王貞治・沢村栄治 名選手の記録と記憶

先日の巨人戦の中継に王貞治が出ていて、756号の映像を流していた。あれは昭和52年(1977年)のことであって、僕はラジオで聴いていたと思う。

王貞治自身が「打ったあとバンザイをするのは珍しい」と言っていたが、その前年に後楽園でベーブ・ルースを破る715号を打ったとき、打球がポールを直撃した瞬間に両手を上げてジャンプした姿の方が印象的だったのである。実は、回顧番組やアニメで引用されるのは、この際の動作であることが多い。

僕は熱狂的というかキチガイの域にある昭和の巨人ファンなので、600号あたり以降の節目のホームランはだいたい生放送で見ていて覚えている。715号の時の山本和行、756号の鈴木康二朗は一流投手だが、700号の鵜沢、800号の大川(いずれも大洋)などは、ほぼこの1シーンだけで記録と記憶に残ってしまったようだ。

 

ところで、この王貞治の出演について、ネット上ではくだらん書き込みが相次いでいた。ようするに「昔の球場は狭かったからホームランが打てた」「昔の野球はレベルが低かった。そんなのは記録に値しない」といったことをほざく馬鹿が多かったのである。僕はこういう知ったふうなことをぬかすゆとりガキが大嫌いである。

球場が狭かったというのなら、他の選手に比べて王貞治の数字だけが突出しているのはどういうわけなのか。昔の野球のレベルが低かったと主張するのならば、現在の野球も数十年後の世界からみればレベルが低いということになろう。ということは、現在の選手の記録も語る価値がないものになりはしないだろうか。

およそスポーツというものは、その同時代に抜きん出ているという事実が全てであって、過去と現在を単純に比較しても何の意味もない。過去の記録をふまえた上に、現在があるのだ。大鵬の優勝32回という大記録があったからこそ、白鵬はそれを抜くことができたのである。

 

プロ野球の黎明期に沢村栄治という投手がいた。ゆとりのガキどもは「沢村といってもどうせ140キロそこそこしか出てなかった。今だと平凡な投手にすぎない」などとぬかすのだが、その時代に沢村が最も抜きん出て速かったという事実を完全に見落としているのだ。つまり、150という数字が連発される現代において、170とか180とかいった快速球を投げるほどのインパクトがあったということだ。(もっとも、僕は今のスピードガンの数値は水増しがひどいと思っているので、信用してないのだが)

例えば、100メートル走は100年かかって5%くらいしか記録が伸びていない。と考えると、18.44メートルのボール投げという単純な行為で、20年やそこいらで10%以上平均球速が速くなるのは奇妙なことだ。各時代における最速は、実はそれほどの違いがないのかも知れない。

沢村より少し後輩の別所、中尾といった人たちが、昭和30年代まで快速球で鳴らして大記録を樹立したことは、誰も否定できないことである。とすれば、彼らにとって神様みたいな存在の沢村は、やはりメチャクチャに速かったのではないだろうか。そういうこと以前に、元祖プロ野球である沢村栄治に敬意を払わないやつが、どういう気持ちで今のプロ野球を見ているのか、理解できないというのが率直な気持ちである。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

懐かしいプロ野球の球場…って昭和の話かよ

あとで読み返すと意味不明になってしまうので、あらかじめ書いておくと、いま現在プロ野球では巨人が低迷している。かく言う僕は筋金入りの狂信的な巨人ファンであって、V9も見ているし最下位も味わっているので、今さら何が起こっても驚くものではない。ひとつだけ感想を言っておくと、どういうチームを作るかという長期的な展望が全く欠けていたことは確かであろう。

川上監督時代のV9と、原監督による二度の三連覇は、メンバーを固定しての黄金時代という意味で似通っている。結局、圧倒的に強い時期が続くとレギュラーが全員30代になってしまい、若手は出場機会を奪われて育っておらず、反動で低迷期に入ってしまうのは仕方のないことなのだ。V9のあとにも中畑・原・江川・篠塚・山倉などの若い力が揃って、ようやく戦えるチームに再生したのである。

 

そういうことはともかく、以前はよく球場に足を運んで観戦したことを思い出す。といっても自律神経失調症で動けなくなる前の話。昭和バブルまっただなかの時代である。僕の住んでいたところから一番近い球場は、ロッテが本拠地にしていた川崎球場だった。有藤・落合・山本功児・村田兆治といったスター選手がいた頃で、いつ行ってもスタンドはガラガラなので、いい席でのんびりと観戦できる。

当時はパ・リーグの人気は全くなくて、汚い球場で怖い顔のおっさんたちがダラダラとプレイしているという、いかにもうらぶれた感じが逆によかった。川崎球場へは駅から盛り場の中を抜けて歩いて行くんだが、酔っ払いはたむろしているし、変な客引きにつかまるし、物騒で油断がならない。女子供が行くような場所でなかったことは間違いない。

 

