アダルトアフィリエイト 常識にとらわれない稼ぎ方

なんだかんだで八年くらいアダルトアフィリエイトをやっていた。先日、ある理由から実質的に撤退したのは以前に書いたとおりなんだが、このジャンルが廃れるということはないだろう。ということで、同業者の動向は今も気になるわけですが、数知れない新規参入者のサイトを眺めるにつけ、十年一日というか相変わらずなやり方が横行しているのだなあ、と感慨を禁じえない。

違法動画を掲載してアクセストレードで大量アクセスを流しっこする……という一般的な方法が、完全に悪いとは思わないのである(違法はよくないけどね)。現実に凄い数のアクセスが動くわけだし、僕はその十分の一も集客することはなかったので、単純に感心してしまう。

ただし、それはあくまでネットサーフィンの波に乗っているだけであって、これ以上ないほど薄いアクセスである。広告クリック率は1%いかないのではないか。成約率となればまさに偶然頼みだろう。それでもアクセス数が多ければ売れるのだろうけど、その効率の悪さが好きになれず、僕はこういう定石どおりのアダルトアフィリエイトが、どうしてもできなかったのである。

 

こういうやり方は教材どおりなのだろうが、アダルトという常識にとらわれすぎているという気がする。アダルトといえどもブログアフィリエイトに変わりはないのだから、ブログ記事を読ませることに重点を置いてはどうかと思うのだ。

記事内容にしても、必ずしもアダルト動画や画像、エロい体験談に限る必要はない。ギャンブルでも投資でもいいし、サプリとかカツラ(おい)の話でもよく、大人向けの記事ならば自然と大人の読者を集めることができる。むしろ、無料動画で集客したら有料動画の必要はなくなるわけで、エロ以外の内容でアクセスを集める方が、広告クリック率は高くなるのではないか

 

僕はアダルトアフィリエイトを始めてからは数年間、どうしてもアクセス数を増やすことができなくて、本当に途方にくれていた。ただ、開始から八ヶ月くらいでまぐれで成約があり、しかもそのお客さんが継続して契約してくれたんで、いきなり数万円の売り上げを上げることができた。それがあったから、その後もくじけることなく続けることができた。

それからアダルトアフィリエイト教材を参考に、アクセストレードで大量アクセスを流すという方法を学んだのだが、これがどうしても好きになれずに挫折してしまったのは前述したとおりだ。このジャンルは向いてないと思って数年間は半ばヤケで、アダルトアフィリエイトなのに日記ブログみたいに好き勝手なことを書いて更新していたら、妙にファンがついてきて、何も努力してないのに年間何万円かの売り上げがあるようになった。それで、アダルトといえどもやはり記事内容が大事なのではないか、と遅まきながら気がついたのである。

それで、当時発売されて評判になっていた定番のアフィリエイト教材「パワーアフィリエイト」と「アンリミテッドアフィリエイト」を購入。これが実際にアダルトに効果があったのかどうかは分からないのだが、勉強しなおすことでブログの充実をはかったのだった。結局、最後まで弱小サイトだったので大量アクセスは夢のまた夢だったが、読者はほとんどが常連のファンということになったので、広告クリック率は10%を超えていた。その頃は海外サイトが完全に黙認されていたので、時期的にアダルトアフィリエイトがやりやすかったということも言えるだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

ブログアフィリエイト超初心者向け基本的Q&A

ひきこもり・ニートのお友達に推奨しているブログアフィリエイトだが、僕がご紹介しているド定番教材は、初歩段階におけるとっかかりとしてはこれだけで必要にして十分であると思っておったのだ。事実そうなんだけど、教材を読むのとやるのとでは大違いで、実際にやってみると教材の内容までいかないうちに挫折することが多いのである。

かくいう僕もサイトを作っては潰しという失敗を数え切れないくらい繰り返してきたので、なかなかうまくいかない人の気持ちはよく分かるのだ。ということで、今回は初心者向け教材にも書いてない、初心者がつまずきやすい問題点について、実体験から解説してみよう。

 

