落ちこぼれが受験勉強せずに有名大学に合格する方法

毎度おなじみの勉強ネタなんだが、今回は見たとおりの受け狙いのタイトルになってしまった。普通に考えて「そんなものはない!」で終了であって、ひと昔前の詐欺教材を思い出させて感慨深いのだが(実際、それに近い詐欺教材があったのだ)、こちらはどうやらギリギリで詐欺ではない、と思う。ほとんど受験勉強をせずに、要領よく有名大学に受かる方法はなきにしもあらず、だからだ。

かく言う僕の場合がそれに近くて、世間的な受験勉強はやらないでいわゆる有名私大の文学部に合格している。もっとも、僕の場合はいじめが原因で紆余曲折した末、英語マニアの歴史マニアになり、それが受験科目に偶然はまったのであった。別の学部で違う傾向の問題が出題されていたら、おそらく受かってなかっただろう。逆に言えば、得意科目に特化すれば合格は夢ではないということである。

 

そこでですなー、あなたが普通の高校に通っている、いまいち成績の上がらない生徒だとする。まあ予備校生でも社会人でも同じなんだけど、大学合格を目指してやるべきことは、受験問題集に取っ組むことではないのだ。落ちこぼれ気味の人がそんなものを見ても実力はつかないし、混乱するばかりなので、まずは受験勉強という意識を捨てて基礎固めに専念しよう。難関大学ならともかく、中堅私大の場合は高1レベルの基礎がしっかりできていれば十分に戦える。

その基礎固めを、勉強しているという感覚を持たずに無意識のうちにやってしまおう、というのが当サイトの方針なのである。できるだけ楽して最大限の効果を上げ、いいとこ取りして世の中の勝ち組になるのが僕のモットーなのだ。

高校生なら授業科目がいっぱいあって毎日忙しいわけだが、本当にやるべきことはそんなに多くない。受験科目でいえば英語と地歴(1科目)さえ水準以上に仕上がれば、それだけで名前の通った大学に受かることができる。それも、血眼になってしゃかりきに受験勉強とやらをしなくても、何も考えずに毎日習慣づけするだけで、それくらいのレベルには簡単になれるのだ。有名進学校に在籍している勉強のできる子ならば、当たり前のようにやっていることなんだが、普通レベルの高校では誰もやっていないし、教える大人もいない。だからこそ、落ちこぼれ気味の子がちょっとやるだけで成績上位に躍り出ることが可能と言うことができる。

 

まず英語だが、これは中学英文法が頭に入っているのが前提である。中学レベルが全くダメという人は、最初にそっちをやってください。それから「英語の構文150」の例文を、毎日10個とか決めて適当に丸暗記。それだけで基本はできるので、あとはリーダーの予習復習を淡々とやっていく。具体的には、本文を詰まらずに読めるまで音読してから、辞書を引きながら日本語訳、授業のあとでもう一回音読。それが普通にこなせるようになれば、基礎学力としては十分である。普通の高校ならば、英語の成績は自然に上位に入っている。

それから地歴、というのは世界史か日本史のことなんだが、「ナビゲーター」か「実況中継」を、毎日20ページとか25ページとかペースを決めて読むことを習慣にするべし。無理に暗記しようとする必要はなくて、何周も読んでいるうちに自然とある程度覚えてしまうので、常に五割くらいの知識を維持することを心がける。定期試験前に「一問一答問題集」などで復習すれば、容易に八割九割に持っていけるわけだ。

この辺の勉強法の要点は過去記事に書いてあるので、細かいところはそちらを読んでもらうとして、大事なのは勉強しているという意識すらなくなるくらい、当たり前のこととしてやることだ。飯を食ったり歯を磨いたりするのと同じ感覚で、毎日機械的に無意識的にやるのである。そうすれば苦行でも何でもなくなるし、覚えられないといって焦ることもなくなる。

 

そういう感じで英語と地歴だけ淡々と一年もやっていれば、よほどのバカチ○ンでもないかぎり、偏差値55から58くらいにはなっているだろう。中堅私大に挑戦するのに、実力的には問題ない。ここまできたら、受験対策として過去の入試問題を見ておくことが必要になるんだが、決して間違ってはいけない。よく志望校の過去問題を必死で解いているやつがいるけど、これは愚の骨頂だからね。なぜなら、それは昨年・一昨年に出た問題なんだから、今年は絶対に出ない問題だと言っても過言ではない。出ないと分かっている問題に必死になってどうするんだって話である。

過去問題を見るのは、出題の傾向や問題構成を探るためなのである。つまりはプロ野球の先乗りスコアラーと同じことだ。読解問題が何%、構文問題が何%とか配分を調べて、どの辺に重点を置けばいいのかという、戦略を練ることが大事なのだ。もちろん、それは十分な学力がついた上での話であり、基礎が固まってないのに過去問題を見ても、全く何の薬にもなりはしない。

