ひきこもり・落ちこぼれが英語を得意科目にする方法

ひきこもり・ニート経験者で大学受験に挑戦しようと思っている人、あるいは今まさに現役中高生で、勉強法に悩んでいる人、いずれにしても勉強する上で最も苦労し、肝になる科目といえばやはり英語ですよね。英語が苦手という段階を通り越して、何をどうすればいいのか途方にくれているお友達も多いことと思うのである。そこで今回は、夏休み特別編の一つとして、英語を一転して得意科目にするテクニックをご紹介しよう。

特に高校生の諸君は、定期試験で平均点も取れずに困っているという人が多いようだ。ましてやひきこもりを経験したら、授業についていくのも難しいよね。それが突然、試験で80点とか90点とか取れるようになったら、これは人生バラ色というべきだろう。とても無理だと思うかも知れないが、ちょっとした要領だけで可能なのである。

 

高校で言えば、学校によって違うだろうがおそらく、昔のリーダーに当たる英文読解の授業と、文法や英作文をやる授業の二本立てが主流ではないかと思う。後者の方(仮に英文法としよう)は特に点を取るのが簡単で、一日の試験勉強だけで軽く80点は取れるのだ。なぜなら、この科目は教科書に出ている例文をそのまま出題する以外に問題の作りようがないからであって、試験範囲に出てくる短文(せいぜい20個くらい)を機械的に丸暗記すれば嫌でも正解してしまう。

ところが、英語の苦手な子に限って、この一番簡単なやり方をやらないのだなあ。試験の前日だというのに、まだ教科書の説明文を読んでは「分からない」と頭をひねっているのだ。こういうのを要領が悪いというのである。

分かる分からないは予習とか授業の段階での話であって、試験に臨んでは覚えるべきことを覚えることが全て。分からなくても丸暗記してそのまま解答すればこっちの勝ちなのだ。

 

英文法に比べると、リーダーは少し話が厄介である。これは出題範囲が10ページとかになるので、教科書を丸暗記するのは難しいですね。でも試験問題は「この英文を日本語訳しなさい」というのが60%くらいで、あとは「単語の意味を書きなさい」が20%、章の最後に出ている重要構文と簡単な問題が20%といった配分になると思う。後者二つは丸暗記しておけば40点確保できるよね。日本語訳は、普通に予習をやっている生徒なら問題なくやれるんだが、授業についていけないお友達にはこれがなかなか難しい。

一番簡単なやり方は、教科書ガイドに載っている日本語訳を丸暗記することだ(笑)。英語の勉強で日本語訳を丸暗記なんてのは邪道の極みだと思うけど、覚えたまま書き写せば正解なんだから、やらない手はないだろう。もちろん、英語の学力がついたわけでは全くないのだが、これだけで簡単に80点くらい取れちゃうので、周囲からは「英語が得意なやつ」と見なされるようになるだろう。

 

要するに、高校の定期試験では要領だけで好成績が取れてしまうということだ。若くて記憶力がいいんだから、覚えるべきことを覚えてそのまま書けばいいという話。英語が苦手だという人は、試験前になって分かるとか分からないとか、見当違いのことでエネルギーを浪費しているのである。

今日は高校生向けの話になったので、社会人の人が英語を得意にする話はまた今度やります。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

いじめに積極的に対抗する戦略 事なかれ主義と泣き寝入りを打破しよう

ひきこもり・ニートの人に向けたブログである以上、読者のお友達の中にはいじめを経験した人が少なくないことと思う。と言っている僕自身、成績抜群で顔が美しいという生まれつきが災いして、小さい頃からずっといじめに遭っていた。中学校でそれが極限に達して、地元の不文律を破って高校を越境入学するに至った話は、過去記事に書いたところである。

いじめに対するひとつの対処法として、先生とか大人に相談するという手があるよね。というか世間的にはそれしかないことになっているわけだが、これが一番あてにならないのだから困ってしまうのだ。教師は事なかれ主義の権化であって、その場における自分の保身以外のことは何も考えてない。僕は中学の時、担任教師から「みんなに土下座して仲間に入れてもらいなさい」とアドバイスされ、それ以来、学校とか教師とかいったものを一切相手にしないことを決意したのである。

 

僕の考えでは、誰かに窮状を訴えて守ってもらおうというのは、消極的な姿勢だと思うのだ。映画「七人の侍」でいえば百姓の立場であって、自力で何もできないというのでは面白くない。そこで、発想を変えて積極的に対処しようというのが、いわば当サイトのテーマであり、それはひきこもりやニートの場合にも当てはまるのである。いじめられたり、ひきこもりであったりするのは、別に悪いことではない。そこで落ち込むのではなくて、自分の内面を変えることによって周囲の馬鹿どもよりも優位に立つことを考えるべき、と言いたいのだ。

そして、いじめに対抗する手として、「成績抜群になればよい」という方法を推奨している。まあ、抜群になるのは難しいけれど、英語や数学で普通に80点くらい取る生徒を、そう簡単に馬鹿にすることはできないはずである。クラスで浮いたり仲間はずれにされるにしても、成績がいいとなれば一目置かれることになるので、扱いはかなり変わってくるだろう。当サイトでやっている勉強ネタの大きな意図はそこにあるのだ。

 

学校でのいじめといえば中学生・高校生の話なんだが、それは大人にも無縁の話ではない。もちろん職場にもいじめはあるし、ひきこもりやニートの人ならば周囲から心ないことを言われ、不当な扱いを受けることも多いだろう。

そこからの脱却となると、どうしても心を入れ替えて周囲に受け入れてもらおう、というへりくだった態度になりがちで、僕はそういうのが嫌いなのである。あくまで積極的に自己変革を行うべきで、そのためには知性と財力を身につけて成り上がる(笑)ことが必要だ。つまり、当サイトでは勉強ネタとアフィリエイトネタは完全に連動しているわけである。

さらに、僕は中学時代の同級生どもにばったり出会ったら絞め○してやろうと、ジムへ通ったり柔道やったりして、筋骨隆々になって待ち受けているんだが、向こうもそれを察知しているのか全然出会わないんだなあ。まあ絞め○すのはよくないけど、軽く腕くらい折ってもいいと思うんだが(よくないです)。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

落ちこぼれでも80点取れる簡単な古文勉強法

今日は国語の中でも、苦手な人が多いと思われる古文で点数を稼ぐ方法を説明しよう。

高校の国語では「古典」の中に古文と漢文があるわけだが、漢文ははっきり言ってレ点と返り点を覚えればいいだけであって、読み下した文章自体は古文である。センター試験で200点満点のうち、古文と漢文がそれぞれ40点の合計80点だから、確実に得点できれば国語は非常に楽になる。(言うは易しというやつですが)

 

何度も言っているように、有名な受験参考書や問題集は難関大学受験用であり、重箱の隅をつつくような古典文法が網羅されている。センター試験や学校の定期試験で、そこそこ点を取りたいという人は、そういうのをやっても意味がないからね。ここでは、国語の苦手なお友達が何とか一応体裁を整える、というレベルの話をしている。その段階で細かい文法を覚えても仕方がないし、センター試験では文法問題は一問(5点)しか出題されてない。つまりは努力しても時間の無駄なわけである。

といっても、基本的な文法を知らないと古文そのものが読めないという問題があるのだな。まず諸君のやるべきことは、一番初歩的な古典文法の参考書を一冊通読すること。その際、最も頻出の助動詞だけ暗記すれば十分であって、数で言えば10個か15個くらいだから、これはバカでもチョ○でも覚えられるだろう。それだけ覚えれば高1の教科書は読めるようになる。

 

これは現代文のところでもやったことだが、高1の教科書をすらすら朗読できて、ひととおり意味をとれるようになれば、もう攻略できたも同然なのである。特に古典の場合、問題そのものはたいして難しいことを尋ねてないのだ。要するに古文が読めず、文章の意味が分からないからどうにも答えようがない、というのが成績の上がらない原因なのである。

しかし、すらすら読めるようになると言っても、実際にはかなりハードルが高いだろう。できれば先輩とか同級生の、古文の得意な人に聞いてもらいながら読むのが望ましい。あなたのお母さんが女子大の国文を出たという人なら、これは最高の環境である。(そういえば俺の昔の彼女が女子大の国文だったw)

それから定期試験対策だが、邪道だけど教科書ガイドというものを用意する。現代語訳が全部載っているので、一文ごとに対照しながら丸暗記しましょう。どうせ出題範囲は広くないんだから、そのくらい覚えるのはわけないだろう。文章の意味を全部暗記しているんだから、それについて何を聞かれても簡単に答えられる。文法問題は分からなければ無視してもかまわない。これで普通に70点くらいは取れるはずだ。

 

結局、国語は読解であって、読解力を鍛える一番簡単な方法は場数を踏むことなのだ。特に古文の場合は、だいたいの意味さえ取れれば簡単に解答できる。

そのためには高1の教科書を詰まらずに読めるようになるまで朗読することである。非常に単純で簡単な話なのだが、これをやる子はほとんどいないのだな。みんな文法とか解答テクニックとか、変な方向に走ってしまうのだ。それは予備校や出版社の術中にはまっているだけであって、時間とお金の無駄なのである。

 

資料請求無料


ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルトアフィリエイト 常識にとらわれない稼ぎ方

なんだかんだで八年くらいアダルトアフィリエイトをやっていた。先日、ある理由から実質的に撤退したのは以前に書いたとおりなんだが、このジャンルが廃れるということはないだろう。ということで、同業者の動向は今も気になるわけですが、数知れない新規参入者のサイトを眺めるにつけ、十年一日というか相変わらずなやり方が横行しているのだなあ、と感慨を禁じえない。

違法動画を掲載してアクセストレードで大量アクセスを流しっこする……という一般的な方法が、完全に悪いとは思わないのである(違法はよくないけどね)。現実に凄い数のアクセスが動くわけだし、僕はその十分の一も集客することはなかったので、単純に感心してしまう。

ただし、それはあくまでネットサーフィンの波に乗っているだけであって、これ以上ないほど薄いアクセスである。広告クリック率は1%いかないのではないか。成約率となればまさに偶然頼みだろう。それでもアクセス数が多ければ売れるのだろうけど、その効率の悪さが好きになれず、僕はこういう定石どおりのアダルトアフィリエイトが、どうしてもできなかったのである。

 

こういうやり方は教材どおりなのだろうが、アダルトという常識にとらわれすぎているという気がする。アダルトといえどもブログアフィリエイトに変わりはないのだから、ブログ記事を読ませることに重点を置いてはどうかと思うのだ。

記事内容にしても、必ずしもアダルト動画や画像、エロい体験談に限る必要はない。ギャンブルでも投資でもいいし、サプリとかカツラ(おい)の話でもよく、大人向けの記事ならば自然と大人の読者を集めることができる。むしろ、無料動画で集客したら有料動画の必要はなくなるわけで、エロ以外の内容でアクセスを集める方が、広告クリック率は高くなるのではないか

 

僕はアダルトアフィリエイトを始めてからは数年間、どうしてもアクセス数を増やすことができなくて、本当に途方にくれていた。ただ、開始から八ヶ月くらいでまぐれで成約があり、しかもそのお客さんが継続して契約してくれたんで、いきなり数万円の売り上げを上げることができた。それがあったから、その後もくじけることなく続けることができた。

それからアダルトアフィリエイト教材を参考に、アクセストレードで大量アクセスを流すという方法を学んだのだが、これがどうしても好きになれずに挫折してしまったのは前述したとおりだ。このジャンルは向いてないと思って数年間は半ばヤケで、アダルトアフィリエイトなのに日記ブログみたいに好き勝手なことを書いて更新していたら、妙にファンがついてきて、何も努力してないのに年間何万円かの売り上げがあるようになった。それで、アダルトといえどもやはり記事内容が大事なのではないか、と遅まきながら気がついたのである。

それで、当時発売されて評判になっていた定番のアフィリエイト教材「パワーアフィリエイト」と「アンリミテッドアフィリエイト」を購入。これが実際にアダルトに効果があったのかどうかは分からないのだが、勉強しなおすことでブログの充実をはかったのだった。結局、最後まで弱小サイトだったので大量アクセスは夢のまた夢だったが、読者はほとんどが常連のファンということになったので、広告クリック率は10%を超えていた。その頃は海外サイトが完全に黙認されていたので、時期的にアダルトアフィリエイトがやりやすかったということも言えるだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・落ちこぼれが国語で80点取る勉強法

夏休み特別編ということで、勉強が苦手な子に向けた国語勉強法をお送りしている。世の中に受験サイトは多々あるのだが、参考書とか解答テクニックを教える人はいても、根本的なことを教える者はまずいない。だから苦手な生徒はいつまでも苦手のままなんだな。

英語とか数学もそうなんだが、単純に言うと高1の授業についていけるようになれば、落ちこぼれ状態は脱したと言える。予備校や社会人で勉強している人でも、参考書を見ても何を書いてあるのか分からず、頭に入ってこないという人は基本ができてないので、ひとまず受験参考書とか入試問題から離れてみるべき。ではこれから、高1レベルの授業に普通についていく方法を教えよう。

 

高校の現代文(現国)の教科書を開くと、小説とか評論文が載っている。小説だと夏目漱石の「こころ」、森鴎外の「舞姫」とか、現代作家なら遠藤周作なんかが思い浮かぶが、最近ではもっと新しい作家の文章が採用されているかも知れない。

夏目漱石か芥川龍之介か、課題文は何でもいいから、とにかく声に出して読んでみよう。すらすら読めますか? 国語の苦手な子が、いきなり読めるわけはないよね。1ページずつでいいから、まずはしっかり読めるようになろう。一番いいのは、親に聞いてもらいながら朗読すること。人に聞かせるのだから、分からない言葉や読めない漢字は調べなくてはいけないし、ちゃんと意味が通るように抑揚をつけたり、息継ぎの箇所を工夫しないといけない。それだけでも相当に勉強になる。

結局、何度も何度も真剣に読むことになるので、嫌でも文章の内容が頭にはいってくるだろう。この体験が大事なのだ。国語が苦手という子は、ただ活字の字面だけを見て文章を本当には読んでいない。授業で先生に当てられると、「チッ、うるせーなー」と思いながら、ただ義務を果たすためだけにお経みたいに読んで見せているにすぎない。つまりは、形式的に字を追っているだけなのである。読んでないから読解ができない、単純にそれだけのことなのだ。

課題文を見た瞬間、気持ちを切り替えてすっと文章の中に入って真剣に意味を読み取る、その訓練が必要なのである。それが習慣として身につけば、国語は攻略したも同然なのだ。

 

文章をすらすら読めるようになったら、次にその小説について感想文を書くことを考えてみよう。子供の読書感想文なら「○○を読みました。面白かったです」で終わりだよね。中学生になると、当たり障りのない言葉を並べて枚数だけ稼ごうとするかも知れない。ここではそういう低レベルを脱して、例えば読者の多いブログに漱石の「こころ」についての記事を書くことを想定してみる。

どこがどう面白かったのか、何が気に食わなかったのか、論理的に記事として構成しようとすれば、小説の内容について相当に深く知っていないといけない。明治時代の風俗や習慣はどうだったのか、日露戦争はどういう戦争だったのか、自然とネットで検索して調べることになるだろう。ここまでやれば、あなたは「こころ」という小説について、クラスで誰よりも詳しくなっている。授業で先生が喋っていることが意味不明という状況からは完全に脱しているし、ひょっとしたら先生よりも詳しいかも知れない。

 

これでもう、試験ではかなりの点数が取れるようになっているはずだが、もう一歩進んで確実に80点以上取る方法を教えよう。前回、前々回の試験問題を見直してみるのだ。同じ国語の先生が出題するのだから、当然、問題構成はほぼ同じものになる。前回「舞姫」が課題文だったとすれば、それを今度は「こころ」に当てはめて考えてみると、かなりの高確率で問題が予想できてしまうのだ。プロ野球でいえば「先乗りスコアラー」みたいなものだな。

課題文についてクラスの誰よりも詳しくなっていて、問題の傾向も分かっているのだから、これでいい点が取れないわけがないだろう。

長々と書いてきたが、国語の要点は文章をしっかり読む習慣なのである。国語のできる子はそれを無意識にやっているが、ダメなお友達はただ義務として文字だけを追っている、その違いが積み重なった結果にすぎないのだ。そこを修正するだけで、苦手科目から脱出することができるだろう。

 

まずは無料の資料請求

ひきこもり ブログランキングへ