青春の読書 失われた豪華本を求めて

読書話の続き。

中公の「日本の歴史」「世界の歴史(旧版)」は、全集本・文庫・バックスの三種類が混ざり合っている。とにかく一番安いやつを買って揃えたからこうなったんだが、高校時代に欲しかった文庫版が、今となっては字が小さくて一番読みにくいのは皮肉なことである。

全集本は文庫よりは字が大きくて読みやすい。しかしかさばるのが難点で、こういう豪華本は倉庫の中にやたらにあって、場所をとるので悩みの種となっている。でも古本屋で百円均一で買えたりするから、欲しい作品を手っ取り早く手に入れるには重宝するんだよね。大学時代、神保町をぶらつくたびに「世界の名著」を百円コーナーでずいぶん買ったものだ。

 

それから、これまた高校時代に高嶺の花だった河出書房新社の米川正夫訳・ドストエーフスキイ全集。当時小遣いをためて一冊ずつ買ったんだが、あまりに高いので馬鹿らしくなって、「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」なんかの有名作は、別の全集本に収録されたのを百円で買ったような気がする。米川訳なのでとりあえず内容は一緒のはずなんだが、ひょっとしたら違うバージョンの訳かも知れない。

その種の話では、僕の学生時代(80年代)にはほとんど手に入れることができなかったのが、プルーストの「失われた時を求めて」である。かろうじて、「スワン家のほうへ」と「花咲く乙女たち」が筑摩書房の文学全集に収められており、これを確か神保町の小宮山書店で、それぞれ二千円か三千円くらいで買ったと思う。今は文庫版が出ているようだが、やっぱり高いようだ。どうしてプルーストは、今も昔もあんなに高いのか?

小宮山書店には、一時期(昭和60年頃)、最も上のフロアに文庫専門コーナーができて、絶版になった文庫をやたらと並べているので、狂喜乱舞して通いつめたものである。その頃欲しかった角川文庫の「安吾捕物帖」を手に入れたときは嬉しかった。しかし僕以外に客はほとんど来なかったようで、すぐにフロア自体が閉鎖されてしまったのは残念であった。

 

あと、豪華本で思い出すのは、高校時代に買ったフィリップ・ロスの「素晴らしいアメリカ野球」、これは集英社版・世界の文学34巻で、「さようならコロンバス」(これは有名作で、映画化もされている)とカップリングの一冊である。

「素晴らしいアメリカ野球」のことは、その数年前、まだ小学生だった時分に少年ジャンプに出ていた広告で知った。本格野球小説(まあ確かに嘘ではない)らしいので読みたかったのだが、そんな高価な本を小学生が買えるわけはない。40年前、ジャンプが130円の頃に1300円という値段だった。高校生にとっても、ちょっと勇気のいる買い物だろう。この本は今でも大事にしていて、書棚の一番いい場所に立ててある。

フィリップ・ロスは、村上春樹と同様、毎年のようにノーベル賞候補に名前が出るほどの大御所になった。「さようならコロンバス」は時々話題にのぼるが、「素晴らしいアメリカ野球」の方は不遇もいいところで、現在は日本語訳は古本でしか手に入らないはずである。いわば忘れられた傑作といったところで、これを超える野球小説は後にも先にもないような気がするのだ。

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

受験勉強してないのに大学に受かったのだ

僕は偏差値でいえば二流の高校に行っていた。その理由は過去記事にも書いたが、要するに中学でいじめに遭っていたために越境入学するしかなかったからである。

高校では他の生徒や教師とはレベルが全く合わず、志望校である有名私立大を受けるのに苦労した。地方の公立高校では、ちょっと成績がいいと地元国立大に進むことが決まりのようになっているからだ。また、受験に関する情報にも乏しくて、私立は馬鹿が行くものと決めてかかっている。実際、地元国立だと偏差値は58くらいだが、僕の志望校は70以上の勝負であって、全然世界が違うのだが。

 

周囲に合わせていては泥沼にはまるばかりなので、学校の補習も模試も完全無視して、自分で勝手に駿台や代ゼミの模試を受けに行くしかなかった。

といっても、セオリーどおりに受験勉強していたわけでは全くなくて、結果的に自己流の無茶苦茶な偏差値上げをやっていたのである。だが、これが逆によかった。田舎で普通に勉強していたのでは、都市部のライバルにはとても太刀打ちできない。それに、当時の僕にはセオリーもなかった(笑)

 

さて、僕が受験したのはとある私立大の文学部である。

受験科目は国語・英語・社会(日本史か世界史)の三科目。そのうち、国語は得意中の得意で、下手すれば模試で全国上位に入るくらいだったから、特に勉強する必要はなかった。社会は日本史を選択したのだが、前記事に書いたように中学時代にいじめの影響で読書に逃避して、司馬遼太郎のほぼ全作品を一気読みしたために日本史おたくになっており、高校レベルの試験では知っていることしか出題されないので、これまた勉強する必要はなかった。

問題は英語である。これは得意でもあり苦手でもあるという感じ。学校の定期試験くらいでは90点以上普通に取れるのだが、単語や構文の暗記とか、文法とかいった、受験生のセオリーと言うべき勉強は全くやっていない。ただし、キチガイ読書の流れでSF原書を読むようになっていて、長文読解力だけは異常にすぐれている。

普通に受験すると英語がネックになってしまうのだが、僕の受けた学部はちょっと変わっていて、5ページほどの長文を読んで問いに答えるという形式、いわゆる「超長文問題」が特徴となっていた。つまりは細かい単語も文法も無関係であって、読解力だけの勝負ってことであり、こうなれば僕の独壇場である。

 

というわけで、気がつくと全く受験勉強せずに有名私大に余裕で合格するという、訳の分からないレベルに到達していたのである。しかも僕が受ける前年に科目が変更になり、国語が廃止されて小論文になった。小論文は国語以上に得意中の得意である(笑)。

実際受けに行ってみると、小論文の課題は谷川俊太郎の詩論「世界へ!」の一文であった。受験生のほとんどは詩など読んだことないだろうし、谷川俊太郎になじみもないだろうから、これはのちに語り草になるくらいの難問ということになった。ところが、この「世界へ!」は僕の高校時代のバイブル的な本のひとつだったのである。あんな楽しい小論文は後にも先にもなかったな。

 

 

ブログ・メルマガアフィリエイトの王道教材

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

ひきこもり ブログランキングへ

 

引きこもり・ニートでも学歴をリセットすることは可能だ

日本では学歴で人間を判断することが多い。これは大変困った話で、僕は大学中退なので学歴としては高卒ということになって、それだけで馬鹿にされてしまう。

実際のところを言うと、僕は引きこもりの人にアドバイスしている関係から高校の学習内容に触れることが多くて、現在では趣味が受験勉強という感じになっている。今でも偏差値70以上は軽くあるわけで、こちらを馬鹿にしている連中とは学力では比較にならないのであるが、なにしろ卒業証書を持ってないのが弱みである。

 

どうしてもと言うのならば卒業しちゃえばいいのであって、余裕ができれば放送大学で単位を取ろうかと考えている。

放送大学は引きこもりの人や、社会人で学歴のない人には狙い目である。基本的に放送授業で単位が取れるし(試験は受けに行く必要があるけど)、各県の国立大学に支部が置かれているので、対面授業も比較的楽に受けられる。

また、学費の安さも魅力のひとつだろう。普通に大学に行くとなると年間に数十万から百万はかかるものが、放送大学は一年の履修科目に換算して17万くらいですむのだ。これは破格の安さと言っていい。ただ大学卒業資格のみを目指すのならば、放送大学はベストの選択なのではないだろうか。

 

中学・高校で引きこもりになった人や、高卒でもまだ若い人には、ある程度のレベル以上の大学を目指すことをお勧めしたい。やはり名のある大学を出ていた方が世の中では断然有利だからだ。

まず前提として中学校までの学習内容を完全に理解していることが必要だが、高校レベルではまっさらという状態でも、レベルの高い大学に入ることは不可能ではない。むしろ、高校で全然勉強してないという人の方が、虚心に理解できていいかも知れない。

狙い目は私立大学である。国立だとセンター試験があるのでひととおりの科目をこなす必要があるが、私立ならば科目数が少ないので的をしぼった勉強法ができる。例えば私立文系を目指すとするなら、おそらく国語・英語・社会(日本史か世界史)という受験科目になるだろう。受ける学校をしぼって集中的に勉強すれば、一年くらいで合格レベルに持っていける。

 

あなたが地方の高校生ならば、ここにひとつの落とし穴がある。それは学校の先生と親の存在である。

地方の大人というものは、基本的に受験に対する知識を欠いている。あなたが勉強して定期試験の成績が上昇してくると、「とりあえずビール」みたいにとりあえず地元国立大学を受験させようと画策するので、注意が必要だ。

もちろん、地元国立大学は学歴としては申し分なく、普通に勉強のできる子がきっちり三年間勉強していれば普通に合格できるだろう。だが引きこもり経験のある子には、同じようにはいかないのだ。決定的に時間が不足しており、センター試験・二次試験とそれぞれの科目をまんべんなくこなすのは難しいのである。結局は国立・私立ともにどっちつかずになってしまう公算が大きい。

地方の進学校に通っていて、最初から私立一本にしぼると宣言するのは、なかなか勇気のいることなのである。だが、そこはしっかり話をすることだ。六大学とか関西有名私大とかいった、レベルの高い大学を本気で目指しているのだとはっきり意思表示すれば、最終的には分かってもらえるだろう。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材