日本の歴史4 平安京(中公文庫) 読書ノート

中公文庫の「日本の歴史」シリーズは、この種の全集本としては史上空前のベストセラーと言われている(といっても50万部くらいだが)。新シリーズの出た「世界の歴史」とは対照的に、こちらは昔のままの内容で最近も文庫の新装版が出るくらいで、まさに定番中の定番という感じだ。

僕にとっては何と言っても古い中公文庫版が懐かしく、高校時代には全巻揃えたかったのだが、数十年前の当時でも一冊六百円以上するのでとても買えなかった。今になって、中古で安く出回っているのを週一冊ペースで購入して喜んでいる。高校時代、土曜日の放課後になると漫画を買って帰りに読むのが楽しみだったのを思い出す。まったく、人生も高校時代からやり直すべきなのだろう。

 

さて、この巻ではいよいよ千年の都・平安京に遷都した。

いかにも華やかな印象のする平安時代だが、その初期はひたすらに暗い。まず中央の朝廷では、藤原氏の初期摂関政治が開始されようとしている。このやり口がすさまじく、政敵を陥れて左遷させるエピソードが連発される。罠にかかった側は、もはや絶対に言い逃れできないようで、しかも無実の罪であることが当時から見え見えなのが怖い。

地方では受領による収奪が過酷をきわめ、土豪や農民との間に対立が深まってゆく。農民側は税を逃れるために土地を貴族や寺社に寄進する。こうして班田収授法が崩れ、残った口分田に受領の締めつけがさらに厳しくなるという悪循環。

しかも、受領の尻をたたく中央貴族は、裏では地方農民から寄進を受けているのだ。さらには任期を終えた受領は地方に土着して有力な豪族となり、新しい受領と対立する側にまわる、というこの構図の奇怪さ、複雑さ。

 

ようするに、古代律令制が崩壊してにっちもさっちもいかなくなった時代であり、肝心の藤原氏の基本政策が「事なかれ主義」なんだから、これは読んでいて暗澹たる気分になる。

それでも、この一冊が圧倒的に面白くなっているのは、冒頭と終盤に痛快エピソードが描かれているためだ。

まずは東北の蝦夷を征伐した坂上田村麻呂の一席。この人はなかなか剛毅な武人であったようで、まるで古代神話の征伐エピソードがよみがえったような鮮やかさである。のちに坂上田村麻呂が老躯を引っさげて政権の中枢に座したことは、不安定な政界のひとつの重石になったのではなかろうか。

そして、終盤には平将門と藤原純友の乱が勃発する。僕の子供の頃には大河ドラマ「風と雲と虹と」でおなじみだった。やはりこのエピソードは圧倒的に面白く、古代の終末を飾る騒乱という感じがする。

 

摂関政治は藤原良房・基経父子が開始した、というのが教科書で習った事項である。というか学校ではそれしか習わないのだが、終始事なかれで自分の地位を固めることしか興味のなかった良房に比べると、基経はいろいろな専門家の意見を聞いて適格な手を打つことのできる、なかなかの切れ者だったようである。

引きこもり・ニートでも学歴をリセットすることは可能だ

日本では学歴で人間を判断することが多い。これは大変困った話で、僕は大学中退なので学歴としては高卒ということになって、それだけで馬鹿にされてしまう。

実際のところを言うと、僕は引きこもりの人にアドバイスしている関係から高校の学習内容に触れることが多くて、現在では趣味が受験勉強という感じになっている。今でも偏差値70以上は軽くあるわけで、こちらを馬鹿にしている連中とは学力では比較にならないのであるが、なにしろ卒業証書を持ってないのが弱みである。

 

どうしてもと言うのならば卒業しちゃえばいいのであって、余裕ができれば放送大学で単位を取ろうかと考えている。

放送大学は引きこもりの人や、社会人で学歴のない人には狙い目である。基本的に放送授業で単位が取れるし(試験は受けに行く必要があるけど)、各県の国立大学に支部が置かれているので、対面授業も比較的楽に受けられる。

また、学費の安さも魅力のひとつだろう。普通に大学に行くとなると年間に数十万から百万はかかるものが、放送大学は一年の履修科目に換算して17万くらいですむのだ。これは破格の安さと言っていい。ただ大学卒業資格のみを目指すのならば、放送大学はベストの選択なのではないだろうか。

 

中学・高校で引きこもりになった人や、高卒でもまだ若い人には、ある程度のレベル以上の大学を目指すことをお勧めしたい。やはり名のある大学を出ていた方が世の中では断然有利だからだ。

まず前提として中学校までの学習内容を完全に理解していることが必要だが、高校レベルではまっさらという状態でも、レベルの高い大学に入ることは不可能ではない。むしろ、高校で全然勉強してないという人の方が、虚心に理解できていいかも知れない。

狙い目は私立大学である。国立だとセンター試験があるのでひととおりの科目をこなす必要があるが、私立ならば科目数が少ないので的をしぼった勉強法ができる。例えば私立文系を目指すとするなら、おそらく国語・英語・社会(日本史か世界史)という受験科目になるだろう。受ける学校をしぼって集中的に勉強すれば、一年くらいで合格レベルに持っていける。

 

あなたが地方の高校生ならば、ここにひとつの落とし穴がある。それは学校の先生と親の存在である。

地方の大人というものは、基本的に受験に対する知識を欠いている。あなたが勉強して定期試験の成績が上昇してくると、「とりあえずビール」みたいにとりあえず地元国立大学を受験させようと画策するので、注意が必要だ。

もちろん、地元国立大学は学歴としては申し分なく、普通に勉強のできる子がきっちり三年間勉強していれば普通に合格できるだろう。だが引きこもり経験のある子には、同じようにはいかないのだ。決定的に時間が不足しており、センター試験・二次試験とそれぞれの科目をまんべんなくこなすのは難しいのである。結局は国立・私立ともにどっちつかずになってしまう公算が大きい。

地方の進学校に通っていて、最初から私立一本にしぼると宣言するのは、なかなか勇気のいることなのである。だが、そこはしっかり話をすることだ。六大学とか関西有名私大とかいった、レベルの高い大学を本気で目指しているのだとはっきり意思表示すれば、最終的には分かってもらえるだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

引きこもりが稼ぐための第一歩 自己アフィリの基本

当サイトのメインテーマはアフィリエイトであり、身動きできなくても自宅にいたままでも、ネットを使って稼ぐことができるのだ、というテクニックを伝授していくところにある。

アフィリエイトは基本的に初期投資が最小限ですむし、在庫を抱えなくていいので在宅には最高の稼ぎ方である。とはいっても、やはり最小限の資金は必要なわけで、そこで最初にやるべきは自己アフィリエイト(自己アフィリ)ということになる。

 

自己アフィリとは何か。アフィリエイトについて少しでも知っている人には説明無用なのだが、要するに自分で自分のバナーリンクを踏むことにより、キャッシュバックがもらえるという仕組みである。普通のバナーの場合は「自己アフィリ可」「自己アフィリ禁止」といった条項があるわけだが、A8netのように自己アフィリを積極的に奨励しているところもあり、これは使わない手はない。

というより、ネット上で何かを購入しようとする際には、反射的に自己アフィリが可能かどうかをまず確かめるのが、アフィリエイターの本能と言えるだろう。

例えば、僕がこのブログを運営しているレンタルサーバーも、A8netの自己アフィリ経由で契約しているので、料金の半分は返ってきている。

あるいは、先日、某通販サイトのDVDレンタルサービスというのに加入してみた。TVでよくやっている「ポストに返却」というあれである。これをポイントサイトを通じて申し込むと、初月無料で8枚借りられたうえに500円分のポイントがもらえた。これもまた一種の自己アフィリであろう。

 

この自己アフィリであるが、数年前までは銀行口座を開くだけで5000円がもらえたりするおいしい物件が多かった。だが最近では高額なものは姿を消しつつあるようだ。相変わらず好条件で残っているのはクレジットカードを作る案件だが、こちらは審査があるので引きこもりには無理である(笑)。

それでも、まだまだ無料入会や資料請求などで数百円から千円くらいのものは数多くあるので、一日で何万円かを稼ぐことはできる。それだけあれば、アフィリエイトの初期投資としては十分である。引きこもりでもネットを使ってお金を稼げるのだ、と実感できるだけでも大きい。

それから、初期のアフィリエイト資金を稼ぐ手だてとしては、家の中にあるいらないものを売り払うという手が考えられる。これは「せどり」という手法とも密接にからんでくるわけだが、そちらについてはまた別項で語ることにしよう。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材



●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

 

ベストプレープロ野球の季節!そんなものがあるのか

さて、今年もベストプレープロ野球の季節がやってきた。

といきなり言っても何のことやら分からんのだが、「ベストプレープロ野球」という野球シミュレーションゲームの話である。知らない人のために説明すると、12球団の選手データを入力して、リーグ戦の行方をただ見守る(監督として指揮を執ることもできる)という、非アクション野球ゲームがあって、毎年この時期になると新データ入力のために大忙しなのである。まさに引きこもりのためにあるようなゲームと言えるだろう(笑)。

 

僕が高校生くらいの頃にマイコンというものが出はじめた。したがって、世代的には筋金入りのPC少年だったわけだが、その当時はゲームに興味はなかったのである。

唯一、これはやりたいと思ったのがダビスタでおなじみの薗部さんが作ったという「ベストナインプロ野球」なるPCゲームだった。ところが、これはFM-7用のゲームだったので、他機種を使っている人間には手が出せない。

それからファミコンブームが到来したが、すでに大学生くらいになっている身としては、今さらスーパーマリオに熱中するというわけにもいくまい。というわけで、僕はファミコンの有名ゲームというものをほとんどやったことがない。

そんな時、あの「ベストナインプロ野球」が、ファミコン版の「ベストプレープロ野球」として装いも新たに登場したのだった。こっ、これは買うしかあるまい!こうして、待望のベスプレを手にした僕は、このゲームにどっぷりとハマッたまま数十年(笑)を過ごすことになるのだった。

 

bestplay1

これがファミコン版第一作の懐かしいパッケージ。地味なゲームだが口コミでかなりの評判を呼び、改めて新データ搭載版が出るまではずっと品薄状態だった。

 

このファミコン第一作は、試合スキップができない(全試合を観戦しないと先に進めない)という恐ろしい仕様だったものの、システム的にはのちのシリーズと同じものが、この段階ですでに提出されている。

ファミスタをはじめとしてファミコン野球ゲームは数々あったが、このベスプレは名前を入力しなおすことができる、という一点において画期的だった。つまり、他のゲームだと選手の実名が使えずにパロディ名になっているのだが、ベスプレなら自分で実名を打ち込むことが可能なのである。

 

そして、僕が完全に虜となったのは、続編の「ベストプレープロ野球2」であった。ここにおいて監督の思考ルーチンが実装され、球場も天然芝と人工芝を選ぶことができ、スキップ機能が備わることによってペナントレースを短時間でシミュレートすることが可能になった。唯一の難点は、容量の限界から1リーグしか扱えないことだった。それは大型カートリッジを採用した次作「ベストプレープロ野球スペシャル」で解消されることになる。

 

世界の歴史4・唐とインド(中公旧版) 読書ノート

中央公論社の「世界の歴史」(旧版)と「日本の歴史」を一冊ずつ交互に読むという一大プロジェクト(どこがだ)、順調に進んで歴史の第4巻「唐とインド」に突入した。

この巻を読んだ人の感想には「読みにくかった」「挫折しそうになった」というのが多いのだが、それも分からないでもない。著者の塚本善隆は中国史の第一人者であると同時に、本物のお坊さんでもある。文章が普通の学者先生とはやや違っているうえ、文語調の熟語を連発するので(内容からいって当然ではあるのだが)、とっつきにくさが生じてしまうのだろう。

冒頭の三国時代のエピソードはゲーム世代の日本人にはおなじみでいい感じなのだが、そのあとの五胡十六国と南北朝は、展開がめまぐるしいうえに斬った殺したの残虐エピソード満載で、はっきり言って無茶の極み。これでドン引き状態になったところに、難解なインド編・仏教編で追い討ちをかけられては、挫折する読者が続出するのも当然だろう。付録の小冊子の座談会で「隋・唐に入るとホッとする」という話が出たので笑ってしまった。

 

%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e6%ad%b4%e5%8f%b2%ef%bc%94

僕の青春そのものと言うべき(それほどでもない)中公文庫旧版。と言いつつ、今回読んだのは昭和36年刊行の全集本の方である。文庫は字が小さくて、ページ数の多い本を一気読みするのはきついのだ。単に年齢のせいとも言う(笑)。

 

 

もっとも、僕は仏教関係の話は嫌いではないし、ちょっと古風な塚本先生の語り口にもハマッたので、すいすいと楽しく読めてしまった。

インドには歴史がない(おいおい)と著者自身が語っているように、この段階では書くネタ自体がほとんどないのだ。だからこの辺は軽く流すという書き方もありだと思う。しかし、やはり仏教(さらにはヒンドゥー教)について語らなければ、一本筋の通った概説書にはならない。本職のお坊さんだけに、仏教話になると記述はノリノリ。さらに隋・唐時代の戦争エピソードに入ると、講談調の筆致が冴えてこれまたノリノリである。

読み終わってみて、五胡十六国と南北朝については相変わらずよく分からない(笑)。後半の唐の繁栄と没落が、やはり今回の圧巻である。インド史のスカスカ具合と、宗教話の詳細さによって、構成バランスが崩れてしまったことも確か。挫折しそうになったら、興味のない部分はすっとばすというのも手であろう。僕自身はこの巻が大好きなんだけど。