ビリーズブートキャンプをこっそりやるのは難しい

昨日、ビリーズブートキャンプというのを初めてやってみたら、信じられない量の汗が出たのでびっくりした。といっても、基本プログラム(55分)の半分で挫折。こんだけ動いていれば、そりゃ痩せるだろうなーと、しみじみ実感しながらアイス食ったのち、ビールを一気飲みしたのだった(全然ダメじゃん)。

20歳くらいから全くものが食べられなくなって、仕方がないので一食分を三度に分けて、ウイスキーの水割り(これだけ辛うじて喉を通ったのだ)で流し込むという感じだった。僕は背が低くて162くらいなので、少々痩せても目立たないんだが、一番ひどいときは40キロちょいくらいまで落ちていて、あんまりガリガリでヤバいので好きな銭湯に行くのも自粛していたのである。

 

その後、30過ぎてから少しずつものが食べられるようになり、以後は太ることが目標だった。夕食時にはやたらビールを飲み、湯上りにはアイスを食うように心がけて幾年月、ようやく見事に太ってきて年に2キロくらいのペースで体重が増え、昨年58キロまで増えたところで、上げ止まり(?)に達したようだ。そこから体重計の針はピクリとも動かない。162の58ならそんなに太っているというわけでもなく、実際外見上の変化はないんだけど、明らかにお腹が出ているんだな。以前はダブダブだったズボンが、現在では必死に押し込んでようやく履けるという状態。

こうなると、今度は何キロか体重を落とさないと、着られる服がなくなりそうだし、内臓脂肪もかなりついているだろう。なにしろ数十年間、スーパーに酒を買いに行く以外は全く運動していないからね。というわけで、文章の冒頭に戻って、数年前に流行したビリーズブートキャンプを今さらやってみたわけである。

しかし、あんまり派手にドタンバタンと暴れるわけにはいかないのだな。現在、僕がいるのは二階の部屋なんで、階下に人がいない頃合いを見はからい、なるべく音を立てず家も揺れないように、そーっとトレーニングしなければならないのだ(そんなのは無理です)。てなわけで、体力ゼロの状態では55分を完走するのはとても無理なんで、当面は毎日半分ずつこなすことにしてみよう。

 

ところで、ビリーズブートキャンプが流行したのは、今から5、6年も前だったと記憶する。よく深夜のテレビショッピングで目にしたものだが、日本でも相当売れたとみえて、ビリーはこの商品だけで300億円だか350億だったか荒稼ぎしたそうだ。こっちは物販アフィリエイトで300円稼ぐのも苦労しているというのに(笑)。

その影響で、当時発売されたアフィリエイト教材の中に「○○ブートキャンプ」というタイトルのものが多かった。まさに社会現象とも言えるほどの流行りネタだったわけだ。今どきこんなタイトルをつけたら古すぎて笑われるだろうけど、数年後ならレトロチックでちょっとお洒落な感じになるかも知れない。歴代の流行りものの中では、かなりセンスのいいコンセプトだったと思うのだ。

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ

 

胃下垂を克服するための腹筋運動に盲点があった

さて、話は胃下垂である。

早い話が胃が下がるわけで、これは僕にとって数十年来の持病なのである。ところが、医者へ行っても「胃下垂は病気ではない」と追い返されてしまう。それはそうかも知れないのだが、苦しいことは確かなのであって、何とか克服しようと悪戦苦闘してきたこともまた事実。

 

胃が下がると胃そのものが働かないのはもとより、腸が圧迫されて便もガスも完全に停滞してしまう。ちょっとした腸閉塞のようなことになり、これは命が危ないのではないか、と感じたことも少なくない。医者は簡単に「運動しろ」と言うんだけど、具合が悪くて身動きもできないから困っているのだ。どうも医者という連中は、基本的に想像力が欠如しているようだ。

でも運動すればいいのだろうと思い、以前はとにかく歩くように心がけていた。2キロとか3キロとか歩いたあたりで、たいてい腹筋に限界が来て胃が完全に下がってしまう。そうなると、その場にへたり込むしかなく、これからどうやって帰ればいいんだろう……と途方にくれてしまう。

 

ひどい時には、やせているのに下腹だけが出てしまい、ズボンが入らなくなる。結局、便とガスが完全に停滞しているのだ。便秘薬を大量に飲んで悪いものを全部出すという手があるが、これは抜本的な解決にはならないし、体力が落ちてしまうのでやめた方がいい(経験ずみ)。

対症療法として、ひとつちょっとした裏技を見つけた。ようするに内臓の血行が悪いことが原因なのだから、血の流れをよくしてやればいいのだ。横になってリラックスしつつ、自分の指で腹筋を掴んで、ぐっと上に持ち上げれば、一時的に胃腸の圧迫がとれて血流がよくなる。しばらくやっていると大量にガスが出て、少し楽になるのである。これを習慣的に何年かやっていたら、確かに内臓の血行はよくなってきた。

 

あと、根本的な治し方は、やはり腹筋を鍛えて胃を押し上げることである。

そう思って必死で腹筋運動をやってきたのだが、やればやるほど症状が悪化して、どんどん胃が下がってくるような気がする。というか、鍛えられた腹筋に圧迫されて、ますます血の巡りが悪くなるのですね。考えてみればそのとおりで、普通に部活などでやっているような腹筋運動では、ちょうど胃の真上あたりの腹筋を鍛えることになってしまう。これがまちがいであって、胃を押し上げるためにはもっと下腹の筋肉を鍛えなくてはならない。

いろいろ調べてみたところ、そういう鍛え方が確かにあるようだ。横になった状態から肘をついて上半身を45度くらい起こす。その体勢で、伸ばして揃えた足を頭の高さくらいまで持ち上げるのである。このやり方は、これまで使ったことのない筋肉を急に使うことになるので相当にキツい。普通の腹筋運動ならなんてことのない僕が、20回くらいでギブアップしてしまったほどだ。

これで胃がみぞおちのところまで押し上げられれば、必然的に腸の動きもよくなるというわけである。

 

 

ブログアフィリエイトの基礎を学べる定番教材

ひきこもり ブログランキングへ