、その後にPS3あたりで出た有名タイトルはPC版でプレーしているわけであり、その意味ではむしろコアなゲーマーの部類に入るのかも知れない。

などと言いつつ、はっきり言ってレースゲームは下手である。年齢のせいで反射神経はほぼ皆無であって、一番簡単なモードでどうにかレースになる程度。でも中年男がそれくらい走れればいい方ではないかという気もする。そもそも、ファミコンやスーファミの時代にはレースは全くやったことがなくて、大人になってからあるとき思いたって最初の「グランツーリスモ」をやろうとしたら、ライセンス試験の最初の課題で詰んで挫折したくらいだからね。それから数年後、今度は「グランツーリスモ2」をかなり意地になってやり込んだら、なんかだんだん格好がついてきて、下手なりにゲームプレイにはなってきた。GTシリーズで言えば、ライセンス試験をオールブロンズ(ときどきシルバー)で苦労せずにクリアできる程度の腕である。

 

だから「グランツーリスモ2」は非常に思い出が深いゲームであるのだが、それからドライビング・シミュレーターのファンになったのかといえばそうではなくて、なぜか一気におバカなレースゲームの方に針を振り切ってしまったのである。具体的に言うと「Need For Speed」シリーズに傾倒して、海外版の「Midnight Club 3」「L.A. Rush」といった、わりとストーリー性の強い非合法レースものをやりつつ、「マリオカート64」の影響を受けたカートゲーム(カートゥーン・レースと言うべきか)を延々遊んでいたのだった。ところが、あるときNFSのPC版をやってみたら、その画質のよさと動きの滑らかさにカルチャーショックを受けてしまい、これは家庭機でレースをやってる場合じゃないなあ、と思って、一気にPCゲーム信者になったというわけだ。

当時の僕が一番熱を上げたのがNFSの「Underground」「Underground2」「Most Wanted」と続く三部作(?)だった。それ以前のシリーズ(PS時代はオーバードライビン)も悪くなかったし、PS2の「Hot Pursuit」もいいゲームだったのだが、映画「ワイルド・スピード」の影響を受けて、改造日本車をメインにしたストリートレースものという新ジャンルを打ち立てたのは大きなターニングポイントだったと思う。さらにオープンワールドを導入して、警察との追いかけっこをやりはじめるに至り、現在のNFSシリーズに至る基本型が完成したわけである。このシリーズはPS2版でやった人は結構いると思うが、PC版は背景が全くブレないし、車は文字通りヌルヌル動くし、まるで別物であることを特筆しておきたい。

 

日本ではモータースポーツの人気がそれほどではなく、レースゲームもマイナージャンルなのだろう。おそらく、コンスタントに売れている唯一のソフトが「グランツーリスモ」だろうと思うが、このシリーズはドライビング・シミュレーターという建前ながら、実情はお手軽なレースゲームという側面が強くなっているのではないか。マニアックな車好きだけでなくて、あらゆる層の一般ファンを取り込むためには、幕の内弁当のようにとりあえず各種取り揃えて、間口を広くするしかないのは分かる。国内向け家庭機では、この手のゲームはGTシリーズ一択だと思っていたら、PS4で「Assetto Corsa」「Project Cars」というシム系の二大タイトルが出てきて、風向きが変わってきたようである。

かく言う僕はGTにも新しい二大ゲームにも縁がないわけで、偉そうに何を言っとるんだって感じなんだけど、しかし実はシム系ならもともとPCゲームこそが本場でありまして、「GTR2」「rFactor」という極めつきのタイトルが2006、7年に既に登場しているのである。もっとも、僕はこの辺は普通のよくできたレースゲームだと思っていた(シム系、アーケード系という分け方自体知らなかったんだけど)。シム系信者のプレーヤーはよく「挙動」という言葉を使って、掲示板などで挙動の悪さ(?)を口を極めて罵る連中をよく見かけるが、僕はそういうこだわりは全くない。そのゲームの世界では、それぞれの挙動が現実的なのだと思っているので、リアルでなくても実車と違っていても気にならないのである。どうせ、ゲームに登場するスーパーカーなど運転したことはないので、リアルな動きなどもともと知らないし、そんなことを考えていては「Need For Speed」や「Burnout Paradise」などやってはいられないだろう。

