数学必勝法!ひきこもりニート落ちこぼれが100点取る方法

うちの親戚の子が高校生でなかなか優秀なんだが、数学が苦手だという。勉強の仕方を教えてやると言ったところ、僕のような馬鹿に教わりたくないそうだ。素直に人の言うことを聞いておけばいいものを、千載一遇のチャンスを逃すとはまさにこのことだろう。

それはともかく、夏休みなので課外授業とか予備校の夏期講習とか、みんないろいろ大変なんだろうけど、まあ全部時間とお金の無駄だからね(笑)。どうせ授業でやったことの繰り返しであって、教科書の内容については詳しく教えてくれるんだが、試験勉強のやり方、点の取り方は教えてくれないのだなあ。

はっきり言って、試験とは「分かる」「分からない」という問題ではないのだ。授業の段階で分かっているのは当たり前でありまして、試験に臨んではシビアに点を取ることが全て。それなのに、試験勉強にあたって今さら分かるとか分からないとか、関係ないことをやっとるから成績が上がらないのである。

 

特に、数学は一番点数が取りやすい科目であり、定期試験とかセンター試験では満点を狙えるボーナスステージなのだ。それを苦手意識と見当違いな勉強法で棒に振っているやつが多いので、見ていてイライラしてくるわけである。あー、ひとつ言っておくけど、僕が教えるのは文系に必要な数学Ⅰの、定期試験とセンター試験の得点の仕方に限るからね。理系の難しい問題は、今の俺にはもう解けん(笑)。

定期試験で言えば、試験範囲はせいぜい教科書15ページから20ページくらいのものであって、分量的には全くたいしたことがない。だから、一週間もあれば誰でも満点取れるレベルまで仕上げることができる。ただ、みんなやり方を間違っとるのだ。

 

まず、教科書を開くと「例題」というのが出ている。ここには詳しく解き方が載っているので、これを見ながら最後まで解く。そして、たいていのやつは「よし、分かった!」とばかりに次の例題に移ってしまうわけである。

中学校の勉強では、これでよかったのである。簡単だから一回見れば覚えられるし、試験に臨んでは思い出しながら解答しても十分に正解できるのであった。しかし、高校では内容が難しくて完全には覚え切れないのだ。次の例題を見ているうちに、さっきの例題を半分くらい忘れてしまう。試験で思い出しながら解答したのでは、時間切れになってしまうのである。分かっているのに点数が上がらない、という悩みを持つ生徒は、時間が足りなくて書き切れない場合が多いのだ。

 

ではどうすればいいかといえば、例題の下に同じ問題がいくつか並んでいる。それから、学校で使っている問題集を開くと、やはり同系統の問題が十個とか十五個とか載っているだろう。例題に続いて、それらの問題を一気に全部解くのである。

同じことを十回も二十回もやるのだから、これは馬鹿でもチ○ンでも覚えてしまうだろう。おそらく、最後の方は鼻歌でも歌いながら、凄いスピードで無意識のうちに解けるレベルになっているはずだ。つまり、問題を見た瞬間に答えが頭に浮かんで、あとは機械的にシャーペンを走らせて、頭の中の解答を書き写すだけ。全ての例題に関して、このレベルまでやればよい。要するに反復練習であり、数学の千本ノックだな。

分かっているのに点数が取れないという人は、単純に稽古が足りてないのである。中学校の時に成績が良かったという子に限って、この落とし穴に落ちることが多い。ちょっとしたきっかけで甘さを払拭すれば、成績はぐっとアップするし、数学はそのための一番手っとり早い科目だと思うのだね。

 




ひきこもり ブログランキングへ

ひきこもりの受験!志望校選びに注意するポイント

そろそろ夏休みなので、高校生や予備校生のお友達向けに、勉強ネタの記事を強化していきたいと思ったのである。

といっても僕が受験生だったのは数十年前の話で、今よりはずいぶん子供の数が多くて、受験界も混沌としていた。共通一次試験が軌道に乗ってきた頃の話である。地方国立大学よりも、名の通った私立の方がずっと難しいという状況が、ちょうど定着した時期だったと思うのだ。しかし周囲の大人は状況の変化についていけないもんだから、話がややっこしくなるのだった。

 

例えば、僕は某私立大学中退なのだが、偏差値でいえば70は超えている。なのに、いまだに親からは「おまえは○○大(地元国立大学)にも入れなくて、よりにもよって私立に行った」などと怒られているのだ。どうにも理不尽なのだけど、その辺が周囲の大人の認識であって、それは今もあまり変わっていないのである。

地方の普通の進学校とか、あるいは予備校に行っている生徒で、ちょっと成績のいい子は自動的に地元国立大学志望ということにされてしまうのではないかと思う。国立大が悪いとは全く思わないし、地方大学ならそんなに難しくもないわけだが、それでもセンター試験で五教科七科目を受けなくてはならない。それを目指して三年間きっちりやるんならいいけど、泥縄式の促成栽培で国立志望というのは、やはり相当無理があるのだ。

ちょうど今くらいの時期から、潔く私立志望に切り替えるとかなり楽になるし、レベルの高い大学を狙えるのに、親や教師に話が通じない場合が多い。これは地方の受験生特有のハンデではないかと思うのだな。

 

実際問題、僕が受験したところ(某私大の文学部)は、前年まで国語・英語・社会(世界史か日本史)の三科目だった。僕が受けた年は国語がなくなって、代わりに小論文が加わったので、実質的には英語と社会の二科目になったのである。いわゆる難関大学なのでギリギリの勝負になるわけだから、二科目に専念しないといけないんだが、親や教師はこの期に及んでも「地元国立大の方が上」という認識なんだから、泣きたくなってしまう。

偏差値70以上を例に上げなくても、いわゆるMARCHで偏差値60から63くらいのレベルだろう。一応説明しておくと、MARCHとは明治・青山・立教・中央・法政といった、中堅上位の有名校である。これに学習院を加えてGMARCHなんて言いますな。関西では関関同立がこのレベルに当たるでしょー。とにかく、普通の地方国立大で偏差値60以上ということはあまりないので、単純な難しさでいえば有名私立の方が上なのである。そして、私立はたいてい三科目での受験になるので、得意科目が受験科目である有名私大を目指さない手はないのだ。

 

今もって、地方公立高校などでは「地元国立が第一、私大は滑り止め」という認識から抜け切っていないのである。だから、成績のいい子は当然のように五教科七科目を押しつけられ、結果的に国立・私立ともにどっちつかずの勉強になってしまう、という場合が多い。

受験生のお友達は、情報弱者の大人に振り回されないで、しっかり志望校選びをしてほしいのである。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

いじめ問題の対処法 自分を変え関係を変えて倍返し!

夏休みは学校に行かなくていいのだが、当然ながら夏休みが終わるとまた登校しなくてはいけない。僕はバイキン扱いされていたので、夏休み明けにグループ分けとか席替えがあると、バイキンの引き取り手がなくてひと悶着起きてしまう。というか、二学期初日は、僕の近くの席に座らないためのジャンケン大会で一日終わってしまうのだった。

親からはいつも「上の学校に上がればいじめはなくなるから、今は我慢して登校しろ」と言われていた。しかし、いじめはなくなるどころかエスカレートして、なんと大学に入ってもまだいじめに遭っていたのである。結局、どこにでも声が大きいだけのボスみたいなのがいて、その取り巻きが数人おり、その他大勢は言いなりになって流されるということらしい。

 

もっとも、大学生になる頃には、僕はかなり屈強で気が強くなっていた。相当に頭がおかしくなっていたと言ってもよく、馬鹿なやつらとやり合うために登校しているようなものだった(それが馬鹿らしくなったのが、大学をやめた一因であったようだ)。

毎日、ノートを隠されたり、鍵をかけられて教室に入れなかったり、小学生なみの嫌がらせを受けつづけていたのだが、これに対処するコツは、その場で倍返しすることだと悟った。講義中に立ち上がって、馬鹿の教科書をビリビリに破いたり、背中にペットボトルを逆さまに突っ込んだりして、律儀に反撃していたら確かにいじめはなくなったのである。そのかわり、誰も僕に話しかける者はなく、教室では一人だけ離れた席に遠巻きにされて座ることになったのだが。

 

とはいっても、中学校くらいの年齢で、その場で倍返しというのは難しいだろうと思うのだ。相手は馬鹿な上に声が大きく、いじめに遭う側はおとなしい場合が多いからね。といって、誰が助けてくれるわけでもないので、自分で身を守る方法を考えなくてはいけない。

まずひとつの手としては、成績抜群になること。これは僕自身、成績抜群だったから経験上よくわかる。これでいじめがなくなるわけではないが、少なくとも成績に関しては誰もが尊敬するようになるので、暴力を受けることはなくなるだろう。そのかわり、嫉妬から悪口を言われることは多くなってしまうが、まあ図式としては完全に「負け犬の遠吠え」である。

 

暴力を受けているというお友達は、身体を鍛えるというのが有効な手である。十代ならばちょっと筋トレをやれば筋骨隆々になるので、そういう屈強な者を相手に手出しするやつは、まず皆無と言っていい。近くに公共のスポーツ施設とか町道場があれば、柔道をやるのもいい方法である。初段くらいになれば、相手のガキの動きなどはスローモーションに見えるので、腹が立ったらちょっと腕をねじり上げて、軽く痛めつけてやれば、あとは静かになるだろう。

いじめに関しては、誰か他人に頼るという気持ちは一切捨てることだ。絶対に誰も助けてはくれないし、教師は自分の保身以外のことは何も考えていない。違法なことや理屈に合わないことが平気で通用するのが、学校という場所なのである。そこで身を守るためには、馬鹿なやつらを上回るエネルギーを持って戦う以外にないのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

落ちこぼれ脱出高校講座 勉強のできる子に変身しよう

世間の学校では、ちょうど期末試験が終わった頃で、そろそろ夏休みが近づいてきたという感じだろう。と書いた瞬間、僕の母校は野球の県予選で初戦敗退してしまった。うちはそんなに弱い学校ではなくて、数十年前には甲子園に出たし、最近も十年に一回くらいは決勝までいってるんだけどね……。

それはともかく、当サイトの勉強ネタは中高生のお友達が読んでくれているようだし、夏休みってことで簡単に成績を上げて、勉強のできる子に一躍変身を遂げる方法について考えてみよう。もちろん、大人の人が改めて勉強しようという場合にも、十分に参考になる話だと思うので。予備校や塾の夏期講習もいいけど、それについていけないレベルの人がどうすればいいかという部分を、裏技的に解説してみたい。

 

学校の授業についていけないレベルのお友達が、漫然と塾で授業を受けても、これはあまり意味がないのだな。塾というのは授業をもう一度繰り返すだけなんで、一回聞いて分からん者が二回聞いても、やはり理解できないだろう。もっと根本的なところから改革しないといけない。

特に、キーポイントになる科目ってものがあるから、そこを集中的にやってとりあえず得点できる形を作るのが先決だ。文系なら英語と地歴(日本史か世界史)だし、理系の人ならまずは英語と数学だろう。この辺を、定期試験で言えばコンスタントに70点台から80点くらい取れるようになれば、周囲から勉強ができないやつだとは言われなくなると思うのだね。私立文系ならば英語と地歴(一科目)だけできれば大学には受かるんだから、極端なことを言えば理科なんて単位さえ取ればそれでいい。地歴でも地理はおそらく受験に関係ないので、別に無視してもいいのである。

 

あなたが授業についていけないくらいの、いわゆる落ちこぼれ状態であるなら、一番初歩的な参考書をとりあえず最初から最後まで読むことを目標にしてみよう。それだけでもかなり違ってくる。つまみ食いみたいに英単語をちょこっとやったり、教科書を広げて数学を一問二問解いてみたり、形だけ勉強しているような格好をするのが最もよくない。高校一年の英語が分からなければ、中学校の英語を勉強するべし。中学英語が完璧に理解できていれば、高校の授業についていけないということはあり得ない。

と言いつつ、英語と数学に関しては、定期試験で点を取るのは、コツを知っていれば実はとても簡単なんだよね。そのあたりはぜひ過去記事を見てもらいたい。インスタントなやり方だけど、機械的作業だけで80点以上取れることは請け合いである。

 

原則論で言えば、付け焼刃の勉強というのはよくないものだ。基本的には、一冊の参考書を毎日10ページ、20ページくらいずつ読んで、最後までペースを守って読みきることが大事。そして二回、三回と繰り返し読んでいくうちに、だんだん知識が厚みを増していく、というのが王道のやり方なのである。初歩的な参考書でも、そうやって一冊仕上げればもう苦手科目ではなくなっているだろう。

基本の勉強法はそうなんだけど、定期試験ではそんな悠長なことは言っていられないよね。こちらはインスタントでも付け焼刃でもいいから、点を取ることが全て。逆に言うと、試験に臨んだ段階で分かるも分からないもないのだ。全然分かってなくても、丸暗記して点数さえ取れればこっちの勝ちなのである。いわゆる勉強のできない子は、この期に及んで分かるとか分からないとか、余計なことにエネルギーを費やしている場合が多いのだな。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

レコードとカセットテープの人気再燃!昭和歌謡曲の時代を思い出せ

アフィリエイトか勉強ネタで内容の濃い記事を書こうと、昨日から頭をひねっていたのだが、あまりの暑さで脳が溶けそうなんで、当分はアイスを食いつつ趣味系の話に逃避することにした。まあ何を書こうと、ひきこもり・ニートというテーマからそれることはないのだが……。

 

なんでも、このごろはレコードやカセットテープの人気が再燃しているという。ちょっと前までは、テレビ番組でそういうものを出してきて、ゆとりガキが「そんなの見たことなーい」などとほざくのがお約束の流れになっており、おっさんを馬鹿にするネタに使われていたものだが、世の中わからんものだ。

僕は昭和の化石そのものの人間なので、当然ながらレコードにもカセットテープにも思い入れは深い。というかCDにはいまもってなじめないし、MDプレーヤーは遂に買うことがなかったし、今の携帯プレーヤーももちろん使っていない。パソコンではMP3とかWMAを聞いてはいるが、それもレコードやテープを取り込んだものである。昭和以降ずっとアナログなのであって、今さらアナログブーム再燃と言われてもリンダ困っちゃうのである。ていうか、俺の部屋の大部分を占めるのがVHS、ベータ、レコード、カセットの山であり、デジタル製品はほとんどないのだ。

 

70年代にラジカセが登場して、ラジオ番組を録音する「エアチェック」なる行為が流行したことは記憶に新しいところだ(そうかー?)。NHK-FMで「ひるの歌謡曲」という番組があって、これは人気歌手の代表曲を十曲くらい流してくれるので、非常に重宝していた。FMはステレオ放送だし、イントロに声をかぶせることなくノーカットで流してくれるので、この番組をエアチェックすれば、レコードを買う必要がほとんどないのだ。僕はこれを十数年間にわたって録音しつづけ、そのテープの多くが今も残っている。

松田聖子、中森明菜といったアイドル(俺と同世代である)のヒット曲は、まだレコードだったという印象が強い。WinkになるともうCDの時代だろう。だから、僕の中では一番新しい歌手がWinkであって、それ以降は全部「最近のやつら」という分類である。個々の曲については全く知らん。典型的な時代遅れのおっさんというやつであろう。

 

カセットテープで思い出したが、昔はオープンリールのテープレコーダーというのがあった。「特捜最前線」の刑事部屋に置いてあるやつだ。映画「天国と地獄」で、犯人(山崎努)からの電話を録音するシーンが印象的で、それから刑事ドラマに欠かせない小道具になったようである。

多分このごろのゆとりガキだと思うが、オープンリールってものを知らないで「刑事ドラマに出てくる逆探知装置はデタラメである」などと、ドヤ顔でネット上に書いているやつが多い。だから、ドラマに出てくるあれはテープレコーダーであって、逆探知は業者に電話してやってもらってんだろうが。暑いからどうでもいいことに腹立ってきたな(笑)。

 

お得なDVDレンタル


ひきこもり ブログランキングへ