オープンワールドゲームおすすめ PCとPSで自由度の高い冒険を楽しもう

オープンワールドゲームというのは、日本では「グランド・セフト・オート」みたいなゲームという感じで、かなり狭い意味で認識されているようだ。そして、GTAみたいなゲームが日本のメーカーから出てこないので、「日本人にオープンワールドゲームは作れない」などといった性急な結論が出てしまっている。GTAに関して言うならば、車泥棒や犯罪は日本人の感性に合わないので、ああいうタイプのゲームを敢えて作ろうとは思わないのだろう。僕の考えでは、広い世界が感じられて冒険している気分になれればオープンワールドと言えるので、別に3Dでなくてもシームレスでなくてもいいと思っている。

その意味で、僕が最初に広い世界での冒険を感じることができたのは、ファミコンの「天地を喰らう2 諸葛孔明伝」だった。パソコン(マイコン)小僧だった僕だが、家庭機で本格的なRPGがやれるとは思ってなかったので、このゲームにはかなりびっくりしたのである。これはつまり三国志のRPGなんだけど、敵が軍門に下るとそのまま仲間になるのが変わっていて、最終的には何十人もの武将が仲間キャラになる。これはのちにPSで出た「幻想水滸伝」のハシりではないかと思っている。

その「幻想水滸伝」シリーズも、スタンダードなRPGだけど世界の広がりと自由度では、オープンワールドゲームと言ってもいいのではないか。特に四作目は非常に評価が低かったけれども、3Dマップの世界を自由に冒険するという感じは、このゲームが一番よく出ている。日本では自由度の高いゲームが出ないと文句を言っておいて、出たら出たでストーリー性が薄いと文句をつけるんだから、まったく勝手なものである。

 

ところで、3Dで描かれた世界を自由に旅する、本格的なオープンワールドRPGといえば、やはり「ドラゴンクエスト8」であろう。これはストーリー性が高い和製RPGの代表格ということもあり、オープンワールドという観点で語られることはほとんどないのだが、当時で言えば「オブリビオン」に匹敵する名作ではないかと思うのだ。このゲームはマップが3D、キャラが2Dで描かれているそうで、こういう手法はPS時代の「グランディア」「ゼノギアス」でも用いられていたものの、PS2になってようやく、アニメキャラがゲーム上でグリグリ動く感じを実現することができたようだ。格闘ゲームの「ドラゴンボールZ3」もそうだが、ポリゴンよりもこうしたアニメ調の表現の方が、日本のゲームには合うような気がする。

PS2時代では、「ダーククロニクル」「バンピートロット」といった3D調のアドベンチャーRPGが輩出し、それなりにオープンワールド的な気分(定義が曖昧なのでよくわからんけど)を楽しむことができた。しかし、本当に自由度の高い冒険という意味では、レースゲームの「チョロQHG2」こそが、日本製オープンワールドゲームの最高傑作ではないかと思うのだ。これはラジオを聴きながら世界を好きなように走りまわって、町についたら適当にレースをやるという、まったく自由でいいかげんなところが非常によかった。どういうわけか、以降の続編ではこのスタイルはなくなり、普通のレースゲームになってしまったのだが……。おそらくは、「チョロQワンダフォー」の続編を企画したときにちょうどオープンワールドが流行りだしたので、単純に便乗したのだろう。

 

3Dの世界を駆けまわるスタイルといえば、レースゲーム・ドライビングゲームと相性がいいのは当然のことだろう。初代PSだと「バットマン」というのがあって、ゴッサム・シティーをバットモービルで走る面白さがあったが、これはもうひとつ技術が追いつかなくて珍作といったところ。むしろ海外PCゲームからPSに移植された「ミニミニ大作戦」(日本未発売)の完成度が高かった。もっとも、これはミッションをこなしていく形式であって、自由度はないのだが、立体的な町の中を車でグリグリ走るという感覚が、ドライビング・ゲームとしてはかなり画期的だったのである。「オーバードライビン」(ニード・フォー・スピード)あたりでも、まだ背景は平板な書き割り調だった頃の話だ。