そういうわけで、主にPCのおバカなレースゲームばかり十何年やりつづけて、慣れだけでそこそこ走れるようになったというのが実情である。格闘ゲームで言えば、いわゆるガチャプレイで勝っているようなもので、いい齢してこれではちょっと恥ずかしいので、これからはシム系ゲームのリアルな挙動とやらにこだわって、まともな走り方を覚えてみたいと思っている。まずは「Assetto Corsa」「Project Cars 2」がプレイできるPCを買わなきゃね。

 

ポストに返却!DMMのレンタルDVD

ひきこもり ブログランキングへ

NEC Mateの電源交換とお手軽に遊べるPCゲーム

どうも相変わらず、NEC Mateの電源を交換する話が一番読まれているようなので、かなりマニアックでマイナーな話題ながら追記しておきたいと思う。NEC Mateというのは学校や会社で大量導入されている代表的な量産機であり、使用期間が過ぎると払い下げられて中古市場に安く出てくるので、とりあえずビールみたいにとりあえずPCを買いたい人にはお勧めである。CORE 2 Duoからi3くらいのものが一万円台で買えるし、それでビジネス用には十分すぎる機能を持っている。これにちょっとしたグラボを積めば、数年前のPCゲームを普通に遊ぶこともできるので、コストパフォーマンス的には言うことなしだろう。

そんなMateの弱点は、電源が故障しやすいこと。どうやら安物のコンデンサを使っているせいらしいのだが、内部部品を交換するのは素人には無理なので、別の電源ユニットを買ってきて付け替える以外にない。ところが、スリム型PCであるMateに付けられるのはTFX電源という小型の特殊なやつであり、これがなかなか売ってないし、あってもバカ高いのですね。通販で六千円とか八千円とかの値段が平気でついていて、そんなのを買うくらいなら一万円出して別のMateを買った方が早いわけである。もっとも、ヤフオクを注視していれば、ときどき千円台くらいで中古のTFX電源が出品されるので、状態のよさそうなのを落札すればよい。この場合、NEC純正のものは出力が200wしかなくて、ボードつけてゲームをやっていると慢性的な出力不足になってしまう。規格さえ合えばどれを付けても同じなんだから、純正にこだわらずできるだけパワーのあるのを選んだ方が得策だろう。

あと、僕は先日失敗してしまったのだが、よくシャットダウンするのでまたしても電源の故障だと思い込んでいたら、実はCPUグリスが乾いて熱暴走していただけだった。CPUファンがガーガー鳴り出して全力回転しているようなら、おそらく熱暴走が起きているので、グリスを塗り直しましょう。元来、MateのCPUファンは定速回転が基本であって、かなりハードなゲームをやっていても回転数が上がることはほとんどない。

 

さて、ゲームをやるにはグラボが必須なわけだが、Mateはスリム型PCなのでいわゆるLow Profileという小型のグラボしか装着することができず、どうしても性能は限られてしまう。もともとTFX電源自体に限界があるから、電力を消費する高性能グラボなんて付けられないしね。しかし、それでも安物のボードを付けてある程度のグラフィックメモリを確保すれば、数年前のゲームならば余裕でプレイすることができる。Mate本体とグラボで二万円もかかってないのに、「Grid」や「Need For Speed Most Wanted (2012)」あたりが問題なく遊べるのは、かなり凄いことなのである。たとえ画質を落としたとしても、PC版のゲームは家庭機に比べると非常にきれいだし。また、ゲーム自体も古いから数百円で買えるわけで、世間一般に比べて数年遅れであることさえ我慢すれば、もはやこれ以上何の不満もないだろう。そもそも、貧乏人が最新ゲームをプレイしようというのが間違っているのだ(笑)。

