アダルトアフィリエイト実践講座 効率的な集客のテクニック

アダルトアフィリエイトといっても、基本は一般アフィリエイトと同じであって、ブログ記事を書いて広告を貼り、読者を集めるということに尽きるのだ。ただ、世間に流布しているアダルトアフィリエイトの方法というものが、アクセストレードのみに偏りすぎているのは確かであって、これでは「薄いアクセス」しか集められず、偶然頼みでしか稼げないことに不満を抱いていたわけである。

そこで、当サイトではコンテンツ重視、記事内容重視のブログを構築して「濃いアクセス」を集め、ファンを増やすことでアフィリエイトの効率を上げようと主張しているのだ。それを基本方針として、ここまでアフィリエイト関連の記事を書いてきたわけだが、このやり方にも決定的な問題があるのだな。

つまり、記事重視である以上はしっかりした記事を量産することを前提としている。僕なんかは記事を書くのが楽しくてたまらず、ほっとくといくらでも書き続けて、書けば書くほど元気になるという変態なので、こういうタイプのブログをやるのに向いているわけである。しかし、世の多くの人は文章を書くのは面倒だと思っているだろうし、殊に二千字以上などという長い記事は、かなりの期間訓練しなければすいすい書けるようにはならないだろう。記事重視のアダルトアフィリエイトブログというのは、ある意味ではなはだしく人を選ぶやり方だろうと思うのだ。

 

だから、どうしても記事が書けないとか、文章をずらずら書くのは面倒だと考えている人は、記事重視のブログなどやる必要はない。記事重視でファンを増やした方が、濃いアクセスが集まって効率がいいだろうというのは僕の感想であり、もちろん他のいろんなやり方もあるのであって、アダルトアフィリエイトに正解はないのだ。だから大多数の人がやっている動画系の記事を作っていく方法でも、大量アクセスを集められるのならばそれでいいわけだが、そこでひと工夫加えれば効率的に稼げるぞ!という点を紹介したいのである。

僕がこれまで実際にやってみた経験上、短期間で大量アクセスを集められて、しかも比較的濃いアクセスを得ることで早く稼げるようになるのは、アクセストレードとコンテンツ重視の折衷案である。記事は動画を貼るのを基本にして普通に作っていいし、リンクも適当に貼ってアクセストレードをやるのだが、検索の評価を考えて少しずつじりじりと増やしていく。と同時に、検索エンジンからのアクセスに重点を置いて、最終的には検索とアクセストレードを6対4くらいの割合に収めることを目指す。

 

具体的には、動画だけでなくて記事も少しは書くようにする。閲覧者は動画目当てなので、あんまり長い文章を書くと読んでもらえないし、邪魔になって逆効果になるだろう。だから三百字から四百字くらいで、ちょっと笑える程度の説明文をつければよい。動画系のブログで四百字なら長めの部類に入るので、これは差別化ができるし検索にもかかりやすくなる。

それから、最も重要なのはタイトルのつけ方である。女優名をビッグキーワードとすれば、それだけでは商用サイトや大手ブログに絶対にかなわないので、三十字くらいの中にやや弱いキーワードを三つくらい入れて、ロングテールで検索エンジンからの読者を小まめに拾うようにすれば、少しずつでもアクセスを増やしていくことができるだろう。

動画系をやっているアフィリエイターの多くはアクセストレードに必死であり、SEOに気を遣っている者はあまりいない。だからこそ、少しの工夫で大きくアクセスをアップさせることが可能なのである。

といっても、アダルトで検索から大量アクセスを集めるというのは並大抵のことではない。ただでさえライバルの多いジャンルであり、しかも新しく作ったばかりのブログとくれば、これは普通に考えれば無理ゲーなのである。それを無理ではない勝負にするための差別化であり、ロングテール狙いのタイトルなのだ。そして、その準備段階として、毎日記事を書きつづけながら徐々にリンクをつけていくことで、確実にブログを強くしていくことが必要とされるわけである。それら全てが連動しているのだと理解できれば、大きく稼ぐ段階に一歩近づいたと言えるだろう。