 

さきほどから英語と地歴だけやればいいと強調してきたが、あなたが高校生(それも地方の公立高校)ならば、親や教師は受験に関する知識が乏しいので苦労するかも知れない。特に普段から主要科目で高得点を取ってないと、そもそも名の通った大学を受けさせてすらもらえないということもあるから、注意が必要。そういう事態を避けるため、当サイトでやっている「簡単に80点以上取る」シリーズで、定期試験でそこそこいい点を取って、秀才タイプであることを強調しておくことが大事である。

僕のやり方では単語とか文法の苦行的な暗記は必要ないし、補習授業も不要、最低限の参考書以外はお金を使うこともない、ただ2科目の基礎を固めることだけを目的としている。そして、基礎ができた段階で中堅私大には十分に通用するし、そのままリーダーのレベルを上げていけばMARCHクラスにも挑戦できるようになるはずである。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

落ちこぼれが地歴の成績を上げて大学合格する方法

地歴といえば昔で言うところの社会科であるが、ここでは一定レベル以上の受験科目ということで、日本史か世界史にしぼった話になる。有名私大ならば世界史または日本史が課せられるので、最低でも英語と日本史、英語と世界史という二科目の選択になるわけだ。

あなたが現在高1か高2ならば、地歴をがっちり仕上げるのは難しくない。というか、普通に勉強していれば地歴は最も成績を上げやすい科目だろう。勉強法のセオリーは完全に確立されており、「ナビゲーター」か「実況中継」といった、いわゆる授業実況中継本を毎日20ページとか分量を決めて、通学時間などに読むことを無意識の習慣にする。そして何周も読むことで次第に知識の厚みを増していき、定期試験前には「山川世界史ノート」などで、試験範囲のまとめをやれば完璧だろう。

ようするに、普段から習慣的な暗記によって五割くらいの知識を維持していれば、試験前にちょっと補足の勉強をするだけで80点、90点が簡単に取れてしまうのである。高2くらいからこういう勉強法を続けていれば、センター試験や中堅私大レベルならば、特別な受験勉強はあまり必要ないのではないかと思う。

 

というのは、勉強ができる子の場合である。問題は落ちこぼれてしまった人とか、引きこもりを経験したためにまともに授業を受けてないお友達が、地歴をどうにかする方法。それも、八月下旬というこの時期からやりはじめて、中堅私大クラスを受験できるレベルまで成績を上げることは可能だろうか。

普通に考えれば時間が足りないんだけれども、他の事を全部シャットアウトして、英語と地歴一科目だけに集中するならギリギリで可能ではないだろうか。ナビゲーターを毎日20数ページのペースで読めば、40日くらいで一周できるので、受験までには三周から四周はできる。有名進学校ではない普通の高校ならば、日本史を一年で詰め込み授業ですませるところもあり、そういう学校では明治維新あたりで時間切れになっちゃうわけで、落ちこぼれでも浪人の方が時間的には有利かも知れない。

ただし、悠長なことはやっていられないので、ナビゲーターは細かい暗記よりも、あくまで流れをつかむことに専念しよう。それよりも、巻末についている付録の問題集に力を注ぐべきだ。これは、教科書に載っている太字の部分を空白にしたような作りで、下に解答が出ているのですぐに参照することができる。本文を一章読むごとに、問題集を必死で丸暗記するという流れで、最低三周は繰り返す。それから仕上げに「一問一答問題集」を使って、落ちこぼれた(洒落ではない)基本項目を補足すればよい。

 

要するに、ナビゲーターを何周もするという基本は一緒なんだが、巻末の問題集で基本事項だけ丸暗記しちゃおうという、即席のやり方だな。本文の流れの中でじっくり暗記しているわけではないので、応用が効かないし長文記述問題が出るとお手上げになるだろう。つまりは、相当インチキくさい勉強法なんだが(笑)、落ちこぼれ状態からは脱しているし、ある程度の点数が取れることは請け合いだ。

本当は二年くらいかけて苦労せずにゆっくり仕上げるのが理想なんだけど、受験となればそんなことは言っていられない。即席でもインチキでも、本番で点数を取った者の勝ちだからね。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

落ちこぼれ脱出!今からでも間に合う裏技受験勉強法

八月も下旬である。この時期になって、勉強が苦手でどうにもならないという受験生の諸君も少なくないだろう。普通に考えると、この段階で落ちこぼれていてはどうにもならんわけだが、そこを何とかする裏技的な方法について紹介しようと思う。