電源交換の話に戻ると、作業的にはケースの蓋を開けて多少分解することになるので、PC自作などに慣れてない人には抵抗があるかも知れない。と言ってもそんなに難しいことではなくて、要はピンを抜いて差し替えるだけである。あと、Mateを使った裏技としては、i3以上の上位機種を手に入れたらば、ケースと電源をいいものに交換するという手が考えられる。これでパワーのあるグラボを付けられるようになり、たいていのゲームはプレイできるようになるだろう。格安でちょいとしたゲームPCをデッチあげる裏技というわけだ。

もっとも、ケースと電源だけならいいだろうが、Mateのようなメーカー製PCはOSがハードの付属品なので、それ以上部品を換えていたら規約違反になってしまうので注意。もちろん、別のマザーボードにWindowsをインストールすることはできないし(インストールディスク自体ついてないだろうけど)、マザーが壊れたらそのマシンは一巻の終わりである。そこがMateの限界であり弱点ということなのだが……。といっても、中古でMateを買っていろいろ部品を換えても二万円くらいしかかからないわけで、大人の遊びと割り切れば使い捨てでいいんじゃないかな。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

PS2エミュレータでレースゲームを快適にプレイ

当サイトのメインは勉強ネタのはずなんだけど、一番読まれている記事はなぜかPCの技術的な話なのですね。特にNEC Mateの電源を交換する話にアクセスが集中したりして、困っているのはみんな同じだなあ、としみじみ思ったりする今日このごろである。というわけで、僕は数年前のMateを部品を替えつつ愛用しており、この何の変哲もないビジネス機にちょっとしたグラボを積んで、PCゲームとかPS2エミュとかを楽しんでいる。もちろん、PCゲームで言えばたいしたものはできないんだが、画質を落とせば「スカイリム」も普通に遊べるし、2012年版の「Need For Speed Most Wanted」だってそれなりに動くので、なかなか馬鹿にしたものではないのだ。一万円ちょっとで買ったMateでここまで遊べれば文句はないだろう。

僕はとりわけてレースゲームのファンであって、レースといえばポリゴンの車がグリグリ動くので、古いマシンでは無理だろうと考えるのが普通なんだが、ちょっと懐かしい軽めのゲームならば何の不自由もなく動いてしまうから不思議。まあ最新のオープンワールドものは無理だけど、昔のレースゲームは背景が単純な書き割りだったりして、意外と軽い場合が多いのだ。「Need For Speed」シリーズはもとより、「Burnout Paradise」「FUEL」「Grid」「Dirt2」「Test Drive Unlimited」といった有名タイトルをプレイする分には十分である。と言いつつ、どれも名作とは言っても今では入手しにくくなったレトロなゲームばかりなんだけど(笑)。

 

 

その中でも「Need For Speed Underground 2」が非常に好きで、これはストリートレースとオープンワールドを融合させた画期的な一作だったと思っている。人気タイトルなんで家庭機の各機種で出ているけど、何と言っても画像の美しいPC版(もはや入手不可能だろうと思うけど)が圧倒的にいい。2004年の古いゲームながら、Windows7でも普通に動いている。といっても、僕が持っているPC版は北米版であり、これはホンダのシビックが収録されているという利点はあるものの、やはり日本語版をPC上でプレイできるようにしておきたいという気持ちが強いわけである。そこで話はPS2エミュということになるんだが(前置きが長すぎます)、現在のエミュレータは相当に進歩していて、たいていのPS2ゲームはPCで遊べるようになっている。ところが、困ったことに「Need For Speed UG2」は、うまく動作しない数少ないゲームのひとつなのであった。

