ゲームせどりのツボ ひきこもりでも稼げるコツ

「せどり」という稼ぎ方が注目されて既に久しいわけだが、僕自身はこの方法はあまりお勧めしていないのである。ひきこもりにとって一番適している稼ぎ方は、やはりブログアフィリエイトではないかという思いが強い。その理由を話せば長くなるが、簡単にまとめると以下のようなことが挙げられる。

第一に、せどりは現物をやりとりするので、資金と労力、それに場所をとる。仕入れに出向くのはひきこもりにはキツいし、梱包作業の辛さは想像以上のものだ。コンスタントに月十万以上稼ごうとすれば、一日中作業に追われることになるだろう。

それから、せどりが世間で注目されたせいで、ブックオフなどに同業者が殺到して顰蹙を買い、その結果として実質的に締め出しを食うという事態になっている。こうなると、もはや仕入れとか商売どころではなく、稼ぎ方としては破綻していると言えるのではないだろうか(ほとぼりが冷めたら流れが変わるかも知れないが)。

 

というわけで、僕はせどりをお勧めはしないのだが、ひきこもりに向いた稼ぎ方として「ゲームせどり」は、ひとつの穴場ではないかという気がしている。ゲームソフトは軽くて場所をとらないし、意外と動くお金が大きいので、少ない労力で大きく稼ぐことができるからだ。ネットを使っての仕入れルートを確保できさえすれば、これはまさにひきこもり向けの商法なのかも知れない。

僕は本格的にゲームせどりをやっているわけではない。とはいえ、ゲームを買っては飽きたら売るというのを繰り返して、いわば自転車操業的に遊んでいるので、結果的にゲームせどりのベテランのような状態になっている。手持ちの不要なゲームを売るだけならば、梱包の手間はたいしたことがないし、労力といっても郵便局かコンビニまで行って発送するだけである。しかし、ゲームといっても大半のものはほとんど値がつかず、1円出品ということになって商売にならない。意外な高値のつくソフトはごく一握りなのである。そのリストの一端を、軽くご紹介しよう。(今回はPS2編である)

 

まず文句なしに高値取引されるのが、「レッスルエンジェルス サバイバー2(初回限定版)」である。サバイバー2はおおむね高価なのだが、初回版は1万円を下回ることがない。間違って2千円くらいで出ているのを見たら、即買いあるのみだ。

安定して5千円前後で出るソフトといえば、顔ぶれがほぼ決まっている。「ポンコツ浪漫大活劇 パンピートロット」、「チョロQ HG2」、「日本相撲協会公認 日本大相撲・激闘本場所編」が御三家という感じだ。それから「ファイプロ・リターンズ」もコンスタントに4千円以上はいくだろう。この辺のタイトルは、人気のわりには出荷数が多くないために希少価値がついているようである。それだけに安値で仕入れるということは難しい。何かの間違いで手に入ったらラッキーというところだ。

 

あと、これは盲点なのだが、スーファミのソフトにも高値のつくものが稀に存在する。「サバイバー2」と同じシリーズで「美少女レスラー列伝」というゲームは、3500円から4千円で取引きされている。僕はかつて定価で買ったので、売っても儲けにはならなかったのだが……。スーファミには意外と千円くらいの値がつくソフトがあって、送料・手数料を差し引いても確実に700円くらいの利益になるので、押入れで眠っているゲームを売り払ってお金に替えるのも悪くないだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

引きこもりが稼ぐ方法 せどりとアフィリエイト

当サイトでは、なるべく家にいながらにして稼げる方法について紹介していく予定である。

はっきり言って、引きこもりやニートに対する周囲の扱いはよくない。というか下手をすれば人間扱いされないので、肩身の狭い思いをしなくてはならない。これは経験者ならよくわかるところだろう。

それを逆転する方法がひとつある。お金を稼ぐことだ。稼いで見せさえすれば、まわりの見る目は一変するし、大きく稼ぐことができれば逆に親戚がすりよってくる。稼いだ金を使って放送大学などで勉強して学位を取れば、馬鹿にされていたのが逆転して尊敬を集めることにもなるだろう。当サイトではその境地を目指しているのだ。

 

というわけで、まずはお金を稼がなくてはいけない。

僕が今までやってきたのは教材アフィリエイトとアダルトアフィリエイト、それに「せどり」も少しやった。せどりというのは、ネットビジネスに縁のない人には聞いたこともない言葉だろうが、近年ではかなりポピュラーな稼ぎ方になっている。ようするに、ブックオフなどで安く仕入れてきた本やソフトを、アマゾンとかヤフオクとかで転売して差額で儲けようという手法である。

僕はそれほど本格的にやったわけではないけれど、まず手持ちの本やゲームソフトをアマゾンに出品することで、十数万のお金と取り替えることができた。これはネットビジネスの初期費用としては十分である。

 

近所にブックオフなどがある環境ならば、せどりも有効な商売のひとつになりうるかも知れない。だが、僕の経験から言って、せどりは効率がよくないし、時間と体力を消費するので、体調不良等で引きこもっている人にはお勧めできない。

まず、在庫を保管しておかなくてはならないので、単純に場所をとる。それから、注文をうければ梱包・発送する必要があるわけだが、これが時間と手間が異様にかかるのだね。一件梱包するのに、慣れた人でも30分くらいかかってしまうのではないか。せどりで月に十万稼ごうと思ったら、一日中梱包しつづけていなくてはならない。これは物理的に不可能だろう。

 

一方、アフィリエイトのいいところは、せどりとは全く逆の条件にある。在庫を抱える必要がないし、サイト(ブログ)記事を書く以外に自分では何もやることがない。待ちのビジネスとしての難しさはあるものの、楽なことでは世の中で一番だろう(笑)。

現実に、僕はアダルトアフィリエイトを始めた頃、まぐれで初めて商品が売れたのだが、その人が何年ものあいだ継続してくれたので結果的に7万円まで積み重なったことがある。まぐれの1クリックで7万というのは滅多にないけれど、何もしないでこれだけ儲かるのだから、アフィリエイトのおいしさがよく分かるというものだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」