まず、レンタルサーバーを借りる必要は本当にあるのか?無料ブログで十分なんじゃないの?という疑問について。

これですけどねー、無料ブログはアカウントが凍結されやすいとか、サービス自体が終わるかもしれない、という恐れは確かにあるよね。だが商業目的ならFC2、livedoorなど限られたブログサービスだろうし、普通にやってるぶんには不都合は起こらないだろう(サービスが終わるなら数ヶ月前にアナウンスがあるだろうし)。無料ブログはポータルサイトがあるので、新着記事からパッと人が来るという利点がある。ただし古い記事はすぐに検索順位が下がってしまうんで、キワモノじゃなくて読ませるのが目的の地味なブログは、レンタルサーバーでやった方が有利なのは確かである。

うちみたいなマイナーサイトでも、検索では意外としぶとく生き残ってるからね(笑)。特にアダルトで記事系のサイトをやる人は、FC2だと競争が激しくて埋もれやすいから注意。検索は無視してアクセストレードだけでいく人はFC2でいいでしょうが。でもアダルトOKのレンタルサーバーは馬鹿高いんだよなー。

 

それから、基本中の基本だけど、サイトをはじめたけどアクセスが全然集まらない!という悩みを持っている人。

それは健全であって、アクセスは集まらないものである(笑)。レンタルサーバーを借りてサイトを作った場合、ポータルサイトがないから最初は完全に離れ小島で、どことも繋がってないから絶対に誰も見に来ない。だんだんとリンクがついてくるにしたがって、少しずつ訪問者が現れるようになる。半年から一年くらい地道にやって、100ユニークを突破できれば上々ではないだろうか。

無理にリンクをつけてアクセス数だけ増やしても、それはファンでも何でもない「薄いアクセス」なので、商売の上ではあまり意味がないのだ。また、作為的なリンクはスパムと判断されて、検索順位が下がってしまう。要するに、無理をしてもいいことはなにもない

ひとつのコツとして、集客ルートは複数用意しておくこと。検索、SNS、相互リンクと多方面で繋がるようにしておけば、アクセスの増え方が速くなるし、どれかひとつがポシャッても被害は小さくてすむわけだ。

 

最後に、これが最も深刻な悩みだろうけど、いくらやっても商品が売れない、とお嘆きの貴兄。

僕の経験上、しぶとく続けていれば必ずいつか何かが売れます。それは半年後か一年後かは分からないが、ずっと続けていてひとつも売れないということはまずない。僕がやったブログアフィリエイトでは、どれも必ず売れた。売れる前に挫折したものは売れなかったけど、これは当たり前だよね。

ひとつの目安として、サイトにファンがつきだしたなーと感じたら、たいていまぐれで何か売れるような気がする。そこまで続けるのが一番大変なんだろうけど。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

アフィリエイトに行き詰っていた頃の思い出

なんとなくこういうタイトルをつけてみたのだが、これだと今は行き詰ってないみたいに聞こえるが、はっきり言って四六時中行き詰っている(笑)。しかしまあ、全く稼いでないわけではないので、これは全然稼げなかった時期の話ということである。

僕はずいぶん以前からアダルトアフィリエイトをやっていたわけだが、最初は本気ではなかったのだ。アフィリエイトというものがあって、自宅に居ながらにして稼げるという話が、ネット上で少しずつ話題になりかけていた頃である。そんな簡単に稼げるわけがないだろうと思っていたし、今でもその気持ちはあまり変わっていない。ただ、当時からアダルト系の趣味ブログをやっていて、テキスト中心だったのでデザイン的に寂しいなあ、と思って海外アダルトサイトの広告を貼ったのが始まりだった。

それから八ヶ月くらい経って、商品が売れましたという通知メールが来たのである。俺のブログから何か買うとは、ずいぶん奇特な御仁がいるものだと思って、それでもどうせ数百円だろうと思い、そのまま放置して忘れていた。それからさらに数ヵ月後、なんとなくその海外サイトのアフィリエイトページを見に行ったところ、なんと数万円の売り上げが計上されていたのでびっくりした。

 

