ひきこもり・落ちこぼれが有名大学に合格する裏技勉強法

甲子園出場した高校の監督が「文武両道はあり得ない」と言っていたが、どうもあれは名うてのヤンキー学校だそうで、僕もそういうレベルの子に勉強を教えるとなると困ってしまうだろう。もっとも、当サイトで言及しているのは、潜在能力はあるけど勉強の仕方がまちがっていて落ちこぼれた生徒とか、ひきこもりを経験したために授業についていけなくなったお友達の場合である。

僕の知っている受験生で、何年も浪人して予備校に通っているやつがいるんだが、聞いてみると親が国立に行けと言い張っているそうだ。それで予備校の国立コースに在籍して、五教科七科目必要だから毎日漫然と授業を受けているのだね。これはいかにもやり方がマズすぎる。

実際問題として、地方の国立大学ならそんなに難しいわけではないのだが、それは普通の高校で三年間成績上位だった生徒の話なのだ。勉強が苦手だというやつが、ただでさえ時間が足りないのに五教科七科目、さらに二次試験の勉強までやろうというのはそもそも無理ゲーなのである。受かる受からない以前に、基本中の基本でまちがっている場合が多いのだ。

 

あなたが勉強が苦手な落ちこぼれであっても、有名私大に合格することはそれほど難しくない。いま現役の中学生・高校生ならば、当サイトで繰り返し紹介している「簡単に80点を取る」シリーズを実践して、秀才タイプという自己イメージを確立してもらいたい。周囲から「勉強ができるやつ」と見なされるようになると、必然的にいい点を取らなくてはならないので、そのまま流れで成績上位者に定着してしまうものなのだ。

予備校生や社会人で、勉強がうまくはかどらないという人は、あれもこれもという考えを捨てて、まず一科目にしぼってみよう。得意科目があるなら、それを軸に受験科目を決めることだ。単純なことを言えば、英語と地歴(日本史か世界史)の二科目だけで受験できる大学は結構ある(他に小論文か面接はあるけど)。この場合、他の科目は全く無視してもかまわないというか、積極的に無視するべきなのである。そもそも勉強が苦手だから浪人しているのに、まだ五教科七科目も授業を受けていること自体、おかしいと考えないといけない。

 

それから、注意しなくてはいけないのが、参考書コレクターになってしまうこと。参考書自体はいいんだが、たいていの有名な本は難関大学受験用なのだね。落ちこぼれのお友達がいきなり偏差値70というのはそれこそ無理ゲーであって、まず目指すのは偏差値60というレベルである。これは普通の進学校で成績上位といったところなんだが、前述のように二科目だけこのレベルに達すればいいわけで、それほど難しいことではない。

要は高校の授業に難なくついていけるようになることであって、そのためには初歩的な参考書を一冊仕上げるだけで事足りるのである。ましてや重箱の隅をつっつくような英単語・古典文法の暗記などは全く時間の無駄である。

 

勉強が苦手だという人は、まず二科目にしぼることだ。そして基本的(高校の授業レベル)な参考書を繰り返して完璧に仕上げること。それだけで中堅上位クラスの有名大学を受けられるようになる。当サイトでは特に、英語と地歴を簡単にレベルアップする方法をいろいろと紹介していく予定である。といっても受験専門サイトじゃないんだけどね。しいて言えば裏技サイトといったところか。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

自分をリセットするイメージ戦略

勉強ネタ、受験ネタをいろいろやっている当サイトであるが、別にうちは受験専門サイトというわけではない。むしろ、努力しないでいい点を取っちゃおうという「いいとこ取り」だけを目指した、ある意味邪道な話ばかり書いている。しかしまあ、なんだかんだ言って要領のよさだけで定期試験で80点くらい取れるのであり、その流れで名の通った大学にも入れてしまうのは事実なのである。それを教えるやつはあまりいないってだけのことなのだ。

いわゆるFラン大学になら誰でも入れる世の中であるからこそ、インスタントでいいから成績を上げて、ある程度以上の大学に滑り込むことは大事である。僕は学歴至上主義じゃないけど、世の中ではイメージというものが重要であって、見た目や経歴で大きく損をしたり得をしたりするものだってことを、嫌というほど経験してきた。