 

正直言って、アダルトアフィリエイトブログ運営のテクニックといっても、まあそんなところであり、別段難しいことはないのだ。しかし、おそらく九割以上の人が、稼げないと思って諦めて撤退してしまう。それはなぜかと言えば、とても根気が続かないからだ。ブログ運営は単純で簡単であるからこそ、半端なやり方ではダメなのである。動画系ならば一日に三記事から五記事は書かなくてはならず、しかもそれを無報酬のまま数ヶ月やり続けなければ、目に見える成果は出てこない。これは甘い考えでできることではないだろう。

一見無意味に思える作業を馬鹿になって続けていれば、どこかで突然アクセスが増えはじめ、商品が売れ出す瞬間があるのだが、そこまで我慢できる人間がほとんどいない、というのが実情なのである。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルト官能小説ブログの作り方とアクセス獲得法

ひきこもり・ニート向けのネットビジネス講座ということで、このところはアダルトサイトをモデルにして簡単なブログアフィリエイトのやり方を解説している。それはいいんだけれども、一方で勉強法や大学受験の話もやっているものだから、中高生読者のお友達も結構いるわけで、そこでいきなり「アダルト官能小説」なるタイトルはいかがなものかと思うわけだ。

しかしまあ、アダルトサイトの経営自体は真面目な職業であって、けっしていやらしいことではない。サイトの内容は確かにいやらしいけどね(こらこら)。

それはともかく、そろそろ夏休みも終わりなので、中学生・高校生でいじめに遭っている諸君は暗い気持ちになっているかも知れない。僕もいじめに遭っていたので、その気持ちはとてもよく分かるのだ。しかし、周囲のやつらなどは結局二の次であって、一番やらなくてはいけないのは勉強である。その順番を間違ってはいけない。当サイトの勉強シリーズで高得点を取り、さらには大人になったらアダルトサイトをやって大金を稼いで、馬鹿どもを見下して生きようではないか。別にアダルトじゃなくてもいいんだけどね(笑)。

 

そこで本題に入るわけだが(前置きが長いよ)、ブログのコンテンツは別に小説でなくてもいいのだ。体験ものでも出会い系でもよくて、ようするに文章重視のボリュームのある記事を積み重ねることで、濃い読者を獲得していこうという考え方である。動画系に比べると、文章重視のサイトは数が少なくて、しかもSEOまで気にしてやっているライバルはあまりいないので、ハマりさえすればトップクラスに食い込むことはそれほど困難ではない。

例として、僕が半年くらいやったあと放置していた小説ブログについて言うと、数ヶ月で500UU、2000PVくらいまでいった。もっとも、これはポータルサイトの新着ブログ紹介とかを駆使した「ご祝儀相場」であまりあてにはならないんだが。そのあと半年放置していて、どうなったかと思って見に行ってみると、全く何もやってないのに100UU、500PV前後は維持していたのである。アフィリエイト収入も千円くらいは上がっていた。

かなりのボリューム(二千字から三千字)の記事を百個以上アップしているので、固定ファンがそれくらいついているのだ。つまり、何もしていない段階で月に一万五千PVくらいあるということで、これはアダルトとしてはたいしたことはないが、記事重視の一般ブログで考えるとちょっとした訪問者数なのである。アダルトという付加価値のせいか、普通に一般ブログを経営するのに比べて、ひと桁多いという感じがする。作業の仕方や考え方としては完全に一般ブログアフィリエイトであり、100UU以上ということはブログの上位30%くらいに入っちゃうわけで、これはそれなりに成功していると言わなくてはなるまい。(もちろん、アダルトサイトとしては弱小もいいところなんだが)

 

さて、そこでまず問題になってくるのは、記事の書き方である。ブログアフィリエイトにおいては記事が第一であって、最近では千字から二千字を超えるボリュームの記事を書くのは常識となっている。これはアダルト小説ブログにも当てはまることであり、もともと読者は読む気満々なので、一記事二千字以上というのは絶対のノルマだろう。