今のところ、pcsx2(PS2エミュレータ)の公式サイトに出ている最新版は1.4.0である。これは前バージョンよりかなり進化したようで、「チョロQHG2」の会話部分の速度低下がなくなったのが大きかったが、「Need For Speed UG2」に関しては1.2.0の方が少し軽いように感じられた。ということで1.2.0を使用することにして、グラフィックはDirectX9を選択(10や11では雨のエフェクトがうまく出ないから)、HW Hacksを有効にしてconfigurationからskip draw = 1 にする。さらにスピードハックのVU Cycleを最高に振る(EEはそのまま)と、fps50以上は出るようになるので、一応プレイできる環境は整うわけである。

しかし、動くことは動いても、僕のマシンでは背景の描画が追いつかないようで、画面がブレまくってコースがよく見えない(笑)。まあ、もともと背景が流れるのはPS2版に顕著な弱点だったのだけど、ブラウン管テレビだと適度にぼやけていたのが、PCモニターではくっきり出すぎるのが困りものである。おそらく、もっと上等のボードを積めば軽減されるのだろう。とりあえずは、日本語版がPC上で動いたから合格ということにしておこう。

 

自分で書いておきながら、ちょっと誰得情報という感じになってきて首をかしげてしまうのだが、金をかけずに名作をプレイというのは、最小の努力で最大の効果を挙げるという当サイトの主旨に合致している(無理矢理)。エミュレータにはもうひとつの利点があって、海外のPS2ゲームでも関係なしに動かすことができるのだ。僕は主にイギリスのショップから、日本未発売のレースゲームを購入して遊んでいるのだが、その中には「チキチキマシン猛レース」「ミニミニ大作戦」「L.A Rush」「Midnight Club 3」「Test Drive Unlimited」など、どうして日本版が出なかったのか不思議に思えるほどの名作も数多いのである。まあチキチキマシンはハドソンが、TDUはアタリ社がそれぞれ倒産しちゃったせいなんだが(笑)。その辺のマイナーレースゲームの誰得レビューも、これから折にふれて書いていくつもりである。

 

ゲオのレンタルDVD 初月8枚無料

シャイニングフォース・ネオ ディアブロか無双か微妙なゲーム

今日は受験ネタで有名私立攻略法をやろうと思っていたんだが、どうも意表をつかれてペースが狂ってしまい、何を書くつもりだったのか忘れてしまった。まずはその話からいってみる(と言いつつ記事のネタを貰えたのだから喜ぶべきことなんだろうけどね)。

PCで見ている人は右の方を見れば分かるように、いくつかよそのサイト(ブログ)にリンクしているよね。これは個人的に参考になるところを探して、ひきこもり・ニート関連とかお金儲け関係のところにリンクを貼っている。相互リンクのお願いをしているわけではないので、リンクフリーと書いてあるところか、それっぽいところにただ貼っているだけなんだけど、さっきそのリンク先のひとつから「勝手にリンクを貼るな」と怒られてしまった。

まあ、リンクフリーだと思って貼ったのが、実は選ばれし民しかリンクしてはいけない特別なサイトだったのだろう。その点で、勝手にリンクした罪で逮捕されるのはこっちなんだが、「リンクしてくれてありがとう」なら数え切れないくらい言われたけど、十何年ブログをやっていて、リンクして切れられたのは初めてなので、さっきから鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしているわけである。おそらくは、ひきこもり・ニートとかアダルトがどうとか言っている、いかがわしいサイトからリンクされたら汚らわしいということなのだろう(ゆとりの考えることなんて知らんけど)。

 

というわけで(なにが?)、初めての経験にびっくりして何を書くのか忘れてしまったので、今日のところはゲームの話に方向転換してみたい。このところ、やや古くなってきたがなかなかの名機であるCore2Duoマシンで、エミュを使ってPS2ゲームを片っ端から遊んでいたんだが、昨年夏からシャットダウンが頻発するようになってきた。また電源の故障だろうと思って先週、新品の電源を購入して付け替えようと思ったところ、ふと「そうそう何度も故障するものだろうか」という疑問が湧いてきたのだな。それで、電源は換えずにCPUクーラーのグリスだけ塗り直してみたら、不調がぴたりと収まって快調そのものになったではあーりませんか。CPUの温度が上がりすぎて、安全装置が働いてシャットダウンしていたのですね。