といっても、落ちこぼれ状態からいきなりMARCHや関関同立レベルというのは無茶ぶりであって、その辺を目指したいという人は潔く浪人した方がいいだろう(笑)。ここでは、それより下の中堅大学を受験するのに恥ずかしくない成績を、一応どうにかデッチ上げるという即席の方法である。即席とはいえ、Fラン大学ではなくて曲がりなりにも普通レベルの大学に入ろうというんだから、意義はあると思うのである。

受験生ってくらいだから予備校生か高3の人なんだが(社会人もいるかも知れない)、まず第一に言いたいのは、無駄を省けということ。端的に言うと、とにかく時間がないんだから余計なことは一切やめることだ。文系ならば英語と地歴(1科目)だけ集中的にやって、それ以外のことは無視を決め込む。漠然とスマホを眺めている時間はもったいないので、一日に30分とか時間を決めて、勉強だけに集中しましょう(これが一番難しいかも)。

 

そこで、まずは英語を何とかする方法。受験生で英語が全然できないとなると、これは焦るよね。焦って単語帳を見たり、入試問題集をやってみたり、つまみ食いみたいにチョコチョコ勉強する人がほとんどだと思うけど、これははっきり言って何の役にも立たないからね。受験用の参考書や問題集は、基礎ができていることを前提とした応用問題なのである。だから、落ちこぼれている生徒がそういうのを見ても、何もわからなくてますます混乱するだけなのだ。

難関というほどではない中堅大学ならば、高1から高2レベルのリーダーがしっかり読んで訳せれば、それだけで太刀打ちできる。まずはそのレベルまで基礎を固めることが全て。やるべきことは、本当に基礎的な勉強だけでいいのだ。

しかし、基本的な知識がなければリーダーどころではないので、まずは基礎のための基礎がためが必要である。手っとり早いところでは「英語の構文150」、これは説明文を読みつつ、例文を毎日10個とか20個とか決めて、何周も読んで丸暗記すること(応用問題はかったるいので、別にやらなくてもいい)。そして「システム英単語Basic」で基本単語をひととおり覚えておく。あと、基本文型(SVOとかいう例のやつ)を理解するため、一番初歩的な文法参考書を読めばいいだろう。

これは要するに高校一年レベルの基本的な英語の勉強ということである。これ以上難しいことは、現段階では全くやる必要はない。

 

ここまで基礎が固まれば、あとはリーダーをやっていくだけだ。高1の教科書を取り出して、詰まらずに読めるまで音読。そして自分で辞書を引きながら全文を訳していく。つまりは、英語の授業における普通の予習のやり方をやればよい。高1教科書の音読と日本語訳が普通にできるようになれば、偏差値55前後の中堅大学を受験できる実力はついている。

今からだと時間的にギリギリだろうが、おそらく四、五ヶ月集中してやれば、落ちこぼれ状態からでも一応格好がつくレベルまで持っていくことは可能なはずだ。

てなわけで、次回は地歴を何とかする方法をやります。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・落ちこぼれが勉強のできる子に変身する方法

夏休み特別編ということで、勉強の苦手な子が一躍「できる子」に変身する裏技をお送りしている。極端に言えばイメージを変える方法だな。人間は見た目が全てなどとよく言われるが、対人関係においては第一印象が全てというところがある。秀才イメージを前面に出して、勉強のできるやつだと問答無用でイメージを植えつければ、周囲の扱いも大きく変化してくるのだ。

一番手っとり早いのは、高校生ならば定期試験で80点とか90点とか取ってみせること。それも英語とか数学といった、みんなが苦手にしている主要科目で高得点を取れば、それだけで一目置かれるようになるし、勉強のことで馬鹿にされることはなくなるだろう。

そして、過去記事にも書いたけど、特に英文法の試験で丸暗記だけで80点以上取るのが最も簡単である。数学もかなり点が取りやすいけど、そちらはある程度の反復練習が必要。でも英文法は20個くらいの短文を機械的に覚えるだけなので、本当にバカでもチ○ンでも高得点が取れる。僕は高校時代、なんでみんなはこんな簡単なことをやらないで、ウンウン唸って落第点ばかり取ってるのか不思議で仕方がなかった。

 

ただ、間違ってはいけないんだけど、丸暗記で80点とか90点とか取ったからといって、それで本当に英語の実力がついたわけではないからね。これは要領のいい子が陥りやすい落とし穴である。定期試験でいい点を取っていても、調子に乗ってそのまま大学を受けてもまず受からない。受験には受験用の勉強法があって、これも要領次第で最小の努力ですむとはいえ、やはりある程度の長期的なトレーニングが必要である。

つまり、定期試験で簡単にいい点取ってみせるのと、受験に通用する学力を最短で身につけるのと、二本立てでやるってことだな。といっても、それほど深刻に考えることはない。当サイトではあくまで要領よく、最小限の努力で最大の効果をデッチ上げる(おいおい)ことをモットーとしている。