小説でも体験ものでもいいんだが、アダルト系でそれなりにボリュームのある記事となると、これはエンターテインメントということである。一般ブログの記事のように、どこかから引用してきたり、当たり障りのない常識論を並べて字数を稼ぐという技は通用しない。とにかく面白い記事を書かなくてはならず、ネタ切れということも当然あるわけで、誰にでもすぐ書けるという性格のものではないだろう。ただ、続けていれば絶対に上達するし、ある一定レベルの記事は書けるようになる。

そんなに長い文章ではないので(二千字ならば原稿用紙五枚分)、特に起承転結にこだわらなくても、ストーリーは自由に展開してかまわない。レベルが高いに越したことはないけれども、WEB小説は下手なのもご都合主義もご愛嬌で、ファンがつけばそれが味として認められるものだ。ただし、アダルトものであるから、連載ものの一編であっても、毎回のラストシーンを盛り上げてある種の満足感(詳しくは書かないが)を与えるような構成にしないと、読者の共感は得られないだろう。

 

それから、大事なのはアクセスの集め方である。動画系ならばアクセストレードという常套手段があるのだが、文章系のサイトではこれがなかなか難しい。同じような文章系をやっているライバルサイトがそんなに多くないし、相互リンクをしても訪問者数が限られているのだ。かといって、動画系のところはおそらく相互リンクしてくれないだろうと思われる。

そこで、まず初期段階のアクセス確保として、小説ポータルサイトに登録するという手が考えられる。これは作ったばかりのサイトにとっては絶大な恩恵となる手段であって、大手のポータルサイトに新着ブログとして紹介された瞬間、一時間に何百とかいった凄まじい勢いで訪問者が殺到して、特需景気に沸くこと請け合いである。まあ数日で特需は終わって、あとは閑古鳥が鳴くことは言うまでもないのだが(笑)。

あとは、投稿系の小説サイトに記事を載せて、リンクから地道に読者数を稼ぎつつ、ブログ内容を充実させていくこと。前述のようにネタ切れってことがあるので、毎日更新というのは難しいのだが、一定のペースを守って記事を書いていけば、数百PVくらいは余裕。一般ブログとはひと桁違うから、一千PVの壁を越えられるかどうかが、最初の難関ではないかと思う。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・ニート脱出 ネットビジネスで人生大逆転

全国八千万のひきこもり・ニート諸君(そんなにおるんかい)に贈る、できるだけ楽していいとこ取りしようという変わったブログなので、やはりメインはネットビジネスの話なのである。中にはどうしても働きたくない、働いたら負けという困ったお友達も多いことだろうけど、単純に「お金を持っていれば周囲の態度が一変する」という事実を味わってもらいたい。これは経験してみると、人生観が変わるほど面白いことである。女にも絶対モテるしね(笑)。

さて、タイトルに「ひきこもり・ニート脱出」と書いたのだが、これは実際には正しくない。僕は別に脱出することはないと思っているし、ひきこもりたければ勝手にひきこもればいいという考えである。何をやるのも自由だし個人の勝手。ただ、ひきこもり・ニートであるという理由で馬鹿にされたりいろいろ言われたりして、肩身の狭い思いをして生きるのはやめよう、と主張しているにすぎない。そのために大学を卒業して大金を稼ごう、知性と財力を身につけて、上から目線で悠々自適しよう、というのが当サイトの一貫した主旨なのである。

実際、どんな方法でもいいから万単位のお金を稼いでみるといい。それだけでもう誰も何も言わなくなるし、十万、百万と大金を手にすれば、急に親や親戚の態度が変わって、やたらすりよってちやほやしてくるからね。

 

僕が一番詳しいのがブログアフィリエイトであり、その中でまともに稼いできたのがアダルトアフィリエイトなので、どうしても話がそっち系に傾いてしまうのは仕方のないところだ。あいつまたあんなこと言ってるよ、くらいの感覚で読んでいただきたい。しかしあなたが男性ならばアダルトサイトには興味があるだろうし、アフィリエイトの事例としては最も分かりやすいのではないかと思っている。あなたが女性の読者なら困ってしまうのだが(笑)。