勇み足で余計な散財をしてしまったが、マシンが安定したので一応は結果オーライとしておこうではないか。そういうわけで、またしても相変わらずエミュ三昧のPS2三昧という、二世代くらい時代を間違えているゲーム漬けの日常に逆戻りすることと相成った。で、僕が十年くらいやり続けているPS2ゲームがいくつかありまして、そのうちの「FlatOut2」「テストドライブ・アンリミテッド」「チキチキマシン猛レース」なんてところはときどき過去記事に書いてきましたが、これらはイギリスあたりのショップから購入した海外版。たまには国内ゲームの話をしたいなあと思ったところが、馬鹿みたいにやり続けているタイトルがひとつありました。知る人ぞ知る、知らない人は全く知らないし、巷ではだいたいクソゲー呼ばわりされている「シャイニングフォース・ネオ」である。いやー、これメチャクチャ好きなんですよ。って俺が好きなゲームは微妙な評価のものばかりなんだよね。

 

もともとシャイニングフォースというのは、メガドライブの看板タイトルで「ラングリッサー」なんかとともにシミュレーションRPGの黎明期を飾った懐かしいゲーム。同じスタッフが作ったスーファミの「FEDA」というのもあったよねー、シャイニングフォースとどこが違うんだ!とぼやきながら結構楽しんだものである。そのシャイニングフォース・シリーズは、紆余曲折を経ながら細々と(?)続いていたのだが、システムをがらりと変えた異色作として登場して、ファンの間に賛否両論(2対8で否が優勢)を呼んだのが、われらの「シャイニングフォース・ネオ」先生なのである。何度も言うけど、僕はこれがメチャクチャに好きなんですよ。この面白さがわかる人間がほとんどいないのが辛いところなんだが。

従来のシリーズから何が変わったかというと、なんとアクションRPGになってしまったのであーる。これがどういうゲームかと言いますと、ダンジョンに潜って無数に湧いて出るモンスターを退治して、ヤバくなったらとっとと逃げ帰るの繰り返し。つまりは有名声優を大挙出演させた、豪華なキャラものの「ディアブロ」という趣き。しかも、主人公の戦闘力はインフレ的に上がっていき、相手に凄まじいダメージを与えられるようになってくるの。そして何十体もわらわらと湧いてくるモンスターを、束にまとめてバッサバッサと刈り取っていく、ちょっとした無双シリーズ風味の爽快感(受け付けない人には単なる面倒なザコ戦)も加味されている。こうなると、どこがシャイニングフォースなんだ!というツッコミが当然入るわけで、要するに評価はどこまでも微妙。

おそらくは、面白さがわかる前に投げちゃう者が大半なんだろうけど、やればやるほど癖になるし、やりこみ要素では群を抜いていて、いつまでやっても終わりがないしで、結局十年以上経った今でもやり続けているわけである。

 

DMMのDVDレンタル

ひきこもり・ニートがレンタルDVDやネット動画を契約する方法

ひきこもりやニートをやっていて、一番困るのは身分証明書がないということだ。運転免許証があればいいんだけど、中学や高校でひきこもった人が教習所へ通うのはなかなかきついものがあって、しかも学校もやめてしまうと身分を証明するものがなにもない。僕は大学を中退して何が困ったかといえば、身分証明書がないからレンタルビデオ屋の会員になれなくて、免許証を取るまでの長いあいだ本当に往生したものである。

そして、ネット時代になればなったで、クレジットカードがないと非常に不便なのだな。引き落としとか着払いとかいった方法があるにはあるんだが、ちょっとした買い物をするのには面倒だし、手数料が余計にかかったりする。さらには、レンタルDVD(ポストに返却という例のやつ)も基本的にはクレジットカードがないと借りることができない。ところがこのクレジットカードというシロモノですが、入会する際には審査があるので、当然ながらひきこもり・ニート(無職)だと門前払いされてしまうのである。今回はこの逆境(なのか?)を打破して、ひきこもり・ニートでも普通にレンタルDVDを借りる方法をご紹介してみよう。まあ、知っている人は知っている当たり前のやり方ですけどね。