 

ちょっと話が脱線してしまった。高校生のお友達は、まず英語(ついでに数学)の定期試験で80点、できれば90点くらい取って、親や級友たちにドヤ顔することを目指すべきである。

予備校生で成績が上がらなくてガックリしている人は、まず余計なことをやめて、文系ならば英語と地歴(日本史か世界史)の二科目を、徹底的に基礎固めすることにしぼってみよう。急に偏差値60以上は難しいかも知れないが、高校の授業レベルの内容が完全に把握できれば、名の通った中堅大学に合格可能なラインには入れる。模擬試験結果で合格確率80%なんて出てくれば、それだけで気分がいいし、親に見せたらメチャクチャに喜ばれてお小遣いももらえるだろう(笑)。

つまりは、手っとり早くやれる印象操作で「勉強ができる子」というイメージを周囲に植えつけるってことだ。すると、一目置かれて扱いが変わってくるから、期待に応えるために常にそれなりの成績を取るしかなくなる。相乗効果でいつの間にか、本当に秀才タイプに変貌してしまうのだ。

てなわけで、次回は浪人・予備校生で落ちこぼれて困っている人が、それなりの成績を上げて大学に受かる方法!というか裏技勉強法を紹介しよう。

 

アフィリエイトで稼いで大学へ行こう!
ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・落ちこぼれが有名大学に合格する裏技勉強法

甲子園出場した高校の監督が「文武両道はあり得ない」と言っていたが、どうもあれは名うてのヤンキー学校だそうで、僕もそういうレベルの子に勉強を教えるとなると困ってしまうだろう。もっとも、当サイトで言及しているのは、潜在能力はあるけど勉強の仕方がまちがっていて落ちこぼれた生徒とか、ひきこもりを経験したために授業についていけなくなったお友達の場合である。

僕の知っている受験生で、何年も浪人して予備校に通っているやつがいるんだが、聞いてみると親が国立に行けと言い張っているそうだ。それで予備校の国立コースに在籍して、五教科七科目必要だから毎日漫然と授業を受けているのだね。これはいかにもやり方がマズすぎる。

実際問題として、地方の国立大学ならそんなに難しいわけではないのだが、それは普通の高校で三年間成績上位だった生徒の話なのだ。勉強が苦手だというやつが、ただでさえ時間が足りないのに五教科七科目、さらに二次試験の勉強までやろうというのはそもそも無理ゲーなのである。受かる受からない以前に、基本中の基本でまちがっている場合が多いのだ。

 

あなたが勉強が苦手な落ちこぼれであっても、有名私大に合格することはそれほど難しくない。いま現役の中学生・高校生ならば、当サイトで繰り返し紹介している「簡単に80点を取る」シリーズを実践して、秀才タイプという自己イメージを確立してもらいたい。周囲から「勉強ができるやつ」と見なされるようになると、必然的にいい点を取らなくてはならないので、そのまま流れで成績上位者に定着してしまうものなのだ。

予備校生や社会人で、勉強がうまくはかどらないという人は、あれもこれもという考えを捨てて、まず一科目にしぼってみよう。得意科目があるなら、それを軸に受験科目を決めることだ。単純なことを言えば、英語と地歴(日本史か世界史)の二科目だけで受験できる大学は結構ある(他に小論文か面接はあるけど)。この場合、他の科目は全く無視してもかまわないというか、積極的に無視するべきなのである。そもそも勉強が苦手だから浪人しているのに、まだ五教科七科目も授業を受けていること自体、おかしいと考えないといけない。

 

それから、注意しなくてはいけないのが、参考書コレクターになってしまうこと。参考書自体はいいんだが、たいていの有名な本は難関大学受験用なのだね。落ちこぼれのお友達がいきなり偏差値70というのはそれこそ無理ゲーであって、まず目指すのは偏差値60というレベルである。これは普通の進学校で成績上位といったところなんだが、前述のように二科目だけこのレベルに達すればいいわけで、それほど難しいことではない。

要は高校の授業に難なくついていけるようになることであって、そのためには初歩的な参考書を一冊仕上げるだけで事足りるのである。ましてや重箱の隅をつっつくような英単語・古典文法の暗記などは全く時間の無駄である。

 

勉強が苦手だという人は、まず二科目にしぼることだ。そして基本的(高校の授業レベル)な参考書を繰り返して完璧に仕上げること。それだけで中堅上位クラスの有名大学を受けられるようになる。当サイトでは特に、英語と地歴を簡単にレベルアップする方法をいろいろと紹介していく予定である。といっても受験専門サイトじゃないんだけどね。しいて言えば裏技サイトといったところか。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