それから、後楽園も月に何回かは行った。神保町で古本を探した帰りに、内野の安い券を買ってナイトゲームを見る。といっても巨人戦はとてもじゃないが席が取れないので、もっぱら日本ハムのパ・リーグ試合である。内野の自由席というのは二階席なんだが、一番前まで行くと一塁コーチャーのすぐ上くらいで見られるので、アングル的にはネット裏よりずっといいのだ。

後楽園といえば、当時のプロ野球の球場の中では唯一の明るい雰囲気を持ったところだった。外野のすぐ裏が遊園地なので、ちょっとお子様ランチ的なところはあるんだが、そのおもちゃ箱みたいな感じがよかった。電光掲示板や人工芝も、まだ日本では数少なかったという時代である。アニメの「侍ジャイアンツ」には、当時の後楽園のメジャーな雰囲気がよく出ていて、つい何度も見てしまうのだ。

そういう明るい後楽園だが、パ・リーグの普段の試合はやっぱりガラガラで、内野席から一塁走者に野次を飛ばしたら聞こえてしまって、中には言い返してくるやつがいた。現在の満員・盛況のパ・リーグからはちょっと考えられない話である。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ビデオテープをデジタル化する果てしのない作業

ビデオテープが世の主流派から去って既に久しいので、いまだにビデオにこだわってごそごそと活動している者は、少数派であると同時に高齢者ということが言えるのだろう。などと言いつつも、ベータマックスが僕のひとつの青春であったことは厳然たる事実で、ベータビデオをデジタル化するという、ただそのためだけに初めてPCを自作したのだ(十数年前の話である)。

その頃、PCでビデオキャプチャーというのはかなり画期的だったと思う。SONYのVAIOがキャプチャーボード装備を売りにして登場したのがこの時期だった。十何年たった今でも、ビデオ画像を取り込んでデジタル化という作業をやっている人間は、そう多くはないのかも知れない。そういう仕事を請け負う業者があるくらいだからな。

 

僕が何としてもデジタル化保存したかったのが、まず全日を中心としたプロレス中継の録画だった。それから、80年代に録画しまくった吹き替え版の洋画である。そのあたりを優先的に取り込んで、次にアニメのデジタル化に力を注いだのだが、たいていのアニメは十何年の間にどこかの局で再放送されるのだな。結局、作業のほとんどは無駄になってしまった。まあこれも教訓である。

とにかく、プロレスと洋画をデジタル化(主にDivX、のちXvidに移行)してDVD-Rに焼いたことで、当初の目的は達成されたことになる。といっても、十数年分だからこれが半端ではない枚数なんだが……。

作業が一段落したところで、僕のもうひとつの趣味である時代劇へと舞台は移っていった。これまた、BS放送がはじまってからは再放送が盛んになったので、直接録画するのとビデオテープから取り込むのと、同時進行で忙しいことこの上ない。気がつけば主だったタイトルのほとんどを全話デジタル化保存している始末で、これでは時代劇専門チャンネルに加入する意味があまりないようだ。現在は、最後の大物というべき「大江戸捜査網」の録画ビデオを取り込んでいるのだが、これが600話以上あるので毎日やっても二年近くかかってしまうのである。

 

ところで、現在ではPC上の動画といえばMP4が主流であるようだ。確かにAVIよりもMP4の方が画質がよく、僕も一時期はMP4に気持ちが傾いていたのだが、今はまたAVIコンテナのXvidに戻している。ひとつには、PCのトラブルからXPを使用するようになったのが大きな原因で、XPではクイックタイムの最新バージョンをインストールできないため、音声コーデックに制限がかかってしまうのだ。

VHSから取り込んだ動画は、どうしても輪郭にノイズが乗りやすく、またAVI独特のブロックノイズも、気になるといえばなるのだが……。MP4やWMVは全体をのっぺりした感じに仕上げるので、比較的ノイズが軽減されて見えるようだ。XvidはAVIコンテナのコーデックとしてはかなり優秀で、エンコード時間が圧倒的に速いのが長所である。VLCプレイヤーでノイズ除去フィルターをかけて見れば、MP4と区別がつかない仕上がりになるのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

FlatOutという名作だか馬鹿だか分からないゲーム

前回に続いて、洋物の変なレースゲームについてご紹介を続けましょー。「Fuel」には賛否両論あると思うのだが、箱庭ゲームの行き着いた世界として僕は評価している。箱庭にしてはあまりにも広すぎるし、基本的にやることは何もないゲームであって、想像力の世界に遊べない人には無価値な代物なんだが。

ここ数年、「Fuel」と並んでプレイしつづけている変な洋ゲーが、みなさんご存知……じゃなくてほとんど誰にも知られてない「FlatOut」である。これ、steamでは外人の間である程度の人気を得ているらしいのだが、日本での知名度は極めて低く、話題になるときには「究極のバカゲー」と言われるのがせいぜいという、かわいそうなくらい不遇な一作なのだ。しかし、実のところ非常に出来のいいレースゲームであって、やればやるほど面白さが身にしみてくる麻薬的なゲームなのである。(確かに、事故の際はドライバーが絶叫しながらすっとぶというおバカな側面はあるのだが)。