さすがに初代PSで3Dのオープンワールドは無理があったわけだが、そんな時代にもかかわらず、日本製ゲームの中から奇跡的な快作が生まれている。人気のロックマン・シリーズをオープンワールド・アドベンチャーにした「ロックマンDash」である。これはその頃流行していたFPSから発想したスタイルかも知れないが、それにしても初代PSの段階で、3D世界をグリグリ動きまわるアクションアドベンチャーとは、よくぞ作ったと言わざるを得ない。この「ロックマンDash」は二作目も出たし、現在でも熱狂的ファンが存在するシリーズなのだが、メーカー内部でゴタゴタがあったのか、続編は完全に頓挫してしまったようだ。

 

オープンワールドゲームが家庭機で主流になってくるのは、当然PS2時代になってからで、特に「ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド2」の登場が大きかったと思う。今から思えばごく狭い箱庭世界ではあるのだが、町の中を自由に走りまわるレースゲームというのは、それまではありそうでなかった。前作がひとつの町をレース場に見立ててストリートレースをやるという内容だったので、そこに流行してきたオープンワールドを組み合わせたのだろう。次の「モスト・ウォンテッド」では、警察に追われて町中を逃げまわるという、のちの「ニード・フォー・スピード」シリーズのスタイルが完成したのである。この「アンダーグラウンド2」「モスト・ウォンテッド」を模倣したストリートレースものは、海外ではかなりの数が出現した(日本にはほとんど来なかったけど)。

そして、ハワイ・オアフ島をまるごとゲーム世界にしてしまった、究極とも言うべきドライビング・ゲーム「テストドライブ・アンリミテッド」がPCで登場。これはPS2にも移植されたんだが、アタリ社の倒産とかあって日本版は発売されなかった、残念。そんなところがPS2のオープンワールド・レースゲーム事情なんだけど、そうした流行の波が来る前に「チョロQHG2」が出ちゃったという、歴史的快挙に注目してもらいたい。注目しようにも、このゲーム自体なかなか手に入らない代物であるのだが。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

幻想水滸伝4が世間でクソゲー扱いされているのを最近知って驚いた

ブログをやっていると、思わず意表をつかれることがときどきあって、以前「Flatout3」というPCのレースゲームのことをほんのちょっと書いたら、「Flatout3 クソゲー」のキーワードで訪問する人がいまだに後を絶たなかったりする。まあ、あれは本当のクソゲーだったのでまだ納得できるところはあるんだが、こっちが名作だと思って何年もやっていたものが、ネットが発達してみると思わぬ低評価が明るみに出てびっくりすることもあるのだね。そういうゲームをブログ上で下手に誉めると、たちまちキチ×イに粘着されてコメント欄が大炎上したりして。

そこで、話は「幻想水滸伝4」なのである。僕はシリーズの中では4と5がかなり好きで、特に5は名作だと思っているんだが、一般の幻水ファンの間ではこの二作の評価が非常に低いようだ。掲示板などでは4が最低の駄作とされていて、5はいわゆる萌えキャラが出たことがお気に召さなかったらしく、とにかく4と5を誉めることはご法度という空気が蔓延している。掲示板というのは1と2の信者が仕切っているらしく、声の大きいやつらが他の意見を押さえ込んで恐怖支配を敷いているようだ。ガキ大将みたいな馬鹿が幅を利かせるグループというのは、僕がこの世で一番嫌うところである。

 

とはいえ、「幻想水滸伝4」がシリーズ中で評価が低いというのは、冷静に考えると分からん話ではない。ストーリー的には群島諸国の小競り合いなので超大作ではないし、イベントも多くなくてあっさりした流れである。船で海を移動するのに非常に時間がかかる上、海上でのエンカウントが頻繁なのには、イライラする人が多いかも知れない。総体的には盛り上がりに欠け、感情移入するのが難しいゲームなので、3までに見られた波乱万丈でハラハラドキドキという趣きからは大きくチェンジしているのだ。

しかし感じ方は人それぞれであって、僕は「幻想水滸伝4」の静かな雰囲気が好きなのである。ストーリーが薄いという批判は確かにその通りなのだが、あんまりいろいろ詰め込んでしまっては、海に漂うようなゆったりとしたゲームの流れがそこなわれてしまうだろう。

 

さらに言うならば、ストーリーが薄くてすぐに終わってしまうと文句つけている連中は、単に早解きプレイだけをやっているのではないだろうか。「幻想水滸伝4」はちょっと変わったゲームであって、ストーリーの内容はほとんどない(こらこら)のだが、ミニゲーム(リタポン)やサブイベント(風呂、懺悔)は異様に充実していて、寄り道プレイをしているとストーリープレイの数倍、数十倍の時間がかかってしまうのだ。このゲームの面白さは、むしろミニゲームとサブイベントにあるのだ、と敢えて断言したい。それがクソゲーのクソゲーたる所以と言ってしまえば、ごもっともと言うほかないのだが。

あと、海上でのエンカウントの多さと戦闘の煩雑さだけど、これも僕にとっては魅力のひとつなのだな。特に、新たな海域に踏み込むと敵が異様に強くてどうなることかと思うんだけど、数をこなしていくとこっちのレベルがグングン上がって、やがて同じ敵を一撃で倒せるようになるわけだ。もちろんこれはRPGでは当たり前の話なんだが、単調な航海の中で目に見えてレベルアップが実感できるところが、メリハリとして絶妙だと思ったのである。

 

とまあ、強引に(?)擁護してみたものの、「幻想水滸伝4」がもうひとつ盛り上がりに欠ける一作であるという印象は否定できない。傑作とは言えないが悪くない出来のRPGというのが正当な評価だろう……と思ったら、これが何と2004年クソゲーオブザイヤーの次点にランクされているというから、改めてびっくりしてしまう。いくらなんでもこれは評価が低すぎる。もっとも、最近のクソゲーオブザイヤーはまともにプレイもできない無茶苦茶なシロモノが選ばれているのだが(そんなのが市販されていること自体驚きだが)、この当時は「有名タイトルなのにがっかりしたゲーム」を選ぶという方針だったようである。

ついでに言えば「幻想水滸伝5」はプレステ2のRPGの中でも名作のひとつだと思うのだが、これ以上言うと変なやつが来て炎上しちゃうので、ここでやめておこう(笑)。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

ドラクエ1を今ごろプレイしているレトロゲーム好きの中年男

いつものように延々と勉強ネタをやってもいいんだが、ちょうど中間試験が終わった頃のようなので、時期的に言ってそんな話は誰も読みたくないだろう。ということで、たまにはゲームネタを挟んでみるのも悪くないと思ったのである。といっても最近のゲーム機は全く持ってないので、必然的にレトロゲーム(下手したらマイコンゲーム)の話題になってしまう。マイコンはいかにも古すぎるのだけど、初代ドラクエの話ならば今どきのゆとり諸君に通じないこともないだろう、と希望的観測を抱きながらダラダラといってみたいと思う。

なんで初代ドラクエかというと、なんとなく「ドラゴンクエスト1・2」というスーファミのゲームをやりはじめたのである。今さら攻略記事を書いても仕方がないので、ただやりはじめたという報告だけしようと思ったら、早くも前半の山場であるドラゴン戦を突破して姫を救出してしまった。ストーリーらしいストーリーもないまますいすい進むし、システム的には「ドラクエ5」と同じ体裁にリメイクされていて、スーファミ版はごく普通のシンプルなRPGという感じで今でも十分に遊べるのだ。

 

それはそれだけの話なのですが、ひたすらうろうろとレベル上げをしていると、昔のことを妙に思い出してしまう。ドラクエの1とか2がファミコンで出ていた当時は、自律神経失調症に悩まされていて非常に苦しく、起き上がったり出歩いたりすることが辛かった。やることがないのでゲームばかりやっていた。といっても、もっぱらPCゲームばかりであって、ファミコンでまともなゲームが出るとは全く思っておらず、ファミコンを買ってもいなかった(仕事に出られなくて貧乏していたので、買うことができなかったのも事実なんだが)。

そしたら大学の先輩が見かねたのだろう、「ファミコンでベストプレープロ野球が出たぞー」と言って、ファミコン本体とゲームソフトを持ってきてくれた。それからしばらくは、ベストプレープロ野球のデータを入力しては延々と試合を観戦するのを、引っくり返ったまま繰り返す毎日だった。まあ、やってることは現在と大差ないわけだが(笑)。

そうこうしていたら、ちょっと起き上がれるようになったので、ふらふらと這うようにして商店街のファミコンショップに出かけるようになった。その頃はPCで「三国志」をやっていたがあまり乗れず、そこでナムコの三国志を買ったがこれもあまり面白くなくて、シミュレーション的なのは合わないなーと思って、期待せずに「天地を喰らう2 諸葛孔明伝」というRPGの三国志ゲームを買ったのですな。そうしたらこれが非常に面白くて、ファミコンでもRPGがやれるじゃん、と認識を新たにしたのだった。

 

そこで、ファミコンでRPGをやりはじめたのかと思ったら、そうではなかったんですねー。例の先輩がまたぞろ下宿にやってきて、「おまえまだファミコンやってんのか。時代は次世代機だぞ、スーファミだぞ、映像と音がダンチだぞ」と吹きまくるので、乗せられてスーファミを買ったのである(その頃には塾の先生に復帰したので、ちょっと金があったのだ)。それで「F-ZERO」とか「ウルトラマン」なんかを一年くらいやっていた。

そうこうするうちに、そういえば俺はRPGをやるつもりだったのだ、と急に記憶が甦ってきて、やっぱりまずはドラクエをやるべきである、と思ったのだった。その頃には、ドラクエは社会現象になるくらいの話題になっていた。しかし、まだスーファミ版のドラクエは出ておらず、最新作はファミコンの「ドラゴンクエスト4」だったのである。近所の古本屋で中古が300円だったのでさっそく購入して、ファミコンを引っぱり出してきてやりはじめたのが、僕の生涯初ドラクエだったわけである。

ところが、「ドラクエ4」の内容は全然覚えてないのだな。おそらくスーファミの映像に慣れてしまったので、ファミコンのショボい画面とかピコピコ音がかったるくなって、中盤で挫折したのだろう。その少しあとにプレイした「ドラクエ5」の面白さが鮮烈であって、僕の中では最初のドラクエ体験は4よりも5という感じになっている。ちなみに言うと、その頃ファイナルファンタジーシリーズもじわじわと話題になっていたのだが、「結構面白いけどドラクエには勝てないよね」という意見が大勢を占めていたと思う。僕はそういう感じで4、5あたりをやったあと、FF6のストーリーの面白さに打ちのめされて、ひょっとしたらFFはドラクエを抜いたんじゃないか?と思ったのである。

 

そういうふうにドラクエとFFに注目しつつ、いろいろなゲームを馬鹿みたいに中古ショップで数百円で買ってきては、仕事そっちのけで(?)プレイしつづける日々だった。RPGとシミュレーションRPGの主なタイトルはほとんどプレイしたのではないだろうか。僕にとってはスーファミ時代がゲーム全盛期であって、プレステやサターン以降は別物になったという気分が強いのだ。プレステを買って、最初のゲームとしてFF7をやった時の衝撃は測り知れないものがあったのだが、同時に僕の中では、それまでのRPGの時代が終わったなーという気持ちが大きかった。てなわけで、次回はスーファミRPGの思い出をいろいろ書いてみたいと思う。ではまたー。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

FlatOutという名作だか馬鹿だか分からないゲーム

前回に続いて、洋物の変なレースゲームについてご紹介を続けましょー。「Fuel」には賛否両論あると思うのだが、箱庭ゲームの行き着いた世界として僕は評価している。箱庭にしてはあまりにも広すぎるし、基本的にやることは何もないゲームであって、想像力の世界に遊べない人には無価値な代物なんだが。

ここ数年、「Fuel」と並んでプレイしつづけている変な洋ゲーが、みなさんご存知……じゃなくてほとんど誰にも知られてない「FlatOut」である。これ、steamでは外人の間である程度の人気を得ているらしいのだが、日本での知名度は極めて低く、話題になるときには「究極のバカゲー」と言われるのがせいぜいという、かわいそうなくらい不遇な一作なのだ。しかし、実のところ非常に出来のいいレースゲームであって、やればやるほど面白さが身にしみてくる麻薬的なゲームなのである。(確かに、事故の際はドライバーが絶叫しながらすっとぶというおバカな側面はあるのだが)。

 

この「FlatOut」は、PC版の海外での好評に応えて、日本ではコナミからPS2版が発売された。ところが、そのタイトルがなんと「レーシングゲーム 注意!!!!」ときたもんだ。さすがにこれでは誰の目にも留まらないし、買おうという気にはならんだろう(だいたいFlatOutはどこへいった?)。われわれ、一部の隠れファンはこれでガックリきたのだが、そこへ登場した続編の「FlatOut2」が、またしてもすばらしい名作だった。この二作目も、われらがコナミは「がんばれ!とびだせ!レーシング!!」という見事な日本版タイトルをつけてくれた。おそらく頭から売る気がないのだろう。orz

タイトルはともかくとして、この二作目はレーシングゲームとしてのストイックな風味と、敵に体当たりを食らわして破壊するバカゲーの味とが絶妙にミックスされている。未経験の人には、このPS2版の第二作をお薦めしたい。何度でもプレイしたくなる麻薬的な味わいは、他に類を見ないものだ。

 

「FlatOut」については1と2でネタが出つくしているのだが、XboxとPCでは2をパワーアップしたリメイク版「FlatOut Ultimate Carnage」が登場した。2の要素は全て入っていて、さらにライバル車やグラフィックが増量しているので、PCでじっくりプレイしたい人にはこれが断然おすすめである。ただ、GFWLの紐つきゲームであるため、現在ではうまく起動できないという弊害が出ているようだ。このゲームはなぜかGFWLのオフラインアカウントを作れない仕様になっているらしい。僕は「Fuel」で作ったアカウントを流用しているが、これはあくまでパッケージ版の話で、steam版ではどうなるのかよく分からない。

ちなみに、その後に出た「FlatOut3」は本物のクソゲーで、steamの評価ではなんと23点がついていた(参考までに言うと、1は80点で2が79点)。さすがのコナミも3の日本版は出さなかったようである(笑)。

 




ひきこもり ブログランキングへ

 

オープンワールドの「FUEL」 ギネス級の広さを持つレースゲームの魅力とは

OSをWindows XPに戻したので、以前にやっていたPCゲームを少しずつ再インストールしている。不具合が出たら嫌だなーと思いながら探り探りやっとるんだが、考えてみれば全部もともとXP用のゲームであって、7以降でプレイする方が無理があるのだ。今は「バーンアウト・パラダイス」「Flatout Ultimate Carnage」「Fuel」を入れて、かわるがわる遊んでいる。結局、2010年頃に出た変な洋物のレースゲームってことだな。

「バーンアウト・パラダイス」をプレイしたゆとりが「マップが狭い」とブログでほざいていたが、実のところ当時としては破格の広さと言っていいゲームだったのである。「スカイリム」と同じくらいの面積じゃないかな。もっとも、RPGは徒歩で移動するが、レースゲームではスーパーカーで時速200キロくらい出してぶっとばすので、その意味では確かに狭いのかも知れない。以前はオープンワールドというだけでびっくりしていたのが、この時期になるといかにゆったり・のんびりドライブできるかという話になってきて、ゲームの超大作化がはなはだしかった。オアフ島をまるごとゲーム世界にしてしまった「テストドライブ・アンリミテッド」は、その頂点という感じの一作だったのである。

 

そんなときに颯爽と(ウソです)登場してレースゲーム好きの度肝を抜いたのが、「Fuel」というゲームだった。これを頭からクソゲーと決めつける向きが多々あるが、僕は今もって「Fuel」のファンである。良くも悪くもこれぞ洋ゲーという感じの、なにもかも桁違いのスケールを持ったゲームであり、いわば「鳴らない大鐘」といったところか(ダメじゃん)。マップの広さは「テストドライブ・アンリミテッド」のざっと十倍、岩手県と同じ大きさだそうで、世界最大のマップを持つ家庭用ゲームとしてギネスブックから認定を受けたということだ。

一応、よくわからんレースが用意されていて、一位になれば車やコスチュームがアンロックされ、行ける区域が広がっていくという最低限のゲーム性はある。だがしかし、「Fuel」の存在意義はあくまで、無意味に広い大地を何も考えずに走りつづけるという、ほとんど虚無に近い無限のドライブにある。そこにはストーリーもなければ刺激もないので、そういうものを求めるゲーマーにとって「Fuel」は最低のクソゲーだろう。逆に、そういう意味のなさが面白いと感じる者にとっては最高のドライブゲームなのである。

あえて言うなら、「マッドマックス」の世界を一人で自由に走りまわるという趣きだろう。正直なところ、現在に至っても「Fuel」の代わりになるゲームは皆無なわけで、世界中に存在する一部の隠れファンは、今日も黙々とあてのないドライブを続けているのだ。

 




ひきこもり ブログランキングへ