したがってアダルトを例にとるんだけれども、アダルトにもいろいろありまして、アマゾンのアダルト商品を売るというのが一番手っとり早いやり方ですよね。これは、意識してやっていなくてもアマゾンのバナーリンクからアダルト商品が売れるということもあるので、普通に経験する人は多いと思う。しかし、アマゾンは最高5%なので単価が絶望的に安いんだな。二千円のグッズが売れても収入は百円だから、これは商売としてはきつい。アフィリエイトでは単価の高いものを売った方が絶対有利なので、アマゾンや楽天をメインでやるのはお勧めできないのだ(確かに簡単に売れるから、初心者段階ではやりやすいけどね)。

むしろグッズ系ならばアダルト専門ショップのアフィリエイトをやった方が有利で、たいてい10%から15%が相場になっている。また、専門ショップのサイトを見る人は、ことアダルトに関してはアマゾンよりも「買う気満々」なので、あれもこれもと大量に購入する傾向にあり、一回の合計購入額が一万二万を超えることは珍しくない。つまりこちらは数千円の収入になるのだから、かなりおいしい商売と言えるだろう。

 

グッズ系と並んでアダルトアフィリエイトの柱となるのが、動画サイト入会である。つまり、バナーリンクから海外動画サイトに誘導して、誰かが入会すれば40%から50%がこちらの収入になるわけで、これは非常に効率のいい稼ぎになっていた。一か月分の料金が六千円として、たいてい三ヶ月、半年くらいは継続してもらえるので、まぐれの1クリックで万単位の収入になることはザラである。

僕が長年アダルトアフィリエイトをやっていたのも、この海外動画サイトのおかげと言うほかないのだが、昨今は国内の情勢がうるさくなってきた。海外動画サイトへのリンクがグレーからブラックという認識になってきたみたいなので、八年くらい続けていたこのアフィリエイトから撤退することにした。これからアダルト系をやる人は、海外ものはやめておいた方が無難である、と一応忠告しておきたい。昨年あたりから、国内の怪しい動画サイトをふくめていくつかのサイトが摘発されているし、アフィリエイターに警告がきた事例もあるようだ。

というわけで、これからも動画系アフィリエイトを続けるならば、国内大手のものにしぼるのが安心安全だろう。もはや40%、50%という大儲けは期待できないが、一般商品と並行してアダルトものを出している大手ならば、入会のハードルがそんなに高くないので、逆に数を稼ぎやすいということが言えるだろう。

 

あと、これはちょっと盲点なのだが、真面目なアダルト商品というものがある。僕が普段やっているのが不真面目ということではなくて(笑)、一般向け商品としてのアダルトな内容のもの。例えば、セックスのお悩み相談系とか、女性にモテる方法とかいった情報教材のことだ。当サイトにもアフィリエイト教材の広告を貼っているけれども、見てのとおりこういう商品は数万円もする高額なものである。だからおいそれとは売れないんだが、困っていて必要としている人は積極的に買うわけで、しかもアフィリエイト率は40%、50%と大きいものが多い。

アフィリエイトにおいては高額商品を売った方が絶対に有利、というのは大原則である。したがって、教材系がこれからの狙い目なのは確かなんだが、この場合はそれなりの真面目なサイトを作らなくてはならず、アダルトアフィリエイトからはやや方向が違ってくるのかも知れない。違法動画を貼るだけのいいかげんなサイト作りではダメってことだけは確かだな。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルトアフィリエイト コンテンツ重視の記事系ブログ

夏休みなので特別講座の受験話を連発してしまい、何のブログだか自分でもよく分からなくなってしまった。もちろん、ひきこもり・ニートの人が勉強して大学に挑戦することを想定しての話なんだが、当サイトのメインテーマはそのための「先立つもの」の方にある。要するに「世の中銭や」ということであって、ひきこもり・ニートが一番稼ぎやすいネットビジネスがブログアフィリエイトである、ということを言いたかったのである。

