ひきこもり・ニートの大学受験!再挑戦のススメ

当サイトのひとつのテーマである勉強ネタなんだが、どうも引きこもりはあまり関係なく、いろんな層の人に読まれているようである。考えてみれば当然で、不登校などでまともに授業を受けてないから、改めて勉強しようとしても何から始めていいか分からない、という人を対象に書いているのだ。したがって、内容的には勉強し直したいという社会人や、現役の中高生にもしっかり当てはまると思っている。

特に、中学生や高校生の若い読者ちゃんで、自分では頭は悪くないつもりなのに今いち勉強が苦手……という人にはぜひ参考にしていただきたい。僕の紹介するやり方では、偏差値60前後までは無理なく上げることができる。これはセンター試験で九割くらい取れるレベルであって、普通の公立高校ならばかなり上位の成績と言ってよい。そこまでいければ周囲の見る目も変わってくるし、親からガタガタと説教されることもなくなるというものだ。

 

世間には学習塾というものがあって、親たちはこぞって子供を通わせようとするのだが、はっきり言っていく必要はない。どうせ学校の授業をもう一回繰り返すだけなので、時間の無駄である(同じことを二回聞いた方がいいという考え方もあるだろうが)。不登校経験者とか、勉強が苦手という人が即席で成績を上げようと考えるならば、無駄を省いて効率的にやるしかない。だから狙い目は、受験科目の少ない中堅以上の私立大学に絞るべきである。下手に塾なんかに行くと、やりたくない科目の授業まで受けさせられてしまって、全てが中途半端になってしまうのだ。

私立文系を目標とするならば、受験科目は基本的に国語・英語・地歴(社会)である。英語・地歴に小論文または面接というところもある。中堅校以上なら、地歴はたいてい世界史Bか日本史Bの選択だろう。と考えれば、何をやるべきかがはっきりしてくるわけである。国語の成績を急激に上げることは難しいので、まずやるべきことは英語と、世界史または日本史を固めることだ。この二科目が仕上がればなんとかなる。普通程度の頭脳と根気があれば、仕上げることは難しくないのだが、繰り返すけど普通の公立高校でこのレベルまでいく生徒は多くないのだ。逆に言えば容易に抜きん出ることができるわけだが。

 

勉強の仕方の一端は既に過去記事に書いているのだが、これからさらに詳しく解説していくつもりだ。参考書代はおそらく五千円くらいしかかからないだろうし、アマゾンで古いバージョンを集めれば1500円くらいですむだろう(セコいなあ)。ただし、魔法のように楽して成績が上がるわけはないので、一年とか二年とか、黙って毎日続ける根気が必要であることはあらかじめ言っておきたい。飯を食ったり歯を磨いたりするように、惰性でダラダラ続ければいいだけなのだが、こと勉強となると、これがなぜか難しいのだなあ。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

ブログ記事のネタを簡単に見つける方法

昨日は久しぶりに読書ネタを書いてみたのだが、案の定、閲覧者は通常の十分の一に落ちてしまった。自分で書いていて一番楽しいのが読書の話なんだけど、これが一番受けないのだから困ってしまう。まあ、ひきこもりの人に向けてアフィリエイトと大学受験を指南するのが主旨であるから、趣味系の話はあくまでアクセントであり気分転換であるということなんだが。

そこで、本題のブログアフィリエイトの話である。ブログの場合はとにかく記事を書くことが全てであって、それ以外のテクニック云々はあくまで薬味にすぎない。とにかく愚直に毎日記事を更新していけば、必ず固定読者がついてくるし強いブログに育っていくものだ(数年はかかるという覚悟が必要だけど)。

 