 

この「FlatOut」は、PC版の海外での好評に応えて、日本ではコナミからPS2版が発売された。ところが、そのタイトルがなんと「レーシングゲーム 注意!!!!」ときたもんだ。さすがにこれでは誰の目にも留まらないし、買おうという気にはならんだろう(だいたいFlatOutはどこへいった?)。われわれ、一部の隠れファンはこれでガックリきたのだが、そこへ登場した続編の「FlatOut2」が、またしてもすばらしい名作だった。この二作目も、われらがコナミは「がんばれ!とびだせ!レーシング!!」という見事な日本版タイトルをつけてくれた。おそらく頭から売る気がないのだろう。orz

タイトルはともかくとして、この二作目はレーシングゲームとしてのストイックな風味と、敵に体当たりを食らわして破壊するバカゲーの味とが絶妙にミックスされている。未経験の人には、このPS2版の第二作をお薦めしたい。何度でもプレイしたくなる麻薬的な味わいは、他に類を見ないものだ。

 

「FlatOut」については1と2でネタが出つくしているのだが、XboxとPCでは2をパワーアップしたリメイク版「FlatOut Ultimate Carnage」が登場した。2の要素は全て入っていて、さらにライバル車やグラフィックが増量しているので、PCでじっくりプレイしたい人にはこれが断然おすすめである。ただ、GFWLの紐つきゲームであるため、現在ではうまく起動できないという弊害が出ているようだ。このゲームはなぜかGFWLのオフラインアカウントを作れない仕様になっているらしい。僕は「Fuel」で作ったアカウントを流用しているが、これはあくまでパッケージ版の話で、steam版ではどうなるのかよく分からない。

ちなみに、その後に出た「FlatOut3」は本物のクソゲーで、steamの評価ではなんと23点がついていた(参考までに言うと、1は80点で2が79点)。さすがのコナミも3の日本版は出さなかったようである(笑)。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

広いにもほどがあるオープンワールドゲーム

OSをWindows XPに戻したので、以前にやっていたPCゲームを少しずつ再インストールしている。不具合が出たら嫌だなーと思いながら探り探りやっとるんだが、考えてみれば全部もともとXP用のゲームであって、7以降でプレイする方が無理があるのだ。今は「バーンアウト・パラダイス」「Flatout Ultimate Carnage」「Fuel」を入れて、かわるがわる遊んでいる。結局、2010年頃に出た変な洋物のレースゲームってことだな。

「バーンアウト・パラダイス」をプレイしたゆとりが「マップが狭い」とブログでほざいていたが、実のところ当時としては破格の広さと言っていいゲームだったのである。「スカイリム」と同じくらいの面積じゃないかな。もっとも、RPGは徒歩で移動するが、レースゲームではスーパーカーで時速200キロくらい出してぶっとばすので、その意味では確かに狭いのかも知れない。以前はオープンワールドというだけでびっくりしていたのが、この時期になるといかにゆったり・のんびりドライブできるかという話になってきて、ゲームの超大作化がはなはだしかった。オアフ島をまるごとゲーム世界にしてしまった「テストドライブ・アンリミテッド」は、その頂点という感じの一作だったのである。

 

そんなときに颯爽と(ウソです)登場してレースゲーム好きの度肝を抜いたのが、「Fuel」というゲームだった。これを頭からクソゲーと決めつける向きが多々あるが、僕は今もって「Fuel」のファンである。良くも悪くもこれぞ洋ゲーという感じの、なにもかも桁違いのスケールを持ったゲームであり、いわば「鳴らない大鐘」といったところか(ダメじゃん)。マップの広さは「テストドライブ・アンリミテッド」のざっと十倍、岩手県と同じ大きさだそうで、世界最大のマップを持つ家庭用ゲームとしてギネスブックから認定を受けたということだ。

一応、よくわからんレースが用意されていて、一位になれば車やコスチュームがアンロックされ、行ける区域が広がっていくという最低限のゲーム性はある。だがしかし、「Fuel」の存在意義はあくまで、無意味に広い大地を何も考えずに走りつづけるという、ほとんど虚無に近い無限のドライブにある。そこにはストーリーもなければ刺激もないので、そういうものを求めるゲーマーにとって「Fuel」は最低のクソゲーだろう。逆に、そういう意味のなさが面白いと感じる者にとっては最高のドライブゲームなのである。

あえて言うなら、「マッドマックス」の世界を一人で自由に走りまわるという趣きだろう。正直なところ、現在に至っても「Fuel」の代わりになるゲームは皆無なわけで、世界中に存在する一部の隠れファンは、今日も黙々とあてのないドライブを続けているのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