例えば僕は実質的には学歴がないんだけども、「○○大学中退」と言ったら、少なくとも勉強ができない人間だとは思われないわけである。偏差値でいえばどのくらいのレベルであるかは、分かる人には分かるし、それだけで一目置かれるという部分があるのだな。実質よりも瞬間的なイメージが大きいという場合が、人生には多いのである。

 

ひきこもり・ニート経験者のお友達で、学歴も職歴もなくて履歴書の書きようがない、という人も多いことと思う。まあ僕もある意味そこに入っちゃうんだけど(笑)。そういう場合にどうするかというのを、例によって裏技的に考えてみたいと思う。

まず学歴は、放送大学で大学卒業資格を取る。これでともかくは「大学卒」と言えるようになるよね。と同時に、何らかのネットビジネスである程度の(年収数百万くらいの)成功を収めて、法人化するのである。これで「会社経営」「会社社長」という肩書きをデッチ上げる(?)ことができる。かなり適当な感じはするけれども、一応「大学卒」で「会社経営」だから、他の同年代のサラリーマンに比べても遜色のない経歴を作り上げることができるのだ。

これで小ざっぱりした外見をして、いい車に乗ってたりしたら、周囲からはひとかどの人物だと見なされるし、女性にももてるのではないだろうか。少なくとも、ひきこもり・ニートのマイナスなイメージを抱く者はいないだろう。

 

あなたが中学生、高校生で、勉強が苦手で今いち冴えない毎日を送っているとする。いじめに遭ったり、親や先生から説教されたりして、嫌な気持ちで生きているという場合もあるだろう。そういう人は、当サイトの勉強ネタの記事を見て、とにかく英語とか数学で80点、90点を取ってみてほしい。そうするだけで、周りから「勉強が得意なやつ」と見なされるようになるので、少しずつ扱いや関係が変わってくる。いじめに遭うにしても、秀才タイプの相手にはおいそれと暴力をふるうことはできなくなるはずだ。

つまり、インスタントでもインチキでもいいから、ちょっとしたことで自分のイメージをリセットするのである。イメージが変われば周囲の見る目が変わり、人生が変わってくる。それこそが「いいとこ取りして要領よく生きよう」という当サイトの主旨なのだ。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・ニートにも要領がある

ひきこもり・ニート支援施設が話題になっているが、あれもひとつの商売なのであろう。ようするに現代の戸塚ヨットスクールであって、保護者の足元に付け込んだやり口、人間が人間を支配して矯正しようという考え方が、ひきこもり当事者として恐ろしい。ああいう連中とはかかわりあいたくないし、当サイトのテーマとは全く相容れないものだ。

うちのモットーは、あくまで積極的にひきこもろうという姿勢にある。ひきこもりが悪いとは思ってないし脱出するべきだとも考えてはいない。ただ、周囲に迷惑をかけるのはよくないので、その辺を回避するうまい方法を編み出したいというだけの話なのである。

 

たとえば、中高生や予備校生の人で、どうしても勉強が苦手で落ちこぼれている、というお友達は多いだろう。受験ということになると絶望的な気持ちになるので、わざと悪ぶったり、ふてくされた態度をとったりという、ある種の卑下自慢的なアピールに走ってしまうのではないか。こういうのは、ひきこもりやニートではなくても、やはり周囲に負の連鎖をもたらすわけである。何が悪いかといえばマイナスの方向にアピールしているのがよくないのであって、いっそ発想を変えて、プラスの方向にアピールする方法をとってみてはどうか。

僕が勉強ネタを書いて、簡単に80点を取る方法を紹介しているのは、プラスのアピールのためと言ってよい。単純な話、英語や数学で80点とか90点とか取って見せれば、周囲の態度は一変するのだ。騙されたと思ってやってみてほしい。

試験勉強は頭のよさよりも、要領よくやるという点が一番大事なのである。成績の上がらない子は教科書や参考書の活字だけを機械的に追っていて、覚えるべきことを覚えていない。やるべきことを最小限の努力でやって成果を上げる、という経験をすれば、人生の全ての事柄について、要領よくやるためのヒントを得られるはずである。

 