そんなふうにアダルトの方はわりと幸運なスタートを切り、弱小サイトの割にはそこそこ売れていたのである。ところが、一般アフィリエイトの方は全くダメで、売れても月に百円くらいがいいところだった。といっても、ネット上に出ている無料のアフィリエイト講座を参考にやっていたわけで、やはり本格的にやるには、ちゃんとした教材を買わなくては!という気になったのである。

当時、というのは今から十年近く前のことで、ネットビジネス教材という業界はかなりいいかげんであり、ひどい詐欺教材が横行している時代だった。……という事実は後になって知ったのだ。その頃は、ある程度アフィリエイトをやっている僕でさえ、そういう事情にはあまり通じていなかった。いいかげんな教材でも、出せば儲かるという時期があったわけである。もちろん、現在は業界自体が相当にまともになっており、あまりにもひどい詐欺教材は、少なくとも大手からは出ないようになっている。

 

そのときに金があれば、僕もノウハウコレクターになって、詐欺教材の餌食になっていたことだろう。貧乏で幸いだった。どうにか教材を買えるだけのお金ができたのは、それから二年くらい経ってからのことで、その間にアフィリエイターの先達の人々と情報交換して、業界の事情にやや通じることができた。

そこで、買うなら定番中の定番と言われる有名教材だというアドバイスを受けて、「アンリミテッドアフィリエイト」「パワーアフィリエイト」を購入するにいたった。もちろん安い買い物ではなかったわけだが、定番教材と言われるだけあって買っただけの価値は確かにあり、僕はようやくどん底を脱して、一般アフィリエイトでも少しずつ売れるようになっていったのだった。といっても、最初はアマゾン商品券(500円)を月に一回、二回ともらう程度だったのだが。

結局、自分のために買ったのは上記の定番教材二つだけだったのである。ノウハウコレクターから脱するまでに十万、二十万くらい使ってしまうことが多いと言われるこの世界なので、ほぼ被害を受けなかった僕は、やはり運がいいのだろうと思う。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

ブログアフィリエイトは稼げない説に異議あり

長いことアダルトアフィリエイトをやっていたんだが、諸事情により実質的に撤退することにした。というのは以前にもちょっと書いた話であって、要するに海外アダルトサイトへの風当たりが目に見えて厳しくなってきたので、アフィリエイターに火の粉が飛ばないうちに避難しておこう考えたのである。

一方、一般アフィリエイトの方は趣味系で軽く物販をやっている程度だったが、アクセスが増えてくるとときどき売れて、なんだかんだでアマゾン商品券を500円、また500円ともらえるので、ここ数年来、本とかゲームは全てこれで賄っていて一銭も使ってない状態。適当にやっているわりには成功していると言えるだろう。これからはこっちをメインにしていって、生活物資すべてをアマゾン商品券と交換したいと思っている。アマゾンがつぶれたら生きていけなくなるけど(笑)。

 

ところで、ブログアフィリエイトは稼げないとか、後発組に参入の余地はないといった否定的意見をよく目にするのだが、僕はそういうことはないと思っている。特に後発には厳しいと言われるアダルトでも、現実にそこそこ稼ぐことができたし、違法スレスレでビジネスに徹すれば大きく稼げるのではないかと思う(そんなことはしないけどね)。

ただ、だれでもやっていることをなぞっただけでは、アクセスも集まらないし商品も全然売れないのは確かである。普通に日記ブログを書いて広告を貼っただけでは誰もクリックしてくれない。また、巷にあふれているような当たり障りのないアフィリエイトサイトなどは、見るのも嫌だという人が大半であろう。内容のある記事を書いてファンを増やし、そのうえで本当に有益な商品を紹介してこそクリックしてもらえるのだ。

 

アダルトのジャンル自体が消えてなくなることはないと思うが、今のところは先行きが不透明である。海外サイトを黙認する従来の方針が継続されるんなら、またアダルトをやってもいいと思っているんだけど、このご時世ではそれは無理だろう。今から参入する人は、動画系なら国内ものオンリーでやることになり、これは以前に比べると確実にインパクトが下がるので、苦戦を強いられるのは目に見えている。特に、販売サイトのサンプルにリンクするだけでは、求心力が低くてクリックしてもらうのは難しく、必然的に違法動画サイトを利用してのサイト作りを余儀なくされるだろう。