単純にひきこもりたいからひきこもっているだけで、別にネットビジネスなんてやりたくないや、というお友達も多いかも知れないが、数千円くらいならばわりと簡単に稼げるわけだし、万単位で収入を得られるようになれば、これはちょっとした親孝行と言っていいだろう。だから、ネットで稼ぐということを、いつでも心の片隅に置いておくのは悪いことではないと思うのだ。

 

ということで、ここからはブログアフィリエイトのやり方をメインに紹介していくわけだが、あえてタイトルに「アダルトアフィリエイト」と書いてあるのは、これまでの八年ばかり、僕の本業がまさにアダルトブログの経営だったから。というか、まともに収入を得ていたのはアダルト系ばかりで、一般アフィリエイトの方は付け足し程度に過ぎなかったというのが実情なんだよね(といってもアマゾン商品券はコンスタントに獲得していたので、本やゲームは全て一般アフィリエイト収入で賄っていたのだが)。

そして、僕の場合はアダルトといってもコンテンツ重視の、文字ばかりのブログがメインであって、世間的にイメージされているアクセストレード方式のアダルトアフィリエイトは、ほぼやったことがない(やろうとしたが挫折した)という経緯がある。

コンテンツ重視のアダルトブログとは何かというと、二千字以上のボリュームのある記事を書いて、キーワードと記事内容で検索からのアクセスを集めようというやり方である。これ自体は、一般アフィリエイトのやり方と何ら変わりはないものだ。ただちょっと違うのは、一般ブログならば即時的にトレンドとなったキーワードで集客しようとするのに対して、アダルトの場合はもっとさらに内容重視であり、エンターテインメント性で勝負するというところにある。もちろん、扇情的なキーワードで初見の読者を集めるのは基本なんだが、もっと大事なのはブログのファンになってもらって二度、三度とリピートしてもらい、常連客になってもらうという部分にある。

 

コンテンツ系アダルトブログの場合は、この常連になってもらうというのがとても重要である。これは広告クリック率に大きく影響するからである。逆に言えば、アクセストレードだけでやっているアダルトサイトは、広告クリックが完全に偶然頼みになってしまう。ただでさえ怪しげなアダルト広告だから、いきなり訪問したよくわからんサイトで、気まぐれにでもクリックしようというやつはそうそういるものではない。巷にあふれている多くのアダルトサイトでは、クリック率はおそらく1%くらいで、2%いけば相当なものだろう。

それに対して、10%前後の高いクリック率を狙えるのがコンテンツ系アダルトサイトなのである。もちろん、単なるクリック目当てのおざなりの広告ではなく、厳選した商品にリンクするのは絶対条件だ。そして、常連客ならば運営者に対する信頼感がしっかりできていて、レベルの高い商品へのリンクであることが分かっているので、抵抗なく当たり前のようにクリックしてもらえたり、折にふれて購入してもらったりするのである。

 

さて、問題なのはどういう記事を書いて、どんなサイト(ブログ)を作っていくかということ。ブログとは結局のところ日記なので、内容は本人次第としか言いようがないわけだが、それで終わっては身も蓋もないので、少し具体的に教えることにしよう。

僕が運営してきた経験上、一番集客しやすいのは「小説ブログ」である。小説ブログというのは文字通り、毎日ある程度の分量(できれば二千字以上)のエロ小説を更新していくというものだ。一般小説ならば趣味の領域だが、エロとなればズリネタがほしい読者が積極的に検索をかけ、あるいはポータルサイトをたどって見に来るわけであるから、基本的にアクセスが得やすい。また、一記事を読んでもらえれば、他の記事にもアクセスされる可能性が大きいので、自然とPVが増える傾向にある。普通のアフィリエイトブログで月に一万PVというのはちょっと骨だが、エロ小説ブログならば開設数ヶ月でも、そのくらい突破するのは簡単である。

もちろん、小説でなくても体験系であったり出会い系の話だったりしても一向にかまわなくて、要するに二千字前後のオリジナルの読み物を書ければ何でもいいのだ。こうした文章系ブログのいいところは、コンテンツを完全に自分で製造できるところにある。著作権に触れることがないし、文字だけだから昨今厳しくなってきたエロに対する取締りにも無関係である。それから、文章と動画の対照が生じて、広告リンクとのメリハリがつくのも大きい。仮に記事内容が無料動画で、広告が有料動画となると、これは誰もクリックしないのではないだろうか。

問題はそれだけの記事が自分で作れるかどうかってところだな。文章が苦手で地道な作業はやりたくない、という人に向かないのは確かだ。あなたが文章を書くのが大好きで、アダルト系ブログに興味があるのならば、コンテンツ系サイト作りに挑戦してみて損はないと思うのである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

アダルトアフィリエイト 常識にとらわれない稼ぎ方

なんだかんだで八年くらいアダルトアフィリエイトをやっていた。先日、ある理由から実質的に撤退したのは以前に書いたとおりなんだが、このジャンルが廃れるということはないだろう。ということで、同業者の動向は今も気になるわけですが、数知れない新規参入者のサイトを眺めるにつけ、十年一日というか相変わらずなやり方が横行しているのだなあ、と感慨を禁じえない。

違法動画を掲載してアクセストレードで大量アクセスを流しっこする……という一般的な方法が、完全に悪いとは思わないのである(違法はよくないけどね)。現実に凄い数のアクセスが動くわけだし、僕はその十分の一も集客することはなかったので、単純に感心してしまう。

ただし、それはあくまでネットサーフィンの波に乗っているだけであって、これ以上ないほど薄いアクセスである。広告クリック率は1%いかないのではないか。成約率となればまさに偶然頼みだろう。それでもアクセス数が多ければ売れるのだろうけど、その効率の悪さが好きになれず、僕はこういう定石どおりのアダルトアフィリエイトが、どうしてもできなかったのである。

 

こういうやり方は教材どおりなのだろうが、アダルトという常識にとらわれすぎているという気がする。アダルトといえどもブログアフィリエイトに変わりはないのだから、ブログ記事を読ませることに重点を置いてはどうかと思うのだ。

記事内容にしても、必ずしもアダルト動画や画像、エロい体験談に限る必要はない。ギャンブルでも投資でもいいし、サプリとかカツラ(おい)の話でもよく、大人向けの記事ならば自然と大人の読者を集めることができる。むしろ、無料動画で集客したら有料動画の必要はなくなるわけで、エロ以外の内容でアクセスを集める方が、広告クリック率は高くなるのではないか

 

僕はアダルトアフィリエイトを始めてからは数年間、どうしてもアクセス数を増やすことができなくて、本当に途方にくれていた。ただ、開始から八ヶ月くらいでまぐれで成約があり、しかもそのお客さんが継続して契約してくれたんで、いきなり数万円の売り上げを上げることができた。それがあったから、その後もくじけることなく続けることができた。

それからアダルトアフィリエイト教材を参考に、アクセストレードで大量アクセスを流すという方法を学んだのだが、これがどうしても好きになれずに挫折してしまったのは前述したとおりだ。このジャンルは向いてないと思って数年間は半ばヤケで、アダルトアフィリエイトなのに日記ブログみたいに好き勝手なことを書いて更新していたら、妙にファンがついてきて、何も努力してないのに年間何万円かの売り上げがあるようになった。それで、アダルトといえどもやはり記事内容が大事なのではないか、と遅まきながら気がついたのである。

それで、当時発売されて評判になっていた定番のアフィリエイト教材「パワーアフィリエイト」と「アンリミテッドアフィリエイト」を購入。これが実際にアダルトに効果があったのかどうかは分からないのだが、勉強しなおすことでブログの充実をはかったのだった。結局、最後まで弱小サイトだったので大量アクセスは夢のまた夢だったが、読者はほとんどが常連のファンということになったので、広告クリック率は10%を超えていた。その頃は海外サイトが完全に黙認されていたので、時期的にアダルトアフィリエイトがやりやすかったということも言えるだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