ひきこもり・ニートにもそれなりの要領というものがあるのだ。当サイトのPC版でいえば、右のカラムにポイントサイトのバナーを貼っているよね。このポイントサイトだが、毎日10分くらい適当にやっているだけで、月に千円や二千円にはなるのだ。これはネットでお金を稼ぐ経験の、初歩の初歩という感じがする。アフィリエイトとなると難しいところがあるけれど、ブログにアクセスさえ集められれば、楽天やアマゾンのアフィリエイトで月に数千円稼ぐのはそれほど困難ではない。

月に数千円稼げたら、ひきこもりの人間が漫画とかゲームを買うのには十分なわけで、少なくともこれで、親からお小遣いを貰う必要はなくなるのだ。それだけでも大変な進歩だし、親の見る目も変わってくるだろう。周囲に対してふてくされた態度をとったり、変な卑下自慢をやることもなくなり、家族との関係も違ったものになるのではないか。これもまた、プラスのアピールと言うべきだろう。

 

なにか罰ゲームとか苦行をやっているように、物事を悪い方に考えて生きるのではつまらない。ほんの少し要領よくやるだけで、プラスの方向に動かすことができるのだ。最小限の努力でいいとこ取りして、最終的には成り上がって愚民どもを見下ろして生きる(笑)、という感じでいきたいものである。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

落ちこぼれでも80点取れる簡単な古文勉強法

今日は国語の中でも、苦手な人が多いと思われる古文で点数を稼ぐ方法を説明しよう。

高校の国語では「古典」の中に古文と漢文があるわけだが、漢文ははっきり言ってレ点と返り点を覚えればいいだけであって、読み下した文章自体は古文である。センター試験で200点満点のうち、古文と漢文がそれぞれ40点の合計80点だから、確実に得点できれば国語は非常に楽になる。(言うは易しというやつですが)

 

何度も言っているように、有名な受験参考書や問題集は難関大学受験用であり、重箱の隅をつつくような古典文法が網羅されている。センター試験や学校の定期試験で、そこそこ点を取りたいという人は、そういうのをやっても意味がないからね。ここでは、国語の苦手なお友達が何とか一応体裁を整える、というレベルの話をしている。その段階で細かい文法を覚えても仕方がないし、センター試験では文法問題は一問(5点)しか出題されてない。つまりは努力しても時間の無駄なわけである。

といっても、基本的な文法を知らないと古文そのものが読めないという問題があるのだな。まず諸君のやるべきことは、一番初歩的な古典文法の参考書を一冊通読すること。その際、最も頻出の助動詞だけ暗記すれば十分であって、数で言えば10個か15個くらいだから、これはバカでもチョ○でも覚えられるだろう。それだけ覚えれば高1の教科書は読めるようになる。

 

これは現代文のところでもやったことだが、高1の教科書をすらすら朗読できて、ひととおり意味をとれるようになれば、もう攻略できたも同然なのである。特に古典の場合、問題そのものはたいして難しいことを尋ねてないのだ。要するに古文が読めず、文章の意味が分からないからどうにも答えようがない、というのが成績の上がらない原因なのである。

しかし、すらすら読めるようになると言っても、実際にはかなりハードルが高いだろう。できれば先輩とか同級生の、古文の得意な人に聞いてもらいながら読むのが望ましい。あなたのお母さんが女子大の国文を出たという人なら、これは最高の環境である。(そういえば俺の昔の彼女が女子大の国文だったw)

それから定期試験対策だが、邪道だけど教科書ガイドというものを用意する。現代語訳が全部載っているので、一文ごとに対照しながら丸暗記しましょう。どうせ出題範囲は広くないんだから、そのくらい覚えるのはわけないだろう。文章の意味を全部暗記しているんだから、それについて何を聞かれても簡単に答えられる。文法問題は分からなければ無視してもかまわない。これで普通に70点くらいは取れるはずだ。

 

結局、国語は読解であって、読解力を鍛える一番簡単な方法は場数を踏むことなのだ。特に古文の場合は、だいたいの意味さえ取れれば簡単に解答できる。

そのためには高1の教科書を詰まらずに読めるようになるまで朗読することである。非常に単純で簡単な話なのだが、これをやる子はほとんどいないのだな。みんな文法とか解答テクニックとか、変な方向に走ってしまうのだ。それは予備校や出版社の術中にはまっているだけであって、時間とお金の無駄なのである。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

ひきこもり・落ちこぼれが国語で80点取る勉強法

夏休み特別編ということで、勉強が苦手な子に向けた国語勉強法をお送りしている。世の中に受験サイトは多々あるのだが、参考書とか解答テクニックを教える人はいても、根本的なことを教える者はまずいない。だから苦手な生徒はいつまでも苦手のままなんだな。

英語とか数学もそうなんだが、単純に言うと高1の授業についていけるようになれば、落ちこぼれ状態は脱したと言える。予備校や社会人で勉強している人でも、参考書を見ても何を書いてあるのか分からず、頭に入ってこないという人は基本ができてないので、ひとまず受験参考書とか入試問題から離れてみるべき。ではこれから、高1レベルの授業に普通についていく方法を教えよう。

 

高校の現代文(現国)の教科書を開くと、小説とか評論文が載っている。小説だと夏目漱石の「こころ」、森鴎外の「舞姫」とか、現代作家なら遠藤周作なんかが思い浮かぶが、最近ではもっと新しい作家の文章が採用されているかも知れない。

夏目漱石か芥川龍之介か、課題文は何でもいいから、とにかく声に出して読んでみよう。すらすら読めますか? 国語の苦手な子が、いきなり読めるわけはないよね。1ページずつでいいから、まずはしっかり読めるようになろう。一番いいのは、親に聞いてもらいながら朗読すること。人に聞かせるのだから、分からない言葉や読めない漢字は調べなくてはいけないし、ちゃんと意味が通るように抑揚をつけたり、息継ぎの箇所を工夫しないといけない。それだけでも相当に勉強になる。

結局、何度も何度も真剣に読むことになるので、嫌でも文章の内容が頭にはいってくるだろう。この体験が大事なのだ。国語が苦手という子は、ただ活字の字面だけを見て文章を本当には読んでいない。授業で先生に当てられると、「チッ、うるせーなー」と思いながら、ただ義務を果たすためだけにお経みたいに読んで見せているにすぎない。つまりは、形式的に字を追っているだけなのである。読んでないから読解ができない、単純にそれだけのことなのだ。

課題文を見た瞬間、気持ちを切り替えてすっと文章の中に入って真剣に意味を読み取る、その訓練が必要なのである。それが習慣として身につけば、国語は攻略したも同然なのだ。

 

文章をすらすら読めるようになったら、次にその小説について感想文を書くことを考えてみよう。子供の読書感想文なら「○○を読みました。面白かったです」で終わりだよね。中学生になると、当たり障りのない言葉を並べて枚数だけ稼ごうとするかも知れない。ここではそういう低レベルを脱して、例えば読者の多いブログに漱石の「こころ」についての記事を書くことを想定してみる。

どこがどう面白かったのか、何が気に食わなかったのか、論理的に記事として構成しようとすれば、小説の内容について相当に深く知っていないといけない。明治時代の風俗や習慣はどうだったのか、日露戦争はどういう戦争だったのか、自然とネットで検索して調べることになるだろう。ここまでやれば、あなたは「こころ」という小説について、クラスで誰よりも詳しくなっている。授業で先生が喋っていることが意味不明という状況からは完全に脱しているし、ひょっとしたら先生よりも詳しいかも知れない。

 

これでもう、試験ではかなりの点数が取れるようになっているはずだが、もう一歩進んで確実に80点以上取る方法を教えよう。前回、前々回の試験問題を見直してみるのだ。同じ国語の先生が出題するのだから、当然、問題構成はほぼ同じものになる。前回「舞姫」が課題文だったとすれば、それを今度は「こころ」に当てはめて考えてみると、かなりの高確率で問題が予想できてしまうのだ。プロ野球でいえば「先乗りスコアラー」みたいなものだな。

課題文についてクラスの誰よりも詳しくなっていて、問題の傾向も分かっているのだから、これでいい点が取れないわけがないだろう。

長々と書いてきたが、国語の要点は文章をしっかり読む習慣なのである。国語のできる子はそれを無意識にやっているが、ダメなお友達はただ義務として文字だけを追っている、その違いが積み重なった結果にすぎないのだ。そこを修正するだけで、苦手科目から脱出することができるだろう。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