ポストに返却でおなじみのDMM 

まずクレジットカードだけど、これはひきこもり・ニートが持つのは不可能なのできっぱりと諦めて、デビットカードに狙いを変更しよう。デビットカードにもいろいろあって、審査があるところとか使える場が限られるものとかあるんで、なんでもいいというわけにはいかない。ほぼ無審査でたいていのネットショップで使えるとなれば、楽天VISAデビットカードジャパンネット銀行VISAデビットカードのどちらかということになる。(JCBでもいいんだけど、僕の経験上ではVISAの方が使える場所が多いような気がする)

まあ何と言っても、アマゾンで使えるというのが大きいですね。これでアマゾンにカード登録できさえすれば、たいていのものはクリックひとつで買えるようになるわけで。あと、Yahooウォレットに登録できれば、ヤフオクでも普通に買い物ができるようになる。僕が登録したのは大昔なので、楽天VISAデビットが通ったんだけど、その後ルールが変わってしばらくはYahooではデビットカードを受けつけなくしていたと思う。最近また使えるようになったという話もあるんだけど、カードによってはダメなものもあるというし、こればっかりは試してみないと分からない。

TSUTAYA DISCASは品揃えが凄い

さて、肝心のレンタルDVDですが、結論から言うと大手ではDMMとTSUTAYA DISCASでデビットカードが使えた。この二つに登録できるんなら、まずたいていの作品は借りられるわけで、問題は完全に解決したと言っていいだろう。もちろん、一ヶ月の無料お試し期間中に8枚借りて、それだけで退会すれば料金は一切かからないので(実験済み)、合計16枚がタダで借りられるとなると、普通の人は見たいものを見つくせるんじゃないかな。特にDMMはアダルトが充実しているんで、こっそり借りるには非常に重宝する。届いたものを家族が開けちゃったら困るけどね(笑)。

ついでに言うと、その他の有名どころでは、ゲオとぽすれんはデビットカードでは登録できなかった。銀行引き落としで借りることはできるみたいだけど、その場合は無料お試しが使えないので、無視した方が得策だろう。というか、DMMとTSUTAYAで借りられればもう十分って感じなので。

現在急成長中のhulu 

あと、このごろ話題になっているのが動画配信サイト。これはDVDみたいな現物のやりとりではなくて、月額千円とか払えばストリーミング動画が見放題というやつで、映画、ドラマ、アニメなんかいくらでも見られるのでなかなか便利である。もちろん原則はクレジットカード契約なんだが、デビットカードではどうかなあと思って、ひととおり試してみた。

ところが、こちらは大手どころはたいていダメでした。特に作品ラインナップが出揃っているのが、アマゾンプライムビデオ、U-NEXTという二大巨頭ですが、どちらもデビットカードは門前払い。ただ、huluは楽天VISAデビットが通った。huluは後発組で作品数もまだ多くないみたいだし、無料お試し期間が二週間しかないのがいまいちである。でも人気の海外ドラマとか有名どころのアニメや特撮ものはひととおりあるので、見たいものがある人は試してみるだけの価値はあるだろう。

それから、まだ新しめのサイトで先行きが見えない感じはあるが、フジテレビオンデマンド(FOD)も楽天VISAデビットで契約できた(Yahoo IDが必要)。これは当然ながらフジテレビ関連の動画を中心に配信しているので、見たい人は限られるかも知れない。それでも見逃した番組を自由に見られることと、無料お試し期間が31日間というのが高得点。これもやはり、無料期間中に見たいだけ見てさっさと退会するのが基本である。

 

フジテレビオンデマンドで見逃し番組も見放題