文章そのものは数多く書いていれば上達するし、テクニックを教えてくれる講座もある。ところが、それ以前に「記事ネタがない」「何を書いていいか分からない」という段階で悩んでいる人が多いらしいのだな。書くことがないから毎日更新することが難しい、あまり更新しないからブログが育っていかず、訪問者が増えず、やる気もなくなっていく。とまあ、これは誰もがたどる悪循環であって、それで結局はブログ自体を投げてしまうのもよくある話。僕もそういう経験を何度もやっているので、気持ちはわかるのだ。

アフィリエイトでいえば、初心者段階ではブログ記事として書くことがほとんどないのも確かである。なにしろ人に教えることがないんだからね。だから、あらかじめせどりとかヤフオクなんかで少しでも実績を作っておけば、記事のテーマをしぼりやすくなる。単に「ネットビジネス」といえば漠然としすぎていて、ネタを探そうにも砂漠の中をあてもなく歩く感じになってしまう。これではなかなか記事としてまとまってこないだろう。

この場合のコツは、テーマを順番に小さくしぼっていくことだ。ネットビジネス→せどり→ゲームせどり→売れ線のゲームは何か→ドラクエとFFならどっちが高く売れるか……という具合に、テーマをしぼっていけば内容がだんだん具体的になってきて、記事として構成しやすくなる。この具体的であるということと、自分の経験を書くということが非常に大事。第三者に発注した出来合いの記事には、ありきたりの抽象的な内容のものが多い。そんなのは何の説得力もないし、誰も読みたいとは思わないものだ。

 

ひとつの定石として、書くことがなければマインド関係の話を書け、とよく言われる。つまり、モチベーションの維持とか、やる気の出し方といった精神論の記事を書け、ということだ。これは確かにひとつの手ではあるんだが、実績のないやつに「毎日努力しましょう」なんて言われても、読んだ側としては「おまえモナ」という感想を抱くのが関の山であって、なかなか難しいのだ。

この場合のコツも、やはり具体性を加味することである。自分が過去にどれだけダメだったかというのを、具体例を挙げて示せば「経験者は語る」という感じになって、面白い記事が書けるだろう。つまりは自虐ネタだな。これのいいところは、ダメ人間であればあるほどネタが無限に出てきて、ダメ人間転じて記事ネタの宝庫となる点である。わが身を切ってネタを案出するのだから、かなりの覚悟が必要ではあるが、ひきこもりや貧乏をテーマにするならば当然、自虐ネタはメインとなるだろう。(自虐で記事を書けという講座は、ちょっとないと思うけどね)

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

若者の活字離れに挑戦する!(若者じゃねーよ)

新聞によりますと、このごろは大学生の四割が全く本を読まないそうで、読書星人の僕としてはびっくり仰天してしまう。とはいえ大学生にもいろいろあるだろうから、平均すればそんなものなのかも知れない。

かく言う僕も、寄る年波で目が見えなくなってきて、「世界の歴史」でいえば全集本はいいけど文庫版は辛いという感じで、若者の活字離れが進行していたのである(だから若者じゃないって)。しかし、目のピントを合わせる機能も要するに筋肉の力であろう。ということは、鍛えればある程度は維持できるだろうと思って、文庫本を距離を遠ざけたりせずに強引に読み続けていたところ、またなんとなく見えるようになってきた(笑)。みんな老眼鏡なんかかけるから、却って老眼が進行するのではないか? いずれにしても若者の問題とはいい難いんだが……。

 

過去記事にもいろいろ書いたけど、ここ20年ほどは、ひどい境遇からの現実逃避でSFとミステリばかり読んでいた。どこで人生の分岐点を間違えたのだろうと思い、自分の読書遍歴をさかのぼってみると、高校から大学にかけてはドストエフスキー、トーマス・マン、プルーストといったところを読んでいたのだな。そのあたりから人生をやり直す必要がある、と思ったので、早川や創元の文庫は順番に自炊して廃棄。空いた本棚に前述の作家たちにくわえ、アレクサンドル・デュマ、ディケンズなどの長編作品を並べることにした。どうやら人生をさかのぼりすぎて、19世紀までさかのぼってしまったようである。

というわけで、いま現在は「モンテ・クリスト伯」と「オリバー・ツイスト」を並行で読んでいるのだが、この辺の長編は長いこと楽しめるのがいいところだ。……と思っていたのだけど、SFやミステリといった娯楽作品を読み飛ばすのに慣れすぎてしまって、つい物凄いスピードで読んでしまうのだ。アマゾンで1円(送料257円)で買って、さあ当分堪能できるぞ!と思ったら、あっという間に五分の一くらい読んでしまっていて、「貴重な長編が……」とがっくりくるのだった。別にがっくりしなくてもいいんだけどね。

 

人生をもっとさかのぼれば、僕は幼稚園児の頃から病的な本好きだったのである。ゴミ捨て場に本が捨ててあれば座り込んで夜まで読み続けるという、町内でも有名なキチガイだった。学校ではずっといじめに遭っていて、僕の存在そのものが悪とされていたので、うちの学校では読書といえば「一番やってはいけないこと」と見なされていた。読書感想文の宿題が出ると、全員が原稿用紙五枚中四枚以上を費やして、自分がいかに本を読まない善良な人間であるかを競ってアピールするという、馬鹿の極みのような現象が起きる(これが中学校三年生のレベルなんだから恐ろしいよね)。

その種の馬鹿な話でいえば、僕のいとこが全く本を読まないで「ドラえもん」ばかり読んでいた。親戚のおっさんどもはそれを僕のことだと思い込んでいて、つい最近まで「おいドラえもん、おまえ全然本を読まない馬鹿なんだってな、このバーカ」などとほざいていたのである。読書ひとつをとっても、世の中は理不尽なことばかりである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

ブログが続かない人への処方箋

ブログアフィリエイトの話をしている以上、とにかくブログを作らないことには物事が前へ進まない。ブログを作るというのは、ようするに記事を書くということである。はっきり言って、ブログにおいては記事を書くことが95%以上を占めるのだが、どうもこのことが一番おろそかになっているようだ。テンプレート、画像の貼り方、見てくれの向上にはみんな気を遣うのに、肝心の記事はといえば他人に発注したり雛形をそのまま流用したりで、一体何がやりたいんだ?と言いたくなってくる。

もちろん、その気持ちは痛いほど分かるのだな。記事のネタは簡単には見つからないし、書くのは非常にきつい。しかも、いくら書いても閲覧者は増えないので、大部分の人が三ヶ月ともたないで撤退してしまうのだ。僕自身、ブログを立ち上げては潰すという経験を数え切れないくらいやっている。誰も読んでないブログに黙々と記事を書き続けるのは、どう考えても馬鹿馬鹿しいですよね(このブログにもその傾向はあるのだが……)。

 

ところで、当サイトはレンタルサーバーを借りてワードプレスで作っている。サーバー代は高いものではなく、僕はこれをポイントサイトで稼いだお金で、自己アフィリを使って支払っているので、実質はタダというか、いくらか黒字になっているというのも変な話である。無料ブログもいいんだけど、ときどき意味の分からないアカウント凍結騒ぎがあるから使いたくないのだ。また、このごろは言葉狩りがひどくなってきて、NGに指定されている言葉を打ち込むと、記事の投稿ができなくなったりする(特にFC2)。

本格的にアフィリエイトをやるとなれば、レンタルサーバーを借りるのは基本なんだが、この場合は特にモチベーションの維持が難しくなる。というのも、無料ブログのようなポータルサイトがないから、記事を投稿すればとりあえず何人か読みにくる、ということが一切ないのだ。つまり、ブログを立ち上げた当初はどこにも繋がってない離れ小島なわけで、このままいくら記事を書いても、永久に訪問者はゼロのままなのである(経験あり)。

自力でいろいろなところと強引にリンクして、さらに必死で半年くらい記事を書き続ければ、ようやく何人か固定読者がついてくる、という感じである。これはちょっとやそっとの覚悟で継続できるものではない。それもお金を払ってこの苦行をやるというのは、感覚的には罰ゲームに近いだろう。ブログアフィリエイトを馬鹿にするやつは、半年以上にわたる無駄な作業(?)をいつも指摘するのだ。

 

もちろん、この無駄な時期を通り過ぎなければ、ブログは育ってこないのである。僕は無料ブログのbloggerで、英語のプロレスブログを作っていたのだが、これがいい気分転換になって続けられたような気がする。bloggerはgoogleが運営しているから、ポータルサイトはなくても検索には載りやすい。訪問者は微々たるものだが、だんだんいろんな国の外人が見に来るようになって、気がついたら南極大陸以外のほとんどの国から閲覧者が来ていたのである(中東やアフリカのやつが日本のプロレスに興味があるのか?という疑問は湧くのだが)。

モチベーションなどと難しいことを言わなくても、作業の中に面白さや楽しみを見つけることができれば、苦行も苦行ではなくなるのである。訪問者がいないからといって、ブログをやめてしまっては、何もかもが終わってゼロになってしまう。まずは、最初の利益が上がるまでは何も考えずに続けてみることだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

アフィリエイトブログ記事はただ書けばいいものではない

ひきこもりの人に適したネットビジネスとして、僕としてはブログアフィリエイトを奨励している。これはブログ記事を書いて読者を集めればいいだけだから、作業としては一番簡単であると言いたいところなのだが……いろいろ話を聞いていると、記事が書けないという悩みを持っている諸君が多いのだな。

これは考えてみれば当然の話であって、お金を稼ごうとする以上はいわば「プロ」である。素人がいきなりプロの仕事をしようというのだから、すいすい出来る方がどうかしている。また、もともと文章を書くのが好きでたまらないという奇特な人間は、まあ滅多にいるものではないだろう(僕がその奇特な珍獣なのだが)。というわけで、記事を自在に書けるようになるためには、半年から一年くらいの訓練というか、かなり意識しての習慣づけが必要なのは確かである。

 

それとは別に、どういうノリでブログ記事を書くか、というのも難しい問題なのだ。アフィリエイト教材を読むと、「日記を書くのはタブーである」と書いてある。これはどういうことかというと、読者は情報を求めてサイトを見に来るのであって、誰だかわからないやつの日常生活など読みたくもなければ知りたくもない、ということなのである。

それはそうなのだが、逆に情報だけを箇条書きにした無味乾燥な記事というのも、読んでいて腹が立ってくるわけだな。何かを調べようとして検索でたどりついたサイトに、そういうのが非常に多い。これは完全に広告を踏ませることを目的とした記事であり、手馴れたやつは下請けに発注して、全然関係ない第三者に記事を書かせている。これではサイト運営者の顔や個性が出てこなくなるのは当たり前であり、読んでいて面白くもなんともないのだ

 

ブログというのは建前としては日記であるから、やはり筆者の個性とか考え方が出てこなければ、読んでいて興味を抱くことができない。むしろ、ある程度自分というものを前面に出すことで、共感する固定読者やファンを増やしていき、「この筆者の言うことなら信用できるだろう」という印象を抱かせて商品を買ってもらうという流れが、ブログアフィリエイトの自然な形だと思うわけである。とってつけたような無味乾燥な記事や、他人に発注した出来合いの記事では、この方法は無理なのだ。(もちろん、集客だけを目的にしたサイトでは、記事の発注は当然なのだが)

しかし内容的にいえば、単なる日記を書くのはタブーである、というのは本当だろう。読者が読みたいであろう情報をメイン・テーマとしつつ、筆者の個性を出しながらある程度のボリュームのある記事を構成しなくてはならない。一朝一夕で記事が書けるようになるものではない、というのも頷けるところだ。そのあたりが、読書をし勉強をして知的レベルを上げよう、という当サイトの主旨とリンクするのである。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