これは多分、将来的にも黙認されるだろうとは思うんだが、やはり違法は違法。悪いことをしているという気持ちは、たとえ無意識にであっても心の中に残るわけで、そういうのは職業としていかがなものかと思うわけだ。

といっても、僕はもともとテキスト系アダルトというやつで、ほとんど文字オンリーという前代未聞のサイトをやっていたので、その点は関係ないといえばないんだけどね。他のアフィリエイターからは笑いものにされ、大手ポータルサイトからは掲載すら断られるありさまだったが、それでも固定ファンがついて高額商品がたびたび売れていたのも事実なのである。ブログアフィリエイトと言いつつ、完全にアダルトの解説になってしまった(笑)。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・ニートなりの人生設計

ひきこもり、ニートで困るのは、周囲から不当にバカにされることである。僕は学歴でいえば大学中退なんだが、偏差値だけは無駄に高いので自分が馬鹿だと思ったことはないのだけど、あるとき親戚の者が手伝いに来いと言うから行ってみたら、「おまえは教養のない馬鹿だから肉体労働をやれ」とほざくのだ。ひきこもりやニートの者が無理に形だけ社会復帰(?)しようとすると、足元を見られてこき使われるだけなので、いっそのこと相手にしないでひきこもっていた方が得策のような気がする。

ひきこもり・ニートに限った話ではなく、日本の社会では一回レールから外れると、まともに組織内で出世することが不可能になってしまうのだ。といって、肉体労働や日銭稼ぎのバイトで、周りから馬鹿にされて生きるのはそれこそ馬鹿らしい。ここはやはり、一攫千金ではないけど一発逆転を狙って、少なくとも周囲から尊敬される一国一城の主としての地位を築きたいものだ。そのためには、漠然と毎日を暮らすのではなくて、しっかり設計図を描くことが大事だと言いたいわけである。

 

それで、結局のところ話は当サイトのテーマに落ち着くわけだ。すなわち、ひきこもり・ニートであっても知性と財力を身につけて、誰からも文句を言われない人生を送ろう、と主張したい。そのための大学再挑戦でありアフィリエイトなのである。

勉強もネットビジネスもそうなのだが、一番の問題は三日坊主に終わって長続きしないことにある。たいていのことは習慣的に続けていきさえすれば格好がついてくるのであって、どうやって習慣づけるかというところが、唯一の問題と言っていい。そもそもが、学校や仕事に行く習慣がつかないからひきこもりになっているわけでね。

ここで声を大にして言いたいのだが、勉強というのは一年間でどれだけやれるか、というのを最低単位として考えないとダメである。試験の前に徹夜で勉強して、その結果何点取れた、なんてことをやっているようでは進歩がない。一夜漬け勉強は言ってみれば前日にやるカンニングであって、それでは本当の実力はつかないし、点数も実力を全く反映していないし、要するに何の意味もないのである。

 

例えば、英語の本を朝起きて2ページ、夜寝る前に2ページ読むという習慣をつけたとしよう(これは僕自身の習慣である)。一日に4ページというのは微々たるものかも知れないが、それに365日をかければ、一年トータルで1460ページになる。高校の英語の教科書はせいぜい100ページくらいのものであり、年間1460ページもの英文を読む高校生はほとんどいないだろうから、それだけで英語の成績は軽く抜きん出てしまうに違いない。これはどんな科目にも、社会人の資格試験の場合にも言えることだ。

目指すところを具体的に決め、次にどのような勉強をするかを決めて、それを毎日欠かさず習慣的に実行していく。ただそれだけで大抵のことは成し遂げられるし、自由な時間のあるひきこもり・ニートの方が、この場合は有利であるとも言えるだろう。寝る前の歯磨きみたいに、やらないと気持ち悪いという域に達すれば、途中で挫折することもなくなるのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