受験勉強のコツ 発想を変えるだけで成績は飛躍的にアップする

当サイトでは、高校生諸君や勉強したいと思っている大人のみなさんに、とにかく簡単に高得点を取る方法をご紹介している。とはいっても、やはり英語や数学が分からなくて投げてしまうというお友達は多いことだろう。うちの親戚の子が、数学が分からなくて期末試験の勉強がはかどらないと言っていたが、これは一番単純な誤解というか、陥りやすい落とし穴にはまっている状態と言えるだろう。

これが授業とか予習復習の段階ならば、分からないところは先生に聞いたりとことん調べたり、納得がいくまで追求すればいいのである。しかし、試験の前になってまだ分かるとか分からないとか悩んでいるというのは、これは目的を見失っている。試験は分かる分からないではなくて、点を取るか取らないかだ。全然分からなくても、覚えるべきことを丸暗記してそのまま書けば正解だし、高得点を取れば勝ちなのである。試験で点数が上がらないという人は、やるべきことをやらないで、余計なことに頭を悩ませているだけのことなのだ。

過去記事に書いたように、数学ならば反射的に解答できるまで反復練習、英文法と英作文(英語表現)は例文を丸暗記してそのまま書けば、普通に満点が狙えるわけであり、それ以外の余計なことを考えるのは時間の無駄というものだ。

 

受験対策についていうならば、たいていの受験生諸君が必死でやっている単語とか古典文法の暗記は、完全に無駄な努力だからね。センター試験の過去問題を見れば一目瞭然なように、単語とか古典文法をそのまま問う出題は、200点満点のうちで10点か15点しか出ない。つまり国語も英語も95%は読解問題なのであって、読解力を鍛えることが全てなのである。その本当のことを言ったら予備校や出版社が困ってしまうので、誰も言わないだけの話なのだ。

英語の場合は、コミュニケーション英語1(以前の英語1)の教科書を詰まらずに読めるまで音読して、辞書を引きながら訳していく、つまり授業の予習復習にあたる勉強を毎日続けていくのがメインである。ただし、基本的な単語や文法を知らないと、そもそも読めないし訳せないので、最低限、中学英文法と中学レベルの単語は頭に入っていないといけない。そして、読解問題の中でも高1レベルの単語と文法は出題されるから、その対策として「システム英単語Basic」「英語の構文150」はとりあえずざっと覚えておいた方がいいだろう。といっても、メインはあくまで教科書の読解であって、この二つはいつでも持ち歩いていて、空き時間とかテレビのCMの時なんかに、パッと開いて眺めることを習慣にすればいいと思う。

 

はっきり言うなら、四六時中スマホを眺めているのが時間の無駄の最たるものなんだけど、完全にやめろというのは酷だし、老害呼ばわりされるだけだろう(笑)。だから、スマホは一日一時間とかに決めて集中的に見るようにして、空き時間を有効に使うようにした方がいい。前述の二冊を眺めるのもいいし、アニメでもサッカーでもいいから、自分の興味のあるジャンルの本を1ページでも読むように習慣づければ、それだけで国語の読解力は大きくアップする。

受験サイトなどを見ると、国語の成績を上げるにはとにかくテクニックが大事であり、読書量は関係ない、ということをよく書いてあるんだな。それはそうなのだけど、国語の試験というのは、試験会場に行っていきなり千字とか二千字の文章を読んで、それから解答するものである。となると、常日頃からそれくらいの長さの文章を読むことに慣れていないと、読解もなにもあったものではないだろう、と言いたいのである。

好きなジャンルの本を読むと、瞬間的に文章に没入することができる。これを習慣にすることが非常に大きいのだ。読解力がない子は、ただ活字の字面を機械的に追っているだけであって、本当には読んでないのである。読んでないから読解できず、問いに答えられない。国語の成績が上がらない根本原因はここにあるのだ。実は現代国語も古文も、問題そのものはたいして難しいことを質問しているわけではなく、しっかり読むことができれば答えられるものがほとんどなのである。

 

一番単純なことを言うと、英語と地歴(日本史か世界史)だけそこそこ得点できれば、かなり名の通った私立大学に入ることができる。苦行的な暗記とか必死のガリ勉は全く必要なくて、英語リーダーと、実況中継本を使った地歴の習慣的勉強(具体的なやり方は過去記事参照)を毎日やるだけで、この二科目に関してならば偏差値60前後まで確実に行けるだろう。ひきこもり・ニートや落ちこぼれ状態からそのレベルまで上げることができれば、もはや誰からもガタガタ言われることはなくなるのではないか。

試験勉強における最大のコツは、余計なことをやらないで必要なことだけ集中的に覚えることだ。最小限の努力で、最短距離を行っていいとこ取りすることが大事である。そのためには、勉強しているという意識すらなくして、無意識の習慣としてやることである。例えば、バスに乗ったら実況中継本を見るとか、テレビのCMになればシス単Basicを眺めるとか、ほとんどパブロフの犬状態になってしまえば、何の苦労もなしに気がつけば成績優秀者になっているだろう。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・ニートのアフィリエイト講座 アクセスアップの基本

ブログアフィリエイトというものを単純に考えると、ブログに記事を書いて広告を貼る、それだけの行為に集約される。これで広告がクリックされたり、商品が売れたりすればこちらの収入になるわけだが、まぐれでたまに売れるのは別として、月に十万以上とかいった収入を目指すためには、大量にアクセスを集めることが重要なテーマになってくるわけですね。

やること自体は非常に簡単なんだが、そのレベルまで継続できる人間はなかなかいなくて、おそらく大半の人が三ヶ月程度で挫折してしまうはずである。ブログ開設当初はびっくりするくらいアクセスが集まらないので、まともな神経を持っている者ならば馬鹿らしくなるのが当然だからだ。何ヶ月も何年も続けていられる人間は、よほど意志が強いか、あるいは何も考えてないかのどちらかである(僕は後者)。

 

まだFC2なんかの無料ブログではじめた場合は、ポータルサイトの新着記事に載るから何人かは見に来るのだが、レンタルサーバーを借りてワードプレスで作ったブログは、どこにも繋がってない文字通りの離れ小島だからね。いくら必死で記事を書いても、永久に誰一人として訪れる者はないのだ(経験ずみ)。結局、ブログに人が来るというのはリンクをたどって来るわけだから、最低限どこかと繋がっていなければ話がはじまらない。嘘みたいな話だけど、これは意外と初心者がつまずきやすい盲点だったりするのだ(さすがに、しばらく運営していれば自然にどこかと繋がるだろうけどね)。

ブログアフィリエイトをやる上で、目指すところは検索エンジンから大量アクセスを集めることだ。だが、いくら一生懸命に記事を書いても、アクセスは一向に増えないばかりか、そもそも検索エンジンにインデックスすらされてないみたいなのである。そこで三ヶ月くらいで馬鹿らしくなってやめちゃうのが大半なんだけど、これは誰もが通る道だから、初心者の人はアクセスがないからといって落ち込んではいけない。心配しなくても、ある程度の記事を書いているのならば、ちゃんとインデックスはされている。ただし、数十万件ある記事の中の最下位近くだろうけど(笑)。これはブログのパワーが足りなくて、評価が低いという事実を表しているにすぎない。要はブログを育てて評価を高くし、検索上位に表示されるようにすればいいのだ。

 

ここで考えなくてはいけないのが、狙っているジャンルが正しいかどうかということ。アフィリエイト業界ではよくブルーオーシャンという言葉を使うけど、これは競争相手が少なくて自分の独壇場になれるテーマということだ。そういうテーマでならば、ブログパワーを少し上げるだけで、一気に上位表示されることが可能である。と同時に、競争相手が少ないということはブログ読者の絶対数がそもそも少ないということなので、上位表示されても全くアクセスには結びつかないかも知れない。

その辺がテーマ選びの難しいところであり、ファンの数が多いメジャーなジャンルの中で、斬新な切り口のブルーオーシャンなテーマを見つけることが理想と言えるだろう。例えば「ダイエット」はメジャーなジャンルだが、これだけでは競争相手があまりにも多いし強敵ばかりなので、生半可なことでは人目につくことすらできない。「○○ダイエット」といった具体的な方法や、あるいはダイエット器具の商品名、さらに細分化した裏技などに搾り込んでいけば、それだけ競争率が低くなって検索で上位表示される確率が上がるわけだ。

 

さて、具体的にブログを強くしていく方法だが、これはまず何と言っても記事内容を充実させること。これは当たり前の話なんだけど、目先のテクニックにとらわれていると基本中の基本を忘れてしまう場合が多い。ただ調べてきたことをコピペするのではなくて、自分の経験や感想をしっかり書いて、読者にブログのファンになってもらうように努力しないといけない。筆者を信頼しているからこそ、広告をクリックして商品を買うのである。世に溢れるアフィリエイトブログの大半が「物売ろうってレベルじゃねえぞ」と言いたくなるような、適当な作りで腹が立ってくるのだ。

記事をしっかり書くのは基本として、ただ記事だけ書いていてもアクセスは増えない。よほどいい記事なら口コミなどでじわじわ増えてくるだろうけど、それでは商品が売れるまで数年かかってしまう。そこで、まずやるべきは被リンクを増やしていくことだ。それにはこちらからアクションしないことには始まらないので、コメントまわりとか、相互リンク依頼とか、いろいろな同業者のブログに接触することで、リンクを貼ってくれるようにお願いしてまわらなくてはいけない。まあ、こっちからリンクを貼ってお願いしたら、普通の人(?)ならばお返しにリンクしてくれるだろう。

被リンクが増えると、当然被リンク先からアクセスが来るようになるので、だんだんと人気ブログという格好がついてくる。記事が充実していて人気のあるブログならば、検索エンジンの評価も高くなって上位表示されるようになる。という具合に、あるところまで行けば雪だるま式に状況が好転して、爆発的にアクセス数が増えるようになるわけだ。もっとも、そこまで地道にブログを続けられる人はなかなかいないので、やはりブログアフィリエイトは人を選ぶ稼ぎ方なのだろうと思うのだ。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

幻想水滸伝4が世間でクソゲー扱いされているのを最近知って驚いた

ブログをやっていると、思わず意表をつかれることがときどきあって、以前「Flatout3」というPCのレースゲームのことをほんのちょっと書いたら、「Flatout3 クソゲー」のキーワードで訪問する人がいまだに後を絶たなかったりする。まあ、あれは本当のクソゲーだったのでまだ納得できるところはあるんだが、こっちが名作だと思って何年もやっていたものが、ネットが発達してみると思わぬ低評価が明るみに出てびっくりすることもあるのだね。そういうゲームをブログ上で下手に誉めると、たちまちキチ×イに粘着されてコメント欄が大炎上したりして。

そこで、話は「幻想水滸伝4」なのである。僕はシリーズの中では4と5がかなり好きで、特に5は名作だと思っているんだが、一般の幻水ファンの間ではこの二作の評価が非常に低いようだ。掲示板などでは4が最低の駄作とされていて、5はいわゆる萌えキャラが出たことがお気に召さなかったらしく、とにかく4と5を誉めることはご法度という空気が蔓延している。掲示板というのは1と2の信者が仕切っているらしく、声の大きいやつらが他の意見を押さえ込んで恐怖支配を敷いているようだ。ガキ大将みたいな馬鹿が幅を利かせるグループというのは、僕がこの世で一番嫌うところである。

 

とはいえ、「幻想水滸伝4」がシリーズ中で評価が低いというのは、冷静に考えると分からん話ではない。ストーリー的には群島諸国の小競り合いなので超大作ではないし、イベントも多くなくてあっさりした流れである。船で海を移動するのに非常に時間がかかる上、海上でのエンカウントが頻繁なのには、イライラする人が多いかも知れない。総体的には盛り上がりに欠け、感情移入するのが難しいゲームなので、3までに見られた波乱万丈でハラハラドキドキという趣きからは大きくチェンジしているのだ。

しかし感じ方は人それぞれであって、僕は「幻想水滸伝4」の静かな雰囲気が好きなのである。ストーリーが薄いという批判は確かにその通りなのだが、あんまりいろいろ詰め込んでしまっては、海に漂うようなゆったりとしたゲームの流れがそこなわれてしまうだろう。

 

さらに言うならば、ストーリーが薄くてすぐに終わってしまうと文句つけている連中は、単に早解きプレイだけをやっているのではないだろうか。「幻想水滸伝4」はちょっと変わったゲームであって、ストーリーの内容はほとんどない(こらこら)のだが、ミニゲーム(リタポン)やサブイベント(風呂、懺悔)は異様に充実していて、寄り道プレイをしているとストーリープレイの数倍、数十倍の時間がかかってしまうのだ。このゲームの面白さは、むしろミニゲームとサブイベントにあるのだ、と敢えて断言したい。それがクソゲーのクソゲーたる所以と言ってしまえば、ごもっともと言うほかないのだが。

あと、海上でのエンカウントの多さと戦闘の煩雑さだけど、これも僕にとっては魅力のひとつなのだな。特に、新たな海域に踏み込むと敵が異様に強くてどうなることかと思うんだけど、数をこなしていくとこっちのレベルがグングン上がって、やがて同じ敵を一撃で倒せるようになるわけだ。もちろんこれはRPGでは当たり前の話なんだが、単調な航海の中で目に見えてレベルアップが実感できるところが、メリハリとして絶妙だと思ったのである。

 

とまあ、強引に(?)擁護してみたものの、「幻想水滸伝4」がもうひとつ盛り上がりに欠ける一作であるという印象は否定できない。傑作とは言えないが悪くない出来のRPGというのが正当な評価だろう……と思ったら、これが何と2004年クソゲーオブザイヤーの次点にランクされているというから、改めてびっくりしてしまう。いくらなんでもこれは評価が低すぎる。もっとも、最近のクソゲーオブザイヤーはまともにプレイもできない無茶苦茶なシロモノが選ばれているのだが(そんなのが市販されていること自体驚きだが)、この当時は「有名タイトルなのにがっかりしたゲーム」を選ぶという方針だったようである。

ついでに言えば「幻想水滸伝5」はプレステ2のRPGの中でも名作のひとつだと思うのだが、これ以上言うと変なやつが来て炎上しちゃうので、ここでやめておこう(笑)。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

数学を定期テストで簡単に80点以上取る方法落ちこぼれ編

当サイトではひきこもり・ニート経験者諸君に向けて、学歴をデッチ上げる(おい)方法をご紹介しており、高校生向けの学習講座という気持ちはあまりなかったのである。とは言っても、僕自身が塾の先生をやっていた関係から、無駄な勉強法をやっている若人を見ると腹が立ってくるんで、ついつい「簡単に80点取る」シリーズに力が入ってしまうのだ。先日は英語編をやったので、今回はやはり期末試験対策として数学の得点の仕方をご紹介してみたい(実際に、現役高校生の読者ちゃんがいるのかいないのか判然としないのだけど)。

この数学編は過去記事に一回ちょこっと書いたのだが、その後外人がスパムコメントを大量に(一分間に何通という割合)送りつけてきてブログ運営が困難になったので、公開停止したりしているうちに埋もれてしまったのである。ちなみに、スパムコメントはひらがな入力を必須にしたらパタッと止んでしまった。さすがのクソ外人もひらがなは知らなかったようだ。

 

さて、数学を苦手にしている高校生のお友達(大人でもいいけど)は大量にいるようだけど、実は全科目の中でも、数学が最も高得点を取りやすいのである。はっきり言って、高校の定期試験やセンター試験では、普通に満点を狙える科目なのだ。普通レベルの高校に入れる脳味噌があれば、誰でも八割以上は簡単に取れるのに、やり方が間違っているせいで必死にがんばっても30点とか40点とか、落第点を取って泣いている子が多いのである。これは非常にもったいない話なので、ここで点の取り方に特化した勉強法を披瀝することとしよう。と大仰に言うほどのことでもないんだが。

まず、参考書のたぐいは一切買う必要はない。ただし、教科書はあまりにも簡潔に書かれていて、先生の説明抜きでは分かりにくいところがあるのは確かなので、どうしても数学が苦手だという人は、チャート式の一番簡単なやつを買ってもいいと思う。基本的に、使用するのは教科書と、授業で使っている問題集(おそらく3TRIALか4STEP)だけで十分である。定期試験対策では、一週間前から勉強する人が多いと思うが、これではちょっと時間が足りないかも知れない。二週間かけてやれば、余裕を持って満点狙いまで持っていけるだろう。一夜漬けなどというのは全くの論外である。

 

まず最初に、教科書を見ると「例題」というのが載っている。そこには解き方をていねいに解説しているので、その説明文に書いてあるとおりに例題を解いてみる。ここで、大半のお友達が「よーし、分かった」と言って、次の例題に取りかかってしまうのだね。数学の点数が上がらない原因は、ひとえにこのやり方にあるのだ。

中学校までなら、この勉強法で十分だったのである。問題自体が簡単なので例題を一回見たら覚えられるし、試験の時には思い出しながら解答しても、たとえうろ覚えであってもそこそこ得点できた。しかし高校の数学は一回では覚えきれないうえ、試験問題の数が多いので、思い出しながら解いていたのでは時間切れになってしまうのだ。よく「分かってはいるんだけど時間が足りなくて」と言い訳するやつがいるが、これは完全に稽古不足であって、つまりは分かってないということなのである。

ではどうすればいいかというと、例題を一回解いてとりあえず理解できたら、次にその下に出ている練習問題を解く。おそらく五個から十個くらい載っていると思うので、最初のいくつかは例題を真似しながら解いて、後半は例題を見ないで自力で解いてみる。ここまでくれば、その問題に関しては一応自分の力で解答できるようになったが、まだうろ覚えの状態である。このまま試験を受けても時間が足りなくて、五割から六割取れればいいところだろう。そこで、時間切れにならないようにスピードアップのための練習をする必要がある。

今度は学校で使っている問題集を取り出して、同じ問題が載っているページを開く。すると、やはりそこにも十題くらい出ているので、スピードを重視しながら片っ端から解いていきましょう。同じ問題を十回も二十回も解くのだから、最後の方になると手が解き方を覚えたみたいに、無意識のうちに物凄い速さで解答できるようになる。おそらく、問題を見た瞬間に解答のイメージが頭に浮かぶレベルまでいくだろう。そこまでいけば、その問題に関しては完成である。試験範囲の全ての例題について同じことを繰り返せば、馬鹿でもチョ○でも80点、90点は簡単に取れるようになるわけだ。つまるところ、分かる分からないではなくて徹底した反復練習と、スピードアップということなのである。

 

以上は定期試験対策なのだが、センター試験対策でもやることは全く同じだ。センター試験では数学1だけやればいいので、分量としてもそれほど多くなく、確実に高得点が取れるので非常に美味しい科目ということができる。教科書に出ている全ての例題について、同じ問題を十個から二十個一気に解くという反復練習をやる、ただそれだけのことである。そして、学校で使っている問題集を最初から最後まで全問解いてしまえば、数学の勉強は終了。文系の人ならば、数学についてはこれ以上何もする必要はない。

実際、僕は高校生の頃、夏休みを利用して問題集を最後まで全問一気に解くという勉強法をやってみた。それまで数学は苦手だったのだが、夏休み明けからは急に得意科目になり、マークシート模試では簡単に満点が取れるようになった。数学と聞くだけで暗い気分になっていたのが、逆に楽しくて仕方がないように変わり、生活も大きく変わったのである。




ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・ニートでも稼げるアフィリエイトの盲点と裏技

アフィリエイトにもいろいろありますが、初心者がいきなりいわゆる「稼ぐ系」(お悩み相談、教材販売、恋愛・セックス等)に参入しても、急に成果を上げることは難しい。売り方自体の難しさにくわえて、ベテランのアフィリエイターが多いので競争率が高く、昨日今日はじめたばかりでは人目につくことさえままならないからである。そんなわけで、アフィリエイトをやろうと一念発起したはいいけど、商売まで行き着かないうちに挫折する人が多いのだ。おそらく九割以上の者が、三ヶ月と続かないでやめてしまうだろうと思う。逆に言えば、たとえ売れなくても半年以上続いている人は、それだけでかなり見込みがあるとも言える。

比較的成果が出やすいのが物販アフィリエイトであって、これはニュース系とか趣味系とか、何でもいいけど人の集まりやすいブログを作り、楽天やアマゾンの広告、あるいはアドセンスで稼ぐというものだ。ひとつのブログでは月に数万が限度だろうが、人気ブログになりさえすれば確実に何かが売れるので、初心者段階ではこの手法で稼ぐ感覚を掴むのがいいだろう。今回は、誰でも稼げる物販アフィリエイトってことで、ちょっとしたコツと裏技をご紹介してみよう。

 

一番手っ取り早いのが、人気ドラマのあらすじを毎日書いていくというやり方。テレビに昔ほどの神通力はなくなったとはいえ、午後九時台のドラマには、特に若い女性を中心にファン層が多いので、瞬間的にアクセスを集めやすい。そして、若い世代ならば楽天やアマゾンで買い物をするのはごく普通の行動だから、かなりの確率で広告をクリックしてもらえるのだ。これは二、三ヶ月もしっかり更新すれば、数百円の売り上げは簡単に出る(実際にやってみたところ、楽天では最初の月に早くも売れた)。

ブログのテーマはゲームでもいいし、芸能やスポーツでも何でもいいのだが、とにかく大筋ではメジャーなジャンルを選ぶこと。ファンが多いジャンルならば、単純にそれだけ閲覧者も多いということである。スポーツなら野球やサッカーは愛好者が多いけれど、例えば柔道とかフェンシングとかだと、マイナーすぎてブログを見ようという絶対数が少なく、これでは商売にならない。まずこの段階でマイナーな方に入っていては、戦わずして負けているので注意が必要だ。

とはいっても、あまりにメジャーすぎると競争が激しくて、やはり埋もれてしまうという悩みがあるのだね。例えば、AKBに関するブログならば売れ線ではあるのだけど、AKB関連のサイトはネット上に無数にあるわけで、その中で目立つためには、切り口を変えるとか、どこか特定の部分にクローズアックするとか、メジャーの中での細分化の工夫が必要になってくる。つまり、独自の視点で記事を書ける詳しいジャンルで、しかもメジャーなテーマを見つけようということ。

 

テーマが決まれば記事を書いていくんだが、ここでも初心者は基本的な部分でつまずく場合が多い。まずタイトルのつけ方だけど、これはロングテールを狙うことが大事だ。どういうことかというと、例えば「AKBの新曲」「プロ野球日本シリーズ」といった感じで無造作に適当なタイトルをつけてしまいがちなのだな。これでは、世間には何十万、何百万という記事が既に存在するわけで、新規に書いても検索エンジンでは最下位近くに沈んでしまい、読者は誰一人として訪れないだろう。なるべく30字くらいの長いタイトルを作って、その中にキーワードを三つくらい混ぜれば、競争率が下がって検索される確率が高くなる。

それから、記事はある程度以上の長さが必要である。以前は千字程度が基準になっていたが、最近は検索エンジンが利口になって厳しくなってきているので、内容のある記事を最低二千字以上という感じで書いていくのが望ましいようだ。ということを言ったら、ひたすら字数を埋めることに必死になる人が出てくるのだけど、ただネット上で調べてきたことをコピペしただけの、ありきたりな内容の記事では、いくら文字ばかりたくさん書いても意味がない。一番大事なのは内容であり、他にはない切り口で自分の経験や感想をしっかり書くことが要求される。当たり前のことなんだけど、これが最も難しいところである。

 

ブログを作る上での一番の悩みは、アクセスが集まらないことである。これは誰もが通る道なので、達観して割り切ることが大事だ。最初の三ヶ月とか半年とかは、二桁も来れば上出来と考えていればちょうどいいだろう。と同時に、SNSを利用したり相互リンクをつけたり、コメントまわりをやったりといった、自分でできることは全部やっておくこと。その当たり前の作業をやらないで、アクセスが集まらないといってやめてしまう人が多すぎる。しっかり記事を書いてしっかり対策を講じれば、100UUくらいは誰でも簡単に突破できるのである。

それに加えていうならば、過度な相互リンクやスパムコメント行為は逆効果であるし、他人の迷惑になって却って人気を落とす結果になるので、何事もバランスが大事である。サイトの人気を高めて読者から信頼を得ることが全てだという基本を忘れては、商売もなにもあったものではないのだ。

 

とまあ、裏技というよりは当たり前のことを並べた感じなのだけど、わが身をかえりみても、気がつくとこういった基本の逆を行っていることが多い。とにかく早く稼ぎたいという気持ちが強すぎて、つい悪手を打ってしまうようだ。アフィリエイトは「急がば回れ」である。結局、どんなテクニックよりもこの言葉に尽きるような気がする。